まとめ記事

\100以上ある記事の中から/
ホームページ制作の工程ごとに【主要記事】をまとめました!

ホームページを自作する方におすすめ
運営者情報

初⼼者のための会社ホームページ作り方講座とは?

私たちの提供するレンタルサーバー「エックスサーバー」はみなさまに支えられて2019年には国内シェアNo1を達成しました。
さらに幅広いサポートをしたい思いがあり、2020年4月(※)からサーバー利用に関する情報メディアも運営しており、その第2段として立ち上げました。
ホームページ初心者の個人事業主や経営者の方向けにホームページ制作やWeb活用に関する具体的な方法、基礎的な知識を中心に役立つ情報を発信していきますのでよろしくお願いします
※「初心者のためのブログ始め方講座」を2020年4月運営中

よくある質問

ホームページ作成ツールの無料プランなら可能ですが、広告が表示されたり、デザインテンプレートや機能が制限されたりします。会社用のホームページを作るなら、必要最低限の経費と考えて、有料のレンタルサーバー(目安:月額1,000円)を利用するのがおすすめです。

WordPress(ワードプレス)を使えば、初心者の方でも簡単にホームぺージの制作や更新が可能です。WordPressは世界シェアNo.1のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)であり、デザインテンプレートの「テーマ」や拡張機能の「プラグイン」が豊富に揃っています。

ホームページの作り方によって異なります。一般的にホームぺージはWordPress(ワードプレス)で作ることが多く、「サーバー」や「ドメイン」が必要です。ホームぺージを「家」に見立てた場合、サーバーは「土地」、ドメインは「住所」と考えると分かりやすいでしょう。

ホームぺージを維持するためには、最低限「サーバー」や「ドメイン」の費用(目安:月額1,000円)が必要です。そのほかは、ホームぺージの更新作業を自社でするのか、外注するのかで大きく異なります。集客などに注力する場合は、広告費用がかかることもあるでしょう。

会社や個人事業主の場合は、ホームページを作っておきましょう。SNSは集客やユーザーとコミュニケーションを取るのには便利ですが、デメリットもあります。たとえば、掲載した情報が時間とともに流れてしまったり、公的機関の申請手続きには使えなかったりしますよ。

ホームページの内容はもちろん、外注先によって制作費用が異なります。たとえば、名刺代わりとして5ページ程度のホームページをフリーランスに依頼する場合、50,000円~100,000円が相場です。ただ、デメリットもあるので、初心者の方にはWeb制作会社をおすすめします。

ホームページの種類や規模によって異なります。たとえば、名刺代わりとして5ページ程度のコーポレートサイトを作る場合は、約2か月です。もちろん、デザインや機能などによってホームぺージの制作期間は変動します。以下の記事では、期間を短縮するコツを解説しています。

Web制作会社を選ぶときは、あらかじめホームぺージの「目的」「予算」「納期」などを決めておきましょう。最低限の準備ができていないと、自社に適したWeb制作会社を選ぶことはできません。記事では、Web制作選定で失敗しないためのポイントや注意点を紹介しています。

まず参考のホームぺージを探しましょう。ビジュアルを通して、Web制作会社に作りたいデザインのイメージを明確に伝えられます。一方、言葉だけだと伝わりきらずに、結果意図しないデザインが仕上がってくるおそれもあるので、注意してください。

保守や運営代行をサポートしているWeb制作会社であれば依頼できます。依頼する前に、「社内で対応できること」と「外注先に任せたいこと」を、整理しておくのがおすすめです。また、実績のある外注先かどうかを確認しておきましょう。

新着記事

指名検索とは?一般検索との違いやメリット、検索数の調べ方を解説
ホスティングサービスとは?利用形態や機能を初心者向けに解説
リンク切れチェックにおすすめなツール!原因や影響についても解説
検索エンジンとは?種類、シェア、仕組みなどを初心者向けに解説
モバイルフレンドリーとは?SEOとの関係性や最新のテスト方法など
面白い仕掛けがあるサイト7選!見る人の記憶に残るデザイン