ホームページとは?Webサイトとの違いや種類を分かりやすく解説

【2024年4月11日更新】参考事例として紹介していたエックスサーバー株式会社のホームページがリニューアルしたので、キャプチャを更新しました。また、記事の理解度が深まるように、関連記事を追加しました。

この記事のレベル

初心者 (5.0)
重要度 (3.0)
難しさ (2.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「ホームぺージとWebサイトの違いって何?」と疑問を感じていませんか?

確かにホームページ制作について調べていると、「Webサイト」という言葉は必ずと言ってよいほど、耳目に触れますよね。

そこで今回は、ホームページの意味はもちろん、Webサイトとの違いを解説します。

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • 創業準備中の人
  • 初めてホームページを作る人
  • ホームページとWebサイトの違いを知りたい人

この記事を読めば、コーポレートサイトやサービスサイトなど、いくつかあるホームページの種類も分かります。
種類によって、ホームページの目的も変わるため、あらかじめ知っておくと役に立ちますよ。

それではどうぞ!

ホームページとは

複数のWebページの集まりをホームページと呼ぶ

ホームページとは、複数のWebページから構成される一つの集合体のこと。「トップページ」や「会社概要」など、さまざまなWebページのまとまり全体を指してホームページと呼びます。

じつは、一口にホームページと言っても種類はさまざまです
詳しくは、あとの「ホームページの種類7つとそれぞれの目的」で解説します。

ホームページとWebサイトに違いはない

結論、ホームページとWebサイトは、日本(日本語)では同じ意味で認識されています。

一般的に伝わりやすいのはホームページ

『Googleトレンド』『キーワードプランナー』のデータを見る限り、一般的にはWebサイトよりホームページのほうが伝わりやすいと言えるでしょう。

Googleトレンド

特定のキーワードがGoogleでどれだけ検索されているかを調べられるツール。


キーワードプランナー

特定のキーワードがどれだけ検索されているかを調べられるGoogle広告のツール。また、関連するキーワードや広告単価なども調べられます。

まず、以下は『Googleトレンド』の結果です。

GoogleトレンドによるホームページとWebサイトの人気度の違い

画像のとおり、Webサイトよりホームページのほうが圧倒的に検索回数が多いです。

次に、『キーワードプランナー』の結果を見てみます。

キーワードプランナーによるホームページとWebページの検索ボリュームの違い

『キーワードプランナー』においても、同じくホームページのほうが調べられている結果となりました。

そのため、どちらで伝えるか迷った場合は、Webサイトよりホームページを使いましょう。

カワウソ

以降は補足情報なので、「ホームページの種類7つとそれぞれの目的」の項(見出し)まで、読み飛ばしていただいて構いません。

英語圏でホームページはトップページと認識されている

英語圏だとhome pageはトップページのみを指す

日本とは異なり、英語圏で「home page」と伝えると、「トップページ」と認識されてしまいます。

以下のとおり、日本のホームページと同じ意味にあたるのは「website」です。

英語圏

website = home page + other (web) pages


日本

ホームページ = トップページ + その他のページ

そのため、英語圏ではwebsiteを使いましょう。

※トップページについては、以下の記事で解説しています。

「Webサイト」「Web」「Webページ」「ブログ」とは

以下では関連する単語として、「Webサイト」「Web」「Webページ」「ブログ」の意味を解説します。

Webサイト

複数のWebページの集まりをWebサイトと呼ぶ

ホームページと同じく、Webサイトとは複数のWebページから構成される一つの集合体です。

たとえば、キャンプ場でテントを張るエリアは「キャンプサイト」と呼ばれます。
このサイトは、「敷地」や「場所」といった意味を持つ英単語の「site(サイト)」からきていますよ。

つまり、「Webページ」が集まった「場所」にあたるため、Webサイトと呼ぶのです。

Web

Webとは、インターネット上で文章や画像など、さまざまな情報を公表、閲覧するためのシステムです。

Webは英語で「クモの巣」。
インターネット上の情報は、次々にたどるように閲覧できるため、「世界中に張りめぐらされたクモの巣」という意味で「WWW(World Wide Web)」と言います。

ちなみに、URL(www.example.com)の「www」とは少し意味が違います。

インターネットが普及して間もない頃は、「Webサーバー(www.example.com)」と他の「メールサーバー(mail.example.com)」などとは分けて運用する必要があり、識別のために「www」が付いていました。

しかし、最近ではサーバーのスペックが改善され、分けて運用する必要がなくなったため、識別用の「www」は必要ありません。

一般的に「www」がない場合(example.com)は、Webサーバーと認識されます。

Webページ

Webページとは、インターネット上で公開されている、文章や画像などの情報が表示される1枚の文書のことです。

主に、「HTML(HyperText Markup Language)」という言語で記述されます。HTMLにはバージョンがあり、最新は「HTML Living Standard」です。

現在公開されている多くのWebページの記述には、HTMLの他にも「CSS」や「JavaScript」といった言語が利用されています。

HTML

Webページの文章構造を伝えるためのマークアップ言語

CSS

Webページのデザインを整えるためのスタイルシート言語

JavaScript

Webページに動きを出すためのプログラミング言語

HTMLやCSSについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ブログ

ブログとは、時系列で情報(コンテンツ)を公開できるWebサイトのこと。
「ホームページの履歴」の意味を持つ「Web log」から派生した言葉と言われています。

ブログという用語は、「Web log」(ホームページの履歴の意味)から派生した言葉であると言われています。

(引用:ブログの仕組み|国民のためのサイバーセキュリティサイト

たとえば、ブログとホームページでは、発信する情報に違いがありますよ。

  ブログ ホームページ
コンテンツ例
  • ノウハウ
  • インタビュー
  • アンケート結果 など
  • 会社概要
  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • 事業内容 など

ブログは「自社製品に関するノウハウ」や「アンケート結果」など、ユーザーが知りたい情報を発信する媒体として最適。

一方でホームページは、「会社概要」や「企業理念」など、自社が伝えたい情報を網羅的に発信するのに向いています。

ホームページの種類7つとそれぞれの目的

ここからは、ホームページの種類と目的の組み合わせを7つ紹介します。

それぞれの目的を理解すれば、自社に最適なホームページの種類が分かるので、ぜひ参考にしてください。

ホームページの種類 目的
コーポレートサイト
  • 会社のことを知ってもらう
ブランドサイト
  • ブランドのことを知ってもらう
  • ブランドの価値や信頼性を伝える
サービスサイト
  • サービスのことを知ってもらう
  • サービスを申し込んでもらう
ECサイト
  • 商品を購入してもらう
リクルートサイト
(採用サイト)
  • 人材を獲得する
オウンドメディア
  • ユーザーとの接触機会を増やす
  • 自社の商品やサービスをユーザーに理解してもらう
LP(ランディングページ)
  • Web広告経由のコンバージョン数を最大化させる

コーポレートサイト

コーポレートサイトの目的
  • 会社のことを知ってもらう

コーポレートサイトとは、会社の情報をメインとしたホームページです。目的として、「会社のことを知ってもらう」ために作ります。

コーポレートサイトは、顧客、取引先、求職者、従業員、投資家など、あらゆるステークホルダー(利害関係者)に閲覧されますよ。

コーポレートサイトに掲載される情報の一例は、以下のとおりです。

コーポレートサイトに掲載される情報
  • 代表挨拶
  • 企業理念
  • 会社概要
  • 沿革
  • 事業内容、サービス概要
  • 取扱い商品
  • 事業所紹介
  • IR情報
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • ニュース
  • お問い合わせフォーム

以下、弊社エックスサーバー株式会社のコーポレートサイトです。よろしければ参考にしてください。

エックスサーバー株式会社のコーポレートサイト

エックスサーバー株式会社

コーポレートサイトについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ブランドサイト

ブランドサイトの目的
  • ブランドのことを知ってもらう
  • ブランドの価値や信頼性を伝える

ブランドサイトとは、ブランドの情報をメインとしたホームページです。「ブランドのことを知ってもらう」「ブランドの価値や信頼性を伝える」ために作ります。

文章ではなく、写真や動画などの「ビジュアル」で、ブランドのイメージや空気感を伝えることが多いです。

ブランドごとにホームページを作れば、それぞれに特化した情報を掲載できたり、ターゲットに合わせたデザインを施せたりします。

ブランドサイトに掲載する情報の一例は、以下のとおりです。

ブランドサイトに掲載される情報
  • サービスや商品のプロモーションムービー
  • サービスや商品が生まれた背景を伝えるストーリーコンテンツ
  • ブランドメッセージ
  • SDGsなどの取り組み
  • 商品の品質に対する取り組み など

これらの情報があれば、ブランドの魅力を最大限に伝えられます。

サービスサイト

サービスサイトの目的
  • サービスのことを知ってもらう
  • サービスを申し込んでもらう

サービスサイトとは、サービスの情報をメインとしたホームページです「サービスのことを知ってもらう」目的で作ります。

また、場合によっては「サービスを申し込んでもらう」、いわば「受付窓口」としての役割を担います。

サービスサイトに掲載する情報の例は、以下のとおりです。

サービスサイトに掲載される情報
  • 〇〇とは、〇〇の強み
  • サービス説明
  • 料金
  • 導入事例、お客様の声
  • セミナー情報
  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム
  • 資料請求、無料サンプル申し込みフォーム
  • お申し込みフォーム
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 企業情報

以下、弊社『エックスサーバー』のサービスサイトです。ぜひ参考にしてください。

エックスサーバー 高速・安定レンタルサーバー
Xserverビジネス 法人向けレンタルサーバー
Xserverドメイン ドメイン名取得サービス
Xserverドライブ 法人向け高速クラウドストレージサービス
Xserverショップ ネットショップ作成サービス
Xserver VPS 圧倒的な性能・圧倒的なコスパVPS

ブランドサイト同様、商材に合わせてホームページを作れば、より効果的にユーザーにアピールできます。

ECサイト

ECサイトの目的
  • 商品を購入してもらう

ECサイトとは、インターネット上で商品を販売するホームページです。ECは英語の「electronic commerce」の略で、「電子商取引」と訳されます。

ECサイトの目的は「商品を購入してもらうこと」です。

以下のような情報が掲載されます。

ECサイトに掲載される情報
  • 商品カテゴリ
  • 商品詳細(写真、カラー、サイズ、価格等)
  • ECカート(お買い物かご)機能
  • ご利用ガイド
  • 会員登録フォーム
  • ログイン、マイページ
  • よくある質問
  • お問い合わせフォーム
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 企業情報

リクルートサイト(採用サイト)

リクルートサイトの目的
  • 人材を獲得する

リクルートサイトとは、採用情報をメインにしたホームページのこと。「人材を獲得する」目的で作り、役割は「人事」です。

コーポレートサイトと分けて作れば、採用に特化したテキストや写真を掲載できるため、自社の情報をより魅力的に伝えられます。

以下、リクルートサイトに掲載する情報の例です。

リクルートサイトに掲載する情報
  • 雇用条件(雇用形態、給与、休日・休暇、勤務地など)
  • 福利厚生
  • 会社の企業理念、ミッション
  • 代表メッセージ
  • 社員紹介、インタビュー
  • 教育制度
  • 社内風景
  • 応募フォーム
  • 個人情報保護方針

自社の想いをホームページ上で正確に伝えられれば、応募者とのギャップを埋められます。
結果として、ミスマッチを減らせることでしょう。

※リクルートサイトの作り方については、以下の記事で解説しています。

弊社『エックスサーバー』のリクルートサイトは以下です。よろしければ参考にしてください。

エックスサーバー株式会社のリクルートサイト

エックスサーバー株式会社 リクルートサイト

オウンドメディア

オウンドメディアの目的
  • ユーザーとの接触機会を増やす
  • 自社の商品やサービスをユーザーに理解してもらう

オウンドメディアは広義だと、SNSや広報誌といった「自社が発信するメディア全般」を指し、狭義では「自社ブログ」を意味します。

※ここでは、「狭義のオウンドメディア(自社ブログ)」について解説しますね。

オウンドメディアを作る目的は、「ユーザーとの接触機会を増やすこと」「自社の商品やサービスをユーザーに理解してもらうこと」です。

仮に、公開した記事が検索結果で上位表示されると、オウンドメディアにアクセスするユーザーが増えます。
なかには、オウンドメディアを閲覧したあとに、ホームページにアクセスするユーザーもいるでしょう。

ユーザーがオウンドメディアからホームページに流入する流れ

このように、オウンドメディアはホームぺージにユーザーを呼び込むための施策になるのです。

ただ、オウンドメディアは単なる「橋渡し役」ではありません。

オウンドメディアは記事(読み物)を扱う性質上、何かを解説するのに向いています。

たとえば、悩みを持つユーザーは、解決策を求めて検索しますよね。そのとき、ノウハウやアンケート結果などの情報が書かれた記事をユーザーが読めば、悩みを解決することが可能です。

悩みを解決する一手段として、記事のなかで自社の商品やサービスを上手く紹介できれば、購入してもらえる可能性が高まりますよ。

つまり、オウンドメディアには「自社の商品やサービスの価値(何に対して、どう貢献できるのか)」を伝える役目もあるのです。

オウンドメディアについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)の目的
  • Web広告経由のコンバージョン数を最大化させる

LPとは「Landing Page」の略で、「エルピー」と読みます。

広義では「ユーザーが最初に訪れたページ」を指し、狭義は「自社の商品やサービスに対する情報をまとめた単体のページ」のこと。狭義のLPは、Web広告のリンク先に設定することが多いです。

※ここでは、狭義のLPについて解説しますね。

以下、LPの参考例です。

ホームページ制作相談のLP

「ホームページ制作相談」のLP

LPを作る目的は、「Web広告経由のコンバージョン数を最大化させること」です。
縦に長いデザインが特徴的で、ユーザーをコンバージョンさせるために必要な情報が、1ページのなかに詰め込まれています。

※コンバージョンについては、以下の記事をご覧ください。

そのため、ユーザーは自ら情報を探し回る必要がありません。ページをスクロールするだけで、必要な情報を取得できます。

また、他のページへのリンクがないため、ユーザーの離脱を抑えることができるメリットも。

その他、LPの特徴やメリット、デメリットについては、以下で詳しく解説しています。

以下、弊社『エックスサーバー』のLPです。よろしければ参考にしてください。

エックスサーバーのLP

高速・安定の高性能レンタルサーバー|エックスサーバー

自社に適したホームページを選ぶ3つのポイント

もしかすると「種類が定まらない」「作りたいホームページがいくつもある」といった方もいるかもしれません。

そこで以下では、自社に適したホームページを選ぶポイントを3つ解説します。

会社のステージを考慮する

「ホームページの種類が定まらない……」とお悩みの方は、「会社のステージ」で判断してください。

たとえば、会社のステージが創業期であれば、「コーポレートサイト」がおすすめです。

創業期のビジネスは、顧客や取引先、銀行などに「自社のことを知ってもらう」ところからスタートします。

ひとまず、「名刺」の役割を持つコーポレートサイトがあれば、「自社のことを知ってもらう」目的は果たせるでしょう。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

事業として優先度が高いか

作りたいホームページが複数あるという方は、「事業として優先度が高いか」を考えてください。
単に作りたいだけなのか、作るべきなのかを見極める必要があります。

たとえば、「宅配クリーニング」と呼ばれる無店舗型のクリーニング店を開業するとしましょう。

無店舗型であれば、お客様は来店しません。そのため、受注する主な手段は「営業」、もしくは「ホームページ」です。

前者の場合、何より重要なのは営業力なので、ひとまずコーポレートサイトで事足ります。
しかし、ホームページを主な手段にする場合は、「サービスサイト」が必要でしょう。

以下、宅配クリーニングのサービスサイトに掲載すべき情報の一例です。

例:宅配クリーニングのサービスサイトの場合
  • 〇〇とは
    自社の強みや選ばれる理由など
  • サービス&料金
    各クリーニングコースや料金の説明
  • ご利用ガイド
    申し込み手順、引き渡し方法、決済方法などの説明
  • よくあるご質問
    ユーザーの悩みを解決するためのFAQ
  • 会員登録
    会員登録フォーム、マイページなど
  • 会社案内
    運営会社の情報(社名、電話番号、住所など)
  • お問い合わせ
    お問い合わせフォーム
  • 利用規約
    サービス(サイト)を利用するときの規約事項
  • 賠償基準
    自社が損害賠償責任を負う場合の基準
  • 特定商取引法に基づく表記
    消費者の利益を守るために法律で定められた情報
  • プライバシーポリシー
    個人情報保護方針

上記は主にお客様に向けた情報なので、顧客視点で分かりやすい必要があります。
具体的には、「興味をそそるデザインかどうか」「使いやすい導線設計かどうか」などです。

もし、コーポレートサイトだけで対応しようとすると、伝えたいことが伝わりきらない、どっちつかずのホームページになってしまいます。

予算が限られている場合、コーポレートサイトは名刺程度の内容に抑え、サービスサイトに注力しましょう。

費用対効果が見込めるか

ブランドサイトやリクルートサイトなど、「ビジネス上、マストではないけど作りたい」場合は「費用対効果が見込めるか」に注目してください。

ほとんどの場合、コーポレートサイト、サービスサイト、ECサイト以外はなくても、ビジネスはスタートできます。他のホームページは、確かにないよりかはあったほうがよいです。

しかし、ホームページ制作には時間や費用がかかります。当然、費用対効果が見込めない場合は、作るべきではありません。

たとえば、自社について「多くの人に知ってもらう」目的を達成したいのであれば、オウンドメディアやLPを作らなくても、SNSで代用できます。

SNSの場合、満足のいく集客には時間がかかる可能性はあるものの、無料で利用できて運用が簡単です。高い費用対効果を見込めます。

とくに予算が限られている場合は、ぜひホームページ以外の手段にも着目してください

まとめ

今回は、ホームページとは何なのか、またWebサイトとの違いなどを解説しました。

まとめ
  • 日本では「ホームページ」と「Webサイト」は同じ意味で捉えられている
  • 一般的なのは「Webサイト」ではなく、「ホームページ」
  • ホームページにはコーポレートサイトなど、複数の種類が存在する
  • 制作するホームページの種類や数に迷ったら、3つのポイントを意識する

それでは素敵なホームページが完成することを祈願しております。

以上、読んでいただいてありがとうございました!

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは、高速かつ高い安定性を誇る「高性能レンタルサーバー」です。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、20万社の導入実績があります。

2024年7月4日(木)12時まで、サーバー利用料金が最大30%オフとなる期間限定キャンペーンを開催中です!

今なら月額693円~とお得にホームページを開設できます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2024年5月時点、W3Techs調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

URLをコピーしました!