マニュアル

  1. インストールについて
  2. 手動インストール
  3. XOOPS Cube

XOOPS Cube

XOOPS Cube インストール はじめに

お客様側で、XOOPS Cubeのパッケージを用意していただく必要があります。

XOOPS Cubeのインストール設定例
バージョン名XOOPS Cube Legacy 2.1.7
サーバーIDxsample
ドメイン名example.com
インストールディレクトリ/home/xsample/example.com/public_html/xoops/
インストールURLhttp://example.com/xoops/
データベースMySQL5.5 / MySQL5 / MySQL4 のいずれでも可能
(MySQL5.5 / MySQL5 の場合は文字コードを EUC-JP に設定してください)
FTPソフトFFFTP

XOOPS Cube導入までの流れ

XOOPS Cubeのダウンロード

XOOPS Cubeをダウンロードします

公式サイトから、案内に従ってXOOPS Cubeファイルをダウンロードしてください。
ダウンロード後、圧縮ファイルを解凍をします。

MySQL(データベース)の設定

XOOPS Cubeで利用するデータベースを新規作成します。

MySQLの設定にフォーカスしたスクリーンショット

1.MySQLの追加

XOOPSで利用するデータベースを追加します。ご利用になられるデータベース名を指定し、「MySQLの追加」ボタンをクリックしてください。本マニュアルではデータベース名を 「xsample_xoops」 として作成します。

※データベース名は「お客様のサーバID_データベース名」となります。

MySQLの追加にフォーカスしたスクリーンショット

2.MySQLユーザの追加

作成したデータベースにアクセスするためのMySQLユーザを追加します。

※追加済みのMySQLユーザを利用する場合は、MySQLアクセス権の設定に進んでください。

ご利用になられるユーザ名とパスワードを設定します。ユーザの追加ボタンをクリックしてください。本マニュアルではユーザ名を「xsample_user」として作成します。

※データベース名と同様に、ユーザ名は「お客様のサーバID_ユーザ名」となります。

MySQLのユーザの追加にフォーカスしたスクリーンショット

3.MySQLアクセス権の設定

「MySQLの一覧」から作成したデータベースにアクセス権を追加します。アクセス権未所有ユーザから追加したいMySQLユーザを選択し追加ボタンをクリックしてください。本マニュアルでは「xsample_xoops」に「xsample_user」を追加します。

MySQLの設定画面:MySQLのユーザの一覧にフォーカスしたスクリーンショット

以上でMySQLの設定は完了です。

ファイルアップロード

解凍後のファイル確認

次に先ほど解凍したXOOPSファイルの確認を行います。
解凍後のディレクトリの中にある「Package_Legacy」を開きます。

Package Legacyフォルダ内のhtmlフォルダ

「Package_Legacy」フォルダの中にある「html」フォルダの全ファイルをサーバーへアップロードをします。

サーバへのアップロード

FTPソフトを使いFTPサーバに接続してください(本マニュアルではFFFTPを使って説明を行っています)。

FTPサーバーの「お客様のドメイン名/public_html/」の中に「xoops」ディレクトリを新規作成してください。
(今回のマニュアルでは、例として「xoops」フォルダを作成していますが、フォルダ名は任意の名前で構いません。)

次に、ローカル側の「html」フォルダ内の全ファイルをサーバー側の「xoops」フォルダへ転送します。

アップロード前

FFFTPの画面:転送画面のスクリーンショット

アップロード完了

FFFTPの画面:ファイル転送後のスクリーンショット

ウィザードからのインストール作業

1. インストールを行うためのウィザード画面を表示

ファイルのアップロード完了後、下記のURLにアクセスしてください。

http://お客様のドメイン名/xoops/
(本マニュアルでは:http://example.com/xoops/)

インストール作業を行うウィザード画面

インストールを行うためのウィザード画面が表示されます。
ここからウィザードに従って、インストール作業を進めていきます。

セレクトボックスで、「ja_utf8」を選択し、introduction >>「→」をクリックします。

2. インストールウィザードへようこそ

XOOPS 2.1 インストールウィザードへようこそ

XOOPS 2.1 インストールウィザードへようこそ

内容を確認後、ページ下にあるアクセス権のチェック >> 「→」をクリックします。

3. ファイルアクセス権のチェック

ファイルアクセス権のチェック

「アクセス権に問題はありません。」という表記を確認し、 設定の入力 >> 「→」をクリックします。

4. データベース、およびパス・URLの設定

データベース、およびパス・URLの設定

ここではMySQLの接続情報やURLの設定を行います。
先ほど作成したMySQLの情報を入力してください。

データベースサーバ セレクトボックスで「mysql」を指定します。
データベースサーバのホスト名 MySQLホスト名を入力します。
例:mysql20.xserver.jp

(お客様のサーバーアカウントによりホスト名が異なります。
「サーバーパネル > MySQL設定 > MySQL情報」にてご確認ください。)
データベースユーザ名 データベースユーザ名を入力します。
例:xsample_user
データベースパスワード データベースユーザのパスワードを入力します。
データベース名 使用するMySQLデータベース名を入力します。
例:xsample_xoops
テーブル接頭語デフォルトのままで構いません。
SALTデフォルトのままで構いません。
データベースへ持続的接続デフォルト選択の「いいえ」のままで構いません。
XOOPS Cubeへのパスデフォルトでパスが入力されていますので、このままで構いません
XOOPS CubeへのURLデフォルトでURLが入力されていますので、このままで構いません
5. 設定の保存

データベース、およびパス・URLの設定

設定情報をmainfile.phpに書き込む処理を行っています。
パス・URLのチェック >> 「→」をクリックします。

6. パス・URLのチェック

パス・URLのチェック

表示されたパス情報を確認し、データベース設定の確認 >> 「→」をクリックします。

7. データベース設定の確認

データベース設定の確認

データベース設定の内容を確認して、データベースをチェック >> 「→」をクリックします。

8. データベースをチェック

データベースをチェック

MySQLに接続確認ができますと、こちらの画面が表示されます。
データベーステーブル作成 >> 「→」をクリックします。

9. データベーステーブル作成

データベーステーブル作成

サイト管理者についての設定 >> 「→」をクリックします。

10. サイト管理者についての設定

サイト管理者についての設定

ここでは、XOOPS Cubeの管理画面にログインする際に必要な管理者に関する情報を入力します。

  • 管理者ユーザ名
  • 管理者メールアドレス
  • 管理者パスワード
  • 管理者パスワード(再入力)

各項目について、任意の値を入力してください。
(管理者ユーザ名は半角文字で入力する必要があります。)

管理者情報の入力後、データの生成 >> 「→」をクリックします。

11. データの生成

データの生成

完了 >> 「→」をクリックします。

12. インストール第一ステップ完了

インストール第一ステップ完了

表示内容を確認し、インストールの第2ステップ >> 「→」をクリックします。

13. 管理者ログイン画面

管理者ログイン画面

先ほど設定した管理者情報を入力し、ログインします。

14. インストール

インストール

ログイン後、「以下のモジュールが導入されていません」と表示された画面に遷移します。

デフォルトでチェックボックスがチェックされた状態で、「インストール」ボタンを押します。

15. インストール完了画面

インストール完了画面

インストール完了のページに記載されている指示に従って、FTPソフトで接続しサーバー側のxoops/install ディレクトリを削除します。

installディレクトリを削除

16. 管理者メニューをクリック

管理画面

管理者メニューをクリックします。

管理者メニュー画面では、以下のような注意書きが表示されています。

この表記に従って、設定ファイルであるxoops/mainfile.phpの属性を変更します。

17. xoops/mainfile.phpの属性変更

mainfile.phpのパーミッション変更

xoops/mainfile.phpの属性を500に変更し、書き込みを不可にします。

18. 完了

インストール作業完了!

以上でインストール作業が完了です。お疲れ様でした。