マニュアル

  1. ホーム
  2. マニュアル
  3. エックスサーバーでブログを始めよう!初心者でもわかるWordPressブログの始め方

エックスサーバーでブログを始めよう!初心者でもわかるWordPressブログの始め方

このページでは、実際の画面の流れに沿って、エックスサーバーでWordPressブログを始めるための手順をご案内します。
以下のようなかたにとって、特に役に立つ内容となっています。

とにかく今すぐにでも、WordPressブログを始めたいんだけど…
ブログのイメージ

おまかせください!
このページの手順に沿って作業をすれば、WordPressブログがすぐに始められます!

WordPressブログを始めるにはエックスサーバーがオススメと紹介されたけれど、なんだか難しくて…

おまかせください!
作業手順をすべて画像付きで説明します!
また、作業途中に出やすいエラーと解決方法もご案内しています!

WordPressブログを運営するためのステップその1は、「レンタルサーバー」の契約です。

「レンタルサーバー」とはウェブサイトの公開やメールアドレスの運用に必要なサーバーをレンタルするサービスです。

技術的には、みなさんが自宅で使用している「インターネットに接続できるPC」でも、WordPressブログを作ることが可能です。
しかし、自宅のPCでWordPressブログを運営しようとすると、非常に多くの知識が必要となります。
自宅のPCでWordPressブログを作る際に必要となる知識の例

自宅のPCでWordPressブログを作る際に必要となる知識の例

自宅のPCでWordPressブログを作る際に必要となる知識の例

こんないろいろなことを覚えるのは無理だよ!
そんなことはいいから、WordPressブログをいますぐ立ち上げたいんだ!

それならまずは「レンタルサーバー」を契約しましょう。
レンタルサーバーと契約することで、このような複雑なサーバー管理を業者に任せつつ、より高速かつ安定した環境でウェブサイトを公開することが可能です。

ここではレンタルサーバー「エックスサーバー」のお申し込み手順をご案内します。

それではエックスサーバーのお申し込み手順を見ていきましょう。

1.「お申し込みページに進む」ボタンをクリック

まずはこちらの「お申し込みはこちら」ボタンをクリックします。

\こちらをクリック!/

お申し込みはこちら
2.「10日間お試し 新規お申込み」をクリック

「10日間お試し 新規お申込み」ボタンをクリックします。
10日間お試し 新規お申込みをクリックしているスクリーンショット

3.フォームの「必須」となっている情報を入力

フォームの「必須」となっている情報を入力していきます。
お申し込みフォームのスクリーンショット

4.「お申込み内容の確認へ進む」をクリック

必要な情報をすべて入力すれば、「お申込み内容の確認へ進む」ボタンがクリックできるようになります。
「お申込み内容の確認へ進む」ボタンをクリックしてください。
お申込み内容の確認へ進むをクリックしているスクリーンショット

5.「この内容で申込みする」をクリック

入力した内容を確認し、問題がなければ「この内容で申込みする」をクリックします。
この内容で申込みするをクリックしているスクリーンショット

6.(SMS・電話認証)「認証コードを取得する」をクリック

「認証コードを取得するお電話番号」を入力し、「取得方法」を選択したうえで、「認証コードを取得する」をクリックします。
認証コードを取得するをクリックしているスクリーンショット

7.(SMS・電話認証)「認証して申し込みを完了する」をクリック

指定した受信方法で、入力したお電話番号あてに認証コードが届きます。認証コードを入力し、「認証して申し込みを完了する」をクリックしてください。
認証して申し込みを完了するをクリックしているスクリーンショット
以上でSMS・電話認証は完了です。

8.「サーバー設定完了のお知らせ」という件名のメールが届く

お申し込みは以上で完了です。
通常、「数分以内」に、「サーバー設定完了のお知らせ」という件名のメールが入力したメールアドレスに届きます。

えっ、数分待つだけでいいの?

はい!
ごくまれに「数時間程度」お待たせする場合もありますが、ほとんどの場合は「数分以内」に「サーバー設定完了のお知らせ」メールが届きます!

「サーバー設定完了のお知らせ」メールが届けば、無料お試し期間(10日間)の開始です!

  • 管理ツールからWordPressブログの設置が簡単にできるか

など、お試し期間中に確認しましょう!

無料お試し期間中に動作を確認して問題がなければ、本契約手続きをしましょう!

1.「Xserverアカウント」にログインする

Xserverアカウント ログインページにアクセスし、「メールアドレス」と「Xserverアカウントパスワード」を入力してログインします。
ログインをクリックしているスクリーンショット

2.「料金のお支払い/請求書発行」をクリック

画面左、メニューの中ほどにある「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。
料金のお支払い/請求書発行をクリックしているスクリーンショット

3.表の左端にチェックを入れ、契約期間を選択し、「お支払い方法を選択する」ボタンをクリック

本契約をするサーバーアカウントにチェックを入れ、契約期間を選択します。
その後、「お支払い方法を選択する」ボタンをクリックします。
お支払い方法を選択するをクリックしているスクリーンショット

4.希望する支払い方法を選択

希望する支払い方法を選択します。ここでは「クレジットカード」で案内します。
クレジットカード決済画面へ進むをクリックしているスクリーンショット

5.(クレジットカードの場合)カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力し、「カードでのお支払い(確認)」をクリック

カード番号、有効期限、セキュリティコードをそれぞれ入力、選択し、「カードでのお支払い(確認)」ボタンをクリックします。
カードでのお支払い(確認)をクリックしているスクリーンショット

6.「カードでのお支払い(確定)」をクリック

入力内容を確認し、問題がなければ「カードでのお支払い(確定)」ボタンをクリックします。
以上でお支払いは完了です。
クレジットカードの場合は支払処理が即時完了し、ご契約が即座に本契約に移行します。
カードでのお支払い(確定)をクリックしているスクリーンショット

WordPressブログを運営するためのステップその2は、「独自ドメイン」の契約です。

「独自ドメイン」とは、「WordPressブログ」を作るための、「アドレス」を独占的に利用するための仕組みです。
「独自ドメイン」を取得することにより、WordPressブログに自分だけのアドレスをつけることが可能です。

独自ドメインはWordPressブログのアドレスのほかにも、「メールアドレス」の「@」よりうしろなどに使うことも可能です。
例:example.comドメインを取得する

独自ドメインのメリット

独自ドメインのメリット

「独自ドメイン」とエックスサーバーの申し込み時にもらえた「初期ドメイン名」は何が違うの?

「初期ドメイン名」も「独自ドメイン」と同じように、WordPressブログの公開やメールアドレスの作成などに利用することが可能です。
しかし、細かいところで以下のような違いがあります。

「初期ドメイン名」=サーバー契約についてくる無料のサービス、「独自ドメイン」=基本的に有料の契約

初期ドメイン名はエックスサーバーのお申し込みとともに自動的に割り当てられた、「無料」のアドレスです。
初期ドメイン名の利用に際して、サーバーご利用料金以外の特別な料金は必要ありません。

アドレスに「xsrv」という文字列が含まれてしまいますが、特に気にしないのであれば、初期ドメイン名を使ってWordPressブログを公開すると費用を安く抑えられます。

無料なのは魅力的だけど、アドレスに「xsrv」が絶対についてしまう、と…

一方、独自ドメインは基本的に有料の契約となりますが、誰も取得していない文字列であれば、好きなドメイン名を登録することができます。

現在のところ、初期ドメイン名ではGoogle AdSenseが利用できません

Google AdSenseの利用には「独自ドメイン」の所有権確認(お客様ご自身がドメイン名を所有していることの証明)が必要になります。
しかし、「初期ドメイン名」は厳密には「独自ドメイン」ではなく「独自ドメインのサブドメイン形式」にあたるため、Google AdSenseが求める所有権確認ができません。
そのため、現在のところ、「初期ドメイン名」ではGoogle AdSenseは利用できません。

将来的に「Google AdSense」で収益を得ようとおもったら、「独自ドメイン」でWordPressブログを作る必要があるのか。

それでは独自ドメインの取得手順をご案内します。
独自ドメインは「Xserverアカウント」からのお申し込みになります。

1.「Xserverアカウント」にログインする

Xserverアカウント ログインページにアクセスし、「メールアドレス」と「Xserverアカウントパスワード」を入力してログインします。
ログインをクリックしているスクリーンショット

2.「+サービスお申し込み」をクリック

Xserverアカウントのトップページで、画面左のメニューにある「+サービスお申し込み」をクリックします。
+サービスお申し込みをクリックしているスクリーンショット

3.『ドメイン』の「新規申し込み」をクリック

画面中ほどにある、「ドメイン」の、「新規申し込み」をクリックします。
ドメインの新規申し込みをクリックしているスクリーンショット

4.「同意する」をクリック

「利用規約」および「個人情報に関する公表事項」を確認し、「同意する」をクリックします。
同意するをクリックしているスクリーンショット

5.WordPressサイトのアドレスにしたい文字列を入力し、「ドメイン名チェック」をクリック

WordPressサイトのアドレスにしたい文字列を入力フォームに入力し、「ドメイン名チェック」をクリックします。
ドメイン名チェックをクリックしているスクリーンショット

「com」「net」などは何にすればいいの?

いずれもドメインとしての機能にかわりはないため、お好きなものにすれば問題ありませんが、なかなか決められない場合はこんなルールで選ぶとよいかもしれません。
自分が作りたいWordPressブログの雰囲気にあうものがある場合、それにする

例:写真集のサイトを作りたい → 「photo」「pics」「design」などにする

とにかく安いドメインにする

参考:ドメイン料金一覧

特にこだわりはない場合

メジャーな「com」「net」にする
「com」「net」を選択しているスクリーンショット

6.「お申し込み内容の確認・料金のお支払い」をクリック

チェックしたドメイン名が利用可能か表示されます。
○取得可能です。」と表示されていれば、そのドメイン名を取得することが可能です。

取得可能なドメイン名にチェックを入れ、「お申し込み内容の確認・料金のお支払い」をクリックしてください。

「ネームサーバー初期設定」はどれにすればいいの?

「ネームサーバー初期設定」は初期状態で選択されている「『エックスサーバー』を設定する (標準) 」のままにしてください。
お申し込み内容の確認・料金のお支払いをクリックしているスクリーンショット

7.ドメイン取得料金を支払う

サーバー本契約のときにも表示された、「お支払い画面」が表示されます。
ご希望の方法で、ドメイン取得料金を支払ってください。
お支払い画面のスクリーンショット

8.料金の支払いが反映されれば、ドメイン名の取得は完了!

ドメイン取得料金のお支払いが完了すれば、ドメイン名の取得は完了です。
Xserverアカウントのトップページの右下にある「ご契約一覧」に、取得したドメイン名が表示されるようになります。
ご契約一覧のドメインのスクリーンショット

ここまでの作業で、レンタルサーバーの申し込みとドメインの取得が完了しました。
引き続き、契約したエックスサーバーにWordPressブログを設置していきましょう。

エックスサーバーで独自ドメインを用いたWordPressブログを公開するためには、「独自ドメインを使うための設定」が必要になります。

えっ、むずかしいの?

いいえ、作業はとっても簡単です。

1.「Xserverアカウント」から「サーバーパネル」にログインする

「Xserverアカウント」の右下にある「ご契約一覧」のなかにある、「サーバー管理」をクリックします。
以上でサーバーパネルにログインできます。
サーバー管理をクリックしているスクリーンショット

あれっ?設定完了メールに「サーバーパスワード」なんかが書かれていたと思うけれど…

はい、サーバーパネル ログインページからサーバーID、サーバーパスワードを入力してサーバーパネルにログインすることも可能です。
しかし、複数のログインページやたくさんのIDを覚えようとすると複雑になってしまうので、「Xserverアカウント」から「サーバーパネル」にログインすることをお勧めしています。

あ、そっか。それならXserverアカウントのログイン情報だけ覚えていればいいもんね。

2.「ドメイン設定」をクリック

サーバーパネルのトップページに並んでいるメニューのなかから、「ドメイン設定」をクリックします。
ドメイン設定をクリックしているスクリーンショット

3.「ドメイン設定追加」をクリック

「ドメイン設定追加」をクリックします。
ドメイン設定追加をクリックしているスクリーンショット

4.「確認画面へ進む」をクリック

取得したドメイン名を「.com」「.net」などまで入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。
確認画面へ進むをクリックしているスクリーンショット

5.「追加する」をクリック

入力したドメイン名を確認し、間違いがなければ、「追加する」をクリックします。
追加するをクリックしているスクリーンショット
以上で独自ドメインを使うための設定は完了です。
ドメイン設定追加の完了画面のスクリーンショット

最後はWordPressの設置です。WordPressブログの設置まであと一歩、がんばりましょう。

1.サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリック

引き続きサーバーパネルから、「WordPress簡単インストール」をクリックします。
WordPress簡単インストールをクリックしているスクリーンショット

2.ドメイン名を選択

「ドメイン選択画面」が表示されたら、先ほど追加したドメイン名の右にある「選択する」をクリックします。
選択するをクリックしているスクリーンショット

3.「WordPressインストール」をクリック

「WordPressインストール」をクリックします。
WordPressインストールをクリックしているスクリーンショット

4.ブログ名などの必要な情報を入力し、「確認画面へ進む」をクリック

「サイトURL」を選択・入力します。
その後、「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。
確認画面へ進むをクリックしているスクリーンショット

「サイトURL」の選択肢・入力フォームはどうしたらいいの?

WordPressをどのURLで運用したいかによって、選択、入力する内容が異なります。
選択肢のプルダウン

WordPressブログのアドレスの、「http://【この部分】/」になります。
「http://www.ドメイン名/」で運用したい場合は「www.ドメイン名」を、「http://ドメイン名/」で運用したい場合は、「ドメイン名」を選択します。

入力フォーム

WordPressブログのアドレスの、「http://ドメイン名/【この部分】」になります。
「http://ドメイン名/」といったURL(ドメイン直下)で運用したい場合は入力フォームには何も入力しません。
「http://ドメイン名/wp/」といったURL(サブディレクトリ)で運用したい場合、入力フォームには「wp」を入力します。

「キャッシュ自動削除」「データベース」は?

それぞれ初期状態の、「ONにする」「自動でデータベースを生成する」を選択したままとしてください。

5.「インストールする」をクリック

確認画面が表示されますので、入力した内容を確認し、問題がなければ「インストールする」をクリックします。
インストールするをクリックしているスクリーンショット

「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と表示されたんだけど、大丈夫なの?

はい、今回追加したドメイン名ではまだ何もサイトを運用していないため、このメッセージは無視して問題ありません!

6.設置完了!

完了画面が表示されます。
WordPressインストールの完了画面のスクリーンショット

7.WordPressブログに実際にアクセスしてみましょう

設置したWordPressブログに実際にアクセスしてみましょう。
WordPressの初期ページが表示されれば、WordPressブログの設置は完了です!
WordPressの初期ページのスクリーンショット