マニュアル

  1. ホーム
  2. マニュアル
  3. オプション独自SSLのお申し込み

オプション独自SSLのお申し込み

SSLとは、インターネット上でやり取りされる情報を暗号化したり、該当するWebサイトの安全性を証明するセキュリティ機能のことです。
また、独自SSLとは、他のユーザーと共に利用する共有SSLとは異なり、ご自身でお持ちの独自ドメインやサブドメインを用いて暗号化通信などを行うものを差します。

各SSL発行元より送られる承認メールを受信するためのメールアドレスが必要となります。事前にサーバーパネルで「admin@ドメイン名」(例:admin@example.com) 等のメールアドレスを追加しておいてください。

Xserverアカウントへログインし、ページ下部の「SSL証明書」より、「+追加申し込み」をクリックしてください。

SSL証明書の+追加申し込みをクリック

オプション独自SSLのお申し込みフォームが表示されますので、以下の内容をご入力ください。

SSLブランドを選択 お申し込みいただくSSL証明書を選択してください。
契約期間を選択 契約期間を選択してください。
独自IPアドレス 独自IPアドレスの利用をご希望の場合は「利用する」を選択してください。

全てご入力いただきましたら、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、同意いただける方は「「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意する」にチェックを入れ、「お申込み内容の確認とお支払いへ進む」をクリックしてお進みください。

ご利用料金のお支払い方法を、「クレジットカード」「コンビニエンスストア」「銀行振込」「ペイジー」「翌月後払い(コンビニ/銀行)」の中からお選びいただき、手続きをお進めください。

料金のお支払い方法を選択

取得申請に関するご案内のメールを、ご登録メールアドレス宛にお送り致しますので、ご確認ください。

以降の作業はお申し込みしていただいた独自SSLによって異なります。
詳細は下記ページをご参照ください。

ドメイン認証SSL
  • CoreSSL
  • セキュアコア ドメイン認証SSL
  • RapidSSL
  • ジオトラスト クイックSSLプレミアム
企業認証SSL
  • セキュアコア 企業認証SSL
  • デジサート セキュア・サーバID
EV SSL
  • セキュアコア EV SSL

Xserverアカウントへログインへログインし、上部メニューの「料金支払い」をクリックしてください。

料金支払いに進みます

ページ下部にある「SSL証明書」より、更新を行うSSL証明書にチェックを入れ、「支払方法を選択する」をクリックしてください。

支払い方法を選択するをクリックしているスクリーンショット

更新料金のお支払い方法を、「クレジットカード」「翌月後払い(コンビニ/銀行)」「コンビニエンスストア」「銀行振込」「ペイジー」の中からお選びいただき、手続きをお進めください。

更新料金のお支払い方法を選択

更新手続きに関するご案内をメールにてお送り致しますので、ご確認ください。

以降の作業はお申し込みしていただいた独自SSLによって異なります。
詳細は下記ページをご参照ください。

ドメイン認証SSL
  • CoreSSL
  • セキュアコア ドメイン認証SSL
  • RapidSSL
  • ジオトラスト クイックSSLプレミアム
企業認証SSL
  • セキュアコア 企業認証SSL
  • デジサート セキュア・サーバID
EV SSL
  • セキュアコア EV SSL

オプション独自SSLは、Subject Alternative Names(SANs)によるコモンネーム(CN)の別名機能を利用した、「wwwあり/なし」いずれのURLでもSSL通信が可能な「2Way利用」に対応しています。

SSL証明書のコモンネームを「www.ドメイン名」とする場合に限り、ドメイン(FQDN)のURLに加え、「wwwなし」URLであってもSSL通信が行えます。

  wwwあり(例:www.example.com)でお申し込みの場合 wwwなし(例:example.com)でお申し込みの場合
https://www.example.comでの接続 ×
https://example.comでの接続

※一部のSSL証明書ブランドにてご利用可能なWebサイト上へのサイトシールの表示は、コモンネームに指定したドメイン(FQDN)のURLのみに限ります。

※64文字以上のコモンネームはお申し込みできません。

また、いずれのSSL証明書においても、 一部を除くほとんどの携帯電話(フィーチャーフォン)やWebブラウザの旧バージョン、 ごく一部のスマートフォンは、SANsによるコモンネームの別名機能に対応していないことから、「2Way利用」によるコモンネームと異なるURLでのSSL通信は行えません。

以上の端末においてSSL通信を行う場合は、 SSL証明書に設定された「コモンネーム」のみをURLにしてご利用ください。

なお、各端末、WebブラウザにおけるSSL証明書でのSANs機能への対応状況については、 携帯電話会社やメーカーへお問い合わせください。

セキュアコアブランドのSSL証明書をお申し込みいただいた方のみがご利用できるサービスで、SSL証明書に使用されるホスト名に存在するお客様のWebサイトを毎日自動巡回・診断し、フィッシングURLやマルウェアなどが確認されたときは、すぐにメール通知を行います。

安全性を確認したWebサイトには、診断日付が記載したセキュアシールを発行し、サイト上に掲載することで、訪問者に安全性の配慮をアピールすることができます。

機能の詳細については、下記をご参照ください。

診断方法・診断結果について
診断方法について
  • 診断開始URLと検知時の通知先メールアドレスは下記の通りです。

    診断開始URL https://コモンネーム/
    検知時の通知先メールアドレス 契約情報から設定した通知先メールアドレス

    ※診断開始URLは「セキュリティ診断管理画面」から変更可能です。

  • 1日1回、診断開始URLからリンクをたどり、30ページ分のWebページを診断します。
  • SSL証明書を解約した場合、診断結果が削除されます。
診断結果について
  • マルウェア、フィッシングサイトを検知した場合、「検知時の通知先メールアドレス」にメールでご案内します。
  • 検知時の通知先メールアドレスを設定しない場合、診断結果は通知されません。
  • 診断結果の詳細は「セキュリティ診断管理画面」からご確認ください。
    (「SSL証明書のコモンネーム」と「パスワード」でログインできます。)

オプション独自SSLは複数年(2〜5年)での契約が可能です。
一度に長くご契約いただくほど、1年あたりの料金が割安になるため、 SSL証明書を長く使う方ほどお得です。

複数年で契約いただいた場合も発行されるSSL証明書の有効期間は発行から1年(最大で397日)となりますが、 証明書の有効期間を延長することで、複数年でのご利用が可能となります。

証明書の有効期間の延長方法は以下の通りです。

対象のドメイン名のネームサーバーが当社の場合
 契約期間内であれば、証明書の有効期間が自動的に延長されます。
 ※お客様に行っていただく作業はありません。
対象のドメイン名のネームサーバーが当社以外の場合
契約期間内であっても、証明書の有効期間は自動的には延長されません。
証明書の期限日までに、お客様ご自身でで再発行のお手続き(メール認証)をしていただく必要があります。
証明書の期限日の45日前にご案内のメールをお送りしますので、案内に沿って、再発行手続きを行ってください。