ホームぺージを開設するなら今!

国内No.1のレンタルサーバー
\エックスサーバーのお得な情報/

※ 2022年10月時点、 hostadvice.com調べ。

【初心者でも簡単】会社メールアドレスとホームページの準備方法を丁寧に解説

\この記事をシェアする/

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

【2022年10月7日更新】手順を最新の状態に更新しました。

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(4.0)
難しさ
(2.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

会社のWeb環境を整えるにあたり、最初に用意したいのは「メールアドレス」と「ホームページ」ではないでしょうか。

そこで今回は、会社のメールアドレスとホームページの用意に必要な手順を解説します。

必要な手順
  1. レンタルサーバーの契約
  2. 独自ドメインの取得
  3. メールアドレスの作成
  4. WordPress(ワードプレス)のインストール

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • 初めて会社のメールアドレスを取得する人
  • 初めて会社のホームページを作る人
  • レンタルサーバーの契約を検討している人

この記事を読めば、初心者の方でも迷わずにメールアドレスを作成でき、またホームページの開設に必要な準備を進められます。

それではどうぞ!

注意

この記事では、レンタルサーバーに弊社『エックスサーバー』を利用いただく場合の手順を説明しています。

他のレンタルサーバーではサービス内容や手順が異なるため、ご注意ください。

メールアドレスとホームページを作るのに必要なもの2つ

まず、メールアドレスとホームページを作るには、以下の2つが必要です。

メールアドレスとホームページを作るのに必要なもの2つ

※ すでにサーバー、ドメインについて知っている方は、読み飛ばしていただいて構いません。「レンタルサーバーの申し込み手順10ステップ」からご覧ください。

サーバー

サーバーは、メールやホームページのデータを格納するためのWeb上のスペース。ホームページが「家」だとすると、サーバーは「土地」にあたります。

自前でサーバーを用意する手もあるものの、膨大な費用がかかったり、専門知識が必要だったりします。

レンタルサーバーなら、費用は「月1,000円~3,000円」程度。レンタルサーバーの会社が初期設定や保守管理、セキュリティ対策などを代行してくれるため、初心者でも安心です。

また、契約時にセットで「独自ドメイン」を取得できるサービスが多いので、メールアドレスやホームページの用意にはレンタルサーバーをおすすめします。

ドメイン

ドメインとは、インターネット上の「住所」のこと。以下のとおり、ドメインには「独自ドメイン」と「共有ドメイン」の2種類があります。

それぞれの違いは次のとおりです。

独自ドメイン【info@〇〇〇.co.jp】

〇〇〇は変更可能。共有ドメインと違い、不要な文字列が含まれない。

共有ドメイン【info@〇〇〇.▲▲▲.co.jp】

〇〇〇は変更可能なものの、▲▲▲はサービス提供者によって決められている。

独自ドメインを採用しよう

共有ドメインに比べ、独自ドメインは信頼度が高いです。そのため、会社のメールアドレスとホームページには独自ドメインを採用してください。

無料というメリットはあるものの、共有ドメインは文字列の一部がサービス提供者によって指定されます。

たとえば、メールアドレスやホームページのURLに他企業のサービス名などが含まれていると、少し不安になりますよね。

しかし、独自ドメインの場合は、完全オリジナルの文字列を決められます。ユーザーを不安にさせる恐れがないため、独自ドメインでメールアドレスやホームページを作りましょう。

レンタルサーバーの申し込み手順10ステップ

今回の記事では、レンタルサーバーに『エックスサーバー』を利用します。

『エックスサーバー』は国内シェアNo.1のレンタルサーバー(※)です。現在、230万サイト以上の運用実績があることから、安心してお申し込みいただけます。
※ 2022年10月時点、hostadvice.com 調べ。

その他、『エックスサーバー』を利用するメリットは次のとおりです。

エックスサーバーを利用するメリット
  1. 「10日間無料お試し」で、本契約前に使い勝手を確認できる
  2. 「独自ドメイン永久無料特典」で本来有料の独自ドメインが無料で取得できる
  3. メールアカウントの作成には費用がかからないうえ、無制限に追加できる
  4. 「WordPress簡単インストール」でホームページ制作に必要な環境がスグに作れる

➁~➃については、のちほど説明しますので、まずは➀の『エックスサーバー』の「10日間無料お試し」に申し込む手順を解説します。

1.お申し込みフォームにアクセスする

エックスサーバー お申し込みフォームにアクセスし、左側の10日間無料お試し 新規お申込みを選択します。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(新規お申込み)
2.プランを選択する

サーバーIDの変更はとくに必要ありません。
プランは「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」の3つから選択できます。

カワウソ

プランは、一番安いスタンダードで問題ありません。
Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(プラン選択)
3.Xserverアカウントの登録へ進む
注意
「WordPress クイックスタート」の「利用する」にはチェックを入れないでください。
こちらはWordPressの利用や取得するドメインが決まっている方向けのサービスで、無料の試用期間がありません。

プランを選択したら、Xserverアカウントの登録へ進むをクリックしてください。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(アカウント登録)
4.情報を入力する

ここでは個人情報を入力します。
名前はニックネームではなく、必ず本名を入力してください。

インフォメーションメールの配信が必要な場合は、「希望する」にチェックします。
インフォメーションメールでは、お得なキャンペーンに関する情報などが配信されます。

「利用規約と個人情報の取り扱いについて」を確認したのち、チェックを入れて次へ進むをクリックしてください。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(規約の同意)
5.確認コードを入力する

登録したメールアドレス宛に認証コードが送られてくるので、入力して次へ進むをクリックします。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(確認コードの入力)
6.登録情報を確認する

入力した情報に間違いがないかを確認して、SMS・電話認証へ進むをクリックしてください。
入力内容に間違いがあった場合は、もう一度入力画面に戻って修正しましょう。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(登録情報の確認)
7.認証コードを取得する

SMSか電話のどちらで認証コードを取得するかを選択し、認証コードを取得するボタンをクリックします。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(認証コードの取得)
8.認証コードを入力する

取得した認証コードを入力して、認証して申し込みを完了するをクリックします。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(認証コードの入力)
9.完了画面

こちらの完了画面が出ると登録完了です。

Xserverレンタルサーバーお申し込みフォーム(完了画面)
10.設定完了のメール通知を受け取る

お申し込みが完了すると、すぐに案内メールが届きます。

その後「【xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」という件名のメールが登録メールアドレスに送信されます。届くまでの時間は、最短数分~最大24時間以内です。

こちらのメールがお手元に届いたら、無料お試し期間(10日間)の開始です。

※メールが届かない場合は、当該メールが迷惑メールとしてゴミ箱などに入っていないかご確認ください。見当たらない場合はお手数ですが、カスタマーサポートまでご連絡ください。

「10日間無料お試し」で確認するポイント

画像:サーバーパネルについて

「10日間無料お試し」では主に「エックスサーバーのサーバーパネルが分かりやすいか」「使いやすそうか」をご確認ください。

サーバーパネルとは

ドメインの設定やメールアカウントの発行など、サーバーの各種設定が行える管理パネルです。
※「10日間無料お試し」では、メールアカウントの発行はできません。

ご不明な点があれば、マニュアルをご覧いただくか、サポートまでお問い合わせください。

「10日間無料お試し」中に決めておくこと2つ

サーバーパネルの使い勝手を確認したのち、契約をご検討いただける場合は、「10日間無料お試し」の期間中に次の2つを決めておいてください。

先に決めておくと、のちの進行がスムーズです。

1.ドメインを決める

メールアドレスの取得にも、ホームページの制作にも、先に「ドメインの種類」と「ドメイン名」を決めておく必要があります。

ドメインの種類とドメイン名の決め方については、以下の記事で詳しく解説しています。

ホームページに必要なドメインとは?選び方や取得方法を解説

エックスサーバーでは「独自ドメイン永久無料特典」で本来有料の独自ドメインが無料で取得できます。

ただし、プランによって無料となるドメインの種類が変わりますので、ご注意ください。

ドメインの種類 おすすめ度 無料対象プラン
.co.jp ★★★ ビジネス
.com ★★ スタンダード、プレミアム、ビジネス
.jp ★★ プレミアム、ビジネス

2.ホームページの制作方法を決める

レンタルサーバーでホームページを作る場合、以下3つの方法があります。

ホームページの作り方3つ
  1. ゼロから自作
  2. WordPressで自作
  3. Web制作会社に外注

「①ゼロから自作」は、HTMLやCSSといったWeb制作スキルが必要になるため、初心者にはおすすめできません。

予算や納期など、ホームページ制作で重要視するものに応じて、「②WordPressで自作」と「③Web制作会社に外注」のどちらかを選ぶようにしましょう。

選び方は以下の記事で解説しています。

【初心者向け】会社ホームページの作り方を基礎から解説

自作、外注どちらの場合でも、WordPressでホームページを作るのがおすすめです。

WordPressとは

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)の一つ。Web制作スキルがなくても、簡単にホームページの作成や更新ができる無料のシステムです。

なぜ?WordPressが会社のホームページ制作に適している理由

エックスサーバー』には、申し込むだけですぐにWordPressが使用できる「WordPress簡単インストール」というサービスがあります。

初心者にとってハードルが高い、WordPressの設置作業をスキップできるサービスです。本契約後にぜひご利用ください。

本契約への移行手順

Xserverレンタルサーバー本契約への移行(料金支払い)

本契約をご決断いただけましたらログインし、お支払い手続きをお願いします。お支払い手続きの完了をもって、本契約に移行します。

※「10日間無料お試し」期間中のプラン変更をご希望の場合は、試用期間内にサポートまでご連絡ください。

独自ドメインの取得と設定手順

以下では、独自ドメインの取得から設定完了までの手順を解説します。

ドメインの取得

まずは「独自ドメイン永久無料特典」を利用してドメインを取得します。

以下、申し込み手順です。

1.「各種特典のお申し込み」を選択する

Xserverアカウント」にログインし 、サーバーのメニューから各種特典のお申し込みをクリックしてください。

Xserverレンタルサーバー(各種特典のお申し込み)
2.「独自ドメイン永久無料特典(プラン特典)」を選択する

「独自ドメイン永久無料特典(プラン特典) 」のこの特典を使用するボタンをクリックします。

Xserverレンタルサーバー(独自ドメイン永久無料特典の選択)
3.希望のドメイン名を入力する

「新規取得」を選択したら、ご希望のドメイン名を入力し、検索するをクリックします。

検索結果を確認して、使用可能なドメインを選択します。

ドメイン名に誤りがないかどうか確認し、選択したドメインの取得申請をするをクリックしましょう。

Xserverレンタルサーバー(希望のドメイン名の入力)
4.取得申請する

もう一度ドメイン名に誤りがないか確認したら、利用規約に同意し、取得申請をするをクリックしてください。

Xserverレンタルサーバー(独自ドメインの取得申請)
5.取得完了

管理画面のトップページに申請したドメインが表示されれば完了です。

Xserverレンタルサーバー(ドメインの取得完了)

ドメインの設定

続いて、ドメインの設定です。

1.「ドメイン設定」を選択する

サーバーパネルからドメイン設定をクリックします。

Xserverレンタルサーバー(ドメイン設定の選択)
2.「ドメイン設定追加」を選択する

ドメイン設定追加をクリックしてください。
「独自ドメイン永久無料特典」で取得したドメイン名を「ドメイン名」に入力します。

「無料独自SSLを利用する(推奨)」と「高速化・アクセス数拡張機能“Xアクセラレータ”を有効にする(推奨)」については、チェックを入れたままで大丈夫です。

間違いがないか確認し、確認画面へ進むをクリックします。

Xserverレンタルサーバー(ドメイン設定の確認)
3.確認する

間違いがないか確認し、追加するをクリックします。

4.ドメイン設定の完了

この画面が表示されると完了です。

Xserverレンタルサーバー(ドメイン設定の完了)

以上、ドメインの取得から設定完了までの手順でした。

メールアカウントの設定手順5ステップ

次に、メールアカウントを設定しましょう。

設定手順は以下のとおりです。

1.「メールアカウント設定」をクリックする

サーバーパネルにログインして、メールアカウント設定をクリックします。

Xserverレンタルサーバー(メールアカウント設定の選択)
2.ドメインを選択する

メールアカウントを設定するドメインを選択します。

Xserverレンタルサーバー(ドメインの選択)
3.メールアカウントの情報を入力する

メールアカウント追加をクリックします。

Xserverレンタルサーバー(メールアカウントの情報を入力)

まずは、メールアカウントの「@」の前の部分を入力します。以下、法人でよく利用されるメールアドレスです。参考にしてください。

メールアカウント
  • info@ … 製品やサービスの一般的な情報、お問い合わせに関するメール
  • support@ … カスタマーサポートなど、顧客応対に使用するメール
  • sales@ … 製品の購入に関するメール
  • admin@ … 社内のシステム管理に用いられるメール

その他、従業員「山田太郎さん」のメールアドレスであれば、多くの場合「t-yamada」や「t.yamada」のように表記します。

続いて、任意のパスワードを設定してください。
パスワードは、のちにメールソフトにメールアカウントを設定するときに必要です。

容量については、ひとまず2000MBのままで問題ありません。

最後に、コメントを入力しておくと便利です。たとえば「admin@」の場合、「社内のシステム管理用」とコメントを入力しておくと、あとでメールアドレスが増えても把握しやすくなります。

メールソフトの設定については、各種ソフト別にこちらからご確認いただけます。

4.設定を確認して追加する

間違いがないか確認し、追加するをクリックします。

Xserverレンタルサーバー(メールアカウントの追加)
5.完了

こちらの表示がされていれば完了です。

Xserverレンタルサーバー(メールアカウント追加の完了)
メモ

『エックスサーバー』では、メールアカウントの追加に費用はかかりません。しかも無制限で追加できるので、用途に応じて必要なだけアカウントを作成できます。

WordPress簡単インストールの申し込み手順5ステップ

ホームページ制作でWordPressを利用する場合は、「WordPress簡単インストール」をご利用ください。

ただし、ホームページ制作を外注する場合は、まずどちらが対応するか話し合いましょう。

WordPressやPHPのバージョン、データベースの作成などに関して、何か特別な理由があり、外注先が対応する必要がある場合もあります。

以下、申し込み手順です。

1.「WordPress簡単インストール」を選択

サーバーパネルにログインして 、WordPress簡単インストールをクリックします。

Xserverレンタルサーバー(WordPress簡単インストールの選択)
2.対象ドメインを選択

WordPressをインストールするドメインを選択します。

Xserverレンタルサーバー(対象ドメインの選択)
3.WordPress情報を入力する

WordPressインストールのタブをクリックします。

以下を参考に入力してください。

  • サイトURL … /より右側の入力欄は空白で構いません
  • ブログ名 … サイト名のことです。あとから変更できます
  • ユーザー名 … WordPress管理画面のユーザー名です
  • パスワード … WordPress管理画面のパスワードです
  • メールアドレス … WordPress管理用のメールアドレスです
  • キャッシュ自動削除 … そのまま「ON」で構いません
  • データベース … そのまま「自動でデータベースを生成する」で構いません
  • テーマ…デザインテンプレートのこと。好きなテーマを選択してください
  • テーマオプション … 子テーマをインストールする場合はチェックを入れます

入力が完了したら、確認画面へ進むをクリックしてください。

メモ

コーポレートサイトを自作する場合、テーマは『Lightning(ライトニング)』がおすすめです。有効インストール数70,000以上の信頼と実績があります。

ちなみに、以下の記事では『Lightning』でホームページを自作する方法を解説しています。気になる方は、あわせてご覧ください。

【連載その1】WordPressとLightningでホームページを自作する方法!「事前準備編」
4.インストールする

入力に間違いがないか確認し、インストールするをクリックしてください。

5.完了

この画面が表示されると完了です。

Xserverレンタルサーバー(WordPress簡単インストール)

「難しそう……」と感じた方におすすめのサービス2つ

ここまでで「難しそうだし、面倒だな……」と感じられた方もいるかもしれません。

じつは、そのような方でも簡単、確実、しかもスグにメールアドレスやホームページを用意できる2つのサービスがあります。

1.WordPress クイックスタート

「早くホームページを作りたい」方におすすめなのが、弊社『エックスサーバー』申し込み時に利用できる「WordPress クイックスタート」です。

次のような方であれば、申し込むだけですぐにWordPressを利用できます。この記事で紹介した「ドメインの設定」や「WordPress簡単インストール」の作業が発生しません。

おすすめな人
  • 初めてホームページを作る人
  • ホームページを自作する人
  • WordPressで作ると決めている人
  • 取得するドメインが決定している人
  • エックスサーバーを利用する人

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

【誰でも10分】WordPressクイックスタートで始めるホームページ制作

2.Xserverビジネス

「ホームページを作りたいけど時間がない」「WordPressで作れるか不安……」という方には、『Xserverビジネス』をおすすめします。『エックスサーバー』を法人向けに最適化したレンタルサーバーです。

『Xserverビジネス』のなかには、『ホームページ無料制作サービス』が含まれています。申し込むだけでホームページが開設できるサービスです。

ホームページ無料制作サービス

弊社スタッフが、お客様のホームページ制作を代行します。時間がない方やWeb制作スキルがなくて困っている方でも、ホームページの作成が可能です。

申し込み後、最低限必要な情報を入力すれば、最短2日でホームページを開設できます。

「月額3762円+初期費用16500円」で、ビジネスに必要なWeb環境(ホームページ、サーバー、ドメイン、メールアドレス)が揃います。

※ただし、あくまでも名刺程度のホームページとなりますので、ご注意ください。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

【初心者でも安心】会社ホームページの開設方法!申し込むだけ2日で完成

まとめ

今回は、レンタルサーバーの申し込み手順やメールアドレスの作成方法などを解説しました。

以下、この記事のおさらいです。

まとめ
  • メールアドレスとホームページには、サーバーとドメインが必要
  • 「10日間無料お試し」中にドメイン名やホームページの作り方を決めておこう
  • 『エックスサーバー』では、メールアカウントを無料かつ無制限に追加可能
  • WordPressでホームページを作るなら「WordPress簡単インストール」がおすすめ

それでは、無事にメールアドレスとホームページが用意できることを祈願しております。

以上、最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバーです。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、16万社の導入実績があります。

2月3日12時まで半額キャッシュバックキャンペーン開催中です!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

さらに2月2日18時までえらべるプレゼントキャンペーンも開催中です。
星野リゾート宿泊ギフト券やiPadなどの豪華景品が当たるビッグチャンス

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2022年10月時点、hostadvice.com調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

【初心者向け】会社ホームページの作り方を基礎から解説

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

URLをコピーしました!