国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

【2020年版】Googleアドセンス審査のポイントと申請方法を詳しく解説

この記事のレベル
初心者
(3.0)
重要度
(3.0)
難しさ
(3.0)

こんにちは、T部長です!

ブログに掲載する定番広告サービスといえばGoogleアドセンスですが、みなさんは審査を通過できましたか?

今回は、Googleアドセンスの審査についてボクの経験と調べた結果をまとめました。

T部長

この記事ではこんな人にオススメ

  • アドセンス審査ってどんなものか知りたい
  • Googleアドセンスの審査基準を知りたい
  • 審査に通らない原因が知りたい
  • アドセンスポリシーについても知りたい

審査最大のポイントは、GoogleはGoogleアドセンスの広告配信を「信頼できるWebサイトのみに許可している」という点です。

ですから、どのようなサイトが信頼できるサイトなのか、という視点をもって読んでいただけたらわかりやすいと思います。

今回の記事では、Googleアドセンスについての基本情報、審査基準、具体的な申請方法をまとめて丁寧にわかりやすくお伝えします。

何回も落ちてしまう人は、ぜひ今回の記事を参考にしてブログを改善してみてください!

それでは、どうぞ!

※「今すぐブログをはじめたい!」という方は『ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ』をクリック!お得に始められるキャンペーンも開催中です!

Googleアドセンス 審査について

アドセンス
出典:Google Adsense

Googleアドセンス審査とは、 Googleが「広告を載せるのにふさわしいWebサイトかどうか?」を審査をすることです。

違法なサイトや社会的にイメージが悪いブログに広告を載せたら、広告の印象が悪くなり、広告主のイメージダウンにつながりかねませんよね。。

そのため、Googleが事前にサイトを審査して、広告を掲載しても良いブログかどうかを判断しています。

審査に通れば自分のブログに広告を掲載でき、ユーザーが広告をクリックすることで報酬が発生します。

では、Googleがアドセンスを掲載してもいいというコンテンツはどのようなものなのでしょうか?

順番に説明していきます。

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、Googleが提供しているWebサイト運営者向けの広告配信サービスです。

Googleアドセンスのメリット・デメリットなど、詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください!

【初心者向け】ブログ収益化の仕組みと定番広告サービス3種を紹介

Googleアドセンス審査に通りやすいコンテンツとは?

Googleアドセンスの審査は、通りやすいコンテンツと通りにくいコンテンツがあります。

Googleアドセンス審査に通りやすいコンテンツは、ブログへ訪問してきたユーザーにとって役立つコンテンツです。

中身のないサイトに広告を張っても、ユーザーのアクセスは集まらず、広告のイメージダウンを招くかもしれませんので、Googleは価値のあるサイトを選んで広告配信を認めています。

訪問してきたユーザーにとって役立つコンテンツ を作るためには、コツがあります。

ここでは、Googleアドセンス審査に通りやすいコンテンツを作るコツを6つ説明しますので、ぜひ参考にしてみてください!

1. ユーザーの「悩み」や「疑問」を解決する

Googleアドセンス審査では、「ユーザーにとって有益な内容であるか?」が重視されると言われています。

有益な内容としてわかりやすいのは、ユーザーの悩みや疑問を解決する内容であることです。

たとえば、「夏にバーベキューがしたいけどおすすめのバーベキュー場がわからない人」に向けて、バーベキューができる場所と、その場所が良い理由を書いた記事を作ることです。

バーベキュー場を探しているユーザーの悩みに応えています。

また、「バーベキューに何を持っていったらいいかわからない人」に、おすすめのカセットコンロを紹介する内容の記事です。

バーベキューの持ち物を知りたい人がカセットコンロを知って、1つ悩みが解決するかもしれません。

このように記事の読者にとって、ためになるものを書きましょう!

2. 独自性のある記事にする

ブログ記事に独自性があれば審査に通りやすくなります。

反対に、独自性がないと審査に通りにくくなります。

他の記事と同じような内容だったら、記事として新しく存在する必要がないからです。

自分の記事の内容が同じでも、そこに自分自身の経験や体験談、知識などを交えて自分にしか書けない内容にしましょう。

また、他の記事とは異なった別の切り口で説明することで、より説明がわかりやすくなることもあります。このような内容も独自性を持つ記事になります。

そして自分の味が出ている記事は、読者にとっても読んでいて面白いので、持ち味を生かした記事の作成をしましょう。

3.理想的なページ数・記事数

文字数は一般的に1記事1000文字以上と言われたりしますが、あまり深く考える必要はありません。

大事なのは読者に向けて有益な情報を伝えることですので、読者に十分な内容が伝わるものであれば、それなりの文字数になります。

まずは文字数よりも、読者を意識してしっかりと満足のいく記事を書きましょう。

また、記事数も10記事以上と一般的に言われていますが、 最近審査を受けた友人は、2020年1月に7記事で審査に通りました。

記事数というよりも、読者に必要とされる内容の記事を書くことが大事です。読者を意識した記事を書いていきましょう

1記事で審査に通ったという人は聞いたことありませんので、複数記事は必要のように思います!(経験則)

T部長

4.画像を入れる

記事に画像を入れることで、読みやすく、わかりやすいコンテンツになります。

読みやすく、わかりやすい記事は、読者に見てもらいやすいため、評価されやすいです。

ただし、著作権的に問題のある画像やテレビ番組のスクショ・動画、許可を得ていない芸能人の写真などはNGです!

著作権フリーの素材画像を利用するようにしましょう。

フリー素材画像については、こちらの記事を参考にしてみてください。

【安心して使える】ブログに使えるおすすめのフリー素材・無料画像サービスまとめ

5.操作性の高いページづくり

Googleアドセンスは、 Webサイトがユーザーにとって使いやすいかどうかも重視しています。操作性が低いことで審査に落ちてしまうケースもあると言われています。

Googleはユーザビリティを 重要としているからです。

メニューやカテゴリーの位置などを意識して、操作性の高いコンテンツを作りましょう。

6.お問い合わせ・プライバシーポリシー

お問い合わせ先や、プライバシーポリシーページを用意しましょう。

ブログの内容に問題がある場合に、連絡が取れる手段があるとブログの信頼性が高まります。

連絡の手段は、お問い合わせページやSNSなども大丈夫です。

また、プライバシーポリシーをブログに用意し、責任あるブログ運営を心かけることを明示しましょう。

アドセンスの広告が配信される場合には、プライバシーポリシーが必須となりますので、事前に準備してください。
参考:AdSenseヘルプ 必須コンテンツ

Googleはアドセンスの利用条件について3つ挙げていますので、一度目を通してみてくださいね!

T部長

Adsenseご利用条件
  • 他にはない魅力があるか
  • 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  • ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

参考: サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

Googleアドセンス審査傾向と審査期間

Googleアドセンス審査で何回も落ちてしまうのは、明確な基準が公表されていないことが理由の1つです。

また、 不合格となった場合も、ブログのどこが悪いのかを明確に教えてくれません。

そのため、合格するための具体的な改善点は、審査に合格した人の経験を聞いて推測して対策している人が多いです。

どのような審査傾向があるのかと、審査がどれくらいかかるのか審査期間についてこれから説明していきます。

審査傾向

最近のGoogleアドセンスの審査は、以前よりも厳しくなっている傾向にあります。

以前は無料ブログに日記を数ページ書いて申請すれば、広告審査に通過できました。

しかし、後ほど説明しますが、今では無料ブログで申請しても通過できません。

審査に通るブログ記事は「本当にユーザーにとって有益な記事か」という点が重要なので、良質なコンテンツ作成を心がけましょう。

審査に通りやすいコンテンツについては、上の方にある「Googleアドセンス審査に通りやすいコンテンツとは?」の見出しで書いていますので参考にしてください。

審査期間

審査期間は短期なら1日程度中期は1週間ほどで結果が出るのですが、長期だと、なんと数週間から数カ月もかかってしまいます。

審査基準による優先順位がつけられおり、コンテンツが充実していてユーザーにとって有益な記事が書かれている場合は、審査期間が短くなります。

コロナ禍のリモートワークでGoogleが対応できないなど、社会やGoogleの社内状況が審査期間に関係してきます。

T部長

審査前にチェックする項目

審査の申請をする前に、以下の3点について確認しておきましょう。
一つでも問題があると審査を通過できません。

  • 独自ドメインを取得
  • 一定数のコンテンツがあること
  • アドセンスポリシー違反がないこと

独自ドメインを取得

独自ドメイン (オリジナルドメイン)を準備しましょう。

以前は、無料ブログといわれる、企業が運営するブログサービスを利用してアドセンス審査に合格していました。

しかし、現在は、初回のGoogleアドセンス審査について、無料ブログでの審査はできなくなりました。

無料ブログの場合、URLがパス形式や、サブドメイン形式となってしまうため、アカウントの申し込み時点で申請できなくなっています。

申請
出典:Google Adsense 申し込み

ただし、初回でアカウントが取得できれば、2回目以降のサイト審査では、「はてなブログ」などの無料ブログで申請することができます。

無料ブログでアドセンス審査に合格したという声は、この2回目以降の審査のことです。

独自ドメインの取得方法

独自ドメインを提供している企業を探し、「.com」や「.net」などのトップレベルドメインを選びます。その後、自分の好きな文字列を考えてドメイン名を決めましょう。

ボクが中の人を務めるエックスサーバーでは 、エックスドメインというサービスを提供しています。
こちらもぜひチェックしてみてください!

参考 ドメイン取得が格安 30円(税抜)から【エックスドメイン】ドメイン取得サービス【エックスドメイン】

一定のコンテンツ数を用意する

Googleアドセンス審査では、どういったブログなのか、記事の内容を審査しますので、一定のコンテンツ数(記事数)が入っている必要があります。

1記事でアドセンス審査に通過したというのは、私はまだ聞いたことがありませんので、一定の記事数は必要だと思われます。

独自ドメインでブログを運営し、一定の記事数を用意するには、WordPressブログがオススメです。

WordPressの運営には、レンタルサーバーを用意したり、WordPressの設定など準備が必要になります。

すぐにWordPressを準備したい人は、こちらの記事を参考にしてみてください!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

審査に通りやすいコンテンツの内容につきましては、記事の上の方の「Googleアドセンス審査に通りやすいコンテンツとは」という部分に書いていますので、ぜひお読みください!

アドセンスポリシー違反がないこと

アドセンスポリシーとは、Google、広告主、広告掲載者が互いに良好な関係を続けていくための、アドセンス広告運営におけるGoogleの方針です。

当然、記事の内容が、Googleアドセンスのポリシー違反(規約)に違反していないことは審査に通るための絶対条件です。

常識に反しないブログ運営に心掛けていれば、最初はほとんど違反することはありませんが、どういうブログが違反なのか、一度目を通しておきましょう。

参考 AdSense プログラム ポリシーAdSense ヘルプ

アドセンス広告を運営していると、気づかないうちにアドセンスポリシーに引っかかる場合があります。

次の項目では、アドセンスポリシー違反の内容について、代表的な規約を紹介します。利用前に確認しておきましょう。

記事の内容のポリシー違反

以下の内容のブログには、アドセンス広告の掲載を禁止しています。

理由としては、このようなページに広告が記載されると、広告主のイメージを悪くする可能性があるためです。

  • 成人(アダルト)向け
  • 特定の団体や個人を誹謗中傷する内容
  • コピーコンテンツ
  • 法律に違反している内容(詐欺など)
  • アルコールやタバコ、ドラッグなどを勧める内容
  • 暴力的な内容
  • ギャンブルを促す内容

わかりやすいところはあまり違反しませんが、あいまいな内容については要注意です。気づかずに引っかかってしまう人がたくさんいます。

曖昧な内容の規約に注意

Googleアドセンスは、広告のクリックによる報酬単価が他のASPに比べて高いなど、メリットが多いですが、あいまいな規約が多数ある点については、デメリットとも言えます。

気づかずに違反することで、いきなり収入がなくなることもあります。

たとえば、「衝撃的なコンテンツ」という項目には、以下のことが書かれています。

衝撃的なコンテンツ

広告主様とユーザーに配慮して、衝撃的なコンテンツを表示するページに Google 広告を掲載することは許可されません。これには次 のものが含まれますが、これらに限定されません。

陰惨な、生々しい、または不快感を与える記述や画像(例: 血液、臓腑、血のり、性的な体液、人間や動物の排泄物、犯罪場面や事故現 場の写真)を含むコンテンツ
暴力行為(例: 銃撃、爆発、爆弾に関する記述や画像、処刑動画、動物に対する暴力行為)を描写するコンテンツ
過度に猥せつな言葉や冒とく的な言葉(悪態や罵り言葉)を含むコンテンツ

引用元: Google広告 ポリシー 禁止不適切なコンテンツ

この中に、「悪態や罵り言葉」というフレーズがあります。

たとえばブログの中で、ブロガーは冗談のつもりで「バカヤロー」と書いていた場合に、当てはまるか当てはまらないか、はっきりしないときもあるでしょう。

もしかしたら読者は傷ついているかもしれません。

このように、どうしてもあいまいにならざるを得ない規定の場合、Googleが規約違反と考えたらポリシー違反となってしまいます

Googleアドセンスを利用する以上、アドセンスポリシーに”一切違反しないブログ運営”を心掛けなければなりません。

ポリシー違反に抵触すると、広告配信がストップされます!そのときは反省して、違反記事の削除や修正を行いましょう!

T部長

記事の内容以外のポリシー違反

記事の内容以外でのポリシー違反とされる内容は、以下の通りです。

ユーザーの誤クリックを招いたり、広告主に不要な不利益を招いたりしますので、このようなブログへの広告の掲載は禁止されています。

  • プライバシーポリシーを掲載していない
  • 自分で広告をクリックする
  • 広告のクリックを友人や家族・第三者にお願いする
  • アドセンスコードをポップアップ上、メール内、ソフトウェアの内部など、不適切な場所での表示
  • ユーザーが求めていないサイトへ勝手に転送(リダイレクト)するサイトでの掲載
  • ポップアップを表示するサイトでの掲載

これらのポリシーはわかりやすいですので、しっかり理解した上で、Googleアドセンスへの申請をおこなっていきましょう。

Googleアドセンス審査の申請方法を5ステップで紹介

準備ができたらいよいよ審査です!

ここでは、申請方法を5つのステップに分けてわかりやすく解説します。

STEP1.アカウント取得・ログイン

Googleアカウントが必要なので、取得していない場合にはGoogleアカウント作成ページでアカウントを作りましょう。

名前やユーザー名、パスワードを入力するだけで簡単に作成できます。

すでにアカウントを取得している場合は、ログインしましょう。

アカウントの取得については、こちらのアナリティクスの設定の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください!

【初心者向け】ブログへのGoogleアナリティクス初期設定・設置方法を詳しく紹介

STEP2.Googleアドセンスの公式ページへアクセス

公式サイトの「ご利用開始」をクリック
アドセンス審査

Googleアドセンスの公式ページ」にアクセスし、「ご利用開始」をクリックします。

サイト情報を入力
お申し込み

自分の「サイトURL」と「Googleアカウントのメールアドレス」を入力します。


メールの受け取り

メールを受け取る」にチェックを入れ、「保存して次へ」をクリックします。

STEP3.アカウント作成

国または地域を選択

1.「国または地域を選択」をクリックして、リストの中から「日本」を選択します。

2.利用規約をよく読んで、問題なければチェックボックスにチェックを入れます。

3.「アカウントを作成」をクリックします。

STEP4.お客様情報入力

支払い先住所などの入力

1.支払い先住所などの入力

あらかじめGoogleアカウントで住所などを設定している場合は、そちらが表示されます。支払先の住所などを変更したい場合は、画像の赤枠をクリックすることで新しくプロファイルを作成できます。アカウントの種類を「個人」ではなく「ビジネス」に変更する場合も、こちらから行います。

2.「送信」をクリック

電話番号の認証などが必要な場合もあるので、その場合は認証を進めましょう。

STEP5.コンテンツのリンクづけ

コードをコピー
コードをコピー

アドセンスのコードをコピーするために、コピーボタンをクリックします。

WordPressの管理画面に移動して、「外観」から「テーマエディター」選択
テーマエディター

左側メニューバーの「外観」にマウスカーソルをあてて、「テーマエディター」をクリックします。

画面右側にある「テーマヘッダー」をクリック
テーマヘッダー

画面右側にある「テーマヘッダー」をクリックして、タグを貼り付けるための画面を表示させます。

アドセンスコードの貼り付け

青枠で囲ってあるようなheadタグがあるので、その間に先ほどコピーしたアドセンスコードを貼り付けましょう(画像赤枠)。

編集が完了したら、「ファイルを更新」をクリックします。

アドセンスの管理画面で「完了」をクリック

Googleアドセンページに戻り、「サイトにコードを貼り付けました」のチェックボックスをチェックし、「完了」をクリックしましょう。

以上で、申請は完了です。

Googleアドセンス審査に通らなかった場合には?

審査に通らなかった場合、利用要件を満たしていない理由が通知されます。

具体的に指摘されるわけではないですが、どこに問題があったのかをもう一度じっくり調べましょう。

特に多いのが、「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という理由 です。

もう一度以下の内容を確認してみましょう。

  • 記事が誰にとって有益な内容なのかハッキリしているか
  • 他の人と似たような記事になっていないか
  • 独自の視点を入れた記事となっているか
  • 読みやすい記事になっているのか。

問題点が改善できたと判断したら再申請をします。

再申請までの期間に決まりはありませんが、短期間(短時間)で何度も不承認になると、機械的にはじかれる場合があります。

そのため、少なくとも1週間は期間をあけて申請することをオススメします!

その間に読者目線で記事を見返したり、ブログのコンテンツに問題がないかをじっくり確認しましょう。

まとめ

今回はGoogleアドセンスの審査情報について、詳しく説明しました。

Googleアドセンス審査に申請するときは、以下の事項に不足がないかチェックしましょう。

・コンテンツの内容 (悩みや疑問に答える、独自性、読みやすさ)

・運営者情報の記載

・お問い合わせフォーム

・プライバシーポリシーの記載

もし、以下の内容が含まれている場合は、削除しておきます。

・コピーコンテンツ

・不適切な内容のコンテンツ

・著作権に抵触する画像

Googleアドセンスの審査基準は年々厳しくなっているため、禁止事項などを確認し、コンテンツを充実させることが大切です。

オリジナリティのある有益なブログを作って、審査通過を目指しましょう!

また審査が通った後、WordPressへの広告の貼り方については、こちらの記事で説明していますので、参考にしてくださいね。

【初心者向け】WordPressブログへのアドセンス広告の貼り方と貼る位置を紹介!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

ボクが中の人を務める国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、
2020年12月3日まで【ドメイン永久無料】&【初期設定費無料】になる超お得なキャンペーンを開催中です。

 
.comなど大人気ドメインが永久無料&通常3,000円(税抜)の初期設定費が無料になる過去最大級にお得なキャンペーンなので、ぜひこの機会にご利用をご検討ください!

期間中のお申込ならサーバー料金だけで独自ドメインのWordPressブログが作れます。

 
サービスお申し込み、キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

⇒ドメイン永久無料&初期設定費無料キャンペーン

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方でも超定番のWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!