国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

初心者でも簡単!WordPressコメント機能の設定とスパム対策

コメント

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(4.0)
難しさ
(2.0)

こんにちは、T部長です!

WordPress(ワードプレス)のコメント機能、うまく使いこなせていますか?
今回の記事ではコメント機能の利用と、スパムコメント対策について紹介します。

T部長

この記事は以下のような人におすすめ!

  • コメント機能で読者と交流をしたい
  • スパムコメントに悩まされている

コメント欄で読者と交流ができたり、書いたブログに対して、誰かが反応してくれるのは嬉しいことですよね!

今回は、コメント機能を有効化したい人向けに設定方法と、スパムコメントといった迷惑行為への対策を解説します。
きちんと設定して、コメント機能を活用していきましょう!

それではどうぞ!

WordPressのコメント機能とは?

WordPressのコメントは、簡単に言うと「記事に読者がコメントを残す」ことができる機能です。感想や質問を受け取ったり、それに対して返信することで、読者とコミュニケーションを取ることができます。

また、記事の間違いを指摘してくれたり、アドバイスをもらえたりもするので、執筆スキルの向上にもつながります。

コメント欄でのやりとりをきっかけに、ブログのファンになってくれることもあります!

T部長

メリット
・読んだ感想やアドバイスをもらえて、モチベーションが上がる
・記事の間違いを指摘してくれる
デメリット
・スパムコメントが投稿される
・誹謗中傷や辛辣なコメントでやる気が下がる

コメント機能を使ってみよう

ではさっそく、コメント機能の有効化と、コメントの承認方法について紹介します!

ポイント
コメント機能はデフォルトでは有効化されており、コメント表示は承認制になっています。
設定で変更可能ですが、コメント欄の荒らし対策として、承認制のまま利用することをおすすめします。

コメント機能を有効化(読みとばしOK)

既にコメント機能を有効化している方は読み飛ばしていただいて大丈夫です!
有効化しているけれど設定が不安・・・」という方は、一緒に設定内容を確認していきましょう!

以下の方法で設定された方は、コメント機能が無効になっていますので、まずはコメントの有効化から始めましょう。

【初心者向け】WordPressブログを書き始める前に済ませたい初期設定13個
注意
コメント機能を有効化する前の記事は、以下設定を行ってもコメントが無効化されたままになります。
「1.全投稿に対して設定」を行ったあと、過去分の記事は「2.投稿単位で設定」も行うようにしてください!

1.全投稿に対して適用を行う

今後作成される全記事でコメントを有効化する場合は、管理画面から設定を行います。

左側メニューバー「設定」にマウスカーソルを当てて、「ディスカッション」をクリックします。

デフォルトの投稿設定」の項目にある「新しい投稿へのコメントを許可」にチェックを入れて、「変更を保存」をクリックします。

これで以後作成される投稿は、コメント機能が有効化されます!

2.投稿単位で設定

WordPressでは、投稿単位でコメント機能を有効化・無効化を決めることができます。

設定は「管理画面上から変更」と、「ブロックエディタから変更」の2パターンありますが、お好みで選択してください。(どちらか一方設定するだけでOKです!)

2-1.管理画面上から変更

左側メニューバー「投稿」にマウスカーソルを当てて、「投稿一覧」をクリックします。

投稿一覧が表示されたら、編集したい投稿にマウスカーソルを当てて、「クリック編集」をクリックします。

設定画面が表示されたら、「コメントを許可」にチェックを入れて「更新」をクリックします。

2-2.ブロックエディタから変更

ブロックエディタを開いたら、「文書」タブの「ディスカッション」をクリックします。

コメントを許可」にチェックを入れて、記事を更新すれば設定完了です。

コメントの承認や返信をする

コメントを承認制にしている場合、あなたが承認しない限りは表示されません!
内容を確認して問題なければ、コメントの承認や返信をしましょう。

1.コメント承認

左側メニューバー「コメント」をクリックして、コメント一覧画面を表示します。

承認したいコメントにマウスカーソルを当てて、「承認」をクリックすると、記事のコメントが表示されます。

2.コメント返信

コメントに返信した場合は、自動的にコメントが承認されます。

左側メニューバー「コメント」をクリックして、コメント一覧画面を表示します。

承認したいコメントにマウスカーソルを当てて、「返信」をクリックしてください。

コメント用のエディタが表示されますので、返信を入力して「承認と返信」をクリックします。

スパムコメントへの対策

スパムと聞くと、「怖い」「対策難しそう」と思われる方が多いと思いますが、難しい作業はありません!
これから3つの方法を紹介しますので、スパムコメントが届く量や種類を元に対策してみてください。

ボクは「3.プラグインで対策する」をおすすめします!

0.(はじめに)スパムコメントとは?

スパムコメントとは、ブログ記事とまったく関係がない内容の書き込みや、広告のために行われるコメントのことです。

ブログが大きくなるにつれて、偽ブランド品の販売サイトのURLが貼ってあったり、SEO対策を格安でできるなどといったコメントが数多く入るようになります。

スパムコメントが表示されていると、「このブログは私を騙そうとしている!けしからん!」と読者に捉えられてしまい、ブログの信頼性を下げてしまいます。

コメントを有効化したら、早いうちに、しっかり対策しましょう!

1.コメント一覧から手動でスパム判定する(面倒)

スパムコメントの量が多くなると大変ですが、人(自分)が判定するので一番精度が高いです。

左側メニューバー「コメント」をクリックして、コメント一覧を表示します。

スパムコメントの投稿にマウスカーソルを合わせて、「スパム」をクリックするだけです!

2.ブラックリストに登録する(効果が薄い)

同一人物からのスパムに悩まされているという場合に効果的です。

ただ、スパムコメントは様々な名前、メールアドレス、IPアドレスで書かれることが多いので、あまり効果がないかもしれません。

左側メニューバー「設定」にマウスカーソルを当てて、「ディスカッション」をクリックします。

コメントブロックリスト」の項目に、IPアドレスやメールアドレスを入力して、「変更を保存」をクリックします。

3.プラグインで対策する(効果的)

今まで紹介した「1」と「2」である程度ブロックできますが、数が多くなると対応しきれません。

そこで登場するのがプラグインです!

スパム対策プラグインとしては「Akismet」が有名ですが、ブログ内に広告を張って商用利用する場合は、有料版を利用する必要があるため、今回は 「Invisible reCaptcha for WordPress」を紹介します。

3-1.Invisible reCaptcha for WordPressについて

このプラグインは、Googleの「reCAPTCHA」というツールを使って、コメントを入力しているのが”人間”か”ロボット”かを判定します。

人間かどうかは「AI(人工知能)」が判定してくれるので精度も高く、また無料で利用できるので使わない手はありません!

ちなみに「reCAPTCHA」というツールは、皆さんも見たことがあるのではないかと思います!

かなり読みずらい文字を読解して入力させられたり、お題の画像を選択するやつです(笑)

この画像認証をコメント入力フォームに追加します。利用方法については、この後詳しく解説します!

ポイント
最新の「reCAPTCHA」では、スパムの可能性が高い人にのみ画像認証を行います。そのため、ほとんどの読者は画像認証なしでコメントを記入できます。

3-2.reCAPTCHAで利用するサイトキーの取得

まずは、プラグイン利用のために必要なサイトキーを取得します。

Google reCAPTCHA」のサイトにアクセスします。

補足
reCAPTCHAの利用には、Googleアカウントが必要になります。
お持ちでない方は作成をお願いします!

サイトを開いたら、右上の「Admin Console」をクリックします。

するとすぐ登録画面が表示されます。画面に従ってブログの情報を入力してください。

入力内容に問題ないことを確認後、「送信」をクリックしてください。

設定が完了すると、発行されたサイトキーが表示されます。「サイトキー」と「シークレットキー」は後ほど使用しますので、メモ帳にコピペしておくなどしてください!

reCAPTCHAサイト上での作業は以上です!

3-3.プラグインのインストール/有効化

続いてはWordPress側で設定を行います。
まずはプラグインのインストールと有効化します。

左側メニューバー「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。


プラグインの追加画面が表示されますので、プラグイン名(Invisible reCaptcha for WordPress)を入力して、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール後は、「今すぐインストール」のボタンが「有効化」に変わりますので、「有効化」ボタンも忘れずにクリックしましょう。

3-4.reCAPTCHA利用のための設定

ここまでで、reCAPTCHAのサイトキー生成と、プラグインのインストールまで完了しました。

最後に、reCAPTCHAを利用するための設定を行います。

プラグインを有効化すると、左側メニュー「設定」に「Invisible reCaptcha」という項目が追加されますので、クリックしてください。

reCAPTCHAの設定画面が表示されますので、先ほど取得したサイトキーを入力します。

Your Site Key取得したサイトキーを入力
Your Secret Key取得したシークレットキーを入力
Language表示言語(AutoのままでOK)
Badge Positionバナーの表示位置
Badge Custom CSS表示位置をカスタマイズするCSSを記述可能

Your Site Key」と「Your Secret Key」以外の設定は、基本デフォルトのままでOKです!

入力ミスがないことを確認したら、「変更を保存」をクリックします。

reCAPTCHAを導入するページを指定します。左側の設定項目から「WordPress」を選択します。

Enable Login Form ProtectionログインフォームのreCAPTCHAを有効化
Enable Registration Form Protection新規登録フォームのreCAPTCHAを有効化
Enable Comments Form ProtectionコメントフォームのreCAPTCHAを有効化
Enable Forgot Password Form Protectionパスワード再発行フォームのreCAPTCHAを有効化

今回必要なのは「Enable Comments Form Protection」(コメントフォームの保護)だけですが、特に悪影響がないため全てチェックを入れてしまいましょう。

チェックを入れたら「変更を保存」をクリックして完了です!

他ブラウザでログインを試そう!

「サイトキー」と「シークレットキー」が間違っていると、WordPressにログインできなくなることがあります。

設定完了後、他ブラウザやスマホなどでログインできるか確認してください。

もし他の端末でログインできなくなったときは、慌てず各種キーが間違っていないか再確認しましょう。

正しく設定できたかは、コメントページにアクセスして、reCAPTCHAのバナーアイコンが表示を確認しましょう。

きちんと表示されていれば設定完了です。お疲れさまでした!

まとめ

今回は、WordPressのコメント機能の利用や設定の手順、スパムコメントの対策について紹介しました。

読者からのコメントがあると、”ブログ見てもらえる!”という実感から、モチベーションがアップします!

ただ、きちんと対策をしていないと、スパムコメントだらけになってしまうことも・・・

ブログの信頼性が落ちたり、スパムの振り分けに時間を取られてブログが書けなくなってしまいますので、忘れずに対策しましょう!

今回ご紹介したポイントを押さえつつ、コメント機能をうまく使って、どんどんブログを盛り上げていきましょう!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

ボクが中の人を務める国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、
2020年9月4日~11月5日まで【ドメイン永久無料】【ご利用料金20%オフ】になる超お得なキャンペーンを開催中です。

大変お得なキャンペーン内容なので、ぜひこの機会にご利用をご検討ください!

期間中のお申込ならサーバー料金だけで独自ドメインのWordPressブログが作れます。

サービスお申し込み、キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

参考 ドメイン永久無料&ご利用料金20%オフキャンペーン! レンタルサーバー【エックスサーバー】

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方でも超定番のWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!