マニュアル

  1. お申し込みについて
  2. 新サーバー簡単移行

新サーバー簡単移行

「新サーバー簡単移行」とは

「新サーバー簡単移行」機能とは、旧サーバー環境(sv1.xserver.jp〜sv1999.xserver.jp)をご利用のお客様が、「データコピー」「確認」「移行」の3ステップのみで最新サーバー環境(sv2001.xserver.jp 以降)へ簡単に移行することができる機能です。

同機能を利用することにより、通常煩雑なサーバー移転作業などがクリックのみで簡単に行え、最新システム基盤のサーバー環境を利用することができます。

「データコピー」「確認」「移行」の3ステップイメージ

STEP1 データコピー

「データコピー申請」を行っていただくことで、現在ご利用のサーバー内のデータが最新サーバー環境にコピーされます。

STEP2 確認

データコピーが完了すると、移行先サーバーにアクセスすることができます。
hostsファイルを編集し、移行先サーバーでWebサイトが問題なく表示されるか、動作を確認してください。
動作確認の詳細な手順は、マニュアル「動作確認について > hostsファイルを編集して確認する方法」をご参照ください。

STEP3 移行

「サーバー切り替え」を行っていただくことで、Webサイトのアクセス先やメールの配送先が最新サーバー環境へ切り替わります。

最新サーバー環境について

移行先サーバーでは最新システム基盤を採用しており、現在ご利用のサーバーに比べ、以下の点が強化・改善されています。

  • 最新CPUへの変更によるCPU性能の大幅な向上
  • 最新I/Oデバイスへの変更によるI/O性能の大幅な向上
  • 最大12倍(16GB→192GB)となる搭載メモリの大幅増強
  • カーネルやファイルシステムなどの基盤システムの高速化 など

最新サーバー環境のご利用により、サーバープログラムの実行速度の上昇や、Webコンテンツの表示レスポンスの改善などが望めます。
詳細は、「sv2001以降のサーバーのサービス仕様について」をご参照ください。

「新サーバー簡単移行」が利用可能なサーバーアカウント(随時更新)

なお、対象のサーバーアカウントにおいても、以下のいずれかに該当する場合、「新サーバー簡単移行」はご利用になれません。

  • MySQL4のデータベースが存在する場合
  • 最新サーバー環境で非対応のPHPバージョンが選択されている場合
  • 独自SSLの発行申請中の場合
  • IPアドレスベースの独自SSL設定が存在する場合
  • サーバー利用期限が1ヶ月以内の場合
  • その他、移行作業で引き継ぐことができない設定情報が存在する場合

以上に該当する場合の対処方法は、お客様のご利用状況により異なります。
詳細は、「データコピー申請」を行った際に表示されるメッセージをご確認ください。

「新サーバー簡単移行」のご利用方法

インフォパネル内「新サーバー簡単移行」よりご利用ください。

詳細はマニュアル「新サーバー簡単移行 ご利用手順」をご参照ください。

「新サーバー簡単移行」で移行されるデータ・設定

データコピー時点で設定情報も含めたサーバーアカウントの内容が最新サーバー環境に移行されます。

なお、以下の設定は最新サーバー環境には移行されません。

  • 共有SSL設定
  • アクセスログ、エラーログ
  • 自動バックアップ処理で取得したバックアップデータ
  • (sv30〜sv49.xserver.jpのみ)メール転送設定、迷惑メール設定、自動応答設定、SMTP認証の国外アクセス制限設定、メールの振り分け

データコピーに関する仕様の詳細は、マニュアル「新サーバー簡単移行 仕様詳細」をご参照ください。

サーバー環境移行に伴う注意点

移行機能利用中の機能制限について

「データコピー申請」を行うと、「サーバー切り替え」を行うまで、以下のお手続きができません。

  • 対象サーバーのプランの変更
  • 対象サーバーへのオプション独自SSLの新規追加・更新
  • 対象サーバーの解約
  • 対象サーバーに追加している独自ドメインの解約
  • 対象サーバーに追加しているオプション独自SSLの解約
  • サーバーパネルの各種操作の利用
メールソフトの送信設定をご確認ください

新仕様サーバーでのメールソフトを用いたメールの送信には、SMTP認証(SMTP-AUTH)の設定が必要です。
※新仕様サーバーでは、POP before SMTP方式による認証機能を提供しておりません。

SMTP認証設定の確認・設定変更は、マニュアル「メールソフトの設定 > 各種メールソフトの設定手順」より、メールソフトごとの設定手順にお進みいただき、「SMTP認証設定方法」などをご参照ください。

「サーバー切り替え」完了から24時間程度、移行元サーバーへメールが届く場合があります

ネットワークの反映状況により、「サーバー切り替え」完了から24時間程度、移行元サーバーへメールが届く場合があります。

移行元サーバーへ届いたメールは、ご利用のメールソフト上で、「POPサーバー名(ホスト名)」を移行元サーバー名(sv***.xserver.jp)に変更してご確認いただく必要があります。

プログラムをご利用の場合、「サーバー切り替え」完了から24時間程度、移行元サーバーへデータが書き込まれる場合があります

CGIやPHP・MySQLなどの、プログラム・データベース処理において、データの書き込み(更新)が随時行われているようなプログラムが稼動している場合、「サーバー切り替え」から最大24時間程度、移行元サーバー側に情報が書き込まれる事があります。

移行元サーバーに書き込まれたデータは移行先サーバーへは反映されません。

未反映データの移行先サーバーへの反映などは、お客様ご自身で行っていただく必要があります。

エックスサーバー以外のネームサーバーを設定中の場合、お客様にてDNSレコードを変更する必要があります。

最新サーバーへ移行すると、ご利用サーバーの「IPアドレス」「ホスト名(sv***.xserver.jp)」が変更されます。

設定しているドメイン名のネームサーバーがエックスサーバー指定のものではなく、他サービスを指定している場合は、「サーバー切り替え」完了後、お客様にてDNSレコードを移行先サーバーのIPアドレスへご変更ください。