マニュアル

  1. サーバーについて
  2. SSL設定

SSL設定

無料独自SSLの設定方法

1. 「SSL設定」をクリック

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

SSL設定をクリック

2. 「独自SSL設定の追加」をクリック

設定するドメインを選択し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

SSL設定の追加をクリック

※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

3. 設定完了

一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定完了です。

追加完了

証明書の自動更新について

標準独自SSLで使用するSSLサーバー証明書の有効期限は、発行日から90日後が設定されます。
当サポートにて有効期限から30日前に自動更新を行い、有効期限の延長をいたします。

自動更新に失敗していた場合について

当サポートによる自動更新が失敗した場合、メールで更新未完了のご連絡をいたします。
また、有効期限の25日前、20日前にも自動更新を行います。

なお、参照先サーバーが当サービスの契約サーバーアカウントではない場合や、Webサイトにおけるページリダイレクト(自動転送)の設定が有効の場合、SSLサーバー証明書の更新に繰り返し失敗する可能性があります。
この場合、以下いずれかの方法で設定の変更をしてください。

  • 設定ドメインのネームサーバーを当サービス指定の内容に変更
  • DNS各レコードの情報を修正し、契約サーバーアカウントを参照するように変更
  • .htaccessにおけるページリダイレクトの設定について、証明書の更新時に限り無効にする

各設定の変更・修正については、以下のマニュアルをご参照ください。