【連載その1】WordPressとLightningでホームページを自作する方法!「事前準備編」

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(3.0)
難しさ
(2.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「WordPressでホームページを作りたいけど、実際に何から始めればよいのか分からない……」とお悩みではありませんか?

そこで今回は、WordPressテーマ『Lightning(ライトニング)』で、ホームページを作る手順を全12回に分けて解説。

この記事は、第1回「事前準備編」です。WordPressと『Lightning』のインストール方法から初期設定まで解説します。

カワウソ

  • WordPressで会社のホームぺージを自作したい人
  • WordPressのテーマ選びで迷っている人
  • 『Lightning』のテーマでホームページを作りたい人

この記事を読めば、『Lightning』でホームページを作るための準備が整います。

実際に作りながら進めれば、『Lightning』はもちろん、WordPressの基本操作も覚えられるでしょう。他のテーマを利用する時にも役立つため、ぜひ参考にしてください。

それではどうぞ!

この連載企画を読めばこんなホームページが作れます

この連載記事のとおり進めれば、次のホームページが作れます。

完成イメージを確認する(PDFで開く)

ホームページは全12ページの構成となっており、以下の記事でそれぞれ解説する予定です。

連載企画 記事一覧

なお、ページを作成する実際の手順は、【連載その2】WordPressとLightningでホームページを自作する方法!「トップページ編」から解説します。

テキストや写真などの素材がなくても大丈夫です。ダウンロード可能な素材を記事ごとに用意しています。

すでに自社用の素材がある方なら、テキストや写真を差し替えれば、実際に使える会社のホームページが作成可能です

また、連載企画どおりに進行することで、自ずとWordPressや『Lightning』での制作スキルが身に付きます。

ホームページを自作する方はもちろん、Web制作会社に依頼する方でも、自社で更新できるようになるので、おすすめですよ。

WordPress(ワードプレス)の予備知識

ここでは、WordPress(ワードプレス)の予備知識について解説します。

WordPressの知識がまったくない状態で、ホームページを作ろうとすると、あとから不明点が頻出します。

都度調べていると効率が悪いため、先に最低限の予備知識を身に付けておくとよいでしょう。

※すでに知っている方は、読み飛ばして「Lightning(ライトニング)の予備知識」から確認してください。

WordPressはCMSの一種

WordPressは、ホームぺージやブログが簡単に作れるCMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)の一種。

HTMLやCSSなどのWeb制作スキルが不要なため、初心者におすすめです。

CMSシェア世界NO.1

2022年8月現在、WordPressはCMSの世界シェアNo.1を獲得。

また、世界のウェブサイトの43%がWordPressで構築されています。

▲出典:W3 Techs「Usage statistics of content management systems」

無料で使える

WordPressは「オープンソース」のソフトウェアであるため、無料で使用可能です。

オープンソースとは

プログラムのソースコードを無償で使用できるソフトウェアです。使用はもちろん、複製、改良、再配布が可能。

そのため、世界中のエンジニアがWordPressの開発に参加しています。

無料で利用しやすいことは、世界的に普及した理由の一つです。

テーマとプラグインが豊富

WordPressは、「テーマ」と「プラグイン」の種類が豊富です。

ポイント
  • テーマ … ホームぺージのデザインプレート(雛形)
  • プラグイン … WordPressの拡張機能

テーマを使えば、デザインがほぼ完成している状態からホームページ作成を開始できます。テキストや画像を変更すれば、すぐに自社のホームページが完成するでしょう。

またプラグインは、本来開発が必要となる難しい機能を簡単に実装できるWordPressの拡張機能です。

「お問い合わせフォーム」のような動的なページも簡単に作れます。

静的サイトと動的サイトの違い、メリット・デメリットを解説

よほど特殊なデザインや機能を望まない限り、テーマとプラグインで十分対応できるでしょう。

アップデートが必要

WordPressは2003年にリリース後、機能向上と不具合修正などの目的で、定期的にアップデートが配信されています。

システムである以上、アップデートをしないとセキュリティリスクを抱えてしまうため、常に最新の状態にしておくことが重要です。

この連載企画は、2022年8月時点のバージョン「WordPress6.0.1」で解説します。

注意点

WordPress6.0.1以前のバージョン(「5.9.3」など)では、ページの編集画面が少し異なる箇所があります。6.0.1にアップデートしてから取り組んでください。

WordPressのアップデート方法は、以下の記事で解説しています。

WordPressを使ったホームページの作り方!7つの手順で解説

ブロックエディタは直感的な操作が可能

WordPressでページを作成するときに使用するのが「エディタ」です。

WordPressの標準エディターは「ブロックエディタ」で、別名「Gutenberg(グーテンベルグ)」とも呼ばれます。

2018年12月のWordPress5.0リリースの際に、標準エディタとなりました。

ブロックエディタでは、文章の段落、画像、余白などの要素を「ブロック」単位で管理。ブロックの組み合わせにより、コンテンツを作っていきます。

ブロックエディタを使えば、直感的に操作できるため、少々凝ったレイアウトでも簡単に作れます。初心者の方でも取り組みやすいでしょう。

その他、WordPressのメリット・デメリットなどについては、以下の記事で詳しく解説しています。

なぜ?WordPressが会社のホームページ制作に適している理由

Lightning(ライトニング)の予備知識

次に、WordPressテーマ『Lightning』の予備知識を解説します。

Lightningはビジネス向けテーマ

『Lightning』は、株式会社ベクトルが2015年にリリースした国産の無料テーマ。

Web制作スキルがない方でも、ホームページやブログが簡単に作れるように開発されました。特に、ビジネス向けのテーマとして人気があります。

2022年8月時点で、有効インストール数7万件以上にものぼり、信頼と実績のあるテーマです。

▲出典:Lightning(ライトニング)

厳しい審査を通過している

本来、テーマはWordPressの管理画面から検索するだけで簡単に探せます。

しかし、ヒットするほとんどが英語のテーマ。日本語に対応したテーマは探してもなかなか見つかりません。

その点、『Lightning』は、WordPressの管理画面から検索して簡単にインストールできます。

WordPressの厳しい審査を通過し、WordPress公式ディレクトリに登録されているためです。

100%GPLのため使いやすい

また、『Lightning』は100%GPLのライセンス。商用利用できるのはもちろん、複数のホームページで利用できます。

100%GPLのテーマとは?

すべての構成ファイルを自由に使用、改変、再配布ができるテーマ。

無料版から試用するのがおすすめ

『Lightning』には「無料版」と「Pro版」があります。

  無料版 Pro版
価格 0円 9,900円/1年
※他に3年、5年もあり
主な特徴
  • プラグイン『VK Blocks』を使って便利なブロックを無料で利用できる
  • サポートフォーラムは閲覧のみ
  • フッターに『Lightning』のホームページへのリンクが表示される
  • 『VK Blocks Pro』が付属し『VK Blocks』よりも多くの便利なPro版ブロックを利用できる
  • サポートフォーラムに質問の書き込みができる
  • フッターの『Lightning』のホームページへのリンクを消せる

まず無料版から試すのがおすすめです。

今回の連載企画は、すべて無料版で作れる内容にしています。『Lightning』の基本性能をご理解いただけるでしょう。

無料版を試用したうえで、自社のホームページに『Lightning』を採用したい方は、「Pro版」への変更をおすすめします。

使える機能が増えるのはもちろんのこと、サポートフォーラムという質問掲示板への書き込みが可能。

特に初心者の方は、ホームページを運営していくなかで、さまざまな疑問が生じるはずです。不明点について質問できれば、安心して利用できるでしょう。

「Lightning G3 クイックスタート」ならデモサイトをもとに作れる

『Lightning』には、「Lightning G3 クイックスタート」と呼ばれるサービスがあります。

「Lightning G3 クイックスタート」を使えば、下記のデモサイトを編集する形で簡単にホームページが作れます。

▲出典:Lightning無料版デモサイト

白紙の状態からはじめるのではなく、すでに完成されたホームページを編集していけるため、初心者の方でも取り組みやすいでしょう。

なお本来、WordPressはテーマをインストールしたあとで、プラグインをインストールします。

「Lightning G3 クイックスタート」なら、一度にテーマとプラグインがインストールされるため、効率的です。

アップデートが必要

WordPressと同様に、『Lightning』も定期的なアップデートが必要です。

機能追加や不具合修正のほか、WordPressの仕様変更に合わせて、互換性を維持しています。

2022年8月時点でのバージョンは、「 Lightning14.23.1」です。

『Lightning G3』について

『Lightning』は、2021年5月に完全リニューアルし、バージョンが13から14になりました。『Lightning G3(ジースリー)』とも呼ばれ、第3世代(Third generation)の意味合いがあります。そのため、バージョン14以降であれば、『Lightning』も『Lightning G3』も同じテーマです。

事前準備1:WordPressのインストールと初期設定

本来、WordPressを使うための事前準備には、以下の手順が必要です。

WordPressのインストールと初期設定
  1. レンタルサーバーの契約
  2. ドメインの取得・設定
  3. SSLの設定
  4. WordPressのインストール
  5. バックアップの設定
  6. セキュリティの設定

弊社『エックスサーバー』の「WordPressクイックスタート」なら、手順1~手順4を、わずか10分で完了できます。

レンタルサーバーに申し込むだけで、WordPressがインストールされた状態から始められるため、おすすめです。

実際の手順は、以下の記事をご確認ください。

【誰でも10分】WordPressクイックスタートで始めるホームページ制作

ただし、「WordPressクイックスタート」は「10日間無料お試し」が利用できないほか、申込時に「ドメイン」を入力しなければいけません。

「まずはエックスサーバーを試用したい」「まだドメインが決まっていない」という方は、以下の記事をご参考ください。

エックスサーバーご契約後でも利用可能な、「WordPress簡単インストール」機能について解説しています。

【初心者でも簡単】会社メールアドレスとホームページの準備方法を丁寧に解説

この記事では、WordPressをインストールしたあとの手順5から解説します。

バックアップの設定

WordPressでホームページを作成する前に「バックアップの設定」をしましょう。

「バックアップ」を取っておけば、ホームぺージ作成中に間違えてデータを削除してしまったり、開設後に不具合が発生したりしても復旧できます。

バックアップを取る方法は、大きく分けて2種類あります。

WordPressのバックアップ方法
  • レンタルサーバーのバックアップ機能を使う
  • WordPressのプラグインを使う

初心者におすすめなのは、「レンタルサーバーのバックアップ機能」です。難しい設定をしなくても「自動バックアップ」が簡単に取れます。

注意

WordPressのバックアップは「Webデータ」と「MySQLデータベース」の2種類を取る必要があります。

『エックスサーバー』のバックアップ方法は以下から確認できます。

セキュリティの設定

ホームぺージ作成前にやっておくべきWordPressのセキュリティ対策は、以下の2つです。

WordPressのセキュリティ強化方法
  1. アドレスを「https」に変更する
  2. ログインパスワードを変更する

アドレスを「https」に変更する

レンタルサーバーでSSLの設定が完了している場合、WordPressのアドレスを「http」から「https」に変更すると、通信データが暗号化されます。

WordPressにログインし、「設定」の「一般」を選択してください。

WordPress アドレスに表示されたアドレスを「http」から「https」に変更します。

画面下部にある変更を保存をクリックすると完了です。

ログインパスワードを変更する

もっとも簡単でありながら、効果の高いセキュリティ対策が「ログインパスワードの変更」です。

パスワードの変更は、WordPressメニュー「ユーザー」の「プロフィール」から可能。

WordPress(ユーザー > プロフィール)

新しいパスワードを設定をクリックすると、WordPressが自動生成したパスワードが表示されます。
強力なパスワードであるため、とくに希望がなければそのまま利用しましょう。

※パスワードを忘れるとログインできなくなるため、必ず変更前にコピーして保管してください。

任意のパスワードを設定する場合は、アルファベット、数字、記号などを混ぜ合わせましょう。
「強力」と表示されるように設定するのが理想です。

WordPressのパスワード変更

プロフィールを更新をクリックすると、パスワードの変更が完了します。

WordPressのパスワード変更(プロフィールの更新)

事前準備2:「Lightning G3 クイックスタート」の完了

「Lightning G3 クイックスタート」のページで案内されている「その他の設定変更」のSTEP.3まで完了させてください。

クイックスタート「その他の設定変更」について
  • STEP1. 管理者用のメールアドレスを変更
  • STEP2. お問い合わせフォームのメール送信先の変更
  • STEP3. プライバシーポリシーページの編集
  • STEP4. 各種設定

「STEP4. 各種設定」はコンテンツの編集となるため不要です。この連載企画でコンテンツの編集方法を解説します。

『Lightning』がインストールされたか確認する方法

『Lightning』がインストールできたかどうか確認したい方は、以下を参考にしてください。

下記画像は、WordPressの管理画面側です。
サイドメニューの「外観」から「テーマ」をクリックします。
『Lightning』が有効化されていることを確認可能です。

実際にユーザーが閲覧する表側を確認したい場合は、管理画面左上の家マークから「サイトを表示」をクリックしてください。

『Lightning』のデモサイトと同じホームページが表示されます。

まとめ

今回の記事では、WordPressと『Lightning』に関する予備知識から、インストール方法や初期設定まで解説しました。

まとめ
  • ホームページ作成の準備としてWordPressと『Lightning』の基礎知識を身に付けよう
  • WordPressなら、Web制作スキルがない初心者の方でも簡単にホームページが作れる
  • 『Lightning』は有効インストール数7万件を超えたビジネス向けテーマ
  • 『エックスサーバー』の「WordPressクイックスタート」なら、10分で設置可能
  • 「Lightning G3 クイックスタート」を使えばデモサイトをもとにホームページが作れる

WordPressと『Lightning』に興味を抱いた方はぜひお試しください。

次回の記事は、【連載その2】WordPressとLightningでホームページを自作する方法!「トップページ編」

なお連載企画は1週間ごとに公開する予定です。

※進行状況によっては公開スケジュールが遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。

連載企画 記事一覧

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバーです。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、16万社の導入実績があります。

10月13日12時まで利用料金最大30%OFFキャンペーン開催中です!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

【誰でも簡単】ホームページの作り方!自社に最適な方法が選べる

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!