マニュアル

  1. メールについて
  2. Outlook Express

Outlook Express

Microsoft Outlook Express の設定方法

1. ツール(T)より、アカウント(A)をお選びいただきます。

Outlook Expressでアカウント設定を選択しているスクリーンショット

2. メールタブより、「追加(A)」をお選びいただき、メール(M)をお選びいただきます。

Outlook Expressでメールタブから追加を選びその中のメール選んでいるスクリーンショット

3. お客様名(表示に使用される名前)を入力し、次へ(N)をお選びいただきます。

Outlook Expressで表示名を入力しているスクリーンショット

4. メールアドレス(お客様のご利用になられるメールアドレス)を入力し、次へ(N)をお選びいただきます。

Outlook Expressでメールアドレスを入力しているスクリーンショット

5. 受信メール・送信メールサーバー名を入力します。

受信メール・送信メールサーバーを入力してください。
詳しくはメールソフトの設定をご覧ください。

情報の入力

サーバーの種類 POP3 もしくは IMAP(※任意)
受信メールサーバー サーバーID.xsrv.jp ※送受信共に同じサーバー名
送信メールサーバー
6. ユーザー名に電子メールアドレスを設定し、パスワード(P)には設定したパスワードを入力いただきます。

Outlook Expressでアカウント名とパスワードを入力しているスクリーンショット

7. インターネット接続ウィザード完了

設定完了画面が表示されたら、完了をクリックし終了してください。

Outlook Expressで設定完了確認画面のスクリーンショット

8. 先ほど作成したアカウントを選択し、プロパティ(P)をクリックしてください。

Outlook Expressでメールタブから追加を選びその中のメール選んでいるスクリーンショット

9. サーバータブをクリックし、下記のように設定を行ってください。

メールソフトの設定や下記を参考に情報を入力し、設定をクリックしてください。

プロパティ

サーバー情報
受信メール サーバーの種類 POP3
受信メール (POP3) ●●.xsrv.jp(サーバーID.xsrv.jp)※送受信共に同じサーバー名
送信メール (SMTP)
受信メール サーバー
アカウント名 電子メールアドレス(E)に入力したものと同じメールアドレス
パスワード メールアカウント作成時に設定したパスワード
セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする チェック【なし】
送信メール サーバー
このサーバーは認証が必要 チェック【あり】
10. 受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)をクリック

受信メールサーバーと同じ設定を使用するを選択し、OKをクリック

11. 詳細設定タブをクリックし、「サーバーのポート番号」の「送信メール(SMTP)」を587に変更してください。

「送信メール(SMTP)」を587に変更

以上で設定完了です。「OK」をクリックしてください。

SMTP認証設定方法

1.画面上部の「ツール(T)」より、「アカウント(A)...」をクリックします。

SMTP認証設定方法1

2. メールアカウントを選択し、「プロパティ(P)」をクリックします。

「すべて」のタブより、メールアカウントを選択し、「プロパティ(P)」をクリックします。

SMTP認証設定方法2

3.「サーバー」タブをクリックします。

「サーバー」タブにある「送信メールサーバー」の「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、 「設定」をクリックします。

SMTP認証設定方法3

4. 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

SMTP認証設定方法4

(3)の画面に戻りましたら、「OK」をクリックしてください。