国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

初心者のためのブログ始め方講座

国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

【初心者向け】WordPressとは?メリット・デメリットやできることを解説!

\この記事をシェアする/

T部長

当メディアはリンクフリーです。SNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

【2023年6月29日更新】記事が読みやすくなるように、全体を調整しました。

この記事のレベル
初心者
(3.0)
重要度
(3.0)
難しさ
(2.0)

こんにちは、T部長です!

ブログやホームぺージを作るために、初心者からプロまで幅広く利用されている「WordPress」。

これから利用する予定の方や、すでに利用中の方でも、「そもそもWordPressが何なのか」「どうして人気なのか」を知らないこともあるでしょう。

そこで今回は、業界歴10年以上のボクが「WordPressとはどういったものなのか」を解説します。

T部長

この記事は以下のような人におすすめ!

  • WordPressがどのようなソフトウェアか人に説明できるようになりたい
  • WordPressが人気の理由を知りたい
  • WordPressのメリットやデメリットを知りたい

この記事では、WordPressが人気な理由や、利用するときに必要なモノなど、基礎知識を中心にまとめました。

WordPressをまだ使ったことのない方WordPressでWebサイトを運営しているけど実はよく分かっていない方は、ぜひ読んでみていただきたい内容です。

基礎を押さえることで、今まで以上に活用できるようになりますよ!

それでは、どうぞ!

▼動画でも解説しています▼

WordPressとは

WordPressとは、だれでも簡単にブログやWebサイトの作成ができるソフトウェアである「コンテンツマネジメントシステム(CMS)」の一つです。

本来、Webサイトを作成する場合、HTMLやCSSといったプログラミング言語を知っていないと作成できないのですが、WordPressではそのような専門知識は必要ありません!

WordPressではればWordPress製作スキルが不要

WordPressというCMSがHTMLやCSSを自動生成してくれるため、ブログ初心者や、ホームページ制作経験、プログラム経験がない方でも簡単にWebサイトが作成できます。

この使い勝手の良さから、CMSを利用しているWebサイトの63パーセント以上がWordPressで作られています。

CMSを利用しているWebサイトの6割以上がWordPress

出典:Usage statistics of content management systems| W3 Techs

しかも毎年、Webサイトのシェア率を増やしています!

エックスサーバーのお客様も、5年〜10年前は他のCMSを使用する方も多かったのですが、ここ数年はECサイトなど特殊なケースを除いて、8割以上がWordPressを使っている印象です。

ブログにもWordPressが圧倒的に使われている

WordPressを利用して、世界中でさまざまなジャンルのWebサイトが作られていますが、ブログにおいてもWordPressが圧倒的に利用されています。

というのも、WordPressは元々ブログ向けのシンプルなCMSとして作られているため、ブログ運営には最適。

また、最近では会社のホームページにもWordPressを使用する例も増えています。

ブログをはじめ、あらゆるWebサイトの構築に「WordPress」は使われているのです。

WordPressのメリット8つ

先ほどシェアが63パーセント以上とお伝えしましたが、「WordPressがどうしてこんなに利用されているの?」と疑問に思った方は、多いのではないでしょうか?

ここからは、ボクが考えるWordPressを使うことによるメリットを8つ解説します。

以下でそれぞれ順番に説明していきます。

1.無料で利用できる(※サーバー・ドメインは有料)

無料で利用できる

まず、WordPressが多くの人に使用される理由のひとつに、無料で利用できることが挙げられます。

厳密には、WordPressを設置するサーバーやドメインの費用が必要にはなりますが、相場は月1000円程度。

これなら若い人でもお小遣いの範囲で利用できますし、個人でも少ない負担でWebサイトを準備できるでしょう。

費用負担のハードルが低いことで、WordPressを利用してサイト運営にチャレンジしやすくなるのが大きなメリットです。

無料で利用できる理由は?

WordPressは、オープンソースソフトウェア(OSS)と呼ばれるものの一種。
オープンソースソフトウェアとは、ソースコードを無償で公開しており、誰でも自由に改変や再配布ができるソフトウェアです。

また、テーマやプラグインの開発、翻訳などはWordPressコミュニティのボランティアで成り立っています。

上記のような理由から、WordPressやプラグインなどの各種機能を無料で利用することが可能なのです。

メモ

なかには有料のプラグインやテーマもあるため、それらを導入する場合は別途費用がかかります。

ちなみに......

WordPressコミュニティでは、定期的に「WordPress meetup」や「WordCamp」と呼ばれるイベントも開かれており、勉強会や情報交換が活発に行われています。

参考 WordPress イベント「WordCamp」の日本語公式サイトWordCamp Japan

当社でもWordCampのスポンサーとしてコミュニティの運営を支援しています!

2.手軽に機能を追加できる

出典:WordPress.org

WordPressでは、「プラグイン」という拡張機能により、標準状態にはない機能を必要に応じて自由に付け加えられます。

WordPressで追加できる機能
  • 問い合わせフォームの作成や導入
  • 目次の自動表示
  • セキュリティの強化
  • etc……

プラグインの使用方法は、対象のプラグインを検索し、インストールしてから有効化するだけです。

WordPressの公式サイトで提供されているプラグイン数は、なんと60,629個(2023年6月時点)!非常に多くのプラグインが提供されており、バージョンアップも頻繁に行われています。

この充実したプラグインが、WordPressを人気にする理由のひとつ。プラグインを使うことで、WordPressを自分好みの仕様にカスタマイズできます。

数あるなかから、ボクがおすすめするプラグインは以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

WordPress おすすめプラグイン12選 【2023年版】WordPressで導入必須のプラグインおすすめ12選

3.初心者でも直感的に記事作成ができる

WordPressを使えば、専門知識がないブログ初心者でも、直感的な操作で記事作成が可能です。

記事作成では、WordPressの編集機能である「ブロックエディタ」を使って執筆します。

ブロックエディタ

ブロックエディタとは、WordPress5.0より標準搭載となった、文章や画像などを「ブロック」という単位で管理していくエディタです。

HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、記事の執筆や装飾などを直感的な操作で反映できるため、初心者でも効率的に執筆をおこなえます。

WordPressで編集を行う上で、ブロックエディタの知識は必須となります。以下の記事でブロックエディタの使い方を詳細に解説していますので、あわせてご覧ください。

【図解あり】WordPressブロックエディタ(Gutenberg)の使い方

4.SEO対策がしやすい

WordPressによるブログ運営は、無料ブログサービスと比べて「SEO対策」がしやすいというメリットがあります。

SEO対策とは

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、直訳すると「検索エンジン最適化」という意味です。

つまり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたときに、自分のサイトが他のサイトよりも上位に表示されやすい状態にすることを「SEO対策」と言います。

その理由は以下のとおりです。

SEO対策がしやすい理由
  • 独自ドメインで運用できる
  • 内部SEO対策がしやすい
  • 見やすく分かりやすい記事を作れる

ひとことで伝えると、WordPressには「検索エンジンにも読者にもわかりやすいコンテンツを作れる」という特徴があります。
この特徴が、SEO対策のしやすさにつながるのです。

以下の記事では、SEO対策について詳しく解説しています。ブログで安定的にアクセスを集める方法として必須の知識なので、ぜひご覧ください。

アイキャッチ 【超重要】ブログにおけるSEO対策の本質!初心者向けに知っておきたいポイントを解説

5.デザインの自由度が高い

デザインの自由度が高い

出典:WordPress.org

WordPressには、サイトのデザインや構成を変更するための、「テーマ」と呼ばれるテンプレートがあります。
このテーマを使えば、まるで企業のホームページのような美しいデザインのサイトを、直感的に作成可能です。

WordPress公式からは、2023年6月時点で10,960個もの無料テーマが提供されています。たくさんのテーマの中から、自分の気に入ったデザインを選べるのもWordPressの魅力でしょう。

さらに、WordPressテーマのなかには、高品質・おしゃれなデザインが多数用意されています。

これらを使えば、WordPressひとつで、次のようなサイトを作成できます。

WordPressで作成できるサイト例
  • 企業が用意するコーポレートサイト
  • お店の商品やサービスをオンラインで販売するECショップ
  • 写真家や画家が自分の作品を載せるためのポートフォリオサイト
  • 最新のニュースや役立つ情報を多角的に発信するオウンドメディア
  • 自分のことや自社をアピールするためのブランディングサイト

上記は、ほんの一例に過ぎません。

WordPressのテーマは、非常に多くのジャンルに対応しているため、「超有名企業」や「田舎で暮らす個人のブロガー」など、イメージあわせたデザインが見つかるでしょう。

6.ネット上にWordPressに関する情報がたくさんある

前述したように、WordPressは多数のユーザに利用されているため、問題が起きた時の解決策や新しい情報などが、日本だけでなく世界中でシェアされています。

そのため、WordPressについてインターネットで検索すると、必要な情報が見つけやすいでしょう。

たとえば、「この操作どうすればいいのかな?」「このプラグインの使い方がわからない」という場合でも、調べるとすぐに解決策が見つけられる場合が多いです。

最近ではYouTubeで解説している方もいますので、動画で使い方を知ることもできます。

T部長

操作途中でわからないことがあっても、疑問を解決しやすく、日本語での情報も豊富にあるため安心です!

WordPressの基本的な操作方法は、次の記事でも解説しています。あわせてご覧ください。

【初心者向け】WordPressの使い方!インストールからブログの設定までを5ステップで解説

7.利用者目線を大切にしている(最重要)

WordPressが世界で一番使われるCMSになった最大の理由は「利用者目線を大切にしている」点だと、ボクは考えています。

WordPressを利用すれば、専門知識がない人でも「直感的に」それなりのブログやWebサイトが作成可能です。

また、アップデート(更新)でも互換性を常に意識しており、エラー対応などで利用者への負担が増えないように努力されています

WordPress以外のCMSを使ったことがない人にとっては当たり前のように思えるかもしれませんが、決して当たり前ではありません。

利用者の使い勝手を重視し、初心者からプロまで使いやすく設計されているからこそ、WordPressは多くの人に選ばれているのです。

8.圧倒的シェアで改善も活発

繰り返しになりますが、WordPressのシェアは63%以上(2位はたったの5.7%)と圧倒的です。

これほどまでに人気の差があるのは、WordPressが他のCMSよりも活発なコミュニティにより、積極的な開発や改善が続けられているからでしょう。

実際、毎年シェアを拡大し続けており、現状ではWordPressにとってかわるCMSが出てくることは考えられません。

T部長

ブログ初心者がWordPress以外のCMSを使うメリットはありません。

その他、無料ブログサービスとの違いなどは、以下の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください!

有料ブログ(WordPress)と無料ブログはどっちがおすすめ?違いやメリット・デメリットを解説

WordPressのデメリット3つ

WordPressのデメリット

WordPressにも当然デメリットがあり、いくつか注意すべき事項があります。

以下の3つについて順番に説明していきます。

1.セキュリティ対策が必要

WordPressは、現在サイバー攻撃で最も狙われやすいWebサイトとなっています。

その要因として、「世界中の多くの人に使用されていること」や、「一般の人のセキュリティへの関心があまり高くない」ことが挙げられるでしょう。

過去には、WordPressで大きな脆弱性(セキュリティ上の欠陥)があり、世界中のWordPressサイトが改ざんされる事件もありました。

もしも、自分のWebサイトがハッキングされてしまうと、一生懸命書いた記事がめちゃくちゃな内容にされてしまてしまうことも……。

そうならないために、セキュリティ対策として、WordPress本体やプラグインのバージョンは最新の状態にしておきましょう!

また、レンタルサーバーでは、WordPressのセキュリティを強化する機能もありますので、あわせて利用をおすすめします。

T部長

エックスサーバーでは「国外IPアクセス制限機能」や「ログイン試行回数制限機能」など、WordPressをより安全に利用できる機能を提供しています!

WordPressのセキュリティ対策については、以下の記事でも解説しています。

【WordPressセキュリティ】初心者でも簡単にできる4つの対策

2.エラーが起きた時に自分で対処する必要がある

エラーが起きた時に自分で対処する必要がある

WordPressは、アップデートやプラグインの影響で、以下のような問題が起きることがあります。

  • WordPressをアップデートした途端、管理画面が表示されなくなった
  • あるプラグインが影響して、他のプラグインが機能しなくなった

このようなエラーが起きた場合、自分で対処しなければなりません。

「自分には専門知識がないから、エラーの対処なんて無理……」と心配しなくても大丈夫!

表示されたエラーをインターネットで検索すると、ほかの人が解決策を見つけている場合が多く、エラーの原因を特定しやすいのもWordPressの特徴です。

たとえエラーの原因がわからなくても、事前にバックアップをとっておくことでエラー前の元の状態に戻すこともできます。

バックアップの取り方は、以下の記事でも解説しています。

【初心者向け】おすすめのWordPressバックアップ方法とは?簡単なバックアップの設定方法を解説

3.サーバー・ドメインの設定には知識が必要

サーバー・ドメインの設定には知識が必要

WordPressを利用するために、有料の「サーバー」と「ドメイン」をあわせて用意するのが一般的です。
※「サーバー」と「ドメイン」については、のちほど解説します。

サーバーとドメインを用意してWordPressを利用するには、初心者の方にとっては少し難しく感じてしまうかも……。

慣れないうちは設定を間違えて、「Webサイトにアクセスできない」「エラーが表示された」といったアクシデントで、多くの時間を取られてしまうこともあります。

このようにWordPressは、無料ブログと比べると利用するためのハードルが高いのが、デメリットだと言えるでしょう。

なお、レンタルサーバーでは、簡単にWordPressを設置できるサービスがあることも多いです。
そういったサービスを利用すれば、初心者の方でも手軽にWordPressの利用を始められますよ!

「WordPressクイックスタート」なら簡単10分で設置完了!

当社の『エックスサーバー』にも「WordPressクイックスタート」というサービスがあります。
「WordPressクイックスタート」なら、一度の申し込みでドメインの取得やWordPressの設置などの必要な設定が、自動で完了します。

詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

WordPressを使用するために必要なもの

WordPressは、あくまでコンテンツを制作するためのソフトウェアです。

そのためWordPressを使ってWebサイトを運営するためには、土台となる以下のものが必要になります。

1.サーバーとドメイン

WordPressでWebサイトやブログを始めるためには、事前に「サーバー」と「ドメイン」を用意しておく必要があります。

サーバーとは、Webサイトに必要な情報を保管しておく場所で、ドメインは、Webサイトがどこにあるのか判断するための情報です。

イメージしにくいと思いますので、分かりやすく画像にしてみました。

サーバーと独自ドメイン
  • Webサイト(WordPress)が「家」
  • ドメインが「家の住所」
  • サーバーが「土地」

家を建てるためには住所で指定できる土地が必要ですよね。
「Webサイト(WordPress)」を家だとすると、それを設置するため土地である「サーバー」、アクセスするための住所となる「ドメイン」が必要になるのです。

これらを用意して必要な設定が完了すれば、ドメイン(URL)を利用してWebサイトへアクセスできるようになります!

サーバーとドメインについて、さらに詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

レンタルサーバー徹底解説 レンタルサーバーとは?仕組み・種類・できることまで徹底解説 【初心者向け】独自ドメインとは?メリットやおすすめ取得方法も解説

2.テーマ

次に必要なものが「テーマ」です。Webサイトが「家」だとすれば、テーマは家の「内装」にあたります。

あなたのブログにあったテーマを選ぶことで、理想どおりのWebサイトを作り上げることが可能です。

有料テーマであれば「CSS」「HTML」など専門知識がなくても、高品質なWebサイトを作れるようになりますよ。
また、最近は無料テーマでも、機能性が高いものも多く存在します。

おすすめの無料テーマは以下の記事でまとめていますので、これからWordPressでWebサイトやブログを始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブログ初心者必見!無料WordPressテーマの選び方解説|おすすめ無料テーマも紹介!

手間なく始めるにはレンタルサーバーがおすすめ

サーバーの準備やドメインの設定など、WordPressを利用する準備を大変に思うかもしれませんが、そのような面倒な作業を省略できる方法があります。

それは、ンタルサーバーのサービスを利用することです。

レンタルサーバーには、WordPressを利用するうえで次のようなメリットがありますよ!

レンタルサーバーを先に契約するメリット
  1. WordPressを簡単に設置できるサービスがある
  2. ドメインの取得もあわせて行える
  3. セキュリティ対策の機能がある
    etc……

※レンタルサーバーによって、上記のサービスや機能が提供されていない場合もあります。

レンタルサーバーなら、運営会社が個人の代わりにサーバーを管理・運用しているので、時間的にもコスト的にもメリットが多いです。

プランによっても異なりますが、月額1000円ほどから利用でき、費用もそこまで高くはありません。

いろいろな手間をかけずにWebサイトやブログを始めたい人は、積極的にレンタルサーバーの利用をおすすめします!

ボクが中の人を務めるエックスサーバーでWordPressを簡単に始める方法は、以下の記事が参考になります。ぜひ一度チェックしてみてください。

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

WordPress開設後にすべき4つのこと

WordPressを開設した後は、すぐにブログを執筆するのではなく、必ず行っておくべき設定が4つあります。

WordPress開設後にすべきこと
  1. サイトアドレスの確認
  2. パーマリンクの設定
  3. テーマの設定
  4. SSLの設定

これらの設定をブログ記事を書き始めたあとに行うと、修正負担が大きくなってしまいます

その他にも「サイトマップ」や「お問い合わせフォームの設置」、固定ページをつかった「プライバシーポリシー・免責事項」の記載なども必要です。(※こちらは記事を書き始めたあとでもOK)

以下の記事では各項目の設定方法や、その他最低限行っておきたい設定について解説しています。WordPressを開設された方は必読です。

【必須!】WordPressブログ開設後にやるべき初期設定13個

WordPressに関するよくある質問

ここからは、WordPressに関する「よくある質問」とその回答をご紹介します。

以下の内容が、WordPressの運営の参考になれば幸いです。

WordPresを完全無料で使う方法はありますか?

WordPressを「レンタルサーバー」「ドメイン」込みで、完全無料で使う方法はあります

具体的には、無料レンタルサーバーサービスである「Xfree」と、「無料で独自ドメイン取得できるサービス」を使う方法です。

ただし、無料のサーバーやドメインには、以下のようなデメリットがあります。

無料サーバーのデメリット
  1. 設定などの手間がかかる
  2. 広告が表示される
  3. 表示が安定しない
  4. 機能性が低い
  5. サポートがない
無料ドメインのデメリット
  1. ドメインの信頼性が低い
  2. サービスによっては利用条件がある

お試し程度に利用する場合はおすすめですが、本格的にWordPressでWebサイトやブログを始めたい方にはおすすめできません。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味がある方は読んでみてください。

WordPressを無料で利用する方法!メリット・デメリットも解説

WordPressには種類があるのですか?

WordPress自体には種類はありません。しかし、「利用方法」には以下の2つが存在します。

  • レンタルサーバーにWordPressをインストールする(一般的な方法)
    →広告掲載やデザインなど、サイト設計が自由にできる。
  • WordPress「.com」のサービスを利用する方法
    →広告掲載に制限があり、デザインの自由度も低い。

WordPressの利用方法は「WordPress.org」からソフトをダウンロードし、レンタルサーバーにインストールする方法と、「WordPress.com」というブログサービスを利用して運用する方法の2種類です。

「WordPress.com」から始めてしまうと、「テーマやプラグインを自由に選べない」「広告の設置に制限がある」「デザインの自由度が低い」などのデメリットがあります。

Webサイトやブログを始めようと、誤って「WordPress.com」に登録しないように注意しましょう。詳しくは以下の記事で解説しています。

WordPressは2種類ある!?「org・com」の違いと注意点を紹介

まとめ

今回は、WordPressのメリットやデメリット、人気の理由などの基礎知識を徹底解説しました。

本記事のまとめは、以下のとおりです。

まとめ
  • WordPressは、世界で最もシェア率の高いCMS
  • WordPressを使えば初心者でも本格的なブログの立ち上げができる
  • WordPressでサイトを立ち上げるにはサーバーとドメイン、テーマが必要

一見、WordPressの準備が難しく感じてしまいますが、レンタルサーバーのサービスを利用すれば、さまざまな手間を省けます

サーバー代とドメイン代は、あわせても月額1000円程度なので、Webサイトやブログを始める費用も格安です。(サイト制作を業者に頼むと、数十万費用が掛かる場合があります。)

ブログを始めようと思っている方がいれば、ぜひWordPressを使用してブログを始めてみてください!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2024年5月1日12時まで、サーバー利用料金が最大30%オフとなる割引キャンペーンを実施中です!

今なら月額693円~とお得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!

URLをコピーしました!