国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

ブログが読まれない原因とは!0PVから読まれるブログに変える方法を解説

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(4.5)
難しさ
(2.0)

こんにちは!T部長です。

せっかくブログを始めたのに、なかなかアクセスが増えずに苦しんでいる人は多いと思います。
そこで今回は、「なぜPVが増えないのか」「どうすればアクセスが伸びるのか」について解説していきます!

T部長

この記事は次のような人におすすめ!

  • ブログのアクセスがほとんどない人
  • 自分のブログの改善点を知りたい人
  • いつになればアクセスが増えるのかわからず不安な人

アクセスよりも継続して記事を作るのが大事とわかってはいても、心を込めて作った記事のPVはやっぱり気になってしまうもの。

この記事で紹介するポイントを押さえて記事やブログを見直せば、今後のアクセスの伸びに期待できますよ!

それでは、どうぞ!

「読まれるブログ」とは

今回の記事でお話する「読まれるブログ」は、検索からの流入で多くのPVを獲得するブログを指します。
たくさんのアクセスを稼いでいるブログのほとんどは、検索流入を活用してブログへの集客を行っているんですよ。

他には、ブログとSNSを組み合わせてアクセスを増やす手法もあります。
SNS戦略について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

ブログでマネタイズならSNSを活用しよう!最高月1,200万円稼ぐブロガーが解説 ツイッター ブログ初心者のためのツイッター活用方法!SNSも一緒にはじめよう

【解説の前に】作ってすぐなら読まれなくて当たり前

まず大前提なのですが、ブログを作って数週間や一ヶ月で全然アクセスがないのは「当たり前」です。

ボク自身も大学時代からいくつもブログを運営した経験がありますが、ブログ立ち上げ当初は毎回ほとんどアクセスがありませんでした。
PVを追いかけてもモチベーションが下がる一方なので、「有益な記事の制作」だけに集中していましたよ。

皆さんもまだその段階であれば、一旦アクセスは気にせず、記事をしっかり作ることをおすすめします!

立ち上げて間もないブログが読まれない理由

「書く技術があればすぐにアクセスが稼げるのでは?」と考える人もいるかもしれません。

ですが、熟練のライターでも立ち上げ直後のブログで成果を出すのはかなり難しいです。

なぜなら、ブログを作ってすぐにアクセスが伸びないのには、以下のような理由があるからです。

  • 検索結果に反映されないから
  • 記事の本数が少ないから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索結果に反映されないから

ブログにとって、アクセスの入口のほとんどは「検索」です。

検索結果に反映されるには、Googleに自分のブログの存在を認識してもらう必要があります。

検索結果に反映されるまでのメカニズムは、次の図のような形です。

  1. クローラーが記事を発見
  2. クローラーが記事を検索エンジンのデータベースに登録する
  3. 検索エンジンでランキング付けされる

クローラー(Googlebot)とはGoogleが開発した自動循環ロボットで、インターネット上をかけまわり、Webサイトを発見して、サイトの情報を解析してくれるシステム。

SEO対策をしっかり行っても、検索結果に反映され始めるまでにはかなりの期間を要します。

どれくらいの期間が必要かはブログによって違うため一概にはいえませんが、3ヶ月~半年程度は様子を見てみましょう

そのあいだ、まずは記事の充実に力を注いでください!

記事の本数が少ないから

そもそも記事の本数が少なければアクセスは集まりません。
読者が検索で訪れる入口を作るため、まずは記事の本数を充実させましょう。

初心者であればまずは30本、最終的には100本を目指してみてください。

「何本書けば確実にアクセスが伸びるか」という指標はありませんが、100記事を書ききるころには、ある程度安定したPVを獲得できるようになりますよ。

すでに記事のストックがたくさんあるなら改善の余地あり!

  • ブログを初めて3ヶ月以上経っている
  • 100本近い記事を書いている

この2つを満たしたうえで日々のアクセスがほとんどないようなら、どこかに改善するべきポイントがあるはずです。
なぜアクセスが伸びないのか、自分のブログと見比べながら原因を考えていきましょう。

T部長

まだ記事本数が少ない人も、読まれない原因と解決法を知っておくのは大事!この記事を読めば、これから作るコンテンツの質も高まりますよ!

ブログが読まれない原因

先ほどもお話したように、ブログのアクセスの多くは「検索」から発生します。
検索でアクセスを伸ばすには、以下のサイクルをしっかりと作ることが大事です。

検索でアクセスを伸ばすサイクル
  1. 記事を作り、検索上位に表示される
  2. 検索した読者から自分のブログをクリックしてもらう
  3. 読者に内容について満足してもらう
  4. Googleに「検索結果にマッチした記事」と評価され、長く検索上位に表示され続ける

「なかなかブログでアクセスが伸びない…」という人は、この流れのどこかでつまづいてしまっている可能性があります。
アクセスがうまく伸びないときに考えられる5つの原因についてご紹介していきます。

読者目線での記事制作ができていない

ブログが読まれない原因として、まず「読者のニーズを考えた記事づくりができていない」ことがあげられます。
記事制作において、「自分の書きたい内容を書きたいように書く」のではなく、「読者が知りたい内容をわかりやすく伝える」ことが非常に重要なんです。

そして書いた記事にアクセスが生まれる第一歩が、「検索結果で読者から記事を認識されること」です。
ここがうまく機能していないと、せっかく記事を書いても読者とつながるきっかけができません。

まずは検索上位に記事を表示させる。これが「読まれるブログ」になる最も基本的な条件です。

そして検索結果の上位に記事が反映されるには、検索を通して「読者が何を知りたいか」にしっかりと答えられている記事でなくてはいけません。

記事を作る前に、まず検索上位表示を狙う検索キーワードを設定。
そして、そのキーワードで検索を行う読者がどんな悩みを抱えているのかを想像してみてください。
もしいま、キーワードを通して読者の目線でニーズを考えられていないのであれば、まずこの姿勢を取り入れてみるのをおすすめします。

また、記事の内容はもちろんですが、ブログ全体の実績も検索順位に大いに影響します。
それは「ドメインパワー」と呼ばれ、「有益なコンテンツをたくさん持っている」「外部サイトから良質なリンクを集められている」などの要素で成長していきます。
ドメインパワーが高まれば、検索順位もあがりやすくなりますよ。

ドメインパワーについては、こちらの記事をご確認ください!

ドメインでSEO評価は変わる?ドメインパワーについて解説!

タイトルが魅力的に作られていない

検索上位に表示されて読者から記事を認識されると、次は「同じ検索結果で表示されている他の記事との戦い」が始まります。

検索結果の上から順に、「私の知りたい内容が書いてある記事はどれだろう?」と読者が選ぶフェーズに突入するんです。
読者が自分の悩みに合っているかを判断する大きな要素が「タイトル」です。

タイトルを読み、他の記事と比べて最も興味を惹かれるものだと感じれば、読者は記事をクリックしてくれます。

反対に、他の記事と大差のないタイトルであれば、自分の記事より上の順位がクリックされるでしょう。
そこで満足されてしまったら、読者はもう自分の記事を読んでくれません。

記事の内容を端的に表していることを前提に、他の記事よりも魅力的なタイトルをつける工夫をしましょう。

導入で読者を引き込めていない

冒頭の文章で、読者が「これは自分の知りたかった内容じゃないな」と思えば、すぐに記事から離脱してしまいます。
想像していた内容と実際の記事が違ってブラウザバックした経験は、みなさんもあるのではないでしょうか。

せっかくタイトルで選んでもらっても、すぐにブラウザバックされてしまってはクリックされていないのとほとんど変わりませんよね。
さらにこうした行動が何度も続くと、Googleは「この記事は読者が求めている情報じゃない」と評価を下げ、検索順位が下がってしまいます。

ここで大切なのが記事の冒頭である「導入」

当ブログでは、「誰に対して」「どんな悩みを解決する記事か」をタイトルや冒頭で示して、自分にぴったりな記事だと納得してもらうことを大切にしています。

長くアクセスを伸ばしていくためにも、最初に読者の心をがっちりつかんでおくのは重要ですよ。

自分にしか書けない「有益な情報」を盛り込めていない

たとえ記事の内容が正しいものだとしても、その内容に読者が納得するには「信頼」が必要です。
その「信頼」を生み出す要因の一つが、ブロガー自身の体験や経験をもとにした有益な情報の発信ができていること。

たとえば当ブログでは、ボクがレンタルサーバーの「中の人」として多くのブログにかかわってきて得た知識や、自分自身でもいくつもブログを運営してきた経験をもとに記事を制作しています。

だからこそ、情報も自分の経験上で実感できていて、皆さんの役に立つだろうと思っている情報をセレクトしてお伝えできています。

ですが、ネットで調べたありきたりな情報だけが並んでいるようだったらどうでしょうか。
その情報が正しいか検証するため、同じ主張でも体験談を盛り込んだ説得力のある内容のブログに移ってしまうかもしれません。

自分の記事の情報が信頼されれば他の記事を読んでもらえる可能性も上がるのに、それではもったいないですよね。

なにも専門的な知識や素晴らしい実績が必要というわけではありません!
「初心者のころ、同じ悩みを抱えていた」「プロではないが、趣味で続けている」といった、個人的な体験でも十分です。
自分にしか書けない、自分が体験したからこそ伝えたい内容を盛り込んでみてください。

読者にストレスを与えてしまっている

読者にとってストレスのない記事であることも大切です。
読者としては「自分に必要な情報が得られればどの記事でもいい」ので、些細なものでも気になる要素があれば、すぐ離れていってしまいます。

読者目線でのコンテンツ作りも大事ですが、読者目線での「記事自体が読みやすいかどうか」のチェックも忘れてはいけません。
注意すべきポイントをいくつかご紹介しますね。

記事を離れてしまう原因の例
  • ページの表示が重い
  • 長文が多い
  • 誤字脱字が多い
  • 広告を過剰に貼っている
  • 目次や見出しがなく、知りたい情報がどこかわからない
  • 文字色が多く、要点がわかりづらい

ページの表示が遅いブログでよくあるのが、「画像・イラスト」を豊富に使った結果、データが重くなっているケース

画像やイラストをたくさん使ってわかりやすく伝えるのは確かに素晴らしい心がけです。
しかし、一個一個のファイルサイズが大きいと、どうしても読み込み速度に影響が出てしまうので注意しましょう。

画像のリサイズは、ブログの表示速度を早める最も手っ取り早い手段といえます。
心当たりがあればチェックしてみてください。

画像サイズの調整については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

ブログの最適な画像サイズとは?最適化する理由やおすすめツールも紹介

T部長

ブログの表示速度はSEOにも関連しているので、なるべく早い表示速度を目指せばアクセス改善につながります!

読まれるブログに変える方法

すでにある程度記事を書いている人向けに、記事を書くときの考え方や改善策をご紹介します。
検索上位に表示され続けるには、記事を通して「読者の役に立つ」記事作りが重要です。
これまで作ってきた記事の見直しや、新しく記事を制作する際の方針としてぜひ活用してください!

検索キーワードを想定して記事を制作する

読者の目に触れるには、まずは検索上位への表示が第一。
記事が読まれるときの「検索キーワード」を意識した記事づくりをしましょう。

検索キーワードを意識するというのは、検索したときの読者の気持ちを想像して、それを先回りするような記事を書くこと。
「自分がどんな記事を書きたいか」ではなく、「読者がどんな記事を読みたいか」を考えてください。

キーワードひとつとっても、具体的に何が知りたいのかは人によって違います。
何を採用して、何を捨てるのかを選ぶのも非常に重要なんですよ。

たとえば、「英会話教室」で検索を行ったとします。
すると、関連キーワードに以下のようなものが表示されます。

「英会話教室 キッズ」
「英会話教室 大人」
「英会話教室 オンライン」
「英会話教室 安い」
「英会話教室 ランキング」

「英会話教室 キッズ」と「英会話教室 大人」だけでも、まったく違う内容の記事になりそうですよね。

もう少し踏み込んで、忙しいサラリーマンや主婦に向けて「英会話教室 大人×オンライン」の記事にする。
とにかく子どもを英語に触れさせたい人向けに「英会話教室 キッズ×安い」の記事を作る。

オンラインだけでオススメを知りたいニーズを満たすために「英会話教室 オンライン×ランキング」の記事を用意する……。

少し考えるだけでも、いろいろなパターンが浮かんでくると思います。

それぞれの検索キーワードでどんな記事が求められているかをまず想定して記事を書く。
これがアクセスアップに向けた第一歩です。

T部長

ただ検索キーワードを決めるだけでなく、「自分ならそのキーワードで有益な情報を書ける」と思えるものを選びましょう!

「勝てる」「検索される」検索キーワードを選ぶ

狙っていく検索キーワードを決めて記事を作っても、なかなか結果が出ないときもあると思います。
その原因として、大きく以下の2パターンが考えられます。

①検索結果にライバルサイトが多い

企業などドメインパワーの大きなサイトが検索上位を独占しているケース。

検索キーワードの月間検索数が多いとこの状態になりがちです。

②そもそも検索されていない

狙ったキーワードで上位表示されていてもアクセスがほとんどない場合は、そもそも検索されている数が少ない可能性があります。

これらは、キーワードの「選び方」によって解決できます。
オススメは検索ボリュームが100以上の「ロングテールキーワード」を選ぶことです!

ロングテールキーワードとは、3語以上のキーワードを組み合わせた検索キーワード
1語だけのキーワードと比べて検索ボリュームが少なく、ニーズも限定されるため、記事内容をイメージしやすいのが特徴です。

記事が増え、多くのキーワードから流入されてドメインパワーが高まってくれば、より大きなワードを狙えるようになると思います。
そこに向けて、まず最初は成果の出やすいところから始めていきましょう!

ロングテールキーワードの基礎知識や選び方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ロングテールキーワードとは?選び方・基礎知識を詳しく解説

読者の悩みを解決する「答え」を用意する

検索キーワードから想定される悩みや課題の「答え」を、自分の中に明確に用意しておきましょう。
読者は悩みを解消するために記事を読むので、読者の欲しい情報が書かれていなければ、読者を満足させることはできません。

さまざまなキーワードで読者が満足する「答え」を提示するには、自分の体験を活用するだけでなく、日々の勉強が大事になってきます。
興味があって自分自身も調べたいジャンルであれば、自然と内容も充実していくでしょう。

反対に、「稼げそうだから」という理由で興味のないキーワードを選ぶと、読者の課題や悩みに対する「答え」に信頼感が出ません。
興味のないジャンルの記事を頑張って調べて書くのは非常にエネルギーを使いますし、その道のプロにはどうしても及ばず、結果も出しづらくなってしまいます。

自分の中に読者を満足させられる「答え」を用意できるテーマを選びましょう!

自分にしか書けない内容で信頼を得る

記事には、自分自身の体験や実績をもとにした根拠を盛り込みましょう。
より内容に具体性が増し、説得力をもたせられます。

たとえば「おすすめ映画10本をご紹介します!」と言うよりも、「一年間に映画100本観る僕がおすすめ映画10本をご紹介します!」と言ったほうが信頼度が上がりますよね。
また、プロフィールで自分自身について読者に知ってもらうのも有効です。

自分の経験は自分にしか表現できないので、他の記事との差別化にもつながります!
ぜひ積極的に取り入れてみてください。

自分ならではの内容でコンテンツに厚みをもたせて、「この記事なら信頼できそう!」と思われるようにしましょう!

記事構成で伝わりやすい流れを作る

いざキーワードが決まったら、次は読者に読んでもらえる記事を制作していきます。

ですが、「記事の内容を思いついたからすぐ本文を書き始めよう」はNG!
読者が知りたい内容を、知りたい順に配置することが重要です。

まずは記事の設計図ともいえる「記事構成」を考えてみましょう。
構成を作ると記事の全体像を整理できるため、記事の読みやすさを向上させられるのはもちろん、自分自身も記事を書きやすくなりますよ。

記事構成とは

「記事で伝える内容」や「記事の流れ」を書き出し、順番や情報量のバランスを整理したもの。
当ブログでは、見出しごとにどんな内容にするかをまとめています。

※クリックで拡大します

ただ単に流れをまとめるだけでなく、「検索で記事に訪れた読者の状態」をイメージするのがポイント。
何をどの順番で伝えれば理解してもらえるのかを考えながら制作しましょう。

構成の作り方に関しては、こちらで詳しくご紹介していますよ。

人気ブログを作る!初心者でもできる記事構成の作り方3ステップ

冒頭の文章で期待感をもたせる

記事の中で最も重要なのは冒頭の文章、つまり「導入」です。

導入の文章で読者は「この記事が自分にとって必要な情報か」を判断します。
ここで読者の心をつかまないとすぐに離れていってしまうんですね。

導入は、「これは自分のための記事だ!」と共感してもらい、「この記事を読めば自分の悩みを解決できるんだ!」と期待してもらうのが役割。
以下のような内容を意識しましょう。

導入に盛り込みたい内容
  • 読者が抱えている悩み
  • 記事を読めば悩みを解決できること
  • 悩みを解決できる根拠
  • 記事の内容を簡潔に
  • 記事を通して実現できること

この内容を押さえれば、読者は信頼と期待を持って本文へと移ってくれます。
ぜひ意識して書いてみてください!

わかりやすい本文で理解を促す

期待を持って読み進める読者に、具体的な悩みの解決策を提示するのが「本文」
しっかりと読み進めて内容を理解してもらうために、「わかりやすさ」を重視して文章を作るのが大事です。

論理展開のオススメは、プレゼンや論文などでもよく使われる「PREP法」です。
まずは、こちらの流れを基本型にしてみましょう。

PREP法
  1. 結論【〇〇です】:まず読者に悩みの解決策を伝える
  2. 理由【なぜなら~】:解決する理由で納得感を与える
  3. 具体例【たとえば~】:イメージしやすい例を伝えて、説得力を高める
  4. 結論【よって~〇〇です】:再度結論を伝えて、印象を強める

PREP法の流れに沿って解決策を伝えれば、論理性が高まり信頼できる情報として受け入れてもらいやすくなります。
記事を書く側も必要な情報を整理でき、文章も書きやすくなりますよ。

読者の理解を深めるために、わかりやすい本文を心がけましょう!

「まとめ」で内容のおさらいと関連記事への誘導

記事の最後に書く「まとめ」も、読まれるブログになるうえで重要なポイント。
記事を通して読者の満足度を高めれば、Googleからの評価も高まり、検索上位に長くとどまれるようになりますよ。

伝わりやすいまとめ部分の流れについてご紹介します。

「まとめ」の流れ
  1. 記事の内容について簡潔に振り返る
    記事の内容に関して振り返り、要点を読者に思い出してもらう。
  2. 紹介した方法によって悩みが解決されたことを伝える
    改めて読者の悩みが解決でき、それによって今後どんな未来が待ち受けているかを伝え、満足度を高める。
  3. 関連する悩みを解決する記事へのリンクを貼る
    読者に記事のテーマと近い記事を紹介し、さらに多くの記事を読んでもらえるよう促す。

まず、記事の内容について改めておさらいして、読者に理解を深めてもらいます。
自分の悩みが解消できたことを実感してもらうとともに、別の記事へと誘導して、多くの記事が読まれる流れを作っていきましょう。

魅力的なタイトルでライバルと差別化する

どれだけコンテンツに有益な情報を盛り込めていても、ありきたりなタイトルでは結局一番上の記事が選ばれてしまいます。
自分の狙ったキーワードで検索上位に上がってきたら、他のブログの記事と自分の記事のタイトルを見比べてみましょう。

内容が端的に理解できるかはもちろん、わかりやすく数字を駆使したり「初心者必見!」など伝えたい相手にメッセージを送ったりしてみるのも大事。
クリックされるかどうかに直接かかわるポイントなので、ぜひじっくり考えて作ってください。

タイトルの付け方については、こちらの記事でも詳しく紹介しています!

【必見!】読まれるブログの記事タイトルのつけ方!4つのコツを解説

リライトで読者の満足度を高め続ける

記事は作って終わりではなく、検索結果の上位に表示されるように内容を修正するのが大切です。

記事の内容が読者に伝わりやすいよう、記事内の文章や画像を差し替える、よりクリックされやすいタイトルに変更するなど、内容をより深めていきましょう。

とはいえ、検索結果が実際に反映されるまではある程度の期間を必要とします。
少なくとも投稿から一ヶ月程度は様子を見てみることをオススメします。

また、一度記事順位が上がっても油断はできません。
順位が大きく下がったときもリライトのタイミングです。
定期的に追いかけて、メンテナンスを欠かさないようにしてください!

ブログの検索順位のチェック方法についてはこちら。

【SEO対策】ブログの検索順位の調べ方を説明!無料ツールの特徴まとめ

T部長

古くなった情報をアップデートするのにもリライトは大事!たとえ上位をキープしていても、読者を混乱させないよう手を入れるのも情報を発信する側の責任ですよ。

まとめ

ここまでブログにアクセスがない原因とその対処法についてお伝えしました。
以下、この記事のおさらいです。

まとめ
  • 始めたばかりのブログは読まれなくて当たり前!
  • アクセスを上げるにはまず「検索順位を上げる」ところから
  • 読者目線の記事作りを心がければアクセスは集まる!

タイトルでクリックされるためのポイントなどテクニカルな要素もあります。
ですが、基本的には「読まれる記事づくり」を実直にやっていくのがアクセス向上の一番の近道。

価値あるコンテンツで、訪れた人に満足してもらえる記事づくりを心がけたいですね。

アクセスが伸びてくればブログ運営はぐっと楽しくなるので、まずは基礎を固めるのが大事です。

今は苗に水をやっている時期。花が咲くまで頑張って育てていきましょう!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2022年10月13日12時まで、
利用料金最大30%OFFキャンペーンを開催中です!

今なら693円~お得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!