コンバージョン(CV)とは?意味・種類・選び方など解説

【2023年9月1日更新】全体的に記事の内容を見直し、より理解が深まるよう関連記事を設定しました。

この記事のレベル

初心者 (3.5)
重要度 (4.0)
難しさ (2.5)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「コンバージョン」という言葉をよく聞くものの、「イマイチ理解できていない……」という方も、多いのではないでしょうか?

コンバージョンは、ホームページの目標を達成するために、必ず知っておくべき重要な用語です。

この記事では、コンバージョンの意味や種類などを分かりやすく解説します。

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • コンバージョンの意味や種類を知りたい人
  • コンバージョンを計測する方法を知りたい人
  • ホームページを改善したい人
  • 広告を使ってホームぺージに集客したい人

この記事を読めば、代表的なコンバージョンの種類が分かるだけでなく、ホームぺージの種類や目的に合うものを選べます。

コンバージョンの計測におすすめのツールも紹介しているので、ぜひチェックしてください。

それではどうぞ!

コンバージョンとは「成果」

コンバージョンとは、ホームぺージの目標としている「特定のアクションをユーザーが起こしてくれた状態」を指します。

分かりやすく言うと、ホームぺージ上の成果です。

コンバージョンの流れ
メモ

コンバージョン(Conversion)には、「転換」や「変換」といった意味があり、略して「CV」と呼ばれることもあります。

ホームページによって、設定すべきコンバージョンは異なります。

代表的なコンバージョンの事例

ここでは、ホームページでよく設定されるコンバージョンの事例を解説します。

代表的なコンバージョンの事例
  1. 商品の購入・サービスの申し込み
  2. 問い合わせ・資料請求
  3. 会員登録・メルマガ登録
  4. セミナー・イベントの申し込み
  5. 求人への応募

なお、設定するコンバージョンは、ホームページの種類と目的によって異なります。

自社のホームページがどの種類に当てはまるか、事前に確認してください。

ホームページの種類 目的
コーポレートサイト
  • 会社のことを知ってもらう
ブランドサイト
  • ブランドのことを知ってもらう
  • ブランドの価値や信頼性を伝える
サービスサイト
  • サービスのことを知ってもらう
  • サービスを申し込んでもらう
ECサイト
  • 商品を購入してもらう
リクルートサイト
  • 人材を獲得する

ホームページの種類や目的については、以下の記事で詳しく解説しています。

それでは、代表的なコンバージョンの種類について、一つずつ解説します。

商品の購入・サービスの申し込み

ECサイトなら「商品の購入」、サービスサイトなら「サービスの申し込み」が、一番期待するコンバージョンです。

コンバージョンの発生が、目的の達成に直結するためです。

問い合わせ・資料請求

ホームページ上で「サービスの申し込み」を受け付けるのが難しい商材の場合は、「問い合わせ」や「資料請求」が、一番期待するコンバージョンです。

たとえば、有形商材だと業務プリンター、無形商材だとコンサルティングなどが挙げられます。
これらは、ホームぺージで「問い合わせ」や「資料請求」を受け付けたあと、商談を実施し、最終的にサービスの申し込みにつなげるのが基本です。

メモ

このように、BtoB(企業間取引)では「商談機会の創出」を目的とし、「問い合わせ」や「資料請求」を、ホームページ上の最大の成果とすることが多いですよ。

とはいえ、ECサイトやサービスサイトなど、基本的にどのホームぺージでも、「問い合わせ」や「資料請求」のフォームは設置しますよね。

その場合には、「問い合わせ」や「資料請求」もコンバージョンに設定しましょう。

最大の成果にはならなくても、中間指標にはなり、ホームぺージの改善に役立つためです。
詳しくは、あとの「マイクロコンバージョン」で解説します。

カワウソ

コンバージョンは複数設定しても構いません。成果として計上したい対象があれば、積極的にコンバージョンに設定しましょう。

会員登録・メルマガ登録

ブランドサイトは、「会員登録」や「メルマガ登録」が一番期待するコンバージョン。

「会員登録」や「メルマガ登録」をしてもらえれば、以後継続してユーザーにブランドの情報を届けられるため、認知度や信頼性の向上につながります。

またECサイトやサービスサイトでも、「会員登録」や「メルマガ登録」のフォームを設置する場合は、コンバージョンとして設定しましょう。

購入や申し込みには直接的に結びつかないものの、顧客との接点ができれば、今後のマーケティング活動に活かせるためです。

詳しくは、あとの「マイクロコンバージョン」で解説します。

セミナー・イベントの申し込み

BtoBの場合、「セミナー」や「イベント」を開催することがありますよね。

とくに専門性が高い商材の場合、まず「自社の商品やサービスに対するユーザーの理解度」を高めないと、「問い合わせ」や「資料請求」まで結びつけるのが難しいためです。

一対一の商談が期待できる「問い合わせ」や「資料請求」ほどではないものの、積極的に獲得したいコンバージョンと言えます。

求人への応募

リクルートサイトであれば、「求人への応募」が一番期待するコンバージョン。
コンバージョンの発生が、目的の達成に直結するためです。

また、創業期では予算の都合上、リクルートサイトを作れないことも多いですよね。
その場合、コーポレートサイトで求人募集する場合もあるでしょう。

ホームページの種類によらず、採用に力を入れるのであれば、コンバージョンとして設定することをおすすめします。

コンバージョン計測におすすめのツール

コンバージョンの計測には、「アクセス解析ツール」を利用するのが一般的です。

ここでは、おすすめのアクセス解析ツール『Google Analytics(グーグル・アナリティクス)』を紹介します。

Google Analytics

『Google Analytics(グーグル・アナリティクス)』は、Googleが提供するアクセス解析ツールです。

Googleアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用可能。
無料でも高機能であるため、多くの企業に導入されています。

コンバージョンの設定方法をはじめ、『Google Analytics』の基本的な使い方は、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

コンバージョン率(CVR)の計算方法

コンバージョン数と一緒に押さえておきたい数値に、「コンバージョン率(Conversion Rate)」があります。「CVR」と呼ぶことも多いので、覚えておきましょう。

コンバージョン率は、コンバージョンに至った割合を示すもの。
コンバージョン率が低い場合、ホームぺージや広告に課題があると言えます。

コンバージョン率を改善すれば、コンバージョン数を増やせるでしょう。

なお、コンバージョン率は、さまざまな対象をもとに計測できます。
ここでは代表的なもの2つを紹介します。

ホームぺージのアクセスユーザー数から算出する場合

ホームぺージにアクセスしたユーザーのうち、どれくらいの割合でコンバージョンに至ったのかを調べるときに用います。

ホームぺージのアクセスユーザー数から算出する場合

コンバージョン率(%)= コンバージョン数 ÷ アクセスユーザー数 × 100

たとえば、ホームぺージの訪問者数が1,000、コンバージョン数が5の場合は、コンバージョン率は以下になります。

5 ÷ 1,000 × 100 = 0.5(%)

広告のクリック数から算出する場合

インターネットの世界には、「クリック課金型広告」があります。

クリック課金型広告とは?

広告のクリック数に応じて課金される広告。代表的なものに「リスティング広告(検索連動型広告)」や「ディスプレイ広告(バナー広告)」があります。

※リスティング広告やディスプレイ広告については、以下の記事で詳しく解説しています。

クリックされた広告のうち、どれくらいの割合でコンバージョンに至ったのかを調べるときに用います。

広告のクリック数から算出する場合

コンバージョン率(%)= コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100

たとえば、広告のクリック数が1,000、コンバージョン数が30の場合は、コンバージョン率は以下になります。

30 ÷ 1,000 × 100= 3(%)

コンバージョンを増やす方法

コンバージョンを計測する以上、数を増やしていきたいですよね。

コンバージョンを増やすには、主に以下の方法があります。

コンバージョンにつながるアクセスを増やす

アクセス数が少ない場合は、ホームページの集客方法を見直す必要があります。

ただ、単にアクセス数を増やせばよいという訳でもありません。重要なのは「ユーザーの質」です。

質の高いユーザーをホームぺージに送客できれば、コンバージョンは増やせるでしょう。

ユーザーの質を上げるためには、ターゲット設定がポイント。
「どんな人ならコンバージョンするのか」を徹底的に考えましょう。

以下の記事では、集客方法はもちろん、ターゲット設定についても詳しく解説しています。

ユーザーが使いやすい導線を設計する

ユーザーがスムーズにコンバージョンするためには、「導線設計」が重要です。

ユーザーが迷うような導線では、コンバージョンする前にホームぺージから離脱してしまうかもしれません。

ユーザーが自社の商品やサービスに興味を持ったとき、いつでもアクションできるように、「ヘッダー」や「フッター」に導線を確保するとよいでしょう。

資料請求・お問い合わせがすぐにできる導線の設計

以下の記事では、コンバージョンにつなげやすい、ヘッダーやフッターのデザインを紹介しています。

入力フォームを最適化する(EFO)

コンバージョンには、さまざまな種類があるものの、ほとんどは「入力フォーム」を通過しなければなりません。

「入力方法が分からない」「入力項目が多い」などのストレスを感じてしまう入力フォームだと、ユーザーが離脱してしまいます。

入力フォームの最適化は「EFO(Entry Form Optimization)」と呼ばれ、専用のサービスもあります。

以下、入力フォーム最適化の代表例です。参考にしてみてください。

基本系のEFO施策6選
  1. 不要な項目を省く
  2. 必須項目を明記する
  3. 入力例を表示する
  4. 離脱要因になるリンクは設置しない
  5. 確認画面を表示する
  6. 完了画面を表示する

詳しくは、以下の記事で解説しています。

(応用編)コンバージョンは他にも種類がある

ここからは、コンバージョンの応用編です。

必須ではないものの、知っておくと役に立つため、活用できそうなものがあれば、参考にしてください。

マイクロコンバージョン

コンバージョンを「最終地点の成果」とすると、マイクロコンバージョンは「中間地点の成果」になります。

たとえば、自社の取扱い商材が高額である場合は、月間のコンバージョンが数件程度ということも珍しくありません。

コンバージョンは、ホームぺージや広告を改善するのに重要な指標です。
しかし、データ量が不十分だと、「現在の施策が正しいのか」の判断が難しくなります。

そんなときでも、マイクロコンバージョンを設定すれば、ある程度データ量を担保することが可能です。

以下、マイクロコンバージョンの設定例です。

マイクロコンバージョンの設定ポイント
マイクロコンバージョンの設定事例
  • キーコンテンツの閲覧
  • 入力フォームへの到達

キーコンテンツの閲覧

購入や申し込みを検討するユーザーなら、「注文方法」や「導入の流れ」のようなページを閲覧するはずです。

そのような「キーコンテンツの閲覧」をマイクロコンバージョンに設定すれば、コンバージョンが発生しなくても、現在の施策について概ね評価できます。

仮に、アクセス数が多いにもかかわらず、キーコンテンツの閲覧数が少ない場合、集客方法や導線設計などに課題を見出せるでしょう。

入力フォームへの到達

自社の商品やサービスに興味のないユーザーは、基本的にランディングページ(最初に訪れたページ)で離脱してしまいます。

一方、自らの意思で入力フォームまで到達したユーザーは、少なくとも自社の商品やサービスに興味があると言えるでしょう。

「入力フォームの到達」をマイクロコンバージョンに設定すれば、確度の高い中間指標を持てます。

クロスデバイスコンバージョン

クロスデバイスコンバージョンとは、ユーザーが特定のデバイスでホームページを訪れたあとに、別のデバイスで再訪問してコンバージョンすることです。

たとえば、ユーザーがスマホで情報収集しているときに自社のホームぺージを訪問し、その後パソコンから再訪問して商品を購入したときなどが、これに当たります。

クロスデバイスコンバージョンの例

クロスデバイスコンバージョンは、スマホやタブレットなどの携帯端末の登場により、ユーザーの行動が複雑化したことがきっかけで、重要視されるようになりました。

メモ

『Google アナリティクス(GA4)』では、「Googleシグナル」というGoogleアカウントにログインしているユーザーのデータを活用することで、このクロスデバイスコンバージョンの計測や分析が強化されています。

また、ホームページのみならず、アプリなど異なるプラットフォームとの横断も計測できるのが、『Google アナリティクス(GA4)』の強みです。

(参考:アナリティクス ヘルプ「[GA4] レポート用識別子」

直接コンバージョンと間接コンバージョン

「直接コンバージョン」と「間接コンバージョン」は、ユーザーがコンバージョンするまでに複数の流入経路(チャネル)を辿ったとき、どれが貢献したかを評価するために用います。

メモ

『Google Analytics(GA4)』では、広告 > アトリビューション > モデル比較から確認可能です。

それぞれ詳しく解説します。

直接コンバージョン

直接コンバージョンとは、ホームぺージに訪問したユーザーが、離脱せずにそのままコンバージョンすることです。

たとえば、「オーガニック検索」から流入したユーザーが、ホームぺージにアクセスし、そのままコンバージョンすると、直接コンバージョンとして記録されます。

直接コンバージョンの例

この場合、明らかにオーガニック検索がコンバージョンに貢献した流入経路だと判断できますよね。

メモ

『Google Analytics(GA4)』だと、直接コンバージョンは「(有料およびオーガニックの)ラストクリック」と表現されています。

(参考:アナリティクス ヘルプ「[GA4] アトリビューションとアトリビューション モデリングについて」

間接コンバージョン

間接コンバージョンとは、ホームぺージに訪問したユーザーが一旦離脱し、再訪問してコンバージョンすることです。

たとえば、「メールマガジン」から流入したユーザーが、ホームぺージにアクセスしたものの離脱し、「オーガニック検索」で再訪問してコンバージョンしたとします。

直接コンバージョンと間接コンバージョンの違い

この場合、「直接コンバージョン」の指標では、コンバージョンが「オーガニック検索」につきます。「メールマガジン」にはコンバージョンがつきません。

ただ、メールマガジンを送ったからこそ、ユーザーがホームぺージに初回アクセスしたとも考えられますよね。
もし、メールマガジンを送っていなかったら、のちの「オーガニック検索でのコンバージョン」も発生しなかったかもしれません。

直接コンバージョンだけで評価し、「メールマガジンは効果が無かった」と判断してしまったら、施策を止めてしまうでしょう。しかし、それでは全体のコンバージョンが減少するおそれがあります。

つまり、直接コンバージョンだけを見ていると、企業のマーケティング活動の全般を正しく評価できないのです。

そのため、メールマガジン以外にも、広告やSNSなど複数のマーケティング施策を行う場合は、間接コンバージョンも見るようにしましょう。

メモ

『Google Analytics(GA4)』では、機械学習アルゴリズムの活用により、評価の高いチャネルに貢献度が分配して割り当てられる「データドリブン」が導入されています。

(参考:アナリティクス ヘルプ「[GA4] アトリビューションとアトリビューション モデリングについて」

『Google Analytics(GA4)』における「ラストクリック」や「データドリブン」は、以下の記事で詳しく解説しています。

クリックスルーコンバージョンとビュースルーコンバージョン

「クリックスルーコンバージョン」と「ビュースルーコンバージョン」は、主に「ディスプレイ広告(バナー広告)」を評価するときに用います。

ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告とは、インターネット上のありとあらゆるWebページのPR枠に表示されるバナー(画像)広告のことです。

ディスプレイ広告(バナー広告)

それぞれ詳しく解説します。

クリックスルーコンバージョン

クリックスルーコンバージョンは、広告をクリックしてホームページを訪問し、コンバージョンすることです。

クリックスルーコンバージョン

クリックされているため、明確に広告がコンバージョンに貢献したと判断できるでしょう。

ビュースルーコンバージョン

ビュースルーコンバージョンは、広告を見ただけでクリックせずに、広告以外の流入経路でホームぺージに訪問してコンバージョンすることです。

ビュースルーコンバージョン

たとえば、テレビCMを想像してください。

CMを見て企業の商品を認知し、後日購入することもありますよね。
「CMを見た」だけでも、広告として一定の効果があるということです。

ディスプレイ広告にも同じことが言えます。

さきほど紹介した「クリックスルーコンバージョン」は、あくまでも広告をクリックしたあとに発生したコンバージョンのみが対象です。
つまり、表示されただけでも、一定数効果のあった広告は評価できません。

クリックスルーコンバージョンだけで評価し、「広告の効果が薄い」と判断を下した場合、広告予算を減らしてしまうでしょう。
しかし、それでは全体のコンバージョンも減ってしまうおそれがあります。

このため、ディスプレイ広告を評価する指標として、「ビュースルーコンバージョン」も用意されているのです。

メモ

ビュースルーコンバージョンは、広告の管理画面や広告運用の代行会社から提出されるレポートから確認できます。

メモ

※ちなみにYouTubeを代表とする動画広告などでは、「エンゲージビューコンバージョン」もあります。動画広告が表示されたもののユーザーがクリックせず、スキップ可能なインストリーム広告を10秒以上(10 秒未満の動画の場合は最後まで)視聴したことを対象とします。

カワウソ

まざまな広告の出現により、クリックの有無だけでは、正しい評価ができなくなったと言えるでしょう。

まとめ

今回は、コンバージョンの意味や種類などを解説しました。

まとめ
  • コンバージョンとは「成果」、「ユーザーが特定のアクションを起こした状態」のこと
  • 代表的なコンバージョンの種類は、「商品の購入」や「問い合わせ」など計5つ
  • 「ホームページの目的に合ったコンバージョンを設定する
  • ホームぺージのコンバージョン計測には、『Google Analytics』がおすすめ
  • コンバージョン数を増やすには、集客方法やホームぺージの内容を改善する

コンバージョンは、ホームぺージを改善していくのに重要な指標にもなりますので、まずは計測するところからスタートしてみてください。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは、高速かつ高い安定性を誇る「高性能レンタルサーバー」です。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、20万社の導入実績があります。

2024年6月5日12時まで、サーバーが実質半額で利用できる『半額キャッシュバックキャンペーン』を開催中です!

今なら実質月額495円~とお得にホームページを開設できます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2024年5月時点、W3Techs調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

URLをコピーしました!