国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

ブログ3ヶ月目のPVや収益は?3ヶ月目から伸びるって本当?

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(3.0)
難しさ
(1.0)

こんにちは、T部長です!

「ブログ運営を始めて3ヶ月たったけど、なかなかPVが伸びていないな」「今のままブログを続けて、本当に成果が出るの?」

ブログ更新にだんだんと慣れてくる3ヶ月目は、PV数や収益化が気になってくるタイミングですよね。

今回の記事では、ブログ運営を開始して「3ヶ月目」の状態や、アクセスがゼロに近い場合の対処法などを解説します。

T部長

この記事は以下のような人におすすめ!

  • ブログを開始して3ヶ月程度経った方
  • ブログ初期でアクセス数が少なくて悩んでいる方
  • アクセスアップの対策が知りたい方

Googleで「ブログ 3ヶ月目」と検索してみると「3ヶ月目で5000PV!」といった景気のよい記事が目に付きます。
しかし、3ヶ月経った時点で成果があがっていなくても焦る必要はありません。

自身のブログの現状を確認し、着実なアクセスアップを目指しましょう。

それではどうぞ!

ブログ3ヶ月目でどれくらいPVがあれば及第点?

ブログの最初の頃は、PVがほとんどなくモチベーションが上がりません。

しかし、継続するとアクセス数は徐々にアップしてきます。ブログ3ヶ月目にどれくらいのアクセス数があれば及第点なのか、平均アクセス数や一般的に言われていることから解説します。

ブログの平均的なアクセス数は?

やや古いデータですが、2013年のリサーチバンクの調査によれば、約8割のブログが1日50PV未満とされています。さらに、全体の6割が1日10PV以下です。

調査のデータは以下です。

PV 割合
わからない、ほぼゼロ 23%
1~5PV 24.8%
6~10PV 11.8%
11~50PV 18.4%
51~100V 8.6%
101~300PV 7.8%
301~500PV 2.2%
501PV以上 3.3%

※情報元サイトは現在削除されています。データのみ引用しています。

このことから、ブログの平均的なアクセス数は1日数十PV程度ではないかと考えられます。

データがやや古いことから、現在ではもう少し高い数値が出るかもしれません。
しかし、概算では大きく変わらないでしょう。

月に3000PVで脱初級者

一般的に、月に3000PV以上なら脱初級者といわれています。

つまり、1日100PVが脱初級者の目安です。
1日100PV以上ですと、全体のトップ13.3%に入ることになります。

しかし、ブログ初心者のうちは、PVをモチベーションにするのはおすすめできません

なぜなら、思ったようにアクセス数が上がらず、モチベーションが保ちにくいからです。

ブログ3ヶ月目までは、継続することそのものを目標とするのがおすすめです。

投稿ペースを定めて、記事数などを目標にすると良いですよ!

ブログ初心者は100記事を目標にするのがおすすめ!理由を解説 習慣化のコツ12選!あなたが習慣化できない2つの理由とは?

とはいえ、3ヶ月目になって1日に数PVしかないようであれば、何かしら見直すべき点がありそうです。

この時点ではPVを「目標」ではなく、問題点の有無を判断する「シグナル」と捉えるのが良いですね。

ブログ3ヶ月目で収益はどれくらい?

正直、ブログ3ヶ月目では、はじき出すほどの収益は期待できません

ブログを毎日更新するなら、3ヶ月目で記事数は90記事になります。

90記事あればそれなりにまとまったPVが生じて、多少の収益が出る可能性はあります。

しかし、毎日3000~5000文字の記事を毎日書くことは非常に大変です。

普通の人は週に2~3回ほどブログを更新できればよい方でしょう。とすると、3ヶ月で30記事前後になるはずです。

ブログ初心者の30記事では、なかなかアクセスは伸びません。
アクセスが伸びなければ、収益もほとんど見込めないのが実状です。

ブログ3ヶ月目でPVが伸びるって本当?

ブログ界隈ではよく「ブログ3ヶ月目からPVが伸びる」「100記事を超えるとPVが伸びる」といった話が出ます。

これは本当でもあり、嘘でもあります。

ブログ3ヶ月目からPVが伸びるといった話の前提条件は以下です。

3ヶ月目でPVが伸びる前提
  • ブログを毎日更新している
  • 狙うべきキーワードの選定を行っている
  • 検索ニーズに応える記事を書いている

上記の条件を満たす場合、100記事近く書けばPVは伸びるでしょう。Googleにブログのドメインが評価され、検索順位が大幅に上がる可能性が高いです。

しかし、ブログ初心者が上記3つの条件を満たすことは厳しいです。
ですので、3ヶ月目からアクセス数が伸びるという話は嘘でもあり、本当でもあります。

ブログは成果が出ない期間が長く続きますが、運営の継続期間に比例して成果の伸びが期待できるものです。

「3ヶ月目」はまだまだ初期段階。アクセスや収益が少なくて当然です。

粘り強く記事を書いていきましょう。

ブログ3ヶ月目でアクセスがゼロに近い場合の対処法6つ

とはいえ、ブログ3ヶ月目でアクセス数がゼロに近い場合、記事やブログに何らかの問題があると考えられます。

3ヶ月継続して記事を書いていれば月に数百~1000PV前後は見込めると思います。
届いていない場合、原因を突き止めて改善しましょう。

3ヶ月目になっても、アクセス数がゼロに近い場合、下記の対処法を実践してみてください。
また、ブログの基礎スキルの見直しを行うと効果的です。

1.記事数を増やす

記事数を増やすことが対処法の1つです。ブログの記事数が少ないと、Googleはブログのドメインを評価しません。

記事数を増やせば、情報量の少なさを解決できます。ただし、いたずらに文字数や情報量の少ない記事を増やしても効果はありません。

検索ニーズに合致した記事を増やすことが必要です。

2.記事内のコンテンツを増やす

記事の中で解決し得る疑問や悩みを増やすのに「コンテンツの拡充」を図りましょう。

ユーザーにとっては、知りたいことはもちろん、それに関連する情報の量が多い方が有益です。

ユーザーにとって有益な情報を増やすことで検索上位に表示される可能性が高まります。

記事のキーワードや検索ニーズによって異なりますが、1記事に3000文字程度なければコンテンツの拡充が考えられるかもしれません。

上位表示されているほかのブログ記事の内容や、Google検索結果の「他のキーワード」などを参考に、コンテンツを検討してみましょう。

下記でも触れていますので参考にしてみてください。

ブログがアクセスアップしない理由は1つ!集客する3ステップ

3.タイトルにキーワードを含める

記事は検索されなくてはアクセスが増えません。

ユーザーは何か解決したい問題や疑問があって情報を探します。

ほしい情報はキーワードとしてGoogleに入力され、Googleはそのキーワードを含んだ記事を表示します。記事やタイトルにキーワードが含まれていないと、検索結果に表示されません。

タイトルには必ずキーワードを含めるようにしましょう。

また、キーワードはなるべくタイトルの左側に詰めるのがコツです。

【必見!】読まれるブログの記事タイトルのつけ方!4つのコツを解説

4.SNSで宣伝する

アクセスアップのために、ブログと一緒にSNSも活用するのが良いですね。

SNSからもブログ記事へのアクセスが期待できます。
TwitterやFacebook、Instagramなどでブログ記事をシェアしましょう。

SNSを1つ始めるとしたら、Twitterをおすすめします。

Twitterはリツイート機能があり、拡散しやすいことが特徴です。くわえて、ユーザー数が4500万人と、LINE以外のSNSでもっとも大きなシェアを誇ります。

多くのブログサービスはSNSと連携可能です。WordPressならSNS連携プラグインの導入をおすすめします。

ブログとSNSを連携して、アクセスアップを目指しましょう。

ツイッター ブログ初心者のためのツイッター活用方法!SNSも一緒にはじめよう

5.親しい人に読んでもらい欠点を見直す

見落としがちな欠点や問題点を見つけるために、親しい人にブログを読んでもらいましょう。

自分のブログや文章の欠点は、自分自身ではわからないものです。

他者に読んでもらうことで、文章の読みにくさや記事の構成、配置の見づらさなどを指摘されるかもしれません。

親しい間柄なら遠慮のない意見を引き出しやすいと思います。

それらの欠点を改善して、アクセス数アップを目指しましょう。

6.検索ボリュームの小さいキーワードを選ぶ

最初の頃は月間で検索されるボリュームが小さめのキーワードをテーマとして記事を書くのがおすすめです。

なぜなら、検索ボリュームの大きなキーワードはそれだけ検索順位競争が激しく、初心者がアクセスを勝ち取るのが難しいから。
逆に検索ボリュームの小さいキーワードは競争が緩いです。

キーワードを選定することは、ブログ記事の基本です。

しかし、キーワード選びを間違えると、いくら検索ニーズに合致した記事を書いていてもアクセスが増えません。

Googleのキーワードプランナーなどのツールで、検索ボリュームをしてから取り組むと良いですね。
狙いやすいのは「100~1000」までの検索ボリュームです。

適切な検索ボリュームのキーワードをターゲットにしましょう。

キーワードプランナー 【2022年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方入門!注意点も解説 Google検索ボリュームの調べ方!キーワードの選定方法も解説

ブログ3ヶ月目までに基本を押さえておきたいスキル9選

ただ記事を書くだけでは、アクセスは増えません。

記事を書くためのキーワードの選定やニーズの調査、記事構成などが求められます。

くわえて、SEOの基礎知識やSNS運用、興味を惹くタイトルの付け方なども学ばなければなりません。

ブログ3ヶ月目までに基本を理解しておきたいスキルについて解説します。

1.キーワードの選定

ブログの基礎として、キーワードの選定はしっかり押さえておきたいスキルです。

なぜなら、キーワードの選定によって、より的確にユーザーのニーズに応える記事が作れるからです。

ユーザーは解決したい問題や疑問がある時、何かしらの語句で検索をかけます。この語句がキーワードです。

キーワードには、検索した理由や疑問が凝縮されています。

検索エンジンは、それに応える有益な記事を上位に表示するため、的確にニーズに応えることは非常に重要です。

キーワードの選定方法は、下記の記事を参考にしてみてください。

Google検索ボリュームの調べ方!キーワードの選定方法も解説

2.ニーズの調査

キーワードを選定したら、検索ニーズを調査しましょう。

検索ニーズとは、読者が知りたい情報や解決策のことです。
ニーズを明確にすることで、記事に盛り込むべき情報がわかります。

検索ニーズの調査は「関連キーワード」「検索上位の記事の見出し」「ヤフー知恵袋やTwitter」の3つから調査できます。

関連キーワードでは、以下のような手順で検索ニーズを調査しましょう。

検索ニーズの調査手順
  1. 関連キーワードをすべてコピー
  2. Googleキーワードプランナーで検索流入数を調べる
  3. 検索ボリュームの多い関連キーワードの検索ニーズを推測する

たとえば「ブログ 書き方 コツ」なら「ブログの書き方のコツが知りたい」が検索ニーズです。

検索上位記事の見出しも、検索ニーズを把握するのに役立ちます。

Googleの検索上位記事は、検索ニーズを満たしているからこそ上位表示されています。それらの見出しを分析し、どのような検索ニーズがあるか調査しましょう。

ヤフー知恵袋やTwitterでの質問は、検索ニーズの発見に役立つことがあります。質問から何が知りたいのか分析しましょう。

ブログがアクセスアップしない理由は1つ!集客する3ステップ

3.記事の構成づくり

記事の構成とは小説のプロットのようなものです。

構成を作ることで、トピックの順序や全体の流れがわかりやすくなります

まず、調査した検索ニーズに応える見出しを作っていきましょう。

見出しを作り終わったら、ユーザーに読ませたい順に並べ替えます。抽象度の高い見出しを上に持ってくるのがコツです。

たとえば、見出しで「ブログとは」「初心者向けのおすすめブログサービス」の2つがある場合、「ブログとは」の方が抽象度が高いので上に持ってきます。

ユーザーに分かりやすい見出しの順序を検討しましょう。

悩まず書ける!ブログ記事の構成・書き方の型を紹介

4.SNSでの集客

ブログのアクセス数アップのために、SNSは欠かせない存在です。
まだSNSをスタートしていない人は、ブログと一緒に始めましょう。

SNSではTwitterやFacebookといったメジャーなサービスがおすすめです。

中でもブログと相性がよいのはTwitter。ユーザー数が多く、リツイート機能でツイートが拡散しやすいからです。

ブログの記事をSNSに自動投稿するだけでなく、コメントやフォローでフォロワーを積極的に増やしましょう。SNSでコメントする内容は、ブログのテーマに沿ったものがよいでしょう。

SNSとは?種類と特徴を分かりやすく解説【有名SNS一覧付き】 ブログとSNS何が違うの? ブログとSNSの違いは?おすすめはどっち?両方の活用方法を紹介!

5.SEOの基礎知識

SEOの基礎知識は、ブログのアクセスアップのために不可欠です。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略語で、日本語では「検索エンジン最適化」です。

検索エンジン向けに記事やWebページを最適化することで、検索上位表示を目指します。

SEOの知識は多岐にわたりますが、押さえておきたいポイントは以下。

SEOで押さえておきたいポイント
  1. タイトルや見出し、文章にキーワードを含める【重要】
  2. ディスクリプション(記事の説明文)を書く【重要】
  3. 見出しタグを使用して構造をはっきりさせる【重要】
  4. 画像にaltタグを使う
  5. XMLサイトマップの生成とGoogleサーチコンソールへの登録
  6. パンくずリストなど内部リンク施策
  7. URLをSSL化する
  8. レスポンシブデザインでモバイルに対応
  9. Webページの高速表示

特に、1~3は必須のSEO対策です。記事を書くときに心がけるようにしましょう。

下記記事も参照してみてください。

アイキャッチ SEOとは?ブログ初心者が知っておきたいポイントを解説 内部SEO対策 【内部SEO対策】ブログ記事で必ず押さえるべきチェックリスト14選

6.クリック率の高いタイトルを考える

Googleでせっかく上位表示しても、クリック率が低いとアクセス数が上がりません。タイトルによってクリック率は大きく変わります

ユーザーの興味を惹き、クリック率の高くなるタイトルにはコツがあります。

タイトルを付けるときは、以下のことに気を付けましょう。

タイトルの付け方でのポイント
  • 記事内容を端的に表すタイトルにする
  • 文字数は40文字前後
  • 検索されたいキーワードを入れる
  • 権威性や意外性、数字、結果の明示などを工夫して興味を惹くタイトルにする

タイトルは記事内容を適切に反映するために、記事の構成づくりや執筆の後に付けましょう。

タイトル候補を3~5つほど書き出し、その中から選ぶのがおすすめです。

【必見!】読まれるブログの記事タイトルのつけ方!4つのコツを解説

7.アイキャッチ画像の設定

アイキャッチ画像とは、ユーザーの目を引きつけるための画像です。

多くは記事の冒頭(タイトル直後)や、記事一覧でのサムネイルとして表示されます。

記事に合ったアイキャッチ画像を設定することでユーザーの目を引き、読まれやすくします

また、アイキャッチ画像は、TwitterやFacebookに記事がシェアされたときにも表示されます。

インパクトのあるアイキャッチ画像を設定しましょう。

5分でできる簡単アイキャッチ画像の作り方!WordPressブログの設定方法まで徹底解説

8.画像は軽量化・圧縮する

記事に載せる画像は圧縮して、ファイルサイズを小さくしましょう。

サイトの表示速度が遅いと、Googleからの評価が落ちて検索順位に影響します。くわえて、使いやすさの観点からもサイトの表示速度は重要です。

Amazonの調査では、サイトの表示速度が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少すると判明しています。1秒高速化すると、売り上げが10%改善したそうです。このように、サイトの表示速度はユーザビリティに影響を与えます。

サイトの表示速度に大きく関わってくるのが画像です。画像のファイルサイズが大きいと、サイトの表示速度が落ちます。そのため、画像の軽量化や圧縮が必要です。

軽量化には「Squoosh」などの画像圧縮サイトを利用しましょう。

WordPressを利用している場合は、画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」がおすすめです。自動で画像を圧縮が可能で、アップロードした画像の一括圧縮にも対応しています。

WordPressプラグインを活用しよう!執筆時におすすめなプラグイン6選

9.内部リンクを貼る

内部リンクはSEO施策として有効です。

関連度の高いページ同士を内部リンクでつなげることで、検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなるメリットがあります。

その結果、リンク先のページの評価を上げやすくなります。

また、関連度の高いページがリンクされることで、ユーザーが知りたい情報に早くたどり着けます。内部リンクによって、ユーザーの滞在時間は増えやすいです。

内部リンクをつなげるためにも、関連度の高いページを増やすことが必要です。同じテーマの記事を優先的に執筆しましょう。

ブログが検索エンジンに登録される仕組みと検索上位を狙う施策3つ

ブログ3ヶ月目を過ぎたら収益化も考えよう

ブログ運営も3ヶ月が経過し、アクセス数が上がってきたら、ブログの収益化を検討しましょう。

ブログ収益化のメリットやデメリット、収益化方法についてまとめました。

収益化のメリット

せっかくアクセスのあるブログを収益化しない手はありません。収益化には3つのメリットがあります。

収益化のメリット
  • ブログを書くモチベーションが上がる
  • レンタルサーバー代などの維持費が稼げる
  • アクセス数が上がればまとまった収益になる

それぞれのメリットについて1つずつ解説します。

ブログを書くモチベーションが上がる

ブログを書くモチベーションを上げる方法はいくつかあります。

たとえば、「ブログ仲間を作る」「Twitterで更新スケジュールを明言する」「書いた文字数を記録して励みにする」「アクセス数」などです。

中でも、収益化はブログのモチベーションを高くしてくれます。たとえ数百円や数千円の収益でも、あるとないでは大きくモチベーションが異なります。

収益化で目標金額を定め、モチベーションを高く保ちましょう。

レンタルサーバー代などの維持費が稼げる

収益化すれば、ブログのコストであるレンタルサーバー代やドメイン代が稼げます。

WordPressを利用したブログの場合、レンタルサーバー代は月に1000円弱です。

ドメイン代は1年で2000円ほどかかるので、月に200円としましょう。レンタルサーバーとドメインの費用を合算すると、月に約1200円、年間で約1万4400円です。

少し努力は必要ですが、ブログ初心者でも狙っていける金額だと思います。
ブログで維持費が稼げるなら、費用を持ち出さずにすみます。

アクセス数が上がればまとまった収益になる

アクセス数が多いにもかかわらず、収益化しないのはもったいないです。

収益額は「アクセス数 × クリック率(CTR)× 成約率(CVR)× 成果単価」で出せます。

アクセス数が多ければ多いほど、ブログで大きな収益を上げられます。

アフィリエイトの場合、PVあたりの単価が1~4円になることも珍しくありません。

たとえば、アクセス数が月間1万PVあれば1~4万円の収益が見込める可能性もあります。

初期費用がかからない

ブログを収益化する際の初期費用はゼロ円です。

収益化の方法は主に3つあります。

代表的な収益化の方法
  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス
  • Amazonアソシエイト

ブログによって最適な収益化方法は異なりますが、どの収益化方法も初期費用はかかりません。ただし、上記に挙げた3つの収益化方法の多くは、ブログの審査を通過する必要があります。

ブログのコンテンツ量が不十分だったり、不適切だったりすると審査に通らず収益化できません。審査に通るよう、しっかりとしたコンテンツ作りを行いましょう。

収益化方法については下記も参照してみてください。

【初心者向け】ブログ収益化の仕組みと定番広告サービス3種を紹介

収益化の注意点

ブログの収益化は多くのメリットがありますが、注意点もあります。それは下記の2つです。

まとまった収益になるまでに時間がかかる

先ほどのとおり、ブログの収益は「アクセス数 × クリック率(CTR)× 成約率(CVR)× 成果単価」によって決まります。

いくらクリック率、成約率、成果の単価が高くても、そもそもアクセス数がなければ収益は上がりません。

アフィリエイトの高単価案件で収益化する場合、効率のよい案件ならPVあたりの単価は1~4円程度になることもあります。それでも、まとまった収益として1万PVはほしいところです。

月に1万PVのアクセスを稼ぐとすると、1日あたり300~400PVが必要です。ブログ3ヶ月目の初心者にはなかなか難しい数値でしょう。

ケースによって異なりますが、月1万PVになるのに1年以上かかることも珍しくありません。

まとまった収益になるには、かなりの時間が必要です。ブログの収益化は、じっくりと取り組むことが求められます。

記事を更新し続ける必要がある

記事の更新を止めると、アクセスが減少する可能性があります。

Googleはコンテンツの評価に、「フレッシュネス(情報の新しさ)」を指標に取り入れています。ユーザーが最新の情報を求めているとGoogleが判断した検索キーワードでは、より新しいページが上位表示されます。

そのため、ブログの更新を怠れば、情報の鮮度が落ち、アクセス数が減少する可能性があります。
アクセス数の減少は収益に悪影響を与えます。

アクセスアップとアクセス数維持のため、ブログは常に更新し続けることが求められます。継続こそがブログでもっとも大切なことです。

収益化方法

ブログの収益化方法は、アフィリエイトとGoogleアドセンスが一般的です。

どちらも似たように感じるかもしれませんが、それぞれの仕組みは大きく異なります。アフィリエイトは成果報酬型であり、Googleアドセンスはクリック報酬型です。

それぞれの仕組みや違いについて、わかりやすく解説します。自身のブログに適した収益化方法を検討しましょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは成果報酬型の広告プログラムです。ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)から配信された広告をブログに掲載し、クリックされて成約すると報酬が発生します。

広告単価は広告内容によって大きく異なり、数百円から数万円まで大きく幅があります。ASPには多くの企業が広告を登録しています。その中からブログに掲載する広告を選びましょう。

ASPにはA8.netやバリューコマース、もしもアフィリエイトなど多くの業者が存在します。中でもA8.netは日本最大のASPですから、必ず登録しておきましょう。

アフィリエイトとは アフィリエイトとは?仕組み・始め方・やり方を図解で解説 アイキャッチ 【厳選おすすめ】アフィリエイトサービス(ASP)初心者向けの大手7つを紹介

Googleアドセンス

Googleアドセンスは、Googleが提供するクリック報酬型の広告プログラムです。

Googleが配信する広告をブログに掲載し、クリックされることで数円~数十円程度の報酬が発生します。

Googleアドセンスを掲載するには、Googleの審査に合格することが必要です。Googleアドセンスの審査では以下のポイントが審査されます。

Googleアドセンス審査のポイント
  • 独自ドメインかどうか
  • 一定以上のコンテンツ数があるかどうか
  • 記事に独自性があるか
  • アドセンスのポリシー違反していないか

Googleアドセンスの審査はアフィリエイトのASPより厳しく、審査に落ちるケースもしばしば見受けられます。しっかりとコンテンツを作り込んでから審査を受けましょう。

なお、GoogleアドセンスのPVあたりの単価は0.2円~0.4円程度に落ち着くことが多いようです。

アフィリエイトと比較すると成果額自体は低いですが、クリックされるだけで報酬が発生するため、報酬を得るまでのハードルは低いです。

【2022年版】Googleアドセンス審査の合格ポイント!申請方法を詳しく解説

まとめ

ブログ3ヶ月目ともなると記事作成に慣れてきて、いろいろなことが気になり始めると思います。

とはいえ、まずはアクセス数よりも継続そのものを目的としましょう。

ポイント
  • 3ヶ月目まではアクセス数や収益は期待できない、継続を目標にしよう
  • アクセスが極端に少ないのは問題点があるシグナル
  • 3ヶ月目以降は具体的にスキルアップや収益化を目指そう

ブログ運営では「キーワードの選定」「検索ニーズの調査」「記事構成」「SNSの集客」といったスキルを身に付けておきたいものです。ブログにはさまざまなスキルが求められます。

3ヶ月目を1つの機会として振り返り、1つずつ着実に身に付けていきましょう。

アクセス数が上がってきたら、収益化などを検討していく見込みも立つはずです。

「3ヶ月目」はブログ運営のスタート地点です。

多くのアクセス数や収益は出ていないと思いますが、着実な運営ができたかを見直し、以降の運営に繋げていきましょう!

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2022年8月25日18時まで、
半額キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

今なら実質月額495円~お得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

さらに、19周年記念キャンペーンも開催中です!
Amazonギフト券やiPadなどの豪華賞品が当たるビッグチャンス!

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!