共有SSLの設定

  1. サーバーについて
  2. 共有SSLの設定

共有SSLについて

共有SSLはドメインごとに設定します。

(例)「http://example.com/example/form.cgi」 というページで使用したい
→ドメイン「example.com」 に共有SSLを設定します。

なお、プログラムによっては共有SSLをご利用いただけない場合があります。

共有SSLの設定方法

1.「SSL設定」をクリック

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

SSL設定をクリック
2.「SSL設定の追加」をクリック

共有SSLを設定するドメインを選択し、「共有SSL設定の追加(確定)」をクリックしてください。

SSL設定の追加(確定)をクリック

※共有SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

共有SSL発行後のURLについて

「.(ドット)」は「-(ハイフン)」に置き換わります。
「co.jp」など、ドメインに「.(ドット)」を含む場合は、「.(ドット)」がなくなり「cojp」と表記されます。

(例)example.comの場合
https://example-com.ssl-xserver.jp/ といった共有SSLが発行されます。
(例)example.co.jpの場合
https://example-com.ssl-xserver.jp/ といった共有SSLが発行されます。
共有SSL発行後のアクセスについて

共有SSL用アドレスの追加後、URLの部分を共有SSL用アドレスへ置き換えて利用します。

(例)example.comで共有SSLを発行

「http://example.com/form.cgi」に共有SSLを適用する場合、
→『https://example-com.ssl-xserver.jp/form.cgi』でアクセスすることで利用可能です。

「http://example.com/example/form.cgi」に適用する場合、
→『https://example-com.ssl-xserver.jp/example/form.cgi』でアクセスすることで利用可能です。

サブドメインの場合

サブドメイン形式での共有SSLの利用には対応しておりません。
親ドメインに対して共有SSLを設定し、サブディレクトリ形式でアクセスしていただく必要があります。

(例)test. example.comで共有SSLを利用したい場合
ドメイン「example.com」で発行し、https://example-com.ssl-xserver.jp/test/ で利用可能です。

マニュアルの検索

マニュアルメニュー

お申込みについて
ドメインについて
サーバーについて
サーバープログラムについて
インストールについて
メールについて
FTPについて
データベースについて
管理ツールについて

他社サービスからのお引越し手順

こちらの手順をご覧いただければスムーズにお引越しが可能!

サーバーの移転方法 ドメインの移管方法