国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

【初心者向け】ブログ収益化の仕組みと定番広告サービス3種を紹介

こんにちは、T部長です。

近年の働き方改革や副業ブームにも合わせて、収益化を目的にブログを始める方が多くなっています。

今回記事では、ブログで収益が得られる仕組みの説明と、3種類の定番広告サービスをご紹介します!

T部長

この記事は以下の人におすすめ!

  • これからブログで収入を得たいと考えている
  • 定番の広告サービスを押さえておきたい
  • ブログの収益化方法の基礎知識を学びたい

まず結論をお伝えすると基本的に「ブログの収益化=広告収入」です。

今回は、広告収入を得るまでの仕組みと、代表的な3種類の広告サービスをまとめました。

文量多めの記事になっていますが、読み終える頃には収益化の基本がマスターできているはずです!

それでは、どうぞ!

ブログで広告収入が得られる仕組みとは?

まずはブログで広告収入が得られる仕組みについて、ご紹介します。

収益化していくためにも、なぜブログを通じて金銭が発生するのか、誰がお金を出しているのか、Web広告の本質を理解しておきましょう!

個人ブログは企業にとって大切なメディア

まず前提として、個人ブログはユーザーの役に立つだけではなく、企業からも重要なメディアだと認識されています。これが非常に重要です!

ブログは、個人ブログ・アフィリエイトブログ・芸能人ブログなど、いくかの種類に分けられますが、どれも収益が発生する仕組みというのは同じです。

それは企業が広告を出してブログオーナーが広告を掲載するという流れになります。

つまり、個人ブログの収益化は広告掲載による広告収入ということなんですね!

T部長

個人ブログというと、企業ブログにくらべ影響力が小さいと思われますが、企業からすると非常に大切なメディアの一つとなっています。

個人が個人に向けて商品やサービスを紹介するため、企業としてはターゲットのユーザーに直接訴求できるからです。

また、企業が自社メディアでできないような他社との比較や、表立ってはいえないような使い方も個人ブログであれば触れることが可能です。

このように、個人ブログは企業にとって欠かすことのできない広告塔となっています。

当社のサービスも利用者さんの口コミやブログで紹介いただくことで成長できました。実際、広告費に占める個人ブログの割合は非常に大きいです!

T部長

ブログ広告サービスの仕組みとは?

ブログの広告には大きく分けて以下の3種類のサービスがあります。

アフィリエイト(ASP)
・Googleアドセンス
・Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)

ここでは各サービスごとに、広告サービスの仕組みを簡単に説明します。

アフィリエイト(ASP)の仕組み

アフィリエイトは、企業(広告主)ASP(仲介)個人ブロガー の三者で成り立っています。ASP(アプリケーション サービス プロバイダ)と呼ばれる広告配信を仲介する会社 です。

①「企業」が「ASP」に宣伝してほしい商品を登録

②「ASP」が登録された商品の広告リンクを「ブロガー」に提供

③「ブロガー」は広告リンクをつかって、登録された商品をブログで紹介

商品が売れたら、「企業」(広告主)は「ASP」に広告費を支払い、ASPは「ブロガー」に成果報酬を支払う 。

報酬の条件がは商品の購入の場合が多いですが、広告がクリックされた場合に報酬が発生する案件もあります。

ブログで紹介する商品 は、自分で選択して、ASPに広告リンクをもらえるように依頼しています。

アフィリエイト事業者は国内に数十社存在します。ボクのおすすめするアフィリエイトサービスも記事の後半で紹介します!

T部長

Googleアドセンスの仕組み

企業(広告主)とGoogle(仲介)とブロガーの三者で成り立っているシステムです。

①「企業」が「Google」に宣伝してほしい商品を登録

②「 Google」が自動配信の広告コードを「ブロガー」に提供

③「ブロガー」は広告コードをつかって、登録された商品をブログで紹介

広告がクリックされたら、「企業」(広告主)は「Google」に広告費を支払い、「Google」は「ブロガー」に成果報酬を支払う

ブログに掲載したGoogleアドセンス広告がクリックされることで報酬が支払われます。この仕組みのことを「クリック型報酬広告」と呼ばれます。クリックされるだけで報酬が発生する点が特徴です。

Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)の仕組み

企業(広告主)Amazon(仲介)ブロガーの三者で成り立っているシステムです。

①「企業」が「Amazon」に宣伝してほしい商品を登録

②「 Amazon」が商品の広告リンク(アフィリエイトリンク)を「ブロガー」に提供

③「ブロガー」は広告リンクをつかって、登録された商品をブログで紹介

商品が売れたら、「企業」(広告主)は「Amazon」に広告費を支払い、「Amazon」は「ブロガー」に成果報酬を支払う

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなどのいわゆる通販・ネットショッピング系の広告は、個人とAmazon・楽天へ出品している企業の間にAmazon・楽天が入り、掲載されている商品を紹介して購入されることで報酬が支払われます。これは「成果型報酬広告」と言われます。

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトは、個人とAmazon・楽天がパートナー契約を結ぶのが基本ですが、一部のアフィリエイトサービスを通じても契約が結べます。たとえば、「もしもアフィリエイト」というASPを通して、アマゾンで販売されている商品の広告を作成することができます。

モール系のアフィリエイトサービスともいわれます!

T部長

広告収入を得る仕組みまとめ

今回紹介した3種類はいずれも個人と企業の間に仲介業者が入って広告を配信、報酬を支払う形です。これがブログで広告収入が得られる基本の仕組みです。

仲介業者が入ることで、契約の難しい個人対企業という枠組みをなくし、企業としても広告出稿が簡単に、個人としても広告掲載が簡単になるという双方にメリットが生まれます。

なお、上級者であれば直接、企業と契約する場合やサイト売却(サイトM&A)での売却益を狙った収益化もありますが、初心者向けではないので今回は割愛しています。

まずは、アフィリエイト・Googleアドセンス・物販系の広告、この3つを利用してブログの収益化をめざしましょう

T部長

ブログ初心者におすすめの3種類の定番広告サービス

ここからは、先ほど挙げたアフィリエイト・Googleアドセンス・Amazonアソシエイトそれぞれのより詳しい仕組みやメリット、始め方についてご紹介します。

・アフィリエイト(ASP)
・Google
・Amazon
・ブログに広告掲載するまでの具体的な流れ

始めてみたいサービスがあれば、記事の内容に沿ってぜひチャレンジしてください!

アフィリエイト(ASP)

まずはアフィリエイトからご紹介します。

A8.netトップページ
出典:A8.net

アフィリエイトは、ブログで大きく稼いでいるブロガーの多くが活用している広告収入で、安いものは1件数十円のものもありますが、中には1件で数万円の報酬を得られるプログラムもあります。

GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトなどは一般的に広告単価が低いのに対し、アフィリエイトはプログラムをしっかりと選ぶことで広告単価が高くなるので、 ブログから高単価の商品が多く購入されれば、大きく稼げるのが最大の特徴です。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトは広告主である企業とブログを運営している個人の間にASPが仲介することにより、気軽に広告を個人ブログに掲載できる仕組みです。

ブロガで広告収益が発生するまでの流れとしては、以下の通りです。

  1. 広告の掲載を企業がASPに依頼してプログラム一覧として企業の広告がASPに掲載される
  2. ブロガーはそのプログラムの内容に特化した、もしくは関連した情報の中でプログラムを紹介する記事を作成し、自身のブログに掲載する
  3. その記事にユーザーが訪れ、掲載した広告をクリックして企業のサイトに移動し、サービス登録や購入などの報酬条件を達成する
  4. 広告主から成果が承認されれば、まずASPに広告主の企業から広告費が支払われる
  5. ASPはプログラム掲載の手数料を差し引いたうえで、ブログの運営者に成果報酬として支払われる

1〜5の簡単なフローでご紹介しましたが、実際には3の部分が難しく、多くのブロガーがこの部分で戦っています。

4の部分は、広告主が違反行為をしていないかのチェックが入ります。たとえば自分で購入することは禁止しているにもかかわらず、自分で購入していないかなどです。

アフィリエイトのメリット

では、広告収入を得られる手法の中からアフィリエイトを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか?

以下では、アフィリエイトのメリットを5つご紹介します。

1.大きく稼ぐことができる

アフィリエイト の最大のメリットは「大きく稼ぐことができる」という点です。

ブログで稼いでいるというブロガーの多くは、広告収入の中でもアフィリエイトが占めている割合が高いことが多いです。

ただし「金融」「美容」「サービス系」など、稼ぎやすいジャンルはプロレベルの個人や企業がしのぎを削っているため、ただ報酬が良いからという理由ではじめてもほぼ100%失敗します。

個人がアフィリエイトで成功するためには、自分にあったジャンル・テーマ選びが不可欠です。

テーマ選びの方法は、次の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください!

【必読!】ブログはテーマ選びが10割!絶対失敗しないテーマ選び
2.セルフバックでお得に商品やサービスを利用・その体験を記事にできる

アフィリエイトサービスの中には、セルフバックや自己アフィリエイト(以下セルフバック)と呼ばれる、自分で広告主の商品を購入・サービスを契約することによって、アフィリエイト報酬を受けられるシステムがあります。

本来であれば定価を支払って購入・契約をしなければいけないところ、セルフバックにプログラムがあれば報酬が支払われるため、本来よりもお得に購入・契約できます。

セルフバックの主な目的は「実際にサービスを利用してみて、その体験を記事に起こす」ことです。

とはいえ、実際に報酬を得られるので、ブログの初期費用や維持費の費用を回収することも可能です。アフィリエイトを始めたらまずセルフバックを使ってみましょう!

もともと利用予定のサービスや商品がセルフバックにあれば純粋にやり得!

T部長

3.実績を作ると特別単価が受けられることもある

続いてのメリットが、アフィリエイトには特別単価という仕組みが存在することです。

多くのアフィリエイトプログラムは、購入代金の○%や成果1件につき〇〇〇〇円と報酬があらかじめ決まっています。しかし、多くの成果を生み出しているなどの実績を作り、ASPに担当者がつくようになると、報酬がより高単価になる特別単価(特単)を受けられることもあります。

特単がつくようになるとアフィリエイトによる広告収入はグンと伸び、収入の大きな柱になってくれることもあります。初心者がいきなり特別単価の話を受けることはできませんが、アフィリエイトを続けるうえで特別単価の存在は把握しておきましょう!

ボクはアフィリエイト×特別単価が個人ブログの最強の収益化方法だと思っています。達成できればビックリするくらい稼げます。

T部長

4.掲載する広告を自分で選ぶことができる

アフィリエイトは自分で掲載する広告を選ぶことができるのもメリットです。

広告を選ぶ基準は、自分のブログのジャンルや記事の内容と関連しているかどうか、です。

自分のブログのテーマと、設置した広告が異なる場合、やはりユーザーの興味は自分のブログへ向いているため、その広告がクリックされ、購入されることはあまり考えられません。

ブログのジャンルと、広告商品のジャンルを合わせてみてくださいね!

T部長

アフィリエイトの広告リンクは、自分で広告を選ぶこともできますし、バナーを貼り付ける場所やサイズ、テキストリンクの設置方法も自分でカスタマイズができます。

ブログの訪れたユーザーが、広告のほうにばかり流れるのが嫌、という場合は、広告の張り方などを工夫して、ユーザーの動きを調整してみてください。

質の高いアフィリエイト記事は、それ自体がユーザが知りたい・価値のあるコンテンツになります。ボクがアフィリエイトをするときは必ずこの点を大切にします。

T部長

5.商品・サービスを訴求するスキルが高まる

アフィリエイトを続けていくことで、商品やサービスを訴求するスキルが高まっていきます。

具体的には、ユーザーに消費行動を促すライティングスキルやデザインのスキル、コンバージョン率の最適化(CRO) やユーザーの行動を分析するマーケティングスキルなどが挙げられます。

これらのスキルは、ブログ以外のビジネスにおいても重宝されるスキルなので、質の高いコンテンツを意識して制作していきながら、これらのスキルを高めていきましょう!

ASPについては以下の記事で各社紹介しています。

大手アフィリエイトサービス(ASP)から初心者におすすめの5つを厳選紹介

Googleアドセンス

Googleアドセンストップ
出典:Google AdSense

続いて、Googleアドセンスについてご紹介します。

Googleアドセンスは名前の通りGoogleが提供しているサービスで、クリック型報酬広告と呼ばれるサービスの中で最も利用数が多いのが特徴です。

Googleアドセンスとは?

Googleアドセンスは企業と個人の間にGoogleが入り、メディアに広告を配信するサービスです。

企業の支払った広告費は、「68:32(メディア:Google)」の割合で広告費が分配されて個人の元に報酬として支払われます。

GoogleアドセンスとアフィリエイトやAmazonアソシエイトが違う店として最も大きいのが、「広告が自動配信」という点です。

広告は自動配信される

Googleアドセンスはユーザーの過去に訪れたサイトの履歴や登録の個人情報などから、「今このユーザーに最適な広告はこれだ!」とGoogleが判断した広告が配信されるようになっています。

サイトの持ち主が広告を掲載する場所を指定することや、配信「しない」広告の設定はできますが、特定の広告を意図して表示させることはGoogleアドセンスではできません。

Googleアドセンスで稼ぐには、Googleに全幅の信頼をおく必があります。

使ってみるとわかりますが、Googleはすごいです!

T部長

クリック報酬の単価について

Googleアドセンスの報酬は1クリック毎に単価が異なります。送客するユーザーの質が悪い(コンバージョンに至らない)と1クリックの単価は下がり、質が良いと単価が上がると言われています。(※)

加えて、表示される広告によっても単価は変動し、保険やクレジットカード、不動産などの「長く利用される」ものの広告に関しては単価が高くなり、単発の利用で終わる物の広告は単価が低くなるとされています。(※)

(※)Googleから公式アナウンスがされているわけではありませんが、過去の経験から一般論としてこの2つが言われています

Googleアドセンスの単価を高くするには、「利用する物を購入・契約するようなユーザーが訪れるサイトを作り、継続的なアクセスを集めること」というのが定石となされています。

しかし最初から大きく稼ごうとか、難しいことは考えずに、雑記ブログなどを運営することで、アドセンスで収益があがることを実感していただくことが重要です!

T部長

Googleアドセンスのメリット

次に、Googleアドセンスのメリットを4つご紹介します。

1.クリックされた時点で報酬が支払われる

Googleアドセンスの大きなメリットとして、クリックされた時点で報酬が発生するというポイントが挙げられます。

先ほどご紹介したアフィリエイトやこのあとご紹介するAmazonアソシエイトは、商品の購入やサービスの契約などコンバージョンが発生した時点、もしくはその後に広告主が承認した時点で報酬が確定します。

しかし、Googleアドセンスの場合は、自動配信された広告がユーザーによってクリックされた時点で報酬が発生するので、報酬発生までのハードルは低いといえます。

もちろん、ユーザーの興味のある広告が配信されていない限りは広告がクリックされることはありませんが、Googleアドセンスの自動配信の精度は非常に高いのでその点は安心して問題ないでしょう。

ここで1点だけ注意です。

Googleアドセンスをブログの持ち主自身がクリックすることや、ユーザーに対して「広告をクリックしてください!」とお願いすることは、Googleアドセンスのポリシー違反になるため、絶対にやめましょう!

ポリシー違反が発覚した場合、広告配信の停止やアカウントの停止まで行われることや、再審査もできなくなってしまうこともあります。

2.クリック単価がほかサービスよりも高い

Googleアドセンスは他のサービスよりもクリック単価が高く設定されています。

クリック型報酬広告には、Googleアドセンスの他にもnendやi-mobileといったサービスがあり、A8.netに掲載されているプログラムの中にもクリック報酬が設定されていることがあります。

しかし、Googleアドセンス以外のクリック型広告の報酬は1〜9円程度のことが多く、Googleアドセンスよりも大きく単価が低く設定されています。

Googleアドセンスの1クリックの単価はサイトによって異なると先ほどご紹介しましたが、平均すると30円前後と言われているため、他サービスと比較すると3〜30倍も高単価であることがわかります。

Googleアドセンスが世界中の多くの個人・企業から選ばれている理由が、このクリック単価の高さです。

クリック報酬型の広告サービスは他にもありますが、Googleアドセンスが断トツに高単価です。

T部長

3.ジャンルに縛られる必要がない

Googleアドセンスは広告を設定すれば、AdSense ポリシーに反しない限りどんな記事(※)であっても広告が配信されます。

※アダルトコンテンツを扱うページなどでは広告配信ができません

アフィリエイトであれば、プログラムの中から掲載する広告を選ばなければいけないのに対し、Googleアドセンスであれば記事のジャンルに縛られることなく広告が配信可能です。

具体的な例としては、ユーザーが消費行動を起こすことが考えにくいトレンド記事(まとめブログや芸能人情報など)でも、Googleアドセンスであればユーザーの行動履歴に基づく広告が配信されるのでクリックされる可能性が生まれます。

また、Googleアドセンスに出向している企業は幅広いため、アフィリエイト広告を出稿していない企業の広告も配信されるため、ユーザーのクリックする確率も高くなります。

このように、広告の種類によって掲載するジャンルを縛られることがないのもGoogleアドセンスのメリットといえます。

ボクの日記みたいなブログに、マンションの広告が表示されたときはちょっと嬉しかったです!(ボクに向けて配信されただけですが)

T部長

4.プログラムを選ぶ必要がない

「ジャンルに縛られない」と似てはいますが、Googleアドセンスの広告は自動配信なので、配信する広告プログラムを選ぶ必要がありません。

実際にアフィリエイトをしてみると実感できるのですが、プログラムはかなりの種類がありますので、掲載するプログラムを選ぶだけでもかなりの時間がかかります。

また、アフィリエイトのデメリットとして、掲載していたプログラムが配信停止になった時、全ての記事のリンクを貼り替えなければいけません。

もしその記事がそのブログの主軸の広告だった場合、リンクの貼り替えだけではなく記事の作り直しにもかなりの時間を要します。

Googleアドセンスであれば、広告を指定して配信しているわけではありませんので、仮に1社が広告出稿をやめたとしてもサイトの所有者にダメージはほとんどありません。

Amazonアソシエイト

最後に、物販系の広告と言われる「Amazonアソシエイト」のご紹介です。今回は楽天アフィリエイトは紹介しませんが基本的な仕組みは同じです。

アソシエイトは和訳すると「同僚・共同経営者」になりますので、「Amazonを一緒に盛り上げるパートナー」という意訳になります。

Amazonアソシエイトとは?

Amazonアソシエイト
出典:Amazonアソシエイト・プログラム

Amazonアソシエイトの仕組みは物販系のアフィリエイトとほとんど同じで、企業と個人の間にAmazonというプラットフォームが仲介し、個人の紹介で購入された商品の売り上げのうち0%〜10%が報酬として支払われます。

紹介料率は商品カテゴリによって定められており、企業が出品している商品の報酬は2%〜5%と低く、直接Amazonが販売・管理しているAmazonビデオやKindleデバイスなどの商品やサービスは8%や10%と高くなっています。

なお、1商品につき1,000円(税別)が報酬の上限となります。

紹介料率は不定期で変更されているため、「Amazonアソシエイト・プログラム紹介料率表」で直接ご確認ください。

AmazonアソシエイトはAmazonと直接契約を結ぶタイプのアフィリエイトですが、A8.netやもしもアフィリエイト、バリューコマースを経由したAmazonとのアフィリエイト提携もあります。

Amazonと提携しているASPは3社ありますが、それぞれ紹介料率が異なり、もしもアフィリエイトがどの商品カテゴリでも報酬が高くなっていますので、基本的にAmazonアソシエイトかもしもアフィリエイト経由でのアフィリエイト提携を選ぶようにしましょう。

もしもアフィリエイト経由だと、Amazon Music UnlimitedやFire TVなどの報酬がAmazonアソシエイトよりも倍以上になっています。

少し情報を知っているだけで、広告の単価をあげることができます

T部長

しかし、Amazon EchoやAmazonギフト券に対する売り上げが報酬として計算されないため、紹介する商品によってリンク元を使い分けるのがおすすめです。(2020年4月末現在)

Amazonアソシエイトのメリット

Amazonアソシエイトのメリットは以下の3つです。

1.購入のハードルが低い

誰もが聞いたことある・利用したことのある世界一のECサイトであるAmazonの商品紹介ということで、ユーザーの購入までのハードルが非常に低くなっています。

通常の物販系アフィリエイトの場合、企業のECサイトに会員登録をしたうえで購入しなければならないことが多く、コンバージョンまでのストレスが多くかかるのが大きな問題です。

しかし、Amazonであればネットを利用している多くの方が会員登録しており、ワンクリック・ツークリック程度で購入できてしまう方法もあるため、気軽に買い物ができてしまいます。

ワンクリックでの購入は便利です!

T部長

商品を紹介するブロガーにとって、このハードルの低さは非常に大きなメリットとなります。

2.一緒に購入されたものにも報酬が発生する

Amazonアソシエイトは、ブログで紹介した商品リンクからAmazonにユーザーが移動すると、たとえその商品を購入しなかったとしても、そのリンクを踏んだあと24時間以内にアマゾンで購入した商品・サービスすべてに報酬が発生します。

アソシエイトリンク(アフィリエイトリンク) をクリックして、訪問者がAmazon.co.jpを訪れた後、24時間以内にショッピングカートに追加された商品が、紹介料の対象となります。ただし、訪問者が商品を注文したり、別のアソシエイトリンク(アフィリエイトリンク) 経由で注文した場合、その時点でセッションは終了となります。一度セッションが終了すると、その後に追加で購入された商品は紹介料の対象とはなりません。

アマゾンアソシエイト

たとえばあなたが化粧水のアフィリエイトリンク広告( Amazonアソシエイト )をブログに張っており、ボクがその広告をクリックした後、その化粧水を購入せずに別の筋トレグッズを購入したとしても、あなたに 筋トレグッズの売り上げた分のアフィリエイト報酬が支払われます。

Amazonアソシエイトではユーザーの購入履歴が確認できるのですが、絶対に自身のブログでは紹介していない商品や、触れたこともないようなジャンルの商品が売れていることもあります。

それらの一見関係ないようにも見える商品対しても報酬が発生し、1件あたりの紹介料率は低くても大量に購入するユーザーなどが多くいますので、Amazonアソシエイトで稼げるというわけです。

cookieというシステムの効果ですが、他のASPでも同じような制度が利用されています!

T部長

3.紹介できる商品の量が豊富

Amazonには1億を超える商品が掲載されており、その紹介できる商品の量というのは非常に大きな魅力です!

「誰がこんなの買うの?」と思うような商品だったとしても、そのメーカーはたった一人のペルソナを設定して開発しているはずですので、あなたのブログを通じてその一人とその商品が巡り合うかもしれません。

商品数が多いと、それだけブログのネタにも困らないということですので、ガジェット系のブロガーはAmazonで実際に購入し(メーカーからの提供の場合もあり)記事を書くことになります。

ブログに広告掲載するまでの具体的流れ

続いて、ブログに広告掲載するまでの具体的な流れについて説明します。

今回紹介した定番広告サービスは、いずれも同じ次の手順で広告掲載が可能です。

ステップ 1. ブログを作成する
ステップ 2. ブログの記事を書く
ステップ 3. 広告サービスへの登録・審査をする
ステップ 4. ブログに広告掲載する

ステップ1. ブログの作成

アフィリエイトを始めるには、ブログが必要です(笑)

ブログをもっていない人は、まずブログの立ち上げを行いましょう。

ブログには無料ブログとWordPress(有料ブログ)がありますが、広告掲載を行う場合は WordPressがおすすめです。

無料ブログの場合、広告が掲載できなかったり、広告配信サービスの審査が通らなかったりするため広告掲載には不向きです。

初心者でもWordPressブログが簡単に始められる方法を解説した記事がありますので、これからブログを立ち上げる人はぜひ参考にしてください!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

WordPressと無料ブログを比較した記事もあるので、興味がある方はこちらもどうぞ!

WordPressと無料ブログはどっちがおすすめ?メリット・デメリット比較

ステップ2.ブログの記事を書く

ブログの作成が完了したあとは、広告サービスを利用する前にまずは記事を書きましょう。

ボクは広告サービスに登録する前に10~15記事程度書くことをおすすめします。

先に記事を書く理由は「ブログを書くことに慣れるため」「最初はアクセス数もなく収益化を焦る必要はない」「広告サービスの審査※を通過するため」です。

※「Googleアドセンス」や「Amazonアソシエイト」は、ブログに一定記事がないと申請しても審査に合格できません。

ちなみにA8.netは記事が無くても登録が可能なので、先に登録したい場合はをすすめても大丈夫です!

T部長

ステップ3. 広告サービスへの登録・審査をする

一定の記事が書ければ、下記リンクより、今回紹介した 広告サービスへの登録・審査を行いましょう。

それぞれの広告サービスの審査のコツについて説明します。

アフィリエイト(A8.net)の審査のコツ

今回はアフィリエイト(ASP)の最大手である A8.netについて説明します。

A8.net は会員登録審査のないASPですので、ブログを作成したらすぐに会員登録することができ、審査に落ちるということはありません。

その代わり、ASPに登録後、広告主の企業とブログを個別に提携します(プログラム提携)。

プログラム提携の際に、審査の行われない「即時提携」や「審査なし」といったプログラムもありますが、 審査が行われる場合は、記事を書いたあとに審査をおこなってください。

アフィリエトをするなら A8.netへの登録は必須!

業界最大手のサービスで、当社も広告主として利用しています。

T部長

Googleアドセンスの審査のコツ

次にGoogleアドセンスの審査のコツをお伝えします。

ブログ初心者がGoogleアドセンスの審査を1回で通るのは、難しいことも多いです。

しかし審査に落ちても何度でも申請できますのであきらめる必要は全くありません!対策をとればOKです

Googleアドセンスの審査のコツは、ブログの外観ブログ記事を整えることです。具体的には以下のことをやってみてください。

※前提としてAdSense の資格要件は満たしておきましょう。

ブログの外観と記事の調整

・プロフィールまたは運営主体
本名や住所などはいりませんが、どのようなブログなのかわかりやすくなりますので簡単なプロフィールを用意してください。

・お問い合わせプライバシーポリシー
ブログに問題がある場合に連絡が取れるようお問い合わせページやSNSなど連絡がとれる手段を用意してください。また プライバシーポリシーを守り責任あるブログ運営をすることを明記してください。

・記事の内容
実体験や自分の感想に基づくオリジナルコンテンツと、 日記ではなく誰かにとって有益な情報を書いてください。 記事数や更新頻度は決まっていませんので、十分なコンテンツの記事をできる範囲で更新してください

・著作権フリーの画像
記事の体裁に気を付け、読みやすくし、画像を使う際には著作権フリーの画像を用いて違反しなようにしてください。

3つの条件

Googleはアドセンスの利用条件について3つあげていますので、一度目を通しておいてください。

  • 他にはない魅力があるか
  • 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  • ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

参考: サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

たとえばボクの友人は、1か月で6記事書いて申請したところ、アドセンスの審査を合格していました!記事数よりも記事の質が大事だと個人的には思います。

T部長

Amazonアソシエイトの審査のコツ

Amazonアソシエイト は「 Amazonカスタマーにとって価値のある情報を提供してくださる方を歓迎 」( 引用: アソシエイトセントラル )という考え方で審査されているため、Googleアドセンスと同じように読者目線で記事を作ったのちに申請を進めてください。

具体的対策

・Amazonで購入しているアカウントで申請
購入履歴、アマゾンプライムやKindle Unlimitedなどを登録しているアカウントで申請すること(アマゾンは明言していませんが、誠意を見せましょう)。

・ブログの説明に手を抜かない
申請するときに、ブログが「誰に対してメリットがあるか」「主に扱う商品例」を書き、わかりやすく説明しましょう。 申請するときのURLはトップページ+自信作ページを2,3ページ送って積極的にサイトをアピールしましょう。

・記事数を入れる
Amazonアソシエイトは最低記事10記事以上を入れておく必要があります。お申し込みの審査についてに規約があります。 具体的に商品の説明をしている記事を作成し、Amazonアソシエイトとブログの相性が良いことをアピールしてください

以下のページにあるように審査申請を断られないように注意してください。
参考:Amazonアソシエイトプログラム参加申請をお断りするサイト例

もしもアフィリエイト

Amazonアソシエイトの審査が通らなかった場合、ASPのもしもアフィリエイト経由でAmazonの商品をアフィリエイトできますので、こちらも検討してみてください。

ステップ4.ブログに広告を掲載する

出典:Googleアドセンス

アフィリエイトやGoogleアドセンスに登録が完了したら、実際にブログに広告を張ってみましょう!

広告の掲載方法には大きく分けて「ブログに広告枠を用意し広告掲載」「紹介記事として広告掲載」の2種類があります。

1.ブログに広告枠を用意し広告掲載

◎Googleアドセンス(おすすめ)
△Amazonアソシエイト(特化ブログなら〇)
△アフィリエイト(特化ブログなら〇)

広告掲載する箇所は、ブログの様々な場所が考えられます。具体的にはヘッダー部分や、タイトル上下、記事上、記事中、記事下、サイドバー(上・中・下)、フッター に広告枠を用意し、そこに広告リンクを張ります。

Googleアドセンスは、 広告は読者の興味に応じて自動配信されるため、広告リンクを張り付けるだけでOKです。

こちらで掲載したい広告に調整することはできませんが、Googleがブログや読者と関連性のある広告を配信するよう努めているため、クリック型報酬の広告としては、非常に高い収益性があります。

Googleアドセンスは、どんなジャンルのブログでもアクセス数に比例して確実に収益があがるので、最初はGoogleアドセンスを張っておけば間違いありません。

Amazonアソシエイトアフィリエイトは、漫画やゲーム、服やメイクなどの絞ったジャンルで「特化ブログ」を運営しているブログの場合にGoogleアドセンスに代わって広告掲載されることがあります。

「特化ブログ」とは一つのジャンルに絞って、記事を書いているブログのことです。

ゲームの特化ブログでしたらサイドバーにフィギアの広告があったり、メイクの特化ブログでしたら、ヘッダーに化粧品の広告が張ってあるものがあります。

ブログのジャンルに関係する商品・サービスを選んで掲載することで、Googleアドセンスよりも高い収入を得ることができます。

特化ブログは最初にGoogleアドセンスの広告を設定して、アクセスが集まってきたらアフィリエイト広告やAmazonアソシエイトの広告を掲載していく流れがおすすめです。

T部長

2.紹介記事として広告掲載

◎アフィリエイト(おすすめ)
◎Amazonアソシエイト(おすすめ)
×Googleアドセンス

もうひとつの方法は、商品を紹介するブログ記事を書いて記事内に広告掲載する方法です。

広告掲載する位置は、「記事中」で自然な位置に掲載します。

例えば、最初に商品を紹介する際に広告バナーで商品を紹介したり、記事の中で商品の良さについてしっかり説明し、記事を読んだユーザーの購買意欲が高まったところで最後に、商品の申し込み先リンク(アフィリエイトリンク)を用意することもあります。

Googleアドセンスの場合、こちらで広告を選ぶことができないのでこの掲載方法には使用できません。またアドセンスの広告を掲載して「こちらの広告をクリック」と書くのは、ポリシー違反として禁止されていますので、書かないように気を付けてください。参考: 誤クリックの誘導の禁止

アフィリエイト記事作成のポイント

紹介記事の作成のコツは、読者目線で書くです。

読者は商品説明ではなく、自分の悩みや課題などを解決したいと思っているため、読者に納得や共感をもってもらうことで成果が発生しやすくなります。

例えば、掃除機を紹介する記事の場合、

このコードレス掃除機は1時間の充電で45分の連続使用が可能です!

と紹介するのではなく、

このコードレス掃除機、3LDKの広さで使っていますが充電を気にすることなく全室掃除ができています!

と紹介することで、実生活で使用するイメージが湧き、購買意欲が高まります。

自分で使ったことのある商品を、友人に紹介するつもりで記事を書くといいですよ!

T部長

読者目線について解説したブログの書き方の記事もありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

【もう悩まない】初心者が押さえたいブログの書き方の基本15個
記事を継続して作成・改善していく

継続して記事を作成し、ブログのコンテンツが充実してきたら、アクセスしてきたユーザーをブログ内の別の記事に誘導するよう内部リンクを設置し、ブログへ長く滞在するような改善をしましょう。

さらにブログのアクセスを分析し、ユーザーの広告のクリック率をあげたりなど、ユーザーが商品やサービスの購入に結び付くように改善すれば、収益がどんどん上がっていきますよ。

ブログで広告収入を稼ぐために心得ておくこと

ここまで、広告収入を得る仕組みや各サービスについてご紹介してきましたが、最後にブログで広告収入を稼ぐために心得ておきたい3つのポイントをご紹介します。

副業ブームの影響もあり、SNSやインターネットには悪質ともいえる情報商材が増えてきています。

それらの情報に惑わされることなく、着実に広告収入を得ていくために以下のポイントを押さえてブログ運営を続けてください!

まずは楽しく書けるネタから始める

ブログ初心者におすすめしたいのは「楽しく書けるネタから始める」ということです!

ブログ初心者はやはり描ける記事のネタにも限りがあり、巧みなライティングスキルでユーザーをコンバージョンされることもなかなか難しいです。

楽しく始めて、楽しく続けたいですね!

T部長

本当に楽しく書けるのであれば未経験で知見のないブログテーマでも問題ありませんが、おすすめなのはこれまでの人生で経験してきたことに関するテーマです。

現在の職業に関するテーマや打ち込んできた趣味に関するテーマ、家族やペットなども記事にできますので、ブログは「人生の棚卸し」だと思って、自分に書けるテーマを見つけてみましょう!

テーマの選び方に関しては、ぜひこちらの記事を参考にしてください!

【必読!】ブログはテーマ選びが10割!絶対失敗しないテーマ選び

慣れてきたらSEOの知識も勉強する

楽しく書けるネタから書いていき、慣れてきたらSEOの勉強も行っていきましょう!

ブログはとにかく継続が基本です。初めのうちはまずブログを書くスキルを伸ばしていく必要があるため、自分の楽しく書けるジャンルで体験を文字に起こすというところから始めるべきです。

しかし、実際にGoogleなどの検索エンジンからユーザーが検索して訪れるようになるには、SEOの知識を持った他のブロガーや企業よりも上位表示を狙う必要があります。

ブログを書くスキル、継続してブログを書くスキルがついたタイミングで、ぜひSEOの勉強もしてみてください。

自分のブログ・記事にはどんな内容が含まれているのかをGoogleに正しく伝え、ページの価値が伝わると検索結果で上位表示されるようになります。

SNSなどを使えば集客することも可能ですが、SEOでアクセスを取れると、SNSを更新せずともアクセスが安定して稼げるようになるため広告収入にもつながります。

SEOはブロガーにとってなくてはならないスキルですので、ブログが書けるようになったらぜひ知識をつけていきましょう。

あくまで副業として気楽に焦らず行う

そして最後に重要なのが、ブログはまず「副業として行う」ということです。

決してブログに本腰を入れるために本業を辞めるのは悪いことではありませんが、ブログ1本で食べていける人は実際にはごく限られており、本業を辞めてからブログを始めるのは非常にリスクが高いです。

「ブログで稼ぐにはそのくらいの覚悟が必要」「ブログのために会社を辞めたこともネタになる」という意見も理解していますが、会社員で社会的信用も持ったまま月数百万円以上のブログ収益を上げているブロガーもいますので、まずは副業として始めることをおすすめします。

副業だとブログでいろいろ挑戦して失敗しても、収入がゼロになりませんので安心してブログ運営できます!

T部長

ブログを収益化するには、まずアクセスを集めることが第一歩です。

副業が禁止されている会社に勤めているのであれば、アクセスが集まるようになるまでは広告を一切つけずにブログを運営し、月数万〜数十万回ほどのアクセスが取れるようになったときに副業のできる会社に転職するという方法もあります。

月数万アクセスを取れるようになっているとき、必ずあなたはIT人材として非常に高い市場価値を持っているはずですので、今の給料よりも高待遇で副業可能な会社に転職できるはずです。

まとめ

この記事では、ブログ初心者向けに広告収入の仕組みと、代表的な3種類の広告サービスについて紹介しました。今回の3種類のサービスだけで個人ブログの広告収入の90%以上はカバーできます。

ブログ初心者がブログをいきなり収益化することは簡単ではありません。

それでも、広告収入の仕組みを理解してブログを運営していくことで、収益化までの期間は短くなるはずです。

ぜひこの記事で紹介した広告収入の仕組みや各サービスの特徴を抑えて、1日でも早いブログ収入を発生させましょう!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます!

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

ボクが中の人を務める国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、
2020年7月3日~9月3日まで【ドメイン永久無料】【初期費用3000円→0円】になる超お得なキャンペーンを開催中です。

過去最大級にお得なキャンペーン内容なので、ぜひこの機会にご利用をご検討ください!

期間中のお申込ならサーバー料金だけで独自ドメインのWordPressブログが作れます。

サービスお申し込み、キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

⇒ドメイン永久無料&初期設定費用0円キャンペーン

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方でも超定番のWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!