LP(ランディングページ)とは?ホームページとの違いを解説!

【2023年11月27日更新】LP(ランディングページ)作成機能があるWordpressテーマ『Emanon Business』の紹介を追加しました。

この記事のレベル

初心者 (4.0)
重要度 (3.5)
難しさ (2.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「ランディングページ(LP)ってよく聞くけど、ホームページと何が違うの?」と疑問を抱いていませんか?

そこで今回は、ランディングページの基礎知識はもちろん、ホームページとの違いを分かりやすく解説します。

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • ランディングページとホームページの違いを知りたい人
  • どちらを作ればよいのか分からない人
  • ランディングページのメリットやデメリットを知りたい人

この記事を読めば、ランディングページが自社に必要かどうか判断できるようになります。

なおこの記事は、このあと解説する「狭義のランディングページ」について解説します。

それではどうぞ!

ランディングページには2つの意味がある

ランディングページには、主に以下2つの意味があります。

広義のランディングページ

ユーザーが最初に訪れたページ

狭義のランディングページ

自社の商品やサービスに対する情報をまとめた単体のページ

それぞれ詳しく解説します。

広義のランディングページ

広義のランディングページとは、「ユーザーが最初に訪れたページ」を指します。
主に「アクセス解析」のときに用いられる言葉です。

広義のランディングページ(最初に訪れたページ)の説明

上記のように、ユーザーの行動履歴が確認できると、コンバージョンに貢献したページを見つけられます。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、ホームぺージの目標としている「特定のアクションをユーザーが起こしてくれた状態」を指します。分かりやすく言うと、ホームぺージ上の成果です。たとえば、「問い合わせ」や「申し込み」などがコンバージョンになります。

とくにランディングページは、アクセス数が一番多いため、重要です。

ページの内容を改善すれば、より多くのユーザーを他のページに遷移させることができます。そうすれば、コンバージョンの拡大が期待できるでしょう。

「アクセス解析」や「コンバージョン」については、以下の記事で詳しく解説しています。

狭義のランディングページ

狭義のランディングページとは、「自社の商品やサービスに対する情報をまとめた単体のページ」のことを言います。「LP(エルピー)」とも呼ばれ、Web広告のリンク先に設定することが多いでしょう。

LPは、縦に長いデザインが特徴です。ユーザーをコンバージョンさせるために、必要な情報を1ページのなかに網羅して掲載します。

「イメージが湧かない……」という方は、以下弊社のサービス『エックスサーバー』の「ホームぺージ制作相談」のLPをご覧ください。

狭義のランディングページ(LP)の説明

「ホームページ制作相談」のLP

なお、ここから先は、狭義のランディングページ(以下LP)について解説します。

LPとホームページの違い

LPとホームページ(コーポレートサイト)の違いは、以下のとおりです。


  LP(ランディングページ) ホームページ(コーポレートサイト)
目的 Web広告経由のコンバージョン数を最大化させる 会社のことを知ってもらう
ターゲット 見込み顧客 顧客、取引先、従業員、求職者、投資家などのステークホルダー
ページ数 1 5~10
デザイン ターゲットに訴えかけるようなデザイン オーソドックスなデザイン
制作費
  • フリーランス:~5万円
  • Web制作会社:10万円~20万円
  • フリーランス:5万円~10万円
  • Web制作会社:~40万円

※それぞれの製作費は、目安の金額です。

それぞれ解説します。

目的

まず、LPとホームページは、目的が異なります。

LPの目的は、「Web広告経由のコンバージョン数を最大化させること」です。

「問い合わせ」や「申し込み」などのコンバージョンを増やしたい場合、まずホームページに集客する必要がありますよね。

リスティング広告やSNS広告などのWeb広告は、いくつかある集客方法のうちの一つです。

Web広告のリンク先にLPを設定すれば、商品やサービスの魅力をユーザーに伝えやすくなるため、コンバージョンの拡大が期待できます。※詳しくはあとで解説します。

つまり、LPはWebマーケティングの施策の一部と言えるでしょう。

一方、ホームページ(コーポレートサイト)の目的は、「会社のことを知ってもらうこと」です。

ホームページがあれば、ユーザーはいつでも企業について調べることができますよね。企業の公式情報が掲載された場所として、ホームページは世に認知されているのです。

ホームページは、企業とユーザーのどちらにおいても、必要不可欠な存在と言えるでしょう。

メモ

ホームページと一口に言っても、「サービスサイト」や「リクルートサイト」など、さまざまな種類があります。詳しくは、以下の記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

創業期なら先にホームページを作ろう

創業期であれば、「まだLPもホームページも持っていない」という企業も多いのではないでしょうか。

最初に作るなら、LPより、ホームページのほうが優先度は高いです。

創業期だと、まず顧客や取引先などに「会社のことを知ってもらう」必要がありますよね。ホームページがあれば、Web上の名刺として、さまざまなユーザーに自社のことを紹介できます。

ホームページはWeb上の名刺

LPはあくまでも、Webマーケティングの施策の一部です。作るのは、本格的に集客を検討し始めてからでも遅くはありません。

なお、「創業期でも集客したい!でも制作予算が限られている……」という場合は、「ホームページのトップページをLPのようなデザインにする」という方法もあります。

そうすれば、トップページは「集客用」として、他のページは「会社のことを知ってもらう資料」として、LPとホームぺージのメリットを兼ね備えられるでしょう。

カワウソ

個別に作るに越したことはありませんが、予算が限られている場合は選択肢の一つです。

ターゲット

LPとホームページ(コーポレートサイト)のターゲットの違い

LPのターゲットは、基本的に「見込み顧客」です。見込み顧客に、自社の商品やサービスが魅力的であることを伝えます。

一方、ホームページのターゲットは、顧客、取引先、従業員、求職者、投資家などの「ステークホルダー」です。

ステークホルダーが求めるさまざまな情報を、ホームページに掲載する必要があります。

ページ数

LPのページ数は1ページです。その1ページを見るだけでユーザーは、企業の商品やサービスについて、おおよそ理解できます。

ユーザーは情報を取得するために、さまざまなページを探し回る必要がありません。

一方、ホームページは、5ページ〜10ページ程度であることが多いです。

たとえば、ステークホルダーに情報を不足なく提供するためには、以下のようなページが必要になります。

ホームページのページ構成例
  1. トップページ
  2. 事業内容
  3. 代表挨拶
  4. 企業理念
  5. 会社概要
  6. 事業所紹介
  7. 採用情報
  8. ニュース
  9. お問い合わせフォーム
  10. 個人情報保護方針

デザイン

LPとホームページ(コーポレートサイト)のデザインの違い

LPは、1ページだけで構成された縦長のデザインです。

ターゲットの興味を引き付けるために、魅力的な画像や大きなフォントが多く用いられます。

また、コンバージョンポイントでもある「問い合わせ」や「申し込み」などのボタンも、目立つようなデザインが多いです。
クリックを促すために、ボタンに動きを付けることも珍しくありません。

一方、ホームページは、どちらかいうとオーソドックスなデザインになることが多いです。

前述のとおり、複数のターゲットを設定する必要があるため、誰が見ても違和感のないデザインが望まれるでしょう。

また、ホームページには、企業の「価値観」や「存在意義」を伝える役割もあります。
そのため、企業のイメージを損ねないデザインにすることが重要です。

制作費

LPとホームページの制作費は、以下のとおりです。

  LP(ランディングページ) ホームページ
(コーポレートサイト)
フリーランス ~5万円 5万円~10万円
Web制作会社 10万円~20万円 ~40万円

※それぞれの金額は、目安です。

基本的に、LPのほうがページ数が少ないため、制作費用は安くなります

ただ、ホームページを持っていない企業が「制作費が安いから」といった理由で、LPのみを作るのは間違いです。

前述のとおり、そもそもホームページとLPでは、目的が違います。
そのため、まずは会社を知ってもらうための「ホームページ」を先に作るようにしましょう。

なお、それぞれの費用については、以下の記事で詳しく解説しています。

メモ

LPやホームぺージを自作する場合は、制作費を抑えることが可能です。詳しくは、あとの『LPとホームぺージを自作するなら「WordPress」×「Emanon Business」』で解説しています。

Web広告運用でLPを活用する3つのメリット

ここからは、LPを活用する3つのメリットを解説します。

Web広告を出稿するときに知っておくと、役に立つでしょう。

ここでは、Web広告のリンク先を、通常のホームページに設定する場合と比較しながら解説します。

ユーザーをコンバージョンに導きやすい

LPはユーザーをコンバージョンに導きやすい

LPは、ユーザーをコンバージョンに導きやすいです。

LPには、ユーザーがコンバージョンするために必要な情報が、1ページのなかに網羅して掲載されています。そのため、ユーザーは自ら情報を探し回る必要がありません。

たとえば、男性用シャンプーを例に考えてみましょう。

ユーザーにシャンプーを買ってもらうためには、以下のような情報を掲載したいですよね。

  • シャンプーの特徴
  • シャンプーの値段
  • シャンプーの購入方法
  • 購入者の声
  • よくある質問

ホームページは、ユーザーが回遊することを前提に作られています。これらの情報をユーザーが取得するためには、複数のページにアクセスしなければなりません。

なかには、途中で離脱してしまうユーザーもいるでしょう。

一方、LPだと、ユーザーはページをスクロールするだけで、必要な情報を取得できます。

さらに、LPは他のページへのリンクもないため、ユーザーが離脱する可能性が低いです。

必要な情報を理想的な順番で提供できる

LPは必要な情報を理想的な順番で提供できる

LPは1ページ構成ということもあり、ユーザーの行動は「スクロール」に限定されます。

これには、「上から順に必要なコンテンツを掲載すれば、そのとおりにユーザーが閲覧してくれる」というメリットがあるのです。

ホームページだと、いつでもどのページにもアクセスできてしまうため、ユーザーの行動が興味に引っ張られてしまいますよね。

また、魅力的な情報を掲載していても、伝わる順番が変わるだけで、成果に結びつかないケースもあるのです。

一方、LPには、「ユーザーが興味を抱いてコンバージョンするまでの流れを作りやすい」というメリットがあります。

LPは、以下のようなストーリーで掲載されることが多いです。

LPでよくある構成
  1. (ファーストビュー)キャッチコピーやキャンペーン情報
  2. (問題提起)こんなお悩みありませんか?
  3. (解決策の提示)商品の特徴や魅力
  4. (客観的な評価)体験者の声やクチコミ
  5. (今買う理由)「先着〇〇様限定」「期間限定!〇月〇日まで」など

この構成は、LPの勝ちパターンとして、Web制作業界に普及しています。

訴求力の高いデザインを作りやすい

LPは訴求力の高いデザインを作りやすい

エックスサーバーのLP

前述のとおり、LPの主なターゲットは、見込み顧客のみです。ホームページのように、さまざまなユーザーをターゲットにする必要はありません。

そのため、魅力的な写真や印象的なフォントなどを使って、見込み顧客が興味を抱くデザインを作りやすいでしょう。

また、ユーザーに興味を持ってもらうためには、「ファーストビュー」が重要です。ユーザーは、自分の求めている情報があるかどうか、ファーストビューを見て判断します。

「欲しい情報がない」と判断したユーザーは、ぺージから離脱してしまうおそれがあるのです。

LPならターゲットを絞り込めるため、より刺さるファーストビューを作れるでしょう。

Web広告運用でLPを活用する3つのデメリット

Web広告運用でLPを活用することには、メリットだけでなくデメリットも存在します。

それぞれ解説します。

制作に費用と時間がかかる

前述のとおり、LP制作には、「費用」と「時間」がかかります。

コンバージョン数を最大化させるためには、それなりに高い質のLPを作る必要がありますよね。ほとんどの場合、プロに制作を依頼することになるでしょう。

ただし、プロに依頼したからといって、勝手に成果のあがるLPが完成するわけではありません。
お互いのイメージを擦り合わせるために、最低でも数回の打ち合わせが発生するため、時間がかかります。

一方、ホームページをWeb広告のリンク先に設定する場合は、わざわざ新しいページを作る必要がありません。すでにあるホームページのなかから、ユーザーに見てもらいたいページを設定すればよいのです。

つまり、LP制作は、「費用対効果に見合うかどうか」も重要なポイントになるでしょう。

逆に成果が減ることもある

Web広告のリンク先にLPを設定したことで、逆にコンバージョンが減ってしまうおそれもあります。

LPは1ページ構成であり、ユーザーに与えられる情報量に限界があります。情報をうまく抜粋して掲載しないと、ユーザーにとって分かりづらいページになってしまうのです。

一方、ホームページは情報量に限界がありません。
ユーザーが興味さえ持てば、必要な情報を提供することができます。その情報に納得感を覚えたユーザーなら、コンバージョンする可能性も高まりますよね。

そのため、Web広告を運用する場合は、リンク先を「LPとするパターン」、「ホームページとするパターン」など、いわゆる「ABテスト」の実施をおすすめします。

ABテストとは

ホームページや広告運用を最適化するために実施する、Webマーケティング施策の一つ。「Aパターン」と「Bパターン」の二つをランダムで表示し、成果が高かったほうを採用します。広告運用では主に、広告文、バナー(画像)、リンク先(ランディングページ)を対象に実施します。

SEOによるアクセス拡大は期待しづらい

費用や時間をかけてLPを作るのであれば、「多くのユーザーに見てもらいたい」と考えますよね。

ただし、基本的にLPはSEOに不向きです。

SEO(エス・イー・オー)とは

「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」と訳されます。簡単にいうと、検索結果で自社のページが上位表示されるようにする対策です。自社のページが検索結果で上位表示されると、露出が増えるため、アクセスが増えます。

LPがSEOに不利な理由は、以下の2つです。

LPがSEOに不利な理由
  1. テキスト量が少ない
  2. 他のページとのリンク(内部リンク)がない

LPでは、コーディング作業を減らすために、テキストを画像に埋め込んでしまうことが多いです。

しかし、Googleには、「画像に埋め込まれたテキストを認識しづらい」という弱点があります。
仮に、画像のなかに重要なコンテンツを記載していたとしても、Googleには認識してもらえないかもしれません。

その結果、ぺージ内に「ユーザーにとって有益な情報が少ない」と判断され、上位表示が難しくなってしまいます。

LPはWeb広告ありきと捉え、SEOはホームページで注力するほうが、賢明と言えるでしょう。

※SEOについては、以下の記事で詳しく解説しています。

成果のあがるLPを作るなら「ホームページ制作相談」

エックスサーバーの「ホームページ制作相談」

ホームページ制作相談

成果のあがるLPを作るなら、弊社の『ホームページ制作相談』をおすすめします。

専門のコンサルタントが、「目的」「予算」「納期」などを事前にヒアリングしたうえで、お客様に合うWeb制作会社を厳選して紹介します。

Web制作会社と一口に言っても、日本には5,000社を超えるほどの数があります。実績のある会社を選べなければ、成果のあがるLPは作れません。

プロに相談すれば、初心者の方でも、簡単かつ安心して選べます。

弊社『エックスサーバー』のご契約者様向けのサービスではあるものの、ご契約前のご相談も可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

LPとホームぺージを自作するなら「WordPress」×「Emanon Business」

LPとホームぺージを自作するなら、『WordPress』と『Emanon Business(エマノン・ビジネス)』のテーマを組み合わせるのがおすすめです。

WordPressとは

WordPressは、HTMLやCSSなどのWeb制作スキルがなくても、ホームページの制作や更新が簡単にできる無料のシステム。デザインテンプレートである「テーマ」や拡張機能である「プラグイン」が豊富であるため、初心者の方でも完成度の高いホームページを作れます。

『Emanon Business』には、ホームページだけでなく、LPを作成する機能もあります。

そのため、前述したような「トップページがLPのようなデザインのホームページ」でも、コストを抑えて簡単に作れるでしょう。

ホームページとLPを自作したいとお考えの方は、ぜひ『WordPress』と『Emanon Business』の利用を検討してみてください。

『Emanon Business』については、以下の記事で詳しく解説しています。

メモ

弊社『エックスサーバー』では、レンタルサーバーを申し込むだけでWordPressが簡単にインストールできる「WordPressクイックスタート」のサービスを提供しています。

『Emanon Business』のテーマを適用した状態でインストールが完了するため、LPやホームぺージの作成を簡単に始めることが可能です。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

まとめ

今回は、ランディングページの基礎知識はもちろん、ホームページとの違いを解説しました。

まとめ
  • ランディングページ(LP)には、広義と狭義「2つの意味」がある
  • 狭義におけるLPの目的は、「Web広告経由のコンバージョン数を最大化させること」
  • どちらも持っていない場合は、「先にホームページから作る」
  • LPとホームページの違いは、主に「5つ」ある
  • LPのメリットやデメリットを知っておくと、Web広告を利用するときに役立つ

LPを作れば、コンバージョン数の拡大が期待できます。

ただ、「まだどちらも持っていない」という企業であれば、ホームページから作りましょう。

LPは、Web広告を出稿するときに制作を検討すればよいのです。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは、高速かつ高い安定性を誇る「高性能レンタルサーバー」です。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、20万社の導入実績があります。

2024年7月4日(木)12時まで、サーバー利用料金が最大30%オフとなる期間限定キャンペーンを開催中です!

今なら月額693円~とお得にホームページを開設できます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2024年5月時点、W3Techs調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

URLをコピーしました!