サポート

  1. サーバーサービスについて
  2. トラブル

トラブル

メールが送信できません。
ポート番号を確認
メールソフトの設定で、送信ポート(SMTPポート)が「25」の場合は 「587」に変更することで送信可能になります。

マニュアル:OP25Bについて

メールソフトの送信設定を確認

当サービスでは、メール送信時の認証方式として送信の際にID/パスワードを確認する「SMTP AUTH」を採用しており、メールソフトの設定に誤りがあると、メール送信に失敗いたします。
以下のマニュアルをご参照の上、設定を再度ご確認ください。

マニュアル:メールソフトの設定

国外アクセス制限設定を確認

当サービスでは、サーバーのセキュリティ・安定性を高めるため
国外IPアドレスからのSMTP認証によるメールの送信を制限いたしております。

国外にご在住等、国外IPアドレスからのSMTP認証が必要なお客様におきましては、サーバーパネルで提供中の「SMTP認証の国外アクセス制限設定」にて制限の解除を行ってください。

マニュアル:SMTP認証の国外アクセス制限設定
メールが受信できません。

以下の内容をご確認ください。

  1. メールアカウントのドメイン名は取得されているか。
  2. メールアカウントのドメイン名のネームサーバーはエックスサーバーに設定されているか。
    また、設定してから24時間以上経過しているか。
  3. メールアカウントはサーバーパネルで作成済みであるか。
  4. メールアカウントの容量に余裕があるか(作成時に指定した容量を超えるとメールを受信できなくなります)。
メールボックスの容量がいっぱいになってしまい、メールが受信できなくなりました。

下記のいずれかの作業により、メールボックスの空き容量を確保してください。

  1. メールボックスの容量を増やす

    サーバーパネルへログインし、「メールアカウント設定」を選択します。
    該当メールアドレスの「変更」より、容量を変更してください。

    ※容量は1〜5000MBで設定可能です。

  2. WEBメールにログインし、不要なメールを削除する

    WEBメールにログインしてください。

    ※パスワードはサーバーパネルにてメールアカウント作成時にお客様ご自身で設定したパスワードです。

    メニューより「ウェブメール」をクリックします。
    受信箱が表示されますので、不要なメールを削除してください。
    その後、こみ箱(Trashフォルダ)の中身も削除してください。

  3. メールソフトにて「POP」受信をご利用の場合、メールソフトにおいて、メール受信時にサーバーのメールを削除するように変更する

    「サーバーにメッセージのコピーを残す」項目が各メールソフトで用意されております。
    設定箇所はメールソフトによって異なります。ご不明の場合はマニュアル等でご確認ください。

    設定例(Outlook2013の場合)
    1. 「ツール」→「アカウント設定」より、該当のメールアカウントの「変更」をクリックします。
    2. 「詳細設定」タブより、「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックをはずします。
配信したメールマガジンの件名に[SPAM]という文字列が付与されます。

Xserverのスパム検知プログラムによりスパムとして検知された場合に起きる事象です。
スパムフィルター設定を「OFF」に切り替えるか、メールマガジンアドレスをホワイトリストに追加することで、以降はスパムとして検知されなくなります。

設定方法は「メールについて > 迷惑メール設定」をご覧ください。

メールソフトでID、パスワードを求められる。

メールソフトに設定している「アカウント名」「パスワード」が一致しない場合、ログオン画面が表示されます。
下記のように設定されているかご確認ください。

アカウント名 : メールアカウント 例)mail@example.com
パスワード  : メールアカウント作成時に設定したお客様任意のパスワード
メールアカウントのパスワードがわかりません。

サーバーパネルの「メールアカウント設定」から、メールアカウントのパスワードを変更してください。
必要に応じて、変更したパスワードをメールソフトにも設定してください。

出張、旅行等で日本国外にきた途端メールが送信できなくなりました。

SMTP認証の国外アクセス制限」がON(有効)になっている可能性があります。

サーバーパネルの「SMTP認証の国外アクセス制限」より設定を「OFF」へ変更し、メールが送信できるかご確認ください。

メールを送信するときにコモンネーム(CN)や証明書の警告が表示されます。

メールソフトの設定において、「overSSL」の設定が適切にできていない可能性があります。

メールソフトの設定」マニュアルにてoverSSLの設定内容をご確認のうえ、メールソフトの設定内容を修正してください。

身に覚えのないメールのエラーが頻繁に戻ってくるようになりました。

以下の理由により、お客様のメールアカウントが不正に利用されている可能性があります。

  1. お客様がお使いのPCがウィルスに感染し、メールパスワードが流出した
  2. メールパスワードが単純なもので設定されており、推測され不正にメールを送信された

サーバーパネル「メールアカウント設定」より該当メールアドレスのパスワードを変更し、エラーメールが減少するかご確認ください。

※パスワードの変更により不正なメール送信がなくなった場合にも、電子メールの仕組み上、エラー戻りが完全になくなるまでには数日程度かかる場合があります。

あわせて、お客様がお使いのPCがウイルス等に感染していないか、セキュリティチェックを行ってください。