マニュアル

  1. インストールについて
  2. EC-CUBE 3

EC-CUBE 3

EC-CUBE 3 導入までの流れ

EC-CUBE 3 自動インストール はじめに

お客様側で、EC-CUBEのインストールファイルを用意していただく必要はありません。

なお、EC-CUBE 3 を通常の手順でインストールするとURLの末尾に「html/」が付加されますが、本機能を利用してインストールをすることで、URLに「html/」を付加せずに設置することが可能です。

また、インストール後の各種設定やカスタマイズ、アップデート等に関するサポートは行っておりません。あらかじめご了承ください。

EC-CUBE 3 自動インストール 設定例
サーバーID xsample
ドメイン名 example.com
インストールディレクトリ /home/xsample/example.com/public_html/ec
インストールURL http://example.com/ec
EC-CUBE 3 自動インストール 動作環境
PHPバージョン PHP 7.0 / PHP 5.6 / PHP 5.5 / PHP 5.4 

※PHP 5.3 / PHP 5.2 / PHP 5.1 / PHP 4.3 には対応していません。
インストールを行う前に「PHPのバージョン切り替え」を行ってください。

データベース MySQL5.7 / MySQL5.5

※文字コードを UTF-8 に設定してください。

自動インストール手順

サーバーパネルより自動インストール→プログラムのインストールをクリックしてください。

自動インストールにフォーカスしたスクリーンショット

1.EC-CUBE 3 のインストール設定

EC-CUBE 3 の「インストール設定」ボタンをクリックしてください。

自動インストールプログラム選択画面:EC-CUBE 3 にフォーカスしたスクリーンショット

以下の各項目を入力し、最後に「インストール(確認)」ボタンをクリックしてください。

EC-CUBE 3 のインストール設定
ショップURL

example.com/ec

ショップURLを「http://example.com」にする場合は、プルダウンでホスト名(ドメイン)を選択し、「/」(スラッシュ)に続くフォルダ部分(テキストボックス)は空欄のままにしてください。
ショップ名 ショップサイトの名前を指定してください。
メールアドレス 現在利用可能(有効なもの)で、EC-CUBE 3 の管理用アドレスとして利用したいものを入力してください。
管理画面ログインID 任意の文字列を入力してください。
管理画面パスワード 任意の文字列を入力してください。
データベース

利用するデータベースを選択します。
「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

EC-CUBE 3 設定画面のスクリーンショット

2.確認し間違いがなければ「インストール」をクリック

確認画面に表示されている内容に間違いがなければ「インストール」ボタンをクリックしてください。

自動インストールプログラム選択画面:EC-CUBE 3 インストール確認画面のスクリーンショット

3.完了画面が表示されればインストール完了

インストールが完了すると、「EC-CUBE のインストールが完了しました。」が表示されます。

※「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を忘れずにお控えください。

※「EC-CUBE のインストールが完了しました。」の直下に表示されるURLをクリックし、インストールしたEC-CUBEのログイン画面に進みます。

EC-CUBE 3 インストール完了画面のスクリーンショット

4.管理画面の確認

インストールの際に設定した「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を利用してログインしてください。

EC-CUBE 3 管理画面のスクリーンショット

以上でEC-CUBE 3 の導入は終了です。
お疲れ様でした。

[参考] MySQL(データベース)の設定

自動インストールをする前に、EC-CUBE 3 で利用するデータベースを新規作成します。

MySQLの設定にフォーカスしたスクリーンショット

1.MySQLの追加

サーバーパネル内「MySQL設定」にある「MySQLの追加」において、EC-CUBE 3 で利用するデータベースを追加します。

※文字コードは「UTF-8」を選択してください。

※データベース名は「お客様のサーバID_データベース名」となります
(本マニュアルでは「xsample_ec」として作成します)。

MySQLの追加にフォーカスしたスクリーンショット

2.MySQLユーザの追加

サーバーパネル内「MySQL設定」にある「MySQLユーザの追加」において、作成したデータベースにアクセスするMySQLユーザを追加します。

※データベース名は「お客様のサーバID_ユーザ名」となります
(本マニュアルではユーザ名を「xsample_user」として作成します)。

※追加済みのMySQLユーザを利用する場合は、本項の手順を省略し、「3.MySQLアクセス権の設定」を行ってください。

MySQLの追加にフォーカスしたスクリーンショット

3.MySQLアクセス権の設定

サーバーパネル内「MySQL設定」にある「MySQLの一覧」において、作成したデータベースにアクセス権を設定します。

一覧にある「1.MySQLデータベースの追加」で追加したデータベースにおいて、「アクセス権未所有ユーザ」から追加したいMySQLユーザを選択し、「追加」ボタンをクリックしてください。

「アクセス権所有ユーザ」にMySQLユーザが追加できましたら、作業は完了です。
引き続き、「自動インストール手順」に沿って、インストールを行ってください。

MySQLの設定画面:MySQLのユーザの一覧にフォーカスしたスクリーンショット

以上でMySQLの設定は完了です。
以降は、「自動インストール手順」に沿って、インストールを行ってください。

[参考] サイトSSL設定

EC-CUBE 3 はショップサイトならびに管理画面にてSSL(https)経由での接続に制限することが可能です。

※共有SSLにも対応しています。

1.SSL(https)接続にて管理画面へアクセス

インストールしたEC-CUBEに対し、SSLによるURL(https://〜)で管理画面にアクセスし、ログインをしてください。

2.「設定」の「セキュリティ管理」にて『SSLを強制』にチェック

「管理 > セキュリティ管理 > サイトセキュリティ設定」に進みます。
「サイトセキュリティ設定」内のSSL制限にある『SSLを強制』にチェックを入れ、画面右上の『設定』ボタンをクリックします。

EC-CUBE 3 の設定画面:「SSLを強制」にチェックしているスクリーンショット

※SSL(https)接続を行っていない場合は『SSLを強制』にチェックを入れることが出来ません。

[参考] アップデートについて

本機能で提供するEC-CUBEは、当サービスで提供する仕様にあわせ、以下のファイルをカスタマイズしております。

そのため、EC-CUBEのバージョンアップなどに伴うアップデート作業によりファイルの更新が生じた場合は、以下の手順に沿ってプログラムの修正を行ってください。

※アップデート作業を行われる際は、必ず予めデータ類のバックアップを取得してください。

「/html/index.php」での作業手順

1. 「html」フォルダ内の「index.php」を移動

「html」フォルダ内にある「index.php」を一つ上のフォルダに移動してください。

2. 「index.php」を編集

テキストエディタを用いて先ほど移動した「index.php」を編集します。

require __DIR__.'/../autoload.php';

require __DIR__.'/autoload.php';

※Windows付属の“メモ帳”で編集を行った場合、不具合が発生することがあります。必ずテキストエディタにて編集を行ってください。

変更前

index.php:編集前のファイル変更箇所にフォーカス

変更後

index.php:編集後のファイル編集箇所にフォーカス

※プログラム内容や編集内容は状況に応じて異なる場合がございます。

3. サーバへのアップロード

FTPソフトを使い、「index.php」をサーバーへアップロードしてください。

「/src/Eccube/Controller/Admin/Store/TemplateController.php」での作業手順

1. 「src/Eccube/Controller/Admin/Store」フォルダ内の「TemplateController.php」を修正

テキストエディタを用いて「/src/Eccube/Controller/Admin/Store」フォルダ内にある「TemplateController.php」を編集してください。

$config['front_urlpath'] = $config['root_urlpath'] . '/template/' . $templateCode;

$config['front_urlpath'] = $config['root'] . 'template/' . $templateCode;

※Windows付属の“メモ帳”で編集を行った場合、不具合が発生することがあります。必ずテキストエディタにて編集を行ってください。

変更前

index.php:編集前のファイル変更箇所にフォーカス

変更後

index.php:編集後のファイル編集箇所にフォーカス

※プログラム内容や編集内容は状況に応じて異なる場合がございます。

2. サーバへのアップロード

FTPソフトを使い、サーバー上の「/src/Eccube/Controller/Admin/Store」フォルダ内へ『TemplateController.php』をアップロードしてください。