WordPressを使ったホームページの作り方!7つの手順で解説

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(4.0)
難しさ
(3.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「WordPressでホームページを作りたいけど、何から手をつければよいのか分からない」とお悩みではありませんか?

そこで今回は、WordPressを使ったホームページの作り方を7つの手順で解説します。

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • WordPressでホームぺージを自作したい人
  • WordPressによるホームページ作成の手順を知りたい人
  • 会社のホームページをすぐに開設したい人

この記事を読めば、WordPressでホームぺージを作る手順だけでなく、開設後にやるべきことまで分かります。

WordPressで作ったホームぺージを安全に運営したり、目標を達成したりするために必要なので、あわせてチェックしてみてください。

それではどうぞ!

WordPressとは

WordPressはCMS(シー・エム・エス)の一種です。

CMSとは?

Content Management System(コンテンツ・マネージメント・システム)の略称で、ホームページの作成や更新ができるシステム(ソフトウェア)のこと。

WordPressは無料で使え、Web制作スキルがなくても簡単にホームぺージが作れるため、初心者の方におすすめです。

WordPressのメリットやデメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。

なぜ?WordPressが会社のホームページ制作に適している理由

ホームページ作成前の3つの準備

WordPressを使ってホームページを作成する前に、以下の3つを準備しておきましょう。

ホームページ作成前の3つの準備
  1. ホームページの目的を決める
  2. ホームページの構成を考える
  3. テキストや画像などの素材を用意する

ホームページの目的を決める

まず、ホームぺージの目的を決めましょう。

たとえば、「会社のことを知ってもらう」「サービスに申し込んでもらう」「人材を獲得する」などが目的です。

ホームぺージの目的が曖昧だと、「デザイン」はもちろん、このあとに説明する「構成」も定まりません。

「ホームぺージの目的が決まっていない」という方は、以下の記事を参考にしてください。

もう悩まない!初めて作る企業ホームページの目的と役割

ホームページには、会社の情報をメインとした「コーポレートサイト」やサービスの情報をメインとした「サービスサイト」などいくつかの種類があります。

以下の記事では、ホームぺージの種類別に目的を解説しています。

ホームページとは?Webサイトとの違いや種類を徹底解説

ホームページの構成を考える

ホームページの目的が決まったら構成を考えます。

構成とは、ホームページの目的を達成するために必要な、ページの「内容」や「数」を決めること

ホームぺージの構成を練るときは、サイトマップ(全体を俯瞰してみることができる資料)が用いられます。

以下、サイトマップの例です。

サイトマップ

「どんなページが必要か検討もつかない……」という方は、他社のホームぺージを参考にしましょう。

ホームぺージデザインの参考になるギャラリー・企業サイト計20選

テキストや画像などの素材を用意する

最後に、ホームぺージに掲載するテキスト(文章)や画像を用意しましょう。

以下、ホームぺージに必要な素材の代表例です。

ホームぺージに必要な素材の代表例
  • 会社のロゴ
  • 会社を紹介する文章や写真
  • 代表者の挨拶文や写真
  • 商品の説明文や写真

ホームページの構成に合った素材をあらかじめ用意しておくと、スムーズに進みます。

「素材を自社で用意するのが難しい……」という方は、プロのライターやフォトグラファーに外注しましょう。

「予算がない……」という場合には、無料で使える素材サイトがおすすめです。

ホームページに適したロゴとは?会社ロゴの重要性を解説 【2022年版】企業ホームぺージに使える無料素材サイト20選

WordPressでホームぺージを作る7つの手順

WordPressでホームぺージを作る手順は大きく分けると以下の7つになります。

弊社『エックスサーバー』の「クイックスタート」なら、手順1~手順4をまとめて10分で完了できます。
※詳しくは「手順4:WordPressのインストール」で紹介します。

それでは、それぞれの手順を詳しく解説します。

手順1:レンタルサーバーの契約

WordPressは「サーバー」にインストールして使います。

サーバーとは、ホームぺージのデータを格納する場所。ホームぺージを「家」に見立てた場合、サーバーは「土地」のような役割を果たします。

自社でサーバーを構築すると膨大なコストがかかるため、レンタルサーバーを契約するのが一般的です。

カワウソ

弊社の『エックスサーバー』は国内No.1(※)のレンタルサーバーで、15万社の導入実績があります。※ 2021年10月時点、hostadvice.com 調べ。

サーバーについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ホームページにはサーバーが必須!仕組み・種類・選び方を解説!

手順2:ドメインの取得・設定

ドメインはインターネット上の「住所」。

現実の世界では、住所があるから家を訪問したり、手紙を出したりできます。

インターネットの世界も同じで、ホームぺージにアクセスしたり、メールを送信したりするためには「ドメイン」が必要です。

ドメインとは、「〇〇〇.co.jp」や「〇〇〇.com」など。このブログの場合、「xserver.ne.jp」がドメインに当たります。

ドメインはレンタルサーバーを契約するときに、一緒に申し込むことが可能。

ドメインの設定方法は各レンタルサーバーによって異なります。詳しくはマニュアルをご覧ください。

メモ

『エックスサーバー』のドメイン設定方法は、以下から確認できます。
ドメイン設定|エックスサーバーマニュアル

ドメインについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ホームページに欠かせないドメインを解説!種類・選び方・取得方法を紹介

手順3:SSLの設定

レンタルサーバーでドメインを取得したら、SSL(エス・エス・エル)の設定をしましょう。

SSLとは?

Secure Socket Layerの略称で、インターネット上のデータのやり取りを暗号化する仕組み。SSL設定がされたURLは「http:~」ではなく、「https:~」と表示されます。

SSLの設定方法も各レンタルサーバーによって異なります。詳しくはマニュアルをご覧ください。

メモ

『エックスサーバー』のSSL設定方法は以下から確認できます。
無料独自SSL設定|エックスサーバーマニュアル

手順4:WordPressのインストール

WordPressは世界中のユーザーに利用されており、日本でも人気のCMSです。

そのため、WordPressはほとんどのレンタルサーバーで、簡単にインストールできます。マニュアルに沿ってインストールしましょう。

もちろん、弊社『エックスサーバー』にも「WordPress簡単インストール」という機能があります。

以下の記事で詳しく解説しています。

【初心者でも簡単】会社メールアドレスとホームページの準備方法を丁寧に解説

また、お急ぎの方には『エックスサーバー』の「WordPressクイックスタート」がおすすめ。

「手順1:レンタルサーバーの契約」から「手順4:WordPressのインストール」までをわずか10分で完了可能です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【誰でも10分】WordPressクイックスタートで始めるホームページ制作

WordPressにログインする

WordPressをインストールしたら、管理画面にログインしましょう。
WordPressのインストール時に設定した、「ユーザー名」と「パスワード」を入力するとログインできます。

WordPressのログイン画面

以下のような画面になったら、ログイン成功です。

WordPressのダッシュボード

手順5:WordPressの初期設定

WordPressにログインできたら、初期設定から始めます。

WordPressの初期設定
  • サイトタイトルの設定
  • パーマリンクの設定
  • バックアップの設定
  • セキュリティの設定

サイトタイトルの設定

サイトタイトルはホームぺージの名前です。

WordPressメニューの「設定」の「一般」から変更します。

WordPress(設定 > 一般)

このブログだと「初心者のための会社ホームぺージ作り方講座」が、サイトタイトルに当たります。
※キャッチフレーズは一旦空白にして構いません。必要性を感じた際に入力してください。

サイトのタイトルを記入したら、画面下部にある青いボタン変更を保存をクリックして完了。

WordPressのサイトタイトル設定

パーマリンクの設定

次に「パーマリンク」の形式を設定します。

パーマリンクとは?

ホームぺージのページ毎に設定しているURL。「https://example.com/〇〇」の〇〇に入る部分がパーマリンクです。

パーマリンクの設定は、WordPressメニュー「設定」の「パーマリンク」から変更できます。

WordPress(設定 > パーマリンク)

おすすめの設定は「投稿名」。
形式として「投稿名」を選んでおけば、ページを追加する際に自由にパーマリンクを設定できます。

「投稿名」を選んだら、画面下部にある青いボタン変更を保存をクリックして完了。

WordPressのパーマリンク設定(投稿名を選択)
メモ

パーマリンクはページごとに設定します。
ページの内容がユーザーに伝わる英単語を用いるのがおすすめ。
たとえば会社概要ページなら、「https://example.com/company」のようにします。

【保存版】ホームページアドレス(URL)の決め方

バックアップの設定

WordPressでホームページを作成する前に「バックアップの設定」をしましょう。

「バックアップ」を取っておけば、ホームぺージ作成中に間違えてデータを削除してしまったり、開設後に不具合が発生したりしても復旧できます。

バックアップを取る方法は、大きく分けて2種類あります。

WordPressのバックアップ方法
  • レンタルサーバーのバックアップ機能を使う
  • WordPressのプラグインを使う

初心者におすすめなのは、「レンタルサーバーのバックアップ機能」。難しい設定をしなくても「自動バックアップ」が簡単に取れます。

注意

WordPressのバックアップは「Webデータ」と「MySQLデータベース」の2種類を取る必要があります。

『エックスサーバー』のバックアップ方法は以下から確認できます。

メモ

セキュリティの設定

ホームぺージ作成前にやっておくべきWordPressのセキュリティ対策は、以下の2つです。

WordPressのセキュリティ強化方法
  • アドレスを「https」に変更する
  • ログインパスワードを変更する
アドレスを「https」に変更する

レンタルサーバーでSSLの設定が完了している場合、WordPressのアドレスを「http」から「https」に変更すると、通信データが暗号化されます。

WordPressメニューの「設定」の「一般」から変更します。

WordPress(設定 > 一般)

WordPress アドレスに表示されたアドレスを「http」から「https」に変更します。

画面下部にある青いボタン変更を保存をクリックすると、保存が完了。

WordPressのサイトアドレスをhttpsに変更
ログインパスワードを変更する

一番簡単でありながら効果の高いセキュリティ対策が「ログインパスワードの変更」です。

パスワードの変更は、WordPressメニュー「ユーザー」の「プロフィール」から可能。

WordPress(ユーザー > プロフィール)

「新しいパスワードを設定」をクリックすると、WordPressが自動生成したパスワードが表示されます。
強力なパスワードであるため、とくに希望がなければそのまま利用しましょう。

※パスワードを忘れるとログインできなくなるため、必ず変更前にコピーして保管してください。

任意のパスワードを設定する場合は、アルファベット、数字、記号などを混ぜ合わせましょう。「強力」と表示されるように設定するのが理想です。

WordPressのパスワード変更

プロフィールを更新をクリックすると、パスワードの変更が完了します。

WordPressのパスワード変更(プロフィールの更新)

手順6:WordPressテーマのインストール

WordPressに「テーマ」をインストールすれば、初心者の方でもデザイン性の高いホームページが簡単に早く作れます。

WordPressメニュー「外観」の「テーマ」から確認可能。

WordPress(外観 > テーマ)

新しいテーマを適用するには、以下の2通りの方法があります。

  1. WordPressの管理画面からテーマを探して適用する
  2. 独自にテーマファイルを用意して、WordPressにアップロードする

日本語仕様のホームぺージ用テーマは、WordPressの管理画面から探してもなかなか見つかりません。

そのため、「2:独自にテーマファイルを用意してWordPressにアップロードする方法」を解説します。

あらかじめ、外部サイトから「テーマファイル」をダウンロードしておきます。
※おすすめのテーマはこのあとに紹介します。

画面上部にある「新規追加」をクリック。

WordPressテーマの新規追加

次に、「テーマのアップロード」をクリック。

WordPressテーマのアップロード

「ファイルを選択」をクリックし、用意したテーマを選択してアップロードします。

WordPressテーマのインストール

有効化すると、新しいテーマを適用できます。

WordPressテーマの有効化

左上のサイト名の上にマウスを乗せると「サイトを表示」が表示され、そちらをクリックするとテーマが適用されたページを確認できます。

WordPressテーマを変更したサイトの表示

ホームぺージ全体を非公開にする方法

WordPressにテーマをインストールすると、自動的にホームぺージが公開されます。ホームぺージが完成するまで一時的に非公開にするには「Basic認証」を用いましょう。

Basic認証とは

ホームぺージの特定の領域(フォルダやファイル)に対して、アクセス制限をかけること。アクセスするためには「ユーザー名」「パスワード」が必要。

Basic認証を用いれば、「ユーザー名」「パスワード」を知っているユーザーしかアクセスできないため、実質的にはホームぺージを非公開にできます。

Basic認証はレンタルサーバーで簡単に設定可能。

メモ

『エックスサーバー』のBasic認証は、以下からご確認いただけます。
アクセス制限|エックスサーバーマニュアル

おすすめのテーマ「Lightning」

WordPressテーマのLightning

▲出典:Lightning(ライトニング)

Lightning(ライトニング)は、株式会社ベクトルが提供する無料のWordPressテーマ。

Web制作スキルがない方でも、ホームページやブログが簡単に作れるように開発されています。

2022年4月時点、有効インストール数は7万件を超えており、信頼と実績は抜群。

Lightningには、初心者の方でも簡単にテーマをインストールできる、「クイックスタート」があります。

上記(キャプチャー)のデモサイトと同じデータが無料配布されており、WordPressにインストールさえすれば、デモサイトを編集する形で簡単にホームページが作れます。

その他、無料で利用できるオンライン学習サービス「ベクトレ(Vektor Training)」が提供されています。

これからWeb制作について学びたいという方にも、おすすめできるテーマです。

手順7:デザイン・コンテンツの作成

WordPressのテーマをインストールしたら、事前に考案した構成を基にデザインやコンテンツを作成します。

WordPressでは主に以下の3つのメニューからデザインやコンテンツを作成できます。

WordPressのメニュー
  • 外観 … ロゴやメニューなど、ホームページの基礎(骨組み)部分を編集する機能
  • 固定ページ … 会社概要や事業内容など、各ページの中身(コンテンツ)を編集する機能
  • 投稿 … お知らせ(ニュース)など、ブログを編集する機能

テーマによってホームぺージの編集方法は異なるため、マニュアルを参考にしてください。

以下の記事では、Lightningのデモサイトを編集する手順を解説しています。

WordPressでホームページを自作する手順を解説!無料テーマですぐに作れる

WordPressでホームページを開設したあとにやるべきこと

ここでは、WordPressでホームページを開設したあとにやるべき、3つのことを解説します。

WordPressでホームページを開設したあとにやる3つのこと
  • WordPress、テーマ、プラグインを最新の状態に保つ
  • 情報を更新する(鮮度を保つ)
  • アクセス解析を用いてホームぺージを改善する

WordPress、テーマ、プラグインを最新の状態に保つ

WordPressの本体はもちろん、テーマやプラグインは常に最新の状態に保つのが理想です。

最新の状態にしておかなければ、ホームぺージが危険にさらされます。たとえば、悪意ある者にページを改ざんされたり、個人情報が抜き取られたりすることも。

注意

アップデートが原因で、ホームぺージの表示が崩れたり、表示自体できなくなったりすることもあります。バックアップを取っていれば、ホームぺージに不具合が発生しても、復旧可能。事前にバックアップが正しくとれているか入念に確認しましょう。

それでは、それぞれのアップデート方法を解説します。

WordPress本体のアップデート

WordPress本体のアップデートには2種類あります。

メジャーアップデート

「WordPress 5.7→ 5.8」のように、数字の2桁目が繰り上がります。基本的に、WordPressの自動更新機能では更新されません。

マイナーアップデート

「WordPress 5.7.1→5.7.2」のように、数字の3桁目が繰り上がります。原則、WordPress側で自動的にアップデートされます。

WordPressのメジャーアップデートは「更新」から可能。

WordPress(更新)

今すぐ更新をクリックすると更新ができます。

WordPressのメジャーアップデート(今すぐ更新)

テーマ・プラグインのアップデート

テーマやプラグインのアップデートは、WordPress本体のバージョンアップに合わせて提供されることが多いです。

また、アップデートには最新の機能が追加されることも。

基本的にはWordPressの管理画面で通知されますが、提供元のホームぺージを定期的にチェックしておくとよいでしょう。

テーマやプラグインのアップデートはWordPressの本体同様、「更新」からできます。

WordPress(更新)

更新するプラグインを選択して「プラグインを更新」から可能。

WordPress(プラグインの更新)

ホームぺージの情報を更新する(鮮度を保つ)

WordPressでホームページを作ったあとは、常に最新の情報に更新しておきましょう。

ホームページに掲載されている情報が古いと、ユーザーとの間でトラブルが発生するおそれがあります。

さらに、SEO(検索エンジン最適化)の観点でもホームぺージの更新は重要です。

ホームぺージの情報が最新だからといって、検索順位が上がるわけではありません。しかし、情報の鮮度は、検索順位決定のための一つの要素として考えられています。

日頃からホームページをチェックして、古い情報や誤った情報がないかを確認しておきましょう。

アクセス解析を用いてホームぺージを改善する

WordPressでホームページを作成しただけでは、目的を達成できません。

ホームページをより多くのユーザーに見てもらうためには、日々改善に努める必要があります。

ホームページを改善する方法としては、「アクセス解析」が有効です。

アクセス解析をすると、どこからユーザーが訪れて、どのくらいホームページを閲覧しているかなど、細かい分析が可能。

アクセス解析については、以下の記事で詳しく解説しています。

アクセス解析の基礎知識 【初級】アクセス解析とは?ホームページの改善に必要な基礎知識

まとめ

今回の記事では、WordPressを使ってホームページを作成する方法を紹介しました。

まとめ
  • 「WordPress」なら初心者でも簡単にホームぺージの作成・更新が可能
  • ホームぺージ作成前に「目的」と「構成」を決め、「素材」を準備する
  • WordPressによるホームぺージ作成は「7つの手順」で可能
  • 『エックスサーバー』の「クイックスタート」なら10分でWordPressが使える
  • ホームページ開設後は「更新」や「改善」に注力する

WordPressに興味を抱いた方は、実際に使ってみてください。

『エックスサーバー』なら「10日間無料お試し」ができるため、レンタルサーバーはもちろん、WordPressを体感できます。

それでは素敵なホームぺージの完成を祈っております。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバーです。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、15万社の導入実績があります。

6月16日18時まで半額キャッシュバックキャンペーン開催中です!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

さらに、初夏のボーナスプレゼントキャンペーンも開催中です。
Amazonギフト券10,000円分が当たるビッグチャンス!

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

【超初心者向け】会社ホームページの作り方

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!