国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

noteとは?メリット・デメリットからブログとの違いまで解説

【2021年11月30日】noteの登録手順、実際の編集画面を追加しました。

この記事のレベル
初心者
(3.0)
重要度
(3.0)
難しさ
(1.0)

こんにちは、 T部長です!

最近「note」で書かれた記事を見かける機会が増えていませんか?

noteはブログと同じで情報発信ができるサービスですが「有料販売できる」「文章を書くことに特化」など独自の特徴があります。

今回はそんなnoteの紹介記事です。

T部長

この記事は以下のような人におすすめ!

  • ブログよりも簡単に今すぐ情報を発信したい
  • noteでできることを知りたい
  • 自分のノウハウを有料で販売したい

noteは、2020年5月時点で月間利用者数が6300万人を突破するなど、最近注目が高まっているサービスです。ボクも2018年にはじめて使いました。

今回はnote独自の特徴とブログとの違いを中心にまとめました。

それでは、どうぞ!

noteとは

noteとは、自分自身の経験やノウハウを手軽に共有できるサービスです。

無料で記事を公開できるほか、有料販売もできます。機能がシンプルで、一般的なブログよりもさらに簡単に情報発信を始められるので、初心者の方にもおすすめです!

さまざまな目的にあわせて自由な使い方が可能で、以下ではnoteのサービスを詳しく解説します。

noteとは

noteは誰でも手軽に情報発信できるサービス

noteはブログと違って手間をかけずにすぐに情報発信を始められます。

ブログの場合だとサーバーのレンタルやテーマやプラグインの導入など記事執筆までに手間がかかりますが、noteなら無料会員登録をするだけで簡単に記事を執筆することができます。

また、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を理解していなくても記事を投稿して情報発信できます。

このような「手軽さ」もnoteのおすすめポイントです。

noteでできる5つのこと

noteには、以下の5つの投稿機能があります。発信したい内容に合わせ、オリジナルのページを作成できます。

テキストの投稿

テキストの投稿

noteでは、通常のブログのようにテキスト(文章)を投稿できます。noteのユーザーは、このテキストをメインに投稿している人が多いです。

見出しを設けたり、目立たせたい文字を太字にしたりすることも可能。さらに他の投稿機能と組み合わせれば、より魅力的な記事を作成できるでしょう。

このテキスト投稿がメインと考えてOK!
ボクもnoteではこの機能を使っています!

T部長

画像の投稿

画像の投稿

noteの記事には画像を投稿することも可能です。たとえば、自分で撮影した写真や描いたイラストもnoteで公開できます。

スマホやパソコンに眠っている作品があるなら、noteで投稿してみるのもいいでしょう。また、noteでは、写真家やイラストレーターがポートフォリオの代わりに自分の作品を投稿しているケースもあります。

映像の投稿

映像の投稿

noteには映像も投稿できます。ただし、対応しているのはYouTubeまたはvimeoの映像のみです。最近は映像に対する注目度も高まっているので、noteを使って動画を紹介するのも一つの手です。

noteに映像を投稿している人はまだそれほど多くはないので、いまのうちから映像を投稿していけばライバルよりも一歩リードできるでしょう。

音声の投稿

noteなら、音声のみの投稿も可能です。たとえば、ラジオのような番組を作って投稿している人もいます。声のみの出演でいいので、映像で情報発信するよりもハードルは低いですね。

投稿できる音声ファイルはMP3またはAACで、最大100MBまでとなっています。

つぶやきの投稿

つぶやきの投稿

noteは長い文章だけでなく、SNSのような短いつぶやきも投稿できます。つぶやきとして投稿できるのは140字までで、画像を添えることも可能。

記事としてまとめるほどでない内容も、140字程度なら気軽に投稿できるでしょう。発信したい情報を一言で伝えたい場合に適しています。

noteはこんな人におすすめ

noteは、書いた記事をたくさん読んでもらいたい人におすすめです。特に、次にあげるような人に向いているでしょう。

こんな人におすすめ
  • ブログやSNSで認知度がある人
  • 自分のコンテンツを手軽に発信したい人
  • ノウハウを販売したい人

ブログやSNSで認知度がある人

すでに他のブログやSNSで認知度があるなら、noteを書いても読まれやすいです。noteは自分自身がテーマの軸となるので、より自分のことを知ってもらうのに役立ちます。ブログやSNSと組み合わせながら使うのがいいでしょう。

自分のコンテンツを手軽に発信したい人

noteは、自分の経験をもとに情報発信したい人に向いています。情報発信に興味はあるものの、わざわざブログを作るのは気が重いという人でも、noteなら無料会員登録をするだけで手軽に始められるでしょう。

ノウハウを販売したい人

自分の経験を元に情報発信したいと考えている人の中には、コンテンツを有料で販売したいという人もいるでしょう。その場合も、noteなら自由に金額を設定した記事を作ることができます。

特にテキストベースの販売を考えているなら、noteがおすすめです。

noteのメリット・デメリット

noteにはさまざまなメリットがありますが、デメリットといえる部分もいくつかあります。ここでは、noteのメリット・デメリットについて紹介します。

noteのメリット

メリット
  • アカウントを作成したら無料ですぐに使える
  • コンテンツを簡単に有料販売できる
  • マガジンの発行も可能
  • クリエイターをサポートする機能がある
  • ユーザー同士でアカウントをフォローすることができる

アカウントを作成したら無料ですぐに使える

noteは、基本的には無料でアカウントを作成するだけですぐに記事が書けるので簡単です。ボクが最初に使ったのもこの手軽さが理由です。

アカウント作成までの流れ
  1. 新規登録をする
  2. 興味のあるジャンルを選択する(スキップも可)
  3. クリエイターをフォローする(スキップも可)
  4. 認証メールが届いたらメール内のURLにアクセスして登録完了

これだけで記事を執筆することができるようになります。

もともと趣味用で数千人のフォロワーがいるツイッターアカウントを持っていて「ツイートだと文字数がきついけどわざわざブログを作るほどでは」というときに何か良いサービスないかなとnoteを使いました。

サービス登録から書き始めまで1分かからないレベルでお手軽です!

T部長

コンテンツを簡単に有料販売できる

noteでは、コンテンツを有料で公開することも可能です。しかも公開時に、有料を選択して販売価格などいくつかの項目を設定するだけのお手軽仕様です。

ボクは有料コンテンツの販売をしたことはないですが、有料販売がnote最大の特長だと思います。

noteの収益化については、こちらの記事で書いていますのでぜひ参考にしてみてください。

noteで収益化は難しい?稼ぐ視点でブログとも比較!

有料マガジンの発行も可能

有料マガジンの発行も可能

noteで作成した記事は、マガジンにまとめることもできます。マガジン単位で有料設定ができるので、メルマガのような感覚で有料マガジンを発行できます。

クリエイターをサポートする機能がある

クリエイターをサポートする機能がある

noteには、クリエイターをサポートする機能もついています。具体的には一定の金額を選択し、送金できる機能です。いわゆる「投げ銭」ともいわれる機能で、応援の気持ちを伝えるなど、さまざまな使い方ができます。

ユーザー同士でアカウントをフォローすることができる

ユーザー同士でアカウントをフォローすることができる

noteでは、フォローの機能もあります。気になる相手をフォローして更新通知を受け取ったり、ユーザー同士でフォローし合って交流したりできます。noteのフォロワーが増えれば、記事を読んでもらえる機会も増えるでしょう。

noteのデメリット

デメリット
  • デザインのカスタマイズができない
  • 一部を除き広告を掲載できない
  • SEO対策が難しい

デザインのカスタマイズができない

noteはブログとして最小限の機能しかついていないため、デザインのカスタマイズはできません。個性を出すのが難しいので、知名度がない状態で始めても差別化するのは難しいです。

ここは簡単に書くメリットの裏返しの部分。
ブログ感覚で使うと本当にほとんど装飾できません(汗)

T部長

一部を除き広告を掲載できない

noteは基本的には広告の掲載ができない仕様になっています。一般的にブログでは広告収入を得られますが、noteで収入を得たいなら有料コンテンツが中心になります。

Amazonアソシエイトでの広告掲載は可能です。

SEO対策が難しい

noteはGoogleやYahooなど検索からアクセス対策を行う「SEO対策」が難しくなります。

詳細を伝えると長くなるため割愛しますが、かんたんに言うとnoteは「カスタマイズ性の乏しさ」と「ドメインの統一化」による理由により、ブログに比べてSEO対策を行いにくい設計になっています。

発信していない間も勝手に集客してくれる「検索からのアクセス」が欲しい場合は、独自ドメインで運用できる「ブログ」での運用をおすすめします

noteの料金形態「プレミアム会員」になるとできる6つのこと

noteには月額500円の「プレミアム会員」制度もあります。ここでは、プレミアム会員の特徴を紹介します。

noteの料金形態「プレミアム会員」

プレミアム会員 になるとできることは以下の通りです。

  1. コンテンツの予約投稿機能ができる
  2. 有料コンテンツの価格上限をアップできる
  3. 定期購読(月額課金)マガジンを発行できる
  4. コメント欄のON/OFF機能を利用できる
  5. 数量限定販売ができる
  6. Amazonウィジェットを追加できる

それぞれ解説していきます。

1.コンテンツの予約投稿機能ができる

noteのプレミアム会員になれば、予約投稿ができるようになります。一度にたくさん記事を用意して、少しずつ公開することも可能です。他のブログやSNSで公開予定の日時をシェアし、あらかじめ宣伝することもできるでしょう。

2.有料コンテンツの価格上限をアップできる

一般会員の場合、有料コンテンツに設定できる価格の上限は1万円です。しかし、プレミアム会員になれば、価格上限を5万円にアップできます。有料コンテンツに力を入れたい場合におすすめです。

3.定期購読(月額課金)マガジンを発行できる

プレミアム会員なら、マガジンを月額課金制の定期購読として発行することが可能です。毎月コンスタントに記事を更新して人気が出れば、安定収入につながる可能性もあります。

noteで収益化するなら定期購読マガジンは利用価値が高いと思います。(ボクは使ったことはないので想像にはなってしまいますが)

T部長

4.コメント欄のON/OFF機能を利用できる

noteは、基本的にコメント欄を閉じることはできません。しかし、プレミアム会員のみコメント欄のON/OFF機能を利用できます。記事ごとにON/OFFを選べるので便利です。

5.数量限定販売ができる

プレミアム会員になると、記事を数量限定で販売できます。数量限定にすることで、いつもは時間をかけて購入を検討する人も、急いで購入してくれる可能性があるでしょう。

6.Amazonウィジェットを追加できる

プレミアム会員は、noteにAmazonウィジェットも追加できます。無料会員でもAmazonのリンクは掲載できますが、プレミアム会員なら記事以外のマイページにもリンクを貼れるようになります。

noteとブログの4つの違い

noteはブログのようなサービスですが、細かい部分を見るとさまざまな違いがあります。

ブログとnoteの違いを大きく分けると以下の通りです。

ブログ note
①収益化の方法記事への広告掲載記事・ノウハウの販売
②カスタマイズ性×
③おすすめの人情報発信の基盤が欲しい / 検索からのアクセスが欲しいすでに知名度がある / ノウハウを発信したい
④コンテンツ配信についてリスク少
資産にできる
SEO対策〇
リスクあり
資産になりにくい
SEO対策×

ここでは、noteとブログの違いをまとめて紹介します。これから始めてみたい人や両方を使い分けたい人は参考にしてください。

1.収益化の方法

ブログ

ブログの収益化には、記事への広告掲載が有力な手段です。その広告が表示されたり、クリックされたりすることで、広告収入が発生します。Google AdSenseアフィリエイトサービスなどを利用することで、広告を掲載することができます。

ブログの収益化についての解説は以下の記事をごらんください。

【初心者向け】ブログ収益化の仕組みと定番広告サービス3種を紹介

note

noteでは広告による収益化ができない代わりに、記事自体を販売することができます。記事ごとに販売価格を設定でき、さらに記事単体でけではなくマガジン形式での販売も可能です。希少価値のある情報やノウハウを提供できるならば、高い収益をあげることも可能です。

noteの収益化についての解説はこちらの記事をごらんください。

noteで収益化は難しい?稼ぐ視点でブログとも比較!

ノウハウを直接売れるのがnoteの強み!
売れる価値がある人にとってはブログより収益化ハードル低い!

T部長

2.デザインのカスタマイズ性

ブログ

無料のブログサービスを利用している場合には制限がありますが、WordPressなどでブログを作っている場合には自分の好きなデザインにカスタマイズすることができます。

ブログのデザイン性

WordPressを使う場合でも、デザインをゼロから作り上げる必要はなく、好みのテーマを選んで設定することができます。

note

noteは、デザインのカスタマイズができません。デザインを変更して楽しんだり、他の人との差別化を図ったりしたいなら、ブログを使いましょう。

noteの場合
見出し、太字、引用などシンプルな構成

カスタマイズなどがわずらわしい、手軽に情報を発信したい、という方にはnoteがおすすめです。

3.ユーザー層(おすすめの人)

ブログ

ブログは 自分の情報発信の基盤が欲しい!と考えている人に向いています。

記事をどんどん追加して、資産として蓄積していくことが強みです。良質な記事の量が増えることで、検索エンジンからの評価が高まり、知名度がなくても検索から多くの人に見てもらいやすくなります。

ブログを持っていない人はブログを先に立ち上げることがおすすめ!

T部長

note

noteはこれまでに解説した通り、SNSやブログなどですでに知名度のある人や、自身のノウハウや考えを手軽に発信したい人に向いています。

特に、記事自体を販売することができるという特徴から、ブログを作ってたくさんの記事を出すほどではないけれど、少数記事で価値ある情報を売ってみたい、という方に向いています。

ブログとnoteどちらかではなく両方使うのは有り!
ブログはテーマ記事、noteは自身のノウハウや考えのシェアで使い分け!

T部長

4.コンテンツ

ブログ

ブログでは、作成したコンテンツはすべて自分の資産になります。WordPressなどで作ったブログであればサービス終了の危険もなく、資産を蓄積していくことができます。

また、URLも自身でドメイン取得をすれば、独自のものを使うことができるので、SEO対策にも有利になり、noteに比べてアクセスも集めやすくなります

note

作成したコンテンツはnote上で公開されるため、もしnoteがサービス終了してしまった場合には、一緒に無くなってしまう可能性があります。

また、URLについては、基本的にnoteのドメイン名のみしか使用できません。noteのドメインしか使えないということはSEO対策が難しくなり、知名度がない限りアクセスも集めにくくなります。

月額5万円のnote proを利用すれば独自ドメインが使用可能ですが、個人利用するのは難しい金額です。

独自ドメイン×、デザイン×なのでnoteは自サイトとしては使いにくい!
この部分がnoteを使う上での最大の注意ポイント!

T部長

noteとブログの違いのまとめ

noteには、他の媒体とは異なる特徴や魅力があります。noteの良さを活かすならブログやSNSと組み合わせて使うのがおすすめです。

それぞれの強みを理解したうえで使い分けると、より効果的な情報発信ができるでしょう。うまくいけばブログで広告収入を得つつ、noteでも有料コンテンツの売上を伸ばすことが可能です。

まとめ

以上、noteについてのご紹介でした!

では、今回の内容をおさらいします。

まとめ
  • noteは無料ですぐに始められる
  • 記事やノウハウを有料で販売することができる
  • ブログに比べてカスタマイズ性がなく自由度が少ない
  • 資産性はブログ、手軽さならnote

noteは、ブログ以上に簡単に情報発信が始められるサービスとしてとても便利です。

また最大の特長であるコンテンツの有料販売機能を活用すれば、ブログよりも短期間で収益化が狙えます。自身に有益な経験・ノウハウがあって短期間で成果を出したい場合はnoteも選択肢に入ると思います。

また、ブログやSNSと組み合わせることもできるので、ブログの運営に慣れてきた段階でnoteでも情報発信していくなど、特長を押さえておのおのにあわせた活用をしていただければと思います。

キャンペーン開催中

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2022年1月20日18時まで、
利用料金最大30%OFFキャンペーンを開催中です!

今なら月額693円お得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

利用料金最大30%OFFキャンペーン詳細はこちら!

同時に、お年玉キャンペーン開催中!
Amazonギフト券「総額100万円分」や、「iPad」などの豪華賞品が当たるチャンス!

ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!