マニュアル

  1. データベースについて
  2. 仕様一覧

仕様一覧

Xserverではデータベース環境としてMySQLを提供しております。MySQLは世界中で広く使われておりオープンソースのデータベースシステムとしては世界で最も普及しており、「性能」や「安定性」に定評があります。

データベース関連の仕様一覧

機能 仕様
データベースサーバー
MySQL 4.0.x (※1)
MySQL 5.0.x (※2)
MySQL 5.5.x (〜sv1999の収容サーバー)
MySQL 5.7.x (sv2001〜(現在募集中の収容サーバー))

ストレージエンジンは、「MyISAM」および「InnoDB」に対応しています。

※収容サーバー番号の確認方法はこちらをご参照ください。

※1 MySQL4データベースは、2011年4月15日(金)をもって新規作成への対応を終了いたしました。

※2 MySQL5.0データベースは、2015年2月10日(火)をもって新規作成への対応を終了いたしました。

データベースホスト名
MySQL4
  • localhost
MySQL5.0
  • mysql○○.xserver.jp(sv855.xserver.jp 以前)

※サーバーパネルの「MySQL5.0設定」にてご確認ください。

MySQL5.5
  • mysql○○a.xserver.jp(sv855.xserver.jp 以前)
  • mysql○○.xserver.jp(sv856.xserver.jp 以降)

※サーバーパネルの「MySQL設定」にてご確認ください。

MySQL5.7
  • mysql○○.xserver.jp
MySQL文字コード
MySQL4
EUC-JP
MySQL5.0/MySQL5.5/MySQL5.7
EUC-JP/UTF-8/Shift-JIS/Binary から選択可
データベースの制限
X10プラン
  • MySQLデータベース 50個まで
  • MySQLユーザー 50まで

※MySQL4が混在する場合は、データベース5個まで、MySQLユーザー5まで

※MySQL5.0が混在する場合は、データベース30個まで、MySQLユーザー30まで

X20/X30プラン
  • MySQLデータベース 70個まで
  • MySQLユーザー 70まで

※MySQL4が混在する場合は、データベース8個まで、MySQLユーザー8まで

※MySQL5.0が混在する場合は、データベース50個まで、MySQLユーザー50まで

データベース容量

MySQLデータベース1個につき、ご利用いただける容量の目安は下記の通りです。

MySQL4
50MB
MySQL5.0/MySQL5.5/MySQL5.7
500MB

※この容量を著しく超過する場合や、DBの負荷が大きい場合は、リソース制限の対象となる場合があります。

管理ツール phpMyAdmin
PostgreSQL 利用できません。
SQLite 利用可能です。