サポート

  1. SSLについて
  2. 申込・設定方法

申込・設定方法

オプション独自SSLを契約したいが、コモンネームをwwwあり・なしどちらでも利用したい。

エックスサーバーで発行するオプション独自SSLのSSLサーバー証明書は、コモンネームを「www.ドメイン名」とする場合に限り、 ドメイン(FQDN)のURLに加え、「wwwなし」URLであってもSSL通信が行えます。

「www.example.com」
でお申し込みの場合
「example.com」
でお申し込みの場合
https://www.example.com での接続 ×
https://example.com での接続

※IPアドレスベースプランで「2Way対応」をご利用の場合は、サーバーパネル上のDNSレコード設定より、SSL用のIPアドレスを設定していただく必要があります。

※一部のSSL証明書ブランドにてご利用可能なWebサイト上へのサイトシールの表示は、コモンネームに指定したドメイン(FQDN)のURLのみに限ります。

詳細は マニュアル > オプション独自SSLのお申し込み > SSL証明書の「2Way利用」について をご覧ください。

コモンネームの文字数に制限はありますか?

はい。【オプション独自SSL】【標準独自SSL】ともに、
64文字以上のコモンネームはお申し込みできません。
※日本語ドメインの場合には、punyコード(xn--*)の文字数でカウントされます。

独自SSLの発行が完了しました。SSLページを利用するにはどうすればよいですか?

すでに運用中のウェブサイトでSSLページを利用するためには、SSLを利用したいウェブページ(お問い合わせフォームなど)へのリンクを書き換える必要があります。

ホームページ作成ソフトをご利用の場合

ご利用のホームページ作成ソフトで、SSLを利用したいウェブページへのリンクをご変更ください。

例:http://www.example.com/ からリンクしているフォームお問い合わせフォームのform.html(http://www.example.com/form.html)をSSL化したい場合、「http://www.example.com/」ページ(index.htmlなど)のHTMLソースにおいて、リンク先を「http://www.example.com/form.html」から「https://www.example.com/form.html」へ変更します。

ショッピングカートなどのプログラムをご利用の場合

一部のプログラムにおいては、該当プログラムの管理ツール上で「SSLページ用のアドレス」を設定できる場合があります。
この場合、SSLページ用のアドレスを設定することで、会員登録画面や決済画面などへのアクセスが自動的にSSL化されます。

いずれの場合も、サポートによる代行作業はいたしておりませんので、ご了承ください。

SSL用のホームページデータはどこにアップロードすればよいですか?

独自SSLのご利用に際しては、SSL接続ではないアクセスのときと同一のフォルダが参照されます。
そのため、SSLのご利用に際して、ホームページデータをアップロードし直す必要はありません。

例:「www.example.com」に対してSSLを適用した場合、「https://www.example.com/」のアクセスに際して、http://www.example.com/ と同一のデータを参照します。

SSLページが表示されず、「設定の反映待ちか、存在しないアドレスです。」と表示されます。

独自SSLの設定完了からの時間経過が短い場合に一時的に表示されます。

30分から最大1時間程度お待ちいただき、ブラウザのキャッシュをクリアしたうえで、SSLページへのアクセスが可能かご確認ください。

SSLページへのアクセスで鍵マークが正常に表示されません。鍵マークをクリックすると「このページには安全でない他のリソースが含まれています。」と表示されます。

アクセスしたウェブページにおいて、SSL接続ではない接続(「http://」から始まるアドレス)でファイルを読み込んでいる場合に発生します。

該当ウェブページのHTMLソースをチェックし、参照している画像(.gif、.jpg、.pngなど)、Javascript(.js)、CSS(.css)などが「http://」から始まるアドレスとなっていないかご確認ください。

原因となっているファイルについて、「https://」から参照する、もしくは「相対パス」でファイルを読み込むよう変更することで警告が解消されます。

なお、アクセス解析のタグやブログパーツなど外部サーバーからデータを読み込んでいる場合、これら外部サーバーのファイルへのアクセスもSSL接続である必要があります。

「IPアドレスベース」プランで、「www」ありのコモンネームで独自SSLを申し込みました。「www」なしのアドレスでSSLページへアクセスするにはどうすればよいですか?

「IPアドレスベース」で「wwwありのコモンネーム」で独自SSLを契約した場合、SSL設定の完了後DNSレコードを編集することにより、wwwなしのアドレスでSSLページへアクセスすることが可能になります。

詳細は独自SSLのお申し込みマニュアルの「10.新規取得手続き完了」をご参照ください。

SSL証明書のサーバーへのインストールなど、独自SSLを利用するための設定作業は必要ですか。

いいえ。
独自SSLの設定作業は、すべて当サポートで行います。
作業が完了しましたら、登録メールアドレス宛に作業完了の連絡をいたします。

なお、IPアドレスベースプランで独自SSLを申し込み、ネームサーバーが当サービス以外の場合は、SSL証明書でご利用のホスト名(コモンネーム)のDNS Aレコードを当サポートよりご案内する「SSL専用IPアドレス」に修正していただく必要があります。

エックスサーバーへのサーバー移転を検討しています。事前に独自SSLを設定しておくことは可能ですか?

はい、ウェブサイトの移転が完了しておらず、エックスサーバー以外でウェブサイトを運用中の場合も、事前に独自SSLを設定しておくことが可能です。

なお、オプション独自SSLをお申し込みにおいて、エックスサーバー以外でウェブサイトを運用中の場合、CoreSSL、セキュアコア ドメイン認証SSLの「DNS認証」およびグローバルサイン クイック認証SSLの「ワンクリック認証」は利用できません。

いずれのSSLブランドとも「メール認証」にて認証作業を行っていただく必要がありますので、ご注意ください。

インストール済みの独自SSLを削除(アンインストール)することはできますか?

はい。可能です。
ご利用の独自SSLにより手順は異なります。

無料独自SSLの場合
サーバーパネル内「SSL設定」にて、設定済みの無料独自SSLの「削除」ボタンから削除(アンインストール)することができます。
オプション独自SSLの場合
インフォパネル内で以下の手続きを順に行うことにより、削除(アンインストール)することができます。
  1. 「解約」メニューにて、対象となる独自SSLの解約をお手続きください。
  2. トップページ内「ご契約一覧 > SSL証明書」から対象のSSL証明書の「アンインストール」にお進みください。

※オプション独自SSLを「IPアドレスベース」でご利用の場合は、SSL証明書のアンインストールを行う前に、コモンネームに該当するホスト名のDNSレコード情報を、お客様がご利用のサーバーのIPアドレスに変更する必要があります。
DNSレコード情報の変更手順は、マニュアル「DNSレコードの編集」をご参照ください。

※利用期限内のSSL証明書は、同一会員内の他のサーバーアカウントにインストールを行い、引き続き利用することができます。
詳細は、よくある質問「オプション独自SSLで発行したSSL証明書を他のサーバーアカウントで利用することはできますか?」をご参照ください。

オプション独自SSLで発行したSSL証明書を他のサーバーアカウントで利用することはできますか?

同一の会員IDでご契約のサーバーアカウントの場合は、SSL証明書を引き続き利用することは可能です。

移行元サーバーから独自SSLの削除(アンインストール)と、ドメイン設定を削除した後に、 移行先サーバーに対象ドメインの追加設定を行っていただいた後に、サポートにてインストール作業をいたします。

なお、移行元のサーバーアカウントから独自SSLを削除する手順は、 よくある質問「インストール済みの独自SSLを削除(アンインストール)することはできますか?」をご参照ください。

また、移行先サーバーへのインストールは、SSL証明書のコモンネームに該当するドメインの設定追加を行った後に、 インストールを希望する「サーバーID」とSSL証明書の「コモンネーム」とともに、サポートへSSL証明書のインストールを希望する旨をご連絡ください。
ご連絡の内容に基づき、サポートにてSSL証明書のインストール作業をいたします。

※移行元サーバーからSSL証明書を削除する際に申請したオプションSSL証明書の解約キャンセル(取り消し)も、サポートにて承っております。移行先サーバーへのインストールを希望するご連絡の際に、併せてお知らせください。

※サポートでのインストール作業完了までには、最大48時間程度を要する可能性があります。
作業完了までの間は、無料独自SSLの利用をご検討ください。
詳細は、マニュアル「SSL設定」をご参照ください。

「SSLサーバー証明書(コモンネーム名) 更新未完了のお知らせ」という件名のメールが届きました。

無料独自SSLの自動更新に失敗した場合に、該当の通知をお送りしております。

引き続きご利用いただくためには、お客様にて更新手続きが必要です。

失敗原因・更新手続き方法については、マニュアル「証明書の自動更新について」をご覧ください。