マニュアル

  1. ドメインについて
  2. ドメインの初期化

ドメインの初期化

ドメインの初期化について

本機能は、サーバーパネルに追加済みのドメインに対して、アップロード済みデータや設定を初期化する機能です。
一からサイトを構築しなおしたい場合やドメイン設定追加時に自動生成されるファイル・フォルダを誤って削除してしまった場合などにご利用ください。

行える処理は以下のとおりです。

ドメイン設定の初期化

サブドメイン設定やDNSレコード設定など一部の機能を除き、対象ドメインに関するデータ、設定が全て初期化されます。
ドメイン運用を一からやり直したい場合に最適な機能です。

処理内容

「/home/サーバーID/対象ドメイン」以下の領域の初期化

※サブドメインが設定されている場合、そのウェブ領域は削除されます。

初期化される各種設定
  • アクセス制限
  • エラーページ設定
  • MIME設定
  • サイト転送設定
  • アクセス拒否設定
  • CGIツール
  • 自動インストール(※データベースは初期化されません)
  • PHP Ver.切替
  • php.ini設定
  • PHP高速化設定(FastCGI化)
  • メールアカウント設定
  • 迷惑メール設定
  • 自動応答設定
  • メールの振り分け
  • FTPアカウント設定
  • FTP制限設定(※対象ドメインのみ)
  • SSL設定(共有SSL)(※対象ドメインのみ)
  • 動作確認URL(※対象ドメインのみ)
  • アクセス統計
  • ログファイル

【以下の内容は初期化されません】

  • サブドメイン設定(※ウェブ領域は初期化されます。)
  • DNSレコード設定
  • SSL設定(独自SSL)
ウェブ領域・設定の初期化

サイトデータやサイトに関する各種設定の初期化を行います。
メール等サイト以外の設定はそのまま活用し、サイトの内容のみ再構築したい場合に最適な機能です。

処理内容

「/home/サーバーID/対象ドメイン/public_html」以下の領域の初期化

※サブドメインが設定されている場合、そのウェブ領域は削除されます。
Awstats(アクセス統計)がインストールされている場合、Awstatsは削除されます。

初期化される各種設定
  • アクセス制限
  • エラーページ設定
  • MIME設定
  • サイト転送設定
  • アクセス拒否設定
  • CGIツール
  • 自動インストール(※データベースは初期化されません)
  • PHP Ver.切替
  • php.ini設定
  • PHP高速化設定(FastCGI化)
初期ファイル・フォルダの復元

ドメイン設定を追加する際自動的に作成されるフォルダ・ファイルが削除されている場合に、削除されたフォルダ・ファイルを復元します。
誤ってシステムファイルを削除してしまった場合に最適な機能です。

処理内容

「/home/サーバーID/対象ドメイン/」以下の不足している初期ファイル・フォルダの復元

初期化される各種設定

※初期化される設定はありません。

ドメインの初期化手順

1.ドメイン設定メニューへ

サーバーパネルにログイン後、「ドメイン設定」メニューをクリックしてください。

ドメイン設定をクリック

2.初期化ボタンをクリック

画面が遷移した後、初期化を行いたいドメインの「初期化」ボタンをクリックしてください。

初期化ボタンをクリック

3.処理内容を選択

下図のような画面が表示されたら、ご希望の処理を選択し、「確認」ボタンをクリックしてください。

初期化処理を選択

4.初期化の実行

今一度、処理内容を確認の上、「確定」ボタンをクリックしてください。
ドメインの初期化が実行されます。

初期化を実行

以上で処理は完了です。