国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

SEOキーワードを選定する意味と選定方法を超わかりやすく解説

この記事のレベル
初心者
(3.5)
重要度
(4.0)
難しさ
(2.5)

こんにちは、T部長です!

「SEOキーワードって何?」「キーワードの選定ってどうやるの……?」とお悩みではありませんか?

今回の記事では、SEOの概要、キーワード選定の重要性、実際の選定手順を解説します。

T部長

この記事は次のような人におすすめ!

  • ブログのアクセス数を増やしたい人
  • SEOに関して理解を深めたい人
  • キーワードを選定したことない人

ブログの読者を増やすには、記事を継続的に更新して、ブログを充実させることが大切です。

そこで重要なのが、SEOを意識したキーワードの選定作業です。

キーワードの具体的な選定方法を、便利なツールもまじえて、わかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

それでは、どうぞ!

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字をとった略語です。

検索エンジン最適化とは、Google検索やYahoo!検索で上位に掲載されるための対策のこと。

「ググる」という言葉があるように、知りたいことがあるときにネットで検索するのは、当たり前の行動になりました。

ネット検索したときに私たちがまず見るのは、「検索上位のサイト」です。

検索エンジンは、求めているであろう情報を高い精度で返してくれるため、せいぜい上位10位ぐらいまでしか見られません。

つまり、誰かに自分のブログを見に来てもらうには、検索上位に掲載されることが絶対的な条件。そのための対策がSEOです。

キーワード選定とは

ネット検索するときに、おなじみの次の画面に打ち込む語句が「キーワード」です。

キーワード選定とは、自分のブログに来てほしい人が検索欄に打ち込むワードは何かを考えて、ブログ全体または記事ごとのキーワードを設定すること。

言い換えると、読者の悩みや疑問といった「ニーズ(求めていること)」に、どんなものがあるかを整理する作業です。

たとえば、「カレー 作り方 時短」と「カレー 作り方 本格的」では、求めていることがまったく違いますよね。

おそらく検索している人の性質も異なるでしょう。

どういうニーズをもった人にブログへ来てほしいのか」を、はっきりさせるのがキーワード選定です。

SEOでキーワードの選定が重要な理由

ネット検索の出発点は、検索欄に入力するキーワードなので、キーワード選定はSEOにおいても出発点です。

まずは戦略を立てましょう。たとえば、ターゲット(読者)を獲得する場所が海なのか山なのか、海だとしたら浅瀬の岩場なのか深海なのか。

まずそれを定めないことには「戦略」が立てられません。

もちろん、ことさらSEOやキーワード選定など言わなくとも、ブログを作るときや記事を書くときにキーワードは意識されています。
しかし、大切なのは「自分のブログにとってのキーワードを、もれなく、重複しないようにリストアップする」こと。

なんとなく思い浮かんだキーワードで記事を書くのと、戦略的に網羅したキーワードで記事を作っていくのでは、検索エンジン最適化(SEO)に大きな差が生じます。

ブログ運営あるあるの「記事のネタがなくなった」は、リストアップされるべきキーワードが抜けていることも多いでしょう。

検索エンジンは、「読者に有益な情報を提供する記事を探し当て、データベースに保管して、ランキングすること」を使命としています。

そのため、あるテーマに関する疑問や悩みに、もれなく応えるサイトや記事を高く評価します。

このように、手順を踏んでもれなくキーワードをリストアップすることは、「獲得したい読者のニーズに応える」意味で非常に重要です。

キーワード選定の手順と方法

キーワード選定は、簡単なツールを利用して、芋づる式にリストアップしていくのが最初のステップです。

慣れないうちは大変だと思いますが、非常に重要な作業なので、一つひとつ丁寧に進めていきましょう。

1. ブログのテーマに即した「1ワード」を決める

まずは、ブログのテーマ(ジャンル)に即した1ワードを決めましょう。

ブログのテーマが「川遊び」なら1ワードは「川遊び」です。この1ワードの周辺にどんなキーワードがあるのかを洗い出すのが、キーワード選定。

注意したいのは、「川遊び」を「アウトドア」と大づかみに抽象化しないことです。

「アウトドア」は、「川遊び」と比較してすそ野が広すぎます。実際に書きたいこと(書けること)とも、距離が開いてしまうでしょう。

2. ブログを訪問するターゲットの人物像や悩みを考える

1ワードが決まったら、あなたのブログの読者をなるべく具体的にイメージして、人物像を描いてみましょう。

川遊びブログなら、たとえば次のように「読者代表」を設定します。

  • 37歳
  • 男性
  • 妻と9歳・7歳の子どもの4人家族
  • 東京近郊の分譲マンション暮らし
  • 職業はコンピュータゲーム開発会社のプログラマー
  • 年収600万円

このように具体的にユーザー像を描くことを、マーケティングの世界では「ペルソナの設定」と呼んでいます。

ペルソナを設定することで、ユーザーの生活シーン、欲求、悩みなどを、より具体的に想像できるようになるでしょう。

たとえば、ペルソナの子供の年齢から、「川遊び 夏休み 自由研究」という記事のテーマ(ニーズ)が浮かび上がる、などです。

3. 悩みやニーズから、必要なコンテンツとカテゴリーを考える 

「1ワード」と「読者像」を設定したら、そこからブログに必要なコンテンツとカテゴリー(大分類)を考えて、書きだしてみましょう。

カテゴリーとは、複数の記事をいくつかのグループに分ける分類のことです。川遊びなら、がさがさ(魚すくい)、釣り、カヤック、川で潜る、石積み遊び、川辺のキャンプなどのカテゴリーが考えられますね。

書き出したものは、以下に述べる作業のたたき台なので、想像力を働かせて気楽に作ってみましょう。

4. 「1ワード」の関連キーワードを洗い出す

関連キーワードとは、メインのキーワードに関連性の高いキーワードのこと。「川遊び バーベキュー」など、「メインのキーワード+A」の複合語になります。

「1ワード」に対する関連キーワードは、非常にたくさんあります。たとえば次の画面を見てください。

これは「ラッコキーワード」という無料ツールを使って、「川遊び」の関連キーワードを調べた結果です。736個の関連キーワードがヒットしました。

表示された関連キーワードは、誰かが考えたものではなく、実際にGoogleで頻繫に検索されたもの。

これらのキーワードから、ユーザーが何を知りたいかが分かります。

このようなたくさんの関連キーワードの中から、自分のブログのコンセプトに沿った関連キーワードを選んで、リストアップします。

少しでもコンセプトに関係がありそうなものは、切り捨てずにリストアップしていきましょう。

T部長

ラッコキーワード」は記事の後半でも紹介します!

5. キーワードの検索ボリュームを確認する

次は、リストアップした関連キーワードの検索ボリュームを調べます。検索ボリュームとは、実際に誰かに“ググられた”回数のこと。

この記事では検索ボリュームをGoogleが無料で提供している、キーワードプランナーで調べます。

上の画面は、メインキーワード「SEO 対策」の関連キーワードの、検索ボリュームです。月間平均検索ボリュームが「10~100」「10万~100万」などの概数で表示されます。

検索ボリュームの調べ方は、以下の記事でもくわしく解説していますよ。

Google検索ボリュームの調べ方!キーワードの選定方法も解説

6. 関連キーワードをさらに細分化する

上の画面で「SEOとは」の検索ボリュームは、「1万〜10万」になっています。

このように検索ボリュームが大きいキーワードは、まだまだ細分化できる可能性があります。

具体的には、検索ボリュームが「1,000」以上あるキーワードは、細分化できないか確認していきましょう。

上記ステップ4の「関連キーワードを洗い出す」に戻って、さらに関連キーワードをリストアップします。

ラッコキーワードで「SEOとは」の関連キーワードを調べると、次のようなワードがヒットしました。

このように細分化していくことで、より具体的なニーズが見えてきます

表示されたキーワードの中から、関係がありそうなワードをリストアップして、あらためて検索ボリュームを調べていきましょう。

この作業を繰り返していきます。

キーワード選定のコツ

キーワードを洗い出すときには、Google検索結果ページの「サジェストワード」「他のキーワード」や競合サイトのキーワードも、参考になります。

想定していなかったニーズがないか、ニーズが漏れていないか、確認の意味も込めて見てみるのがおすすめです。

検索ページの「サジェストワード」「他のキーワード」を利用する

サジェストワードとは検索欄にキーワードを入力したときに、その下に列挙される関連ワードです。

サジェストワードには、検索数の多い関連キーワード以外に、検索者自身の過去の検索履歴も反映されます。これは、もう一度検索するときに文字を打ち込まなくても済む機能。

「他のキーワード」とは、検索結果画面の下部に表示されるキーワード群です。

そのほか「他の人はこちらも質問」といったコンテンツが、表示される場合もあります。

「他のキーワード」も「他の人はこちらも質問」も、キーワード選定のヒントになります。

キーワードのリストにないワードがあれば、積極的に組み込んでいきましょう。

競合記事からも重要なキーワードが見つかる

検索結果画面の上位記事のタイトルや、記事説明(メタディスクリプション)からも、リストアップすべき重要なキーワードが見つかることがあります。

検索結果の上位ページは、ニーズに応える記事として評価されたために、上位に表示されています。

言い換えるなら「お手本」となる記事。参考にしない手はありません。

タイトルやメタディスクリプションのみでなく、記事内の本文や見出しから選定すべきキーワードを探すこともできます。

各要素とキーワードの入れ方については、以下の記事でも触れていますので、参考にしてみてください。

【必見!】読まれるブログの記事タイトルのつけ方!4つのコツを解説 メタディスクリプションとは?書き方・文字数・SEOへの効果を解説

キーワードの分類と種類

キーワードは、その性質からいくつかの種類に分類できます。

たとえば「検索ボリューム」や「検索ニーズ」による分類です。

少し難しい内容に見えるかもしれませんが、効率的にSEOを進めるために重要な要素なので、ぜひ把握しておきましょう。

検索ニーズに基づく分類

検索ニーズでキーワードを分類すると、以下の4つです。

クエリとは「言葉、語句」という意味。

  • Doクエリ:何かのアクションを起こしたいときに入力する語句(ワードプレス ダウンロード、副業 ネット、映画 子ども向け など)
  • Knowクエリ:意味を知りたい語句(大化の改新、適者生存、SDGs など)
  • Goクエリ:特定のサイトに行きたいときに入力する語句(YouTube、杉並区 ワクチン接種 など)
  • Buyクエリ:買いたいもの(キャットフード 生後2か月、スケートボード 1万円 など)

これはGoogleによって提唱されています。

BuyクエリはDoクエリの1ジャンルですが、ニーズが大きいので独立した分類になっています。

自分が何かを検索するときを想像してみてください。この4種類のうちのどれかに当てはまりますよね。

検索ボリュームに基づく分類

検索ボリュームでキーワードを分類すると、以下の3つになります。

ビッグキーワード

月間検索数が1万以上、1ワード~2ワードで構成されることが多い
例:バーベキュー

ミドルキーワード

月間検索数が1000~1万、2ワード~3ワードで構成されることが多い
例:バーベキュー 大阪

スモールキーワード

月間検索数が1000以下、3ワード以上で構成されることが多い
例:バーベキュー 大阪 おしゃれ

「スモールキーワード」は「ロングテールキーワード」とも呼ばれます。

これは3ワード以上が連なるキーワードを「長いしっぽ」と見立てたもの。

一見ビッグキーワードで、ブログが検索上位を狙うのが効率良さそうに見えますが、競合サイトが多く簡単ではありません。

逆に「ロングテールキーワード」は、ニーズが分かりやすく、競合が少ないため、初心者が取り組みやすいです。

初心者はロングテールのDoクエリ・Buyクエリから

ブログ初心者が成果を得るには、具体的なアクションに結びつく「Doクエリ」「Buyクエリ」に優先して取り組みましょう

かつ、Doクエリ・Buyクエリの範囲を狭める(エリアを絞る)ロングテールキーワードで、記事を書くのがおすすめです。

とはいえ、Doクエリ、Buyクエリばかりだと商売っ気が強く信頼性に欠けるので、「Knowクエリ」なども書く必要があります

目安は「Doクエリ」「Buyクエリ」を全体の1割程度、残りをほかの記事。

ただしロングテールキーワードでも、上位5位以内が強いサイトで埋め尽くされているキーワードは、選ばないようにしましょう。

強いサイトとは、「企業が運営するサイト」や「ドメインパワーの強いサイト(認知度が高い有名サイト)」のこと。

たとえば、「クレジットカード 初めて 無料 おすすめ」はけっこうなロングテールキーワードですが、検索してみると上位には「強いサイト」がずらりと並んでいます。

初心者が勝負を挑んでも、勝てる見込みはありません。

ロングテールキーワードやドメインパワーについてもう少しくわしく知りたい人は、以下の記事を参照してみてください。

ロングテールキーワードとは?選び方・基礎知識を詳しく解説 ドメインでSEO評価は変わる?ドメインパワーについて解説!

キーワード選定に関連するおすすめツール5選

キーワード選定に役立つ、便利なツールをご紹介します。

1.ラッコキーワード

ラッコキーワードは、関連キーワードを見つけたり、競合サイトの洗い出したりするのに役立つ無料ツールです。

下のホーム画面の検索欄にキーワードを入力すると、先ほど紹介したような関連キーワードのリストが表示されます。

また「見出し(hタグ)抽出」の画面の検索欄にキーワードを入力すると、上位10位までのサイトが表示されます。

上の画面のh1のチェックを外して検索すると、競合サイトのh2、h3見出しを確認可能。1位から10位までを、ワンクリックでエクセルにダウンロードすることもできます。

2.Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告(旧Google Adwords)を出稿している人向けの無料サービスですが、広告を出していなくても、キーワードごとの検索ボリュームを調べることができます

またラッコキーワードのように、関連キーワードもリストアップ可能

くわしい使い方は、以下の記事を参照してください。

キーワードプランナー 【無料で使える!】Googleキーワードプランナーの使い方を画像で解説

3.Googleトレンド

Googleトレンドは、Google社が無料で提供しているキーワードの検索回数の推移が分かるツールです。

ホーム画面の検索欄にキーワードを入力すると、次のように折れ線グラフで検索ボリュームの推移が表示されます。

上のグラフを見ると「川遊び」のキーワードでは、7月〜9月に検索回数が多く、11月〜翌3月は極端に少ないことが分かりますよね。

上の例のように季節的な変動もそうですが、長期的な増減を見ることも、読者のニーズを把握する参考になります。

4.Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、読者の具体的な悩みがわかるサイト。

検索欄にキーワードを入力すると、下のように質問とその答えが表示されます。

関係ない質問も多く表示されるかもしれませんが、ときどき参考になるものもあります。

実際に関連するテーマで質問しているわけですから、疑問や悩みを示す「ニーズ」にほかなりません

質問の文章内容ではなく、質問の中で端的に「何を知りたがっているか」を考えてみましょう。

5.SEOチェキ!

SEOチェキ!は、競合サイトの対策キーワードを簡単に調べられる無料ツールです。

上のホーム画面に競合サイトのURLをコピペすると、そのサイトで使われているキーワードが、出現頻度の多い順にリストアップされます。

SEOチェキ!については、以下の記事でもくわしく紹介しています。

「SEOチェキ!」の使い方とおすすめ機能を解説!データの見方と活用法も紹介

選定したキーワードで記事を書こう

キーワードを選定したら、それに基づいて新規記事を追加して、ブログを充実させましょう

記事を作るときに留意したいのは次の点です。

  • タイトルの最初のほうにキーワードを入れる
  • メタディスクリプションにキーワードを入れる
  • 記事の見出しのいくつかにもキーワードを入れる
  • 本文にキーワードを入れすぎない

キーワードは使い過ぎず、自然な形で入れるように注意しましょう。使いすぎは逆効果です。

またキーワードを選定すると、過去の記事が気になることもあるでしょう。

キーワードを意識して、リライトや改善もできますが、ブログ初心者はまず新規記事の制作を優先してください。

記事で集客するのはここからと割り切って、より多くの読者のニーズに応えることを優先するのが先決です。

初期に作った記事は、しばらく放置しても問題ありません。

同じような内容の記事を書くにしても、キーワードを意識して新しく作ったほうが手っ取り早く整えやすいです。

タイトルやメタディスクリプションの書き方は、以下の記事も参考にしてみてください。

【必見!】読まれるブログの記事タイトルのつけ方!4つのコツを解説 【簡単】クリック率がすぐにあがるブログ記事タイトルのテンプレ10選+応用編4個 メタディスクリプションとは?書き方・文字数・SEOへの効果を解説

Googleサーチコンソールで状況を確認しよう

対策キーワードに基づいて記事を制作し、ブログにアップしたら、Googleサーチコンソールで状況を確認しましょう。

Googleサーチコンソールは、「読者がどんなキーワードで検索したか」、「検索順位はどれくらいか」などが分かる無料ツールです。

記事を公開したものの、「狙ったキーワードの検索で表示されていない」場合は課題がありそうです。

もちろん公開してすぐに検索結果に表示されるわけではないので、数か月にわたって継続的に状況を見ていきましょう。

Googleサーチコンソールの使い方は、以下の記事も参照してみてください。

サーチコンソールの使い方 Googleサーチコンソールの使い方!ブログ初心者が見るべき3つの項目

SEOキーワードを選定して、ブログの充実・改善に生かそう

この記事では、まずSEOキーワードの選定の概要、重要性、実際の手順などを解説しました。

次にキーワードを選定する手順や、キーワード選定に便利なツールも紹介。

今回の記事をおさらいしておきましょう。

まとめ
  • SEOとは検索結果に表示されるように取り組むこと
  • キーワード選定をとおして、読者のニーズを洗い出し整理することが大事
  • キーワード選定は、関連キーワードのリストアップと細分化を繰り返す
  • 競合記事やサジェストワードも参考になる
  • DoクエリやBuyクエリのロングテールキーワードを優先する

SEOとしてキーワードを選定することは、ブログ運営の基本的な取り組みの一つです。

アクセスを集め収益化を考えるなら、避けては通れない作業なので、丁寧に取り組んで少しずつ慣れていきましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2022年10月13日12時まで、
利用料金最大30%OFFキャンペーンを開催中です!

今なら693円~お得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!