国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

【初心者向け】WordPressブログを書き始める前に済ませたい初期設定13個

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(4.0)
難しさ
(2.5)

こんにちは、T部長です!

WordPressのインストールを完了してログインしてみると「メニュー」が多くて、何をすればいいの状態になっていませんか?

今回の記事ではWordPressのインストール後にブログを書き始める前にやるべき初期設定について解説します。

T部長

この記事は下記のような人におすすめ!

  • WordPressのインストールまで完了した
  • WordPressの初期設定で最低限必要なことを知りたい

WordPressの設定は多岐にわたるため、やり始めるとキリがありません(汗)

そこで今回は、特にブログを書き始めた後だと手間がかかる設定や本当に最小限の基本設定に絞って合計13個紹介します。

作業負担が大きいものやブログを書き始めてからでも問題の無い内容はあえて省いています。(これらはまた別記事で紹介予定です)

今回の設定が完了すれば、ブログを書き始めてOKです!

それではどうぞ!

WordPressの初期設定一覧

まず各項目の設定作業に入る前にどんな設定内容があるのかまとめておきます。

ブログを書く前に必ず行う設定

  1. サイトアドレスの確認
  2. パーマリンクの設定
  3. テーマの設定(ポイント)
  4. SSLの設定(ポイント)

ブログを書く前に必ず行う設定では「ブログ記事を書き始めた後だと設定負担が大きくなる」設定をまとめました。

これらの項目は書き始める前にかならずチェックすることをおすすめします。

今回、作業時間が長めでポイントとなるのは「SSLの設定」「テーマの設定」です。どちらも大切なのでぜひがんばりましょう!

最低限行っておきたい設定

  1. サイトタイトルとキャッチフレーズ
  2. カテゴリーの名前変更
  3. 不要プラグインの削除
  4. 日本語文字化け対策
  5. メタ情報の削除
  6. ニックネームの設定
  7. コメント機能のOFF
  8. 本体・テーマ・プラグインの更新
  9. サンプルページの削除

最低限行っておきたい設定は「いつでも設定負担は変わらないものの最初にやっておきたい設定」をまとめています。

ブログを書く前に必ず行う設定

まずは、ブログを書く前におすすめする設定です。書き始めてからだと設定が難しくなったり負担が大きくなったりするのでできるだけ先に設定を済ませましょう!

1.サイトアドレスの確認

WordPressの設定を始める前にブログのサイトアドレスがあなたの希望どおりか確認してください。このブログだと下記部分です。

ここで特によくある間違いは次の2つです。

  • 独自ドメインと初期ドメインを間違えてインストールしている
  • サイトアドレスに「/wp」をつけている

独自ドメインと初期ドメインを間違えてインストールしている

初期ドメインはサービスがあらかじめ用意しているもので例えばエックスサーバーの場合「〇〇〇〇〇.xsrv.jp」といったドメイン名です。

独自ドメイン名でブログを運用する予定の場合は独自ドメイン名が使用できているか確認してください。

せっかく取得・購入した独自ドメイン名も無駄になってしまいます。

サイトアドレスに「/wp」をつけている

WordPressをインストールする際、利用するサービスによっては「/wp」「/blog」とあらかじめ入力されている場合があります。

同じドメイン名で他サイトを運用するなど、必要が無ければ削除してインストールしてください。

ブログを書き始めてからのサイトアドレス変更は負担が大きいです。もし希望するURLではない場合、WordPressのインストールのやり直しをおすすめします。

ブログ記事を書く前であれば、インストールし直すだけで済みます。

2.パーマリンクの設定

パーマリンクとは、ブログ記事毎に設定されるURLのことです。設定変更するとこれまでに書いた記事のURLが変更されてしまいます。

今回はよく使われる定番設定を紹介します。

SEO対策やブログの構成変更にも強い設定なので特に理由がなければこの設定がおすすめです。

メニュー「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

日付ベースや数字ベースなど様々な種類が選択できますが、URLがわかりやすい・記事によってパーマリンクを変更できるという点から「投稿名」がおすすめです。

パーマリンクの選択が完了したら「変更を保存」をクリックします。

投稿名は英語表記に変更する

パーマリンクを「投稿名」に設定すると、記事のタイトル(日本語)がURLとして使われます。このURLに使われる「投稿名」は、各記事の投稿時に変更することが可能です。日本語のままだとURLに変換したときにわけのわからない言葉が表示されてしまうため「投稿名」は英字に置き換えることをおすすめします。

3.テーマの設定(ポイント)

テーマとは、ブログの見た目・デザインを設定できる仕組みのことです。テーマの設定はブログの印象を決める重要な設定です。

WordPressには無料・有料含めて多数のテーマが存在しておりテーマを使って自由にブログのデザインを変更することができます。

ブログを書き始めたから変更することもできますが、テーマによっては書いた記事が崩れる場合や、イメージがガラッと変わりますので、最初に決めることがおすすめです。

メニュー「外観」から「テーマ」をクリックします。

テーマに移動後は「新規追加」を選んで、新しいテーマを探しましょう。

世界中で作成されWordPressに登録されたテーマの中から好きなテーマを選んで使うことができます。詳細やプレビューが確認できるため気にいったものを「インストール」→「有効化」します。

WordPressに登録されているテーマは膨大ですが多くが海外で作られたもののためマニュアルやサポートの面に不安があり実はあまり初心者向けではありません。下記にブログ初心者におすすめの国産テーマを紹介しますので、特に気に入るものが無ければぜひそちらを試してください。

おすすめのテーマ

おすすめテーマが知りたい!という方には「 Luxeritas(ルクセリタス) 」という国産で無料テーマをおすすめします。

作成者が日本人」「高速動作・SEO最適化済み」「機能・マニュアルが充実している」などが特におすすめできる理由です。

Luxeritas のダウンロード、公式サイトから行えます。
Luxeritas ダウンロード| Luxeritas

■テーマの適用手順

  • 上記サイトより「 本体 」「子テーマ」の両方をダウンロード
  • メニュー「外観」から「テーマ」に進み【新規追加】→【テーマのアップロード】を選択
  • 「本体」「子テーマ」の順で両方をアップロード
  • 子テーマ」を有効化
  • メニューに「Luxeritas」が追加されればテーマ設定成功です

Luxeritas のインストールが完了すれば Luxeritas のサイトらか好きなデザインを選びましょう。
デザインファイル| Luxeritas

  • 上記サイトより好きな「デザイン」ファイルをダウンロード
  • メニュー「Luxeritas」から「デザイン設定」をクリックして【新規追加】 を選択
  • デザインファイルをアップロード
  • アップロードされたデザインを選択して【有効化
  • サイトを表示してみてデザインが変更されていればデザイン設定成功です

テーマのデザイン設定が終わるとブログの見た目が変わり、一気にあなたオリジナルのブログらしくなってきまたのではないでしょうか!

4.SSLの設定(ポイント)

SSLとは、ブログと読者の通信を「暗号化」する仕組みです。最近ではSSLによる暗号化は標準になりつつあり特に理由が無ければSSLの設定をおすすめします。 SSLが設定されたサイトはアドレスが「http」→「https」になります。

SSL化はGoogleも推奨しておりSEO対策としても重要です。

SSLを設定するには次の2つの作業が必要です。

  • サーバーにSSL設定を追加する
  • WordPress上の設定を変更する

エックスサーバーの「WordPress クイックスタート」でインストールした方はSSL設定は自動的に行われており作業不要です。

サーバーにSSL設定を追加する

利用されるレンタルサーバーよって手順が異なります。今回はボクが中の人を務める「エックスサーバー」の方法を説明します。

エックスサーバーでは標準でSSL設定が追加されるため、作業前にサイトアドレスを「https」にしてアクセスしてエラーがでなければこの作業は飛ばしてOKです。

サーバーパネルから「SSL設定」を選択し、SSL化したいドメインをクリックします。

独自SSL設定追加」をクリックし設定対象ドメインが合っているか確認します。確認画面にて「追加する」をクリックすると設定完了です。

反映には最大1時間程度かかるため、反映までの時間は他の項目をすすめておきましょう!

WordPress上の設定を変更する

https」で接続できることを確認できたら、WordPressの「設定」から「一般」をクリックして、WordPressアドレスとサイトアドレスの「http」を「https」に変更します。

サイトアドレスにアクセスしてURLが「https」または「鍵マーク」がついていればSSL化は完了です。

書く前に必ずやる設定は以上!

ブログを早く書きたい人はこれで書きはじめてもOKです(笑)

T部長

最低限行っておきたい設定

ここからはブログに不要な情報を表示しないための設定と、WordPressを安全に使うための設定を行います。

1.サイトタイトルとキャッチフレーズ

サイトに表示されるサイトタイトルとキャッチフレーズを設定しましょう。

いずれも、いつでも変更可能なので決めていなければ仮の内容でOKです。

メニュー「設定」から「一般」をクリックします。

一般設定の画面が表示されますので、「サイトのタイトル」や「キャッチフレーズ」を入力しましょう。

「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」は設定を間違うと戻すのが大変です。不用意に変更しないように注意してください。

2.カテゴリーの名前変更

カテゴリーとは記事の分類分けをするもので、WordPressのインストール直後は「未分類」というカテゴリーが作成されています。これを「日常」「料理」などブログテーマで使用するものに変更しましょう。

また、使用するカテゴリーが決まっていればあわせて追加しちゃいましょう。

メニューの「投稿」から「カテゴリー」をクリックします。

未分類」にカーソルをあてて「クイック編集」をクリックします。

名前」と「スラッグ」を変更して「カテゴリーを更新」をクリックすれば完了です。

※「スラッグ」は「URLに使われる名前」です。URLに日本語が入るのが気になる場合には設定しましょう。

3.不要な初期プラグインの削除

プラグインとはWordPressに様々な機能を追加するカスタマイズ機能のことです。

プラグインは「使用するものだけ必要な時に入れる。不要はものは削除する」が基本ルールです。

プラグイン|Hello Dolly

Hello Dolly」はWordPressにデフォルトで入っているプラグインです。ブログ運営では使わないプラグインのため削除してしまって問題ありません。

メニュー「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックします。

Hello Dolly」を選んで「削除」をクリックすれば完了です。

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)はコメント投稿のスパム対策に機能に必要なプラグインです。今後使う可能性もあるため残しておいてもOKです。

TypeSquare Webfonts for エックスサーバーは、Webフォントのプラグインです。Hello Dolly同様に削除してOKです。

プラグインは削除しても後から簡単に入れ直すことが可能です!

T部長

4.日本語文字化け対策

WordPressは標準言語が英語のため、日本語の文字化けや文字数カウントがおかしくなることがあります。そのため日本語に関する問題を解消してくれる「WP Multibyte Patch」は必ず入れておきましょう。

まずメニュー「プラグイン」から「新規追加」をクリックして、プラグインのインストール画面を表示させます。

右上の検索フォームに「WP Multibyte Patch」と入力し、プラグインが表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

インストール完了後、「有効化」をクリックします。

せっかく入れたプラグインも有効化しないと機能しませんので、忘れずに有効化しましょう。

5.メタ情報の削除

WordPressブログは初期状態で上記の情報が表示されています。メタ情報はブログ読者にとって不要な情報で、第三者にログインURLなどを知らせることにもなるためセキュリティの観点からも表示を削除します。

メタ情報を削除してログインURLがわからない!という場合はブログURLに「/wp-admin」を足すとアクセスできます!

T部長

メニュー「外観」から「ウィジェット」をクリックします。

右側に現在使用中のウィジェットが表示されます。その中からメタ情報を選択して削除します。

使用テーマによってメタ情報の位置が異なる場合があります。その際は探して同じように削除しましょう!

T部長

6.ニックネームの設定

テーマにもよりますが、記事を投稿するとアカウント名が投稿者名として表示されます。アカウント名はログイン情報の一部となるためそのまま表示されるのはセキュリティ上よくありません。

ニックネームを設定することで、投稿者名にニックネームが表示されるようになります。

メニュー「ユーザー」から「あなたのプロフィール」をクリックします。またはユーザー一覧からもプロフィール編集が可能です。

ニックネームを編集してから、ブログ上の表示名をニックネームに設定します。

7.コメント機能のOFF

WordPressは、各ページで読者がコメントを投稿できるようになっています。

読者とコメントのやり取りは楽しいものなのですがコメント機能を有効にしておくと高確率で「スパム」と呼ばれる宣伝や不正サイトに誘導するようなコメント投稿が行われてしまいます。

スパム」に対策するプラグインなどもあるのですが、初期のアクセスが無い状態でコメントをもらうことは稀なので、ボクはコメント機能を閉じることをおすすめしています。

「設定」→「ディスカッション」から設定できます。

新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外します。これで設定は完了です。

補足

最初からコメント機能を有効化したい!という方は、以下の記事を参考に設定しましょう。

コメント初心者でも簡単!WordPressコメント機能の設定とスパム対策

8.本体・テーマ・プラグインの更新

テーマやプラグインは更新しないままだとセキュリティホールができてしまい、ハッカーなどから狙われやすくなります。

大切な記事が書き換えられたり、サイト自体が削除されたりしないように、定期的にテーマやプラグインの更新をしましょう!

更新にはセキュリティに関する内容も含まれるため原則最新バージョンに更新すると覚えておきましょう。

メニュー「ダッシュボード」から「更新」をクリックします。

ここからまとめて本体・テーマ・プラグインをそれぞれ更新することが可能です。※画像では本体は最新版のため本体の更新は表示されていません。

更新も大事ですが使ってないテーマやプラグインは削除を検討しましょう!

T部長

9.サンプルページの削除

最後にサンプルページを削除します。サンプルページはWordPressをインストールした時に投稿されているサンプル記事です。特に必要がないため削除します。

メニュー「投稿」から「投稿一覧」をクリックします。

Hello world!」というタイトルにカーソルをあてて、「ゴミ箱」をクリックすれば削除できます。

まとめ

設定作業、本当にお疲れ様でした。

今回はWordPressインストール後にやっておきたい設定を紹介しました。

最小限に絞ったのですがそれでも結構なボリュームになってしましました(汗)

WordPressは、カスタマイズ性が高くまだまだ多くの設定が存在するため今回の設定で完璧というわけではありませんが、それらはブログを書きながら並行して進めていきましょう!

今回の設定が終わったらブログ記事も書いていきましょう!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

ボクが中の人を務める国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、
2020年7月3日~9月3日までドメイン永久無料】【初期費用3000円→0円】になる超お得なキャンペーンを開催中です。

過去最大級にお得なキャンペーン内容なので、ぜひこの機会にご利用をご検討ください!

期間中のお申込ならサーバー料金だけで独自ドメインのWordPressブログが作れます。

サービスお申し込み、キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

⇒ドメイン永久無料&初期設定費用0円キャンペーン

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方でも超定番のWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!