マニュアル

Gmail

本ページで案内する手順は、Gmailの「アカウントとインポート」機能を利用し、Xserverのメールアカウントに到着したメールをGmailで受信する方法になります。

独自ドメインのメールをGoogleが提供するグループウェア「G Suite(旧Google Apps)」に配信する場合の手順は、以下のマニュアルをご参照ください。

Gmailの右上にある歯車をクリックし、「設定」を選択してください。

設定を選択

「アカウントとインポート」タブを選択し、 「他のアカウントでメールを確認」の項目から『メールアカウントを追加する』 をクリックしてください。

メールアカウント追加を選択

設定するメールアドレスを入力し、【次へ】をクリックしてください。

次のステップを選択

メールアドレスを確認し、「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選び、【次へ】をクリックしてください。

入力画面

下記を参考に情報を入力し、【アカウントを追加】をクリックしてください。

アカウント追加の完了画面

ユーザー名 メールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード
POPサーバー 設定完了メールに記載されている「メールサーバー」を入力してください。
※サーバーパネル内「サーバー情報」に記載の“ホスト名”と同一です。
例)sv***.xserver.jp
取得したメッセージのコピーをサーバーに残す 任意(オフにすると受信時にサーバー上のメールは削除されます)
ポート 995
メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する チェックを【入れる】

[メールアカウントを追加しました] の画面が表示されます。
該当のメールアドレスでメールの送信も行う場合は 【はい。xx@xxxとしてメールを送信できるようにします】にチェックを入れ【次へ】をクリックしてください。

名前の設定画面

下記を参考に「名前」を任意で入力し、【エイリアスとして扱います】にはチェックを入れずに【次のステップ】をクリックしてください。

メールアドレスの編集画面

自分のメールアドレスを追加
名前 任意(差出人として受信者に表示される名前になります)
エイリアスとして扱います チェック【しない】

下記を参考に情報を入力し【アカウントを追加】をクリックしてください。

送信メールサーバーの設定

SMTPサーバー 設定完了メールに記載されている「メールサーバー」を入力してください。
※サーバーパネル内「サーバー情報」に記載の“ホスト名”と同一です。
例)sv***.xserver.jp
ポート 465
ユーザー名 メールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード
SSLを使用したセキュリティで保護された接続 チェックを【入れる】
TLSを使用したセキュリティで保護された接続 チェック【しない】

設定中の該当メールアドレス宛に、Gmailより認証メールが届きます。届いたメールに記載されている「確認コード」を入力するか、メール内のリンクをクリックし、認証を完了してください。

確認コードの入力

「確認」ボタンを押せば、以上で設定は完了です。

完了画面