マニュアル

  1. メールについて
  2. メールマガジンについて

メールマガジンについて

メールマガジンついて

メールマガジンとは

メールマガジンとは、新聞や雑誌のような情報発信をメールで行うサービスです。
メールマガジンは、個人・団体を問わず、どなたでもご利用いただけます。

目次

1.メールマガジンの作成

1. メールマガジンメニューへ

サーバーパネルにログインし、「メールマガジン・メールマガジン」をクリックしてください。

「メールマガジン・メールマガジン」をクリック

2. 追加メニューへ

「メールマガジンの追加」をクリックしてください。

「メールマガジンの追加」をクリック

3. メールマガジンの新規作成

作成用のフォームが表示されるので、各項目を設定してください。

メールマガジン名 メールマガジンの名前を入力してください。
メールマガジンアドレス

メールマガジンのアドレスを半角英数字で入力してください。

メールマガジンアドレスについて
メールマガジン配信に使用されるメールアドレスです。
管理ツール パスワード メールマガジン管理ツールのログインパスワードです。
メモ メールマガジンの利用用途などをご記入ください。

各項目の設定が完了すれば、「作成(確認)」ボタンをクリックしてください。
そして、次に表示される確認画面で入力内容を再度確認し、「作成(確定)」ボタンをクリックしてください。

「作成(確認)」ボタンをクリック

4. 作成完了

以上で完了です。

「メーリングリスト・メールマガジンの一覧」から、「管理ツールURL」のリンクをクリックして、メールマガジンの管理画面に遷移することが可能です。

「管理ツールURL」のリンクをクリック

2.ログイン

メールマガジン管理画面へ

「メーリングリスト・メールマガジン一覧」から、作成したメールマガジンの「ログイン」をクリックし、ログインを完了してください。
ログイン状態は、管理画面右上の「ログアウト」ボタンをクリックすることで、解除されます。
ログアウトした場合は、ログアウト後に表示される下記ログイン画面か、再度「メーリングリスト・メールマガジン一覧」画面からログインしてください。

メールマガジンアドレス 「メーリングリスト・メールマガジンの一覧」に表示されている『メールマガジンアドレス』を入力してください。
パスワード

メールマガジンを作成する際に指定した「管理ツール パスワード」を入力してください。

パスワードが不明な場合
サーバーパネルの 「メーリングリスト・メールマガジン一覧」に表示されている当該メールマガジンの『編集』メニューにて、新たなパスワードを設定することが可能です。

「ログイン」画面

3.環境設定

メールマガジンの環境設定

メールマガジンの管理画面内で、「環境設定」メニューへと進み、環境設定を行ってください。

メールマガジン名 メールマガジンの名前を設定します。
メーリングリスト作成時に設定したメールマガジン名を変更できます。
送信者名 メールマガジンの送信者名を入力してください。
配信ナンバーの設定

メールマガジンの配信ナンバーを設定できます。
[メールマガジンの件名]に当該機能の雛形を設定することで、自動採番された配信ナンバーが挿入されます。

例)
メールマガジンの件名:『サンプルメルマガvol{auto_number}』⇒『サンプルメルマガvol1』
メールマガジンの件名 配信するメールマガジンメールの件名の初期値を入力してください。
ヘッダーの設定 配信するメール本文の文頭に挿入される文章を設定します。
フッターの設定 配信するメール本文の文末に挿入される文章を設定します。
メールマガジンの返信先

メールマガジンに返信時、宛先に使用されるメールアドレスを設定します。 初期状態では「メールマガジンの返信先」は設定されていません。

システム・エラーメール受信設定

システム・エラーメールの受け取りに関する情報を設定できます。
【受信する】に設定した場合、メールマガジン配信時に発生したシステム・エラーの内容がここで設定する【メールアドレス】宛に送信されます。

例のようなメールを受信した場合は、本文内に記載されているメールアドレスが存在しないため、配信エラーとなっています。
その場合は該当メールアドレスをメンバー一覧から削除してください。

例)
件名: Undelivered Mail Returned to Sender
差出人: Mail Delivery System <MAILER-DAEMON@xxxxx.xxx.jp>
メール本文:
<sample@example.jp>:host example.jp[xxx.xxx.xxx.xxx] said: xxx x.x.x
<sample@example.jp>... User unknown (in reply to RCPT TO command)
管理ツール以外からの配信設定

送信用メールアドレスから配信用メールアドレスへメールを送信することで、管理ツール以外からもメールマガジンを配信することができます。
その後、送信用メールアドレス宛に届いた配信確認用メールを承認することでメールマガジンの配信が完了となります。

※普段使い慣れているメールクライアントからHTML形式でのメールを作成して配信することも可能です。

管理ツール以外のメールクライアントで配信メールを作成

配信用メールアドレスへメール送信

送信用メールアドレスに届いた配信確認メールを承認

ユーザーへメールマガジンが配信される(配信完了)

環境設定

4.システムメール

システムメールの設定

「システムメール」より、メールマガジンのシステムが配信するメールについて設定を行ってください。

登録確認メール

登録用フォームを介して、メールマガジンへの登録申し込みがあった場合に、その申請者宛に返送される登録確認のメールです。

メールマガジンの概要などを記載してください。

登録確認メール画面

退会確認のメール

退会用フォームを介して、メールマガジンからの退会申し込みがあった場合に、その申請者宛に返送される退会確認のメールです。

メールマガジンから退会する際の注意事項等を記載してください。

退会確認のメール画面

登録受付完了のメール

メールマガジンへの登録手続きが完了したユーザーに送信される登録受付完了のメールです。
メールマガジンの利用に関する注意事項などを記載してください。

登録受付完了のメール画面

退会申し込み完了のメール

メールマガジンからの退会申し込みが完了したユーザーに送信される退会申し込み完了のメールです。

退会申し込み完了のメール画面

5.ユーザー登録

メールマガジンへのユーザー登録方法は大きく分けて3通りの方法があります。

管理画面からメールアドレスを指定して追加する方法
  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [ユーザーの管理]メニューにある「ユーザーの登録」にて、手続きを行ってください。

    メールアドレス 登録されるユーザーのメールアドレスを入力してください。
    メモ

    入力した内容は、「ユーザー一覧」のリストにのみ表示されます。
    登録するユーザーのメモ(名前・備考等)にご利用ください。

    ※任意のWebページに作成した登録用フォームからの登録の場合、メモの設定はできません。
    登録完了後に設定変更より変更してください。

    登録方法

    登録方法を選択します。
    選択できる形式と処理内容は次のとおりです。

    今すぐ登録して登録完了通知を送信する
    登録されるユーザーに登録確認を行わずに登録します。入力したメールアドレス宛に登録完了の通知をメールで送信します。
    今すぐ登録して登録完了通知を送信しない
    登録されるユーザーに登録確認を行わずに登録します。入力したメールアドレスへの登録完了の通知は行われません。
    登録用URLを送信をする
    登録されるユーザーに登録確認を行って登録します。入力したメールアドレス宛に登録確認メールが送信され、ユーザは、メールに記載された認証用URLをクリックすることで、メールマガジンへの登録を完了させます。

    ユーザーの登録

空メール自動登録用メールアドレスを利用する方法
  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [自動登録機能]にある「空メール自動登録用メールアドレス」をメールもしくはTwitterなどのソーシャルメディアなどの任意の方法で周知してください。

  3. 空メール自動登録用メールアドレスがメールを受信すると送信元のメールアドレスを自動登録します。

任意のWebページにて登録窓口を設置する方法
  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [自動登録機能]にある各フォームのを任意のWEBページに貼り付けてください。

    購読・購読解除用フォーム

    メールマガジンを登録する人の手順
    1. メールマガジンの登録を希望する人は、登録用フォームタグが作成されているWEBページの登録用フォームにメールアドレスを入力し、メールマガジンの登録申し込みを行ってください。
    2. 「1」で入力したメールアドレス宛に、メールマガジンの登録に関するメールが送信されます。
      送られてきたメールの内容を確認した後、メール内に書かれたURLをクリックして登録処理を完了させてください。

6.ユーザー管理

ユーザーのメモを変更する方法
  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [ユーザー管理]メニューに表示されているユーザー一覧から、メモを変更したいユーザーの[設定変更]をクリックしてください。

  3. 「メモ」で任意の文字を入力し、「設定を保存する」をクリックしてください。

ユーザーを削除する方法
  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [ユーザー管理]メニューに表示されているユーザー一覧から、削除したいユーザーの[削除]をクリックしてください。

ユーザーの一覧表示

ユーザーの一覧取得画面で、現在登録しているメンバーのメールアドレスを一覧で確認することができます。
画面に表示されたアドレスをコピーするなどしてしてバックアップ保管用にご利用ください。

ユーザーの一括削除

現在登録されているメンバーを一括で削除することができます。
(メール配信時にその都度配信メンバーを変更したい場合などに、[メンバーの一括登録]機能と併せてご利用するなどしてご活用ください。

7.メールマガジンの配信

メールマガジン配信の手順は以下の通りです。

  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [メールの配信]で必要事項を入力し『確認』をクリックし、配信内容を確認してください。

  3. 内容に問題なければ『メールを送信する』をクリックしてください。

8.過去に配信したメールマガジンの確認

  1. メールマガジン管理画面にログインしてください。

  2. [配信済みの情報]メニューから過去に配信されたメールマガジンの内容が確認できます。

    ※メール配信時に添付したファイルの確認はできません。

9.配信エラー管理

自動削除

配信エラーとなるユーザーに対して各種設定を行うことができます。

自動削除の有効化 初期設定は【自動削除を有効にする】となっています。
本機能を無効にすることで配信できないメールアドレス宛てにメール送信を試みる頻度が増加し、他のお客様にも甚大な影響を及ぼす可能性が高くなります。
メーリングリストの管理者様におかれましては、「エラーメール集計」にてメール送信に失敗した宛先を注視いただき、複数回に渡り送信出来なかったメールアドレスをメンバーから除外いただくなどの別途対応が必要となります。
自動削除を実行するエラー回数 メールアドレスに対する配信エラーの累計数を設定できます。
一週間の内に設定した回数を超えて配信エラーとなったメールアドレスはユーザーから自動削除されます。
メール通知 ユーザーから自動削除されたメールアドレスを、管理者メールアドレス宛に通知を行うかどうか設定できます。

自動削除設定

削除済みメールアドレス

自動削除されたユーザーの確認と再登録を行うことができます。

  1. 一覧をクリアする場合、【削除履歴のクリア】ボタンをクリックしてください。

  2. 【選択したアドレスを再登録する】場合、一覧から再登録を行うメールアドレスを選択してください。

  3. 【全選択】で一覧に表示されている全てのメールアドレスの選択が可能です。
    【全解除】は全てのメールアドレスを未選択の状態に戻します。

削除済みメールアドレス

エラーメール集計

エラーとなったメールアドレス毎の集計と、詳細を確認することができます。

  1. 配信エラーの内容を確認することができます。

  2. 配信エラーとなっているメールアドレスをメンバーから削除することができます。

  3. 【全選択】で一覧に表示されている全てのメールアドレスの選択が可能です。
    【全解除】は全てのメールアドレスを未選択の状態に戻します。

エラーメール集計

エラーメール詳細

エラー戻りメールの発生頻度を確認することができます。

10.SSLの利用

標準独自SSLを設定いただくか、もしくはオプション独自SSLのご契約を行っていただくことで、独自SSLを使用した「メールマガジン」の利用が可能です。
設定・お申し込みの方法はそれぞれ下記のページをご覧ください。

独自SSLが利用可能になりましたら、下記のようなURLへのリンクをお客様のサイト上に追加してください。

管理ツールのアドレス

https://ドメイン名/xmailinglist/メールマガジン名/admin

退会用URL

https://ドメイン名/xmailinglist/メールマガジン名/