国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

【重要】ロングテールキーワードの基礎知識と選び方を詳しく解説!

この記事のレベル
初心者
(3.0)
重要度
(4.0)
難しさ
(1.5)

こんにちは、T部長です!

みなさんは、ロングテールキーワードという言葉を聞いたことはありますか?

今回の記事では、ロングテールキーワードの基礎知識とキーワードの選び方について紹介します。

T部長

この記事は以下のような人におすすめ!

  • ロングテールキーワードの基礎知識を知りたい
  • ロングテールキーワードの見つけ方を知りたい

ロングテールキーワードは、個人ブログがSEO対策に本気で取り組む場合は必須の知識です。

SEO対策の面だけでなく、ロングテールキーワードの考え方を知るとブログ記事のテーマに迷わなくなり、また記事の質も自然とあがるメリットがあります

ブログ運営に慣れてきて「アクセスの質を改善したい」「アフィリエイトの収益を改善したい」と考えている方は、一度チャレンジしてみることをオススメします。

それでは、どうぞ!

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが少なく、複数語の組み合わせからなるキーワードのことを言います。

単一キーワードのビッグキーワードと比較して、「複数の検索キーワードは検索回数自体は少ない」が、「コンバージョン率が高いものがたくさんある」という特徴があります。

Google検索で3語以上の単語を入力していたら、それはロングテールキーワードと考えていただいてOKです!

コンバージョン率(CVR)とは?

コンバージョン率は、Webサイトに訪れた人がどれくらいの割合で商品やサービスを購入したのか、その割合のことを言います。

例えば、

  • 100人来て1人購入→コンバージョン率1%
  • 5人来て5人購入→コンバージョン率100%

となります。

グラフ右側の複数の細かい検索キーワードが長いしっぽ(ロングテール)のように見えることから、ロングテールキーワードと呼ばれています。

T部長

なぜコンバージョン率が高いの?

ロングテールキーワードを利用するとコンバージョン率が高くなる理由は2つあります。

  1. 購買意欲の高い人がアクセスしてくるから
  2. 検索意図にあわせた記事をつくりやすいから

上記について、「bbq コンロ コンパクト」のキーワードを例に説明します!

1.購買意欲の高い人がアクセスしてくるから

「bbq コンロ コンパクト」で検索する人は、『コンパクトなバーベキューコンロを探していて、良いのがあれば購入したい!』という検索意図があります。

そのため、このキーワードで検索する人のほとんどが、すでに購入目的で検索している人で、サイトに訪れた人は魅力的な商品があれば購入してくれる可能性が高いです。

2.検索意図にあわせた記事を作りやすいやすいから

「bbq コンロ コンパクト」を対策キーワードとして記事を書く場合、特定のユーザーの特定のシュチュエーションに限定して書くことができます。

そのため、キーワードを検索したユーザーが知りたい内容を元にした記事を書きやすくなります。

上位表示されやすい?

ロングテールキーワードは検索数が少ない分、ライバルサイトが少なく、上位表示されやすい特徴があります。

たとえば「bbq コンロ コンパクト」のようなロングテールキーワードは、月間検索数が少ないので、商品が売れにくいです。

「企業ブログ」や「有名ブロガー」といった強力なライバルたちは、ビッグキーワードで上位表示させてアクセスを集めた方が効率が良いため、これらのキーワードで記事をあまり書きたがりません。

最近の動向

最近では、企業や有名ブロガーもロングテールキーワードで記事を書いていますので、ロングテールキーワードと記事の中身(コンテンツSEO)で勝負する場面が多くなっています。

企業ブログの記事は外注を使うことも多く「内容が薄い」「あまり真新しいコンテンツがない」ことも多いです。

Googleは一貫して”読者にとって役立つ記事をが重要”と言っていますので、ロングテールキーワードを使って記事内容を充実させたら、十分にライバルサイトと戦えます!

SEOの基本については、こちらの記事を参考にしてみてください!

SEOの基本SEO対策の超基本!最低限知っておきたいポイントを解説

ロングテールキーワード選定の4ステップ

ここからは、ロングテールキーワード選定の手順を4つのステップに分けて紹介します。

今回ボクが「バーベキュー」に関するロングテールキーワードを探す想定で、以下の手順を実際にやりながら説明します!

  1. ブログのジャンルを決める
  2. 集客したいメインの検索キーワードを決める
  3. 「2」のキーワードをキーワードプランナーに入れる
  4. 検索意図を考えながらキーワードを選ぶ(重要)

1.ブログのテーマ(ジャンル)を決める

まずは、ブログのテーマ(ジャンル)を決めましょう。

ブログテーマがなかなか決められないという方は、こちらの記事を参考にしてください!

【必読!】ブログはテーマ選びが10割!絶対失敗しないテーマ選び

キーワードでいえば1語のブログ全体のキーワードを決めます。

ボクの場合は、バーベキューのサイトを作りたいので、「バーベキュー」がブログ全体のキーワードです。それ以外の関係のない記事は書きません。

自分が書きたい内容で、読者にとって役に立ちそうな記事を書くことを意識しましょう。読者にとって役立つ記事だと多くのアクセスが集まります!

T部長

2.集客したい記事単位の検索キーワードを決める

次に、自分の記事単位で狙うメインキーワードを選びます。

1語のキーワードを記事単位で狙うと、ロングテールキーワードが選びにくいので、まず2語のメインキーワードに絞っていきます。

その際、「自分の作るサイトの記事がどのようなキーワードで検索されたいか」を一番に考えましょう。

ボクの記事は「バーベキュー」が中心のテーマですので、「バーベキュー」というキーワードをラッコキーワードの検索窓に入れます。

すると・・・

上記のように、たくさんサジェストキーワードが出てきます。この中から自分の書く記事に一番マッチするキーワードを選びます。

ボクは関西人で大阪のバーベキュー場に詳しいので、これから書いていく記事は、「バーベキュー 大阪」を記事単位で狙うメインキーワードとします。

3. 「2」のキーワードをキーワードプランナーに入れる

記事単位のメインキーワードを決めたら、「Googleキーワードプランナー」でキーワード候補をチェックしてみましょう!

キーワードプランナーを開いたら、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードから開始の検索窓」にキーワードを入れて、「結果を表示」をクリックします。今回は「バーベキュー 大阪」を入れました。

検索結果が出てきたら、右上の「キーワード候補をダウンロード」をクリックし、GoogleスプレッドシートかCSVファイルで保存してください。

以上で、キーワード候補を用意できました。

この中から自分が書きたい記事に一番マッチしているキーワードを選んで、記事を書いていきます。

今回ボクは「大阪のオススメバーベキュー会場」をいくつか知っていて、読者におすすめポイントを紹介できるので、「大阪で雨天でもバーベキューができる、食材持ち込み可能なお店を紹介する記事」を書く想定で進めます。

4.検索意図を考えながらキーワードを選ぶ(重要)

最後に、検索意図を考えながらキーワードを決めましょう。

ロングテールキーワードには検索意図が含まれているとお伝えしましたが、この検索意図を考えながらロングテールキーワードを選択することが重要です。

先ほど「3」にてダウンロードしたロングテールキーワードを見ていくと、『雨 バーベキュー 大阪 持ち込み 可』というキーワードがありました。

この検索意図は、「大阪でバーベキューをする際に、雨天でもできて、持ち込みも可能なお店を見つけたい」と考えられます。

ボクの書きたい記事「大阪で雨天でもバーベキューができる持ち込み可能なお店を紹介」の記事の趣旨とほぼ同じです!

このように、検索意図と自分が書く記事のテーマが合致するようなロングテールキーワードを見つけましょう。

ロングテールキーワードを意識しつつ記事を書こう!

ロングテールキーワードを決めたら、そのキーワードを意識して記事を書きましょう!

よくロングテールキーワードは「検索ボリュームが多いものから記事を書きましょう!」と言われますが、正直ボクはおすすめしません。

検索ボリュームが高いかどうかよりも、検索意図と記事内容がマッチしているかが大事です。検索ボリュームに惑わされず、検索意図に合いそうな記事が書けるならそちらを選びましょう。

ツールで調べると検索ボリュームは小さくても、実際に記事の内容が良ければGoogleが必要な人に必要な記事を届けてくれます。場合によっては、他の検索キーワードからもアクセスが集まることもありますよ!

タイトルや見出しを少し変えただけなど「バーベキュー 大阪」のキーワードで書く記事と大差が無い内容だと意味がありません。

雨の日にできる持ち込み可のバーベキュースポットを紹介することはもちろん、
雨の日の対策やおすすめグッズ、持ち込む道具・食材、注意点など、
周辺情報も含めて網羅的に知りたい情報をしっかりと提供しましょう。

記事の中身をしっかり充実させながら、記事を増やすことを心掛けましょう!

T部長

まとめ

今回はロングテールキーワードとは何かと選定方法について紹介しました。

ロングテールキーワードは、複数のキーワードから成り立っており、検索数が少ないけどコンバージョン率が高いという特徴があります。

また、購買意欲が高い人のアクセスを集めやすく、検索意図に合わせた記事が書きやすいといったメリットがあります。

ロングテールキーワードの選び方は、以下の4つのステップをお伝えしました。

  1. 自分の書きたい記事を決める
  2. 集客したいメインの検索キーワードを決める
  3. 「2」のキーワードをキーワードプランナーに入れる
  4. 検索意図を考えながらキーワードを選ぶ(重要)

ロングテールキーワードは、初心者には理解するのは難しい部分もありますが、記事の質やコンバージョン率が変わりますので、記事作成に慣れてきたら一度チャレンジしてみてください!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

ボクが中の人を務める国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、
2020年11月5日まで【ドメイン永久無料】【ご利用料金最大6480円Off】になる超お得なキャンペーンを開催中です。

過去最大級にお得なキャンペーン内容なので、ぜひこの機会にご利用をご検討ください!

期間中のお申込ならサーバー料金だけで独自ドメインのWordPressブログが作れます。

サービスお申し込み、キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

⇒ドメイン永久無料&ご利用料金最大6480円Offキャンペーン

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方でも超定番のWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!