マニュアル

  1. サーバープログラムについて
  2. Cron設定

Cron設定

Cronとは

指定時間に指定コマンド(プログラム)を自動的に実行させるサーバーの機能です。
定期的なメールの送信や、ブログのRSS取得などに使用されます。

Cronの設定

1.「Cron設定」をクリック

サーバーパネルへログインし、「Cron設定」をクリックします。

Cron設定画面へ

2.「CRONの追加」をクリック

設定内容を入力し、「CRONの追加」をクリックします。

Cronの追加のスクリーンショット

Cronの設定例

毎日 PM10:00 に A というプログラムを実行したい場合、下記のように設定してください。

Cronの設定例
0
時間22
*
*
曜日*
コマンドAプログラムを実行するためのコマンド
コマンドの記述例

PHPやPerlなどのスクリプトをCronで実行する際、 コマンドパスもあわせて記述してください。
また、実行するスクリプトファイルに対し、実行権限を付与するパーミッション(パーミッション値「701」など)に変更する必要があります。

(例)abc.phpをPHP 7.0 で実行する場合
 /usr/bin/php7.0 /home/サーバーID/独自ドメイン名/public_html/abc.php

※コマンドパスについてはサーバーパネル「サーバー情報」の「コマンドパス一覧」より確認可能です。

通知メールアドレスの設定

1.「Cron設定」をクリック

サーバーパネルへログインし、「Cron設定」をクリックしてください。

Cron設定画面へ

2.「CRONの一覧」をクリック

「Cron結果の通知アドレス」に通知するメールアドレスを入力し「通知アドレスの設定」をクリックします。

Cronの一覧のスクリーンショット

Cron結果通知について

「Cron結果の通知アドレス」に有効なメールアドレスが設定されている場合は、設定したメールアドレス宛にCronの結果通知が送信されます。
未設定の場合は、ホームディレクトリ直下の「Maildir」フォルダへと保存されます。

結果通知が不要な場合は、「Cron結果の通知アドレス」に【""】のみ入力し設定してください。
上記設定を行えばMaildirへ保存はされません。