マニュアル

  1. サーバーについて
  2. SSH設定

SSH設定

SSH(Secure Shell)とは、ネットワークを介してサーバーにログインしたり、ログインしたマシンでコマンドを実行する手段の一つです。
本機能をご利用いただく事で、コピーや削除といったサーバー上のファイル操作、設定ファイル等のテキスト編集を行うことが可能です。
SSHでの接続の場合、ネットワーク上を流れるデータはパスワード情報等を含めて全てのデータが暗号化されるため、操作を安全に行うことができます。

SSHアカウント情報
サーバー(ホスト名) サーバーID.xsrv.jp(お客様の初期ドメイン)

※ホスト名(sv***.xserver.jp)でも設定が可能です。

例:xsample.xsrv.jp

ユーザー名 サーバーID
例:xsample
認証方式 公開鍵認証
※パスワード認証は利用できません。
接続ポート 10022

お客様サーバーアカウントへSSHで接続される際は、SSH接続の有効化が必要となります。
下記手順にてSSH接続の有効化(ON)を行ってください。
また接続を行わない際は、SSH接続を無効(OFF)にしてください。

サーバーパネルへログインし、「SSH設定」をクリックします。

サーバーパネル SSH設定メニューをクリック

SSH設定画面が表示されますので、「ONにする」ボタンをクリックして設定をONにします。

「ONにする」をクリック

再度「SSH設定」をクリックし、「状態」が【ON】になっていることを確認します。

SSH設定の状態がONになっていることを確認

こちらで接続の有効化設定は完了です。
無効化する場合は、「OFFにする」をクリックして設定をOFFにしてください。

エックスサーバーのSSH接続では「公開鍵認証」にのみ対応しています。

※パスワード認証には対応していません。

そのため、SSHで接続する為にはサーバーに公開鍵の登録を行う必要があります。
お客様にて生成の公開鍵を登録していただく方法と、サーバー上で公開鍵認証用鍵ペアを生成し秘密鍵をダウンロードしていただく方法がありますので、下記をご参照の上、生成または登録を行ってください。

※登録が行える公開鍵は「OpenSSH形式」のみです。

1.ログイン後、「公開鍵認証用鍵ペアの生成」へ

サーバーパネルへログインし、「SSH設定」から「公開鍵認証用鍵ペアの生成」へ進みます。

公開鍵認証用鍵ペアの生成 入力画面

2.「パスフレーズ」を入力し、「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)」をクリック

公開鍵認証設定画面が表示されましたら「パスフレーズ」の入力を行い、「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)」ボタンをクリックします。

公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)

3.「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)」をクリック

確認画面が表示されますので「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)」ボタンをクリックします。

公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)

4.秘密鍵をPC上の任意の場所に保存

「公開鍵認証用の鍵ペア生成処理を実行しました」画面が表示され、自動的に秘密鍵のダウンロードが始まりますので、PC上の任意の場所に保存します。
(ファイル名:[サーバーID].key)

保存された秘密鍵を利用してSSHクライアントからの接続を行ってください。(例:Tera Termでの接続方法)

公開鍵認証用の鍵ペア生成完了画面

1.ログイン後、「公開鍵登録・設定」へ

サーバーパネルへログインし、「SSH設定」から「公開鍵登録・設定」へ進みます。

公開鍵入力画面

2.公開鍵を入力し、「公開鍵を登録する(確認)」をクリック

公開鍵登録・設定画面が表示されましたら「公開鍵」欄にお手持ちの公開鍵を入力し、「公開鍵を登録する(確認)」ボタンをクリックします。

公開鍵を登録する(確認)をクリック

3.「公開鍵を登録する(確定)」をクリック

確認画面が表示されますので「公開鍵を登録する(確定)」ボタンをクリックします。

公開鍵を登録する(確定)をクリック

4.登録完了

「公開鍵の登録を完了しました。」と表示されましたら、登録完了です。
SSHクライアントからの接続を行ってください。(例:Tera Termでの接続方法)

公開鍵の登録完了画面