国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

「広告収入で稼ぐ」とは?おすすめ副業6つと仕組みを初心者向けに解説

この記事のレベル
初心者
(4.5)
重要度
(3.5)
難しさ
(2.0)

こんにちは、T部長です。

副業の収入源として紹介される「広告収入」

広告収入を扱う副業は、軌道に乗れば自分が寝ている間にも収益が出るビジネス。
収入源を増やしたい人や仕事や家事で忙しい人にぴったりです。

本記事では広告収入の仕組み、おすすめの広告収入の副業6つ、メリットや注意点を解説します。

T部長

この記事は次のような人におすすめ!

  • 広告収入ってそもそもどんな仕組みなのか知りたい!
  • 広告収入で稼ぐ副業ってどんなものがあるの?
  • 広告収入はどんな人に向いているの?

広告収入は、会社員やアルバイトといった雇われる働き方とは、根本的に異なったお金の稼ぎ方。
始めたからと言って、誰でも簡単に成功するビジネスではありません。

どうすれば稼げるのか、自分に向いているのか、この記事を読んで理解を深めてみてください。

それでは、どうぞ!

収益化できる広告とは

広告収入とは、自分が制作・発信する動画や文章などのコンテンツに、「広告」を付けて収入を得ることです。

収入が発生している広告や投稿の具体例は、次のとおりです。

主な広告
  • ブログで記事の途中に表示されるバナー広告
  • 動画やアプリの画面下部に表示される広告
  • ある企業の商品を魅力的にPRした投稿

さらに、個人で収益化できる広告には、主に次の4種類があります。

個人で収益化できる広告
  1. 成果報酬型広告:広告から商品やサービスが売れると収益が出る
  2. クリック型広告:広告がクリックされると収益が出る
  3. 純広告:企業から直接PRや広告掲載の依頼を受けて収益を得る
  4. インプレッション型広告:広告が表示されると収益が出る

利用するサービスや投稿内容によって、最適な広告が異なるので注意!

たとえば、表示やクリックされるだけで収益が出る広告は、1件あたりの報酬が少ないため、その広告を多くの人の目に触れさせる必要があります。
つまり、多くのPV(ページビュー)を獲得できるコンテンツを発信する必要があります。

一方、成果報酬や純広告は1件あたりの報酬は高いですが、コンテンツの質が求められるため、実績やノウハウが必要です。

また、ブログはインプレッション型広告を設置することができますが、Instagramでは掲載できないなど、利用するサービスごとの制約もあります。

T部長

各サービスごとに利用できる広告については、のちほど解説します!

広告収入での副業がおすすめの人

副業で広告収入を得ることは、次に当てはまる人にとくにおすすめです。

順に詳しく解説します。

将来のために収入源を増やしたい人

会社からの給料以外にも収入の柱を増やしたい、家計の足しに収入源を増やしたいと思っている人に、広告収入はおすすめ。

広告収入は、上手くいけば自分が手を動かしていない間にも収益を生んでくれるため、本業がある人の副収入にぴったりです。

軌道に乗ってきたら、これから広告収入で副業を始めたい人への指導などでノウハウを横展開させ、収入を増やしていくこともできるでしょう。

さらにはYouTubeなら動画制作技術、ブログなら記事のライティング、SNSなら効果的な運営スキルなど、広告収入の副業で身につけたスキルを本業や別のビジネス、転職に活かす道も!
将来を見据えて活動したい人におすすめです。

趣味や得意分野で収入を得たい人

広告収入は自分の趣味や得意分野のコンテンツを制作し、そこに広告を載せることで稼げるため、長年の趣味や自分の得意分野を活かしたい人におすすめです。
会社で活かすのが難しいニッチな趣味が、収益化につながることも!

好きや得意を活かすことで、自身も楽しみながら副業を続けられるため、モチベーションを高く保ちやすいです。
また、情熱をもって情報を伝えることで、コンテンツの質も自然と高くなるでしょう!

自分の力だけで稼ぐ経験をしてみたい人

広告収入は自分が主体的に行うビジネスのため、会社の名前やチームの力を借りず、自力で稼ぐ経験がしたい人におすすめです。

働き方は、会社員やアルバイトなど、会社に雇用される仕組みが一般的。
雇われるのではなく個人でビジネスに挑戦することで、自分が考え、取り組んだ変化や改善がそのまま成果に反映されるようになります。
そうして得られた収益は自信につながり、今後の人生の選択肢を増やすことにつながる可能性も。

雇われるのと個人でのビジネスは、どちらかが正しいというものではありません。
ですが、自分だけで稼ぐ経験は難易度が高い分学べることが多く、少額でも稼げたときの喜びは大きいですよ!

同時に、チームや会社で働くことのありがたみも実感できるはず。
副業で改善して結果につながったアイデアは本業で活用できる場合もあるので、どちらの仕事にもプラスに働きますよ。

広告収入で稼ぐメリット

広告収入を得るためには、自分で事前リサーチをして、発信内容や方針を決め、コンテンツを作成する、とても大変な作業が必要。
ですが、得られるものやメリットも大きく、チャレンジしてみたい人にはぜひおすすめの副業です!

ここでは、広告収入で稼ぐメリットとして次の4点をご紹介します。

時間の制約がない

広告収入の副業は労働時間が決まっているわけではないので、時間の制約がありません。
そのため、スキマ時間に自分のペースで作業することが可能です。

会社員であれば、たとえば平日は帰宅後1時間情報収集やネタ集めを行って、土日にまとめてブログ執筆や動画の撮影・編集作業を行うといったスケジュールですね。

納期や投稿日も基本的に自分でコントロールできるため、ストレスも少なく副業に適しています。

T部長

制約がないのは取り組みやすい反面、いつでもできるがゆえに優先度が下がってしまうのが難点!「時間に余裕があれば」ではなく、「時間を作る」意識を持ちましょう。

少ない初期投資で始められる

広告収入の副業はスマホやネット環境があればできるビジネスのため、初期投資が少ないのもポイント。
在庫を抱えたり、店舗を借りたりといった大きなコストが不要で、失敗しても金銭的なリスクがほとんどありません。

副業なのであまりお金はかけられない、スマホやパソコン1台で始めたいという人にはもってこいです。

本業とは別の収入源を得られる

広告収入を得られるようになれば、収入源を増やせます。

会社員としての給料は自分でコントロールするのが難しいので、たとえば1年後に月収を5万円増やすのは現実的ではないという人も多いと思います。
しかし、「広告収入の副業で月5万円を稼ぐ!」なら、本気で努力をすれば実現できる可能性も。

月にプラス5万円の収入源を作ることができれば、よりよい暮らしをしたり、将来に備えて貯金や投資をしたりと、人生の選択肢が広がります。

ニーズのあるコンテンツなら安定して収益化できる

広告収入は、きちんとビジネスとして捉えてニーズがあるコンテンツを作成すれば、安定した収益化が可能です。

副業と言えども、しっかり稼ぐには、競合や世の中のニーズをリサーチ、分析し、コンテンツの設計などを行う必要があります。

道のりは決してやさしくありませんが、第一線で活躍するブロガーやYouTuberのように、広告収入一本で食べていけるほど稼ぐことも可能です。

広告収入で稼ぐうえでの注意点

時間にとらわれず自分一人でビジネスができる広告収入の副業は大きな魅力ですが、一方で以下のような気を付けなければならない点もあります。

こちらの注意点もきちんと理解したうえで、始めるべきか検討してください!

時間をかけたぶんだけ稼げるわけではない

広告収入はその広告からいかに成果を上げるかで収入が決まるため、時間をかけたらその分だけ稼げるというわけではありません。

自分の好きなことを発信しているだけではなかなか収入が生まれない場合や、仮にうまくいっても月ごとの収益が安定しない可能性も十分考えられます。

好きなことをそのまま発信するのではなく、ユーザーの「知りたいこと」「悩み」に合わせて、自分の興味のある物事をコンテンツにしていく視点が大切。
単にやりたいことをやるのではなく、あくまでもビジネスであることを強く意識し、どうすれば広告収入を得られるかを考えるようにしましょう。

T部長

雇われているわけではないので、最初のうちは稼げなくて当たり前。そこを忘れて時給換算してしまい、やる気を失う人も多いです。要注意!

サービスの仕様変更に左右される

広告収入は、YouTubeやInstagramなどのサービスを利用するケースも多いです。
それぞれに運営元の会社があるため、サービス全体の仕様変更があった場合、広告収入が激減したり、ゼロになったりするリスクがあります。

またプラットフォームに依存している分、何らかの原因でポリシー違反などをしてしまった場合は、アカウント削除や収益化停止の処分を受けることも。
これまでは使えていた広告が掲載NGになったり、規約が厳しくなってコンテンツの内容が不適切とされ、処分されたりするケースもあります。

サービスのルールを理解しておくことはもちろん、新しい情報にも常に気を配るようにしておきましょう。

確定申告が必要

広告収入で年間20万円より多く利益が出た場合、確定申告が必要です。広告収入は雑所得の扱いになり、必要な出費は経費として認められます。

広告収入全体から経費(ブログ運営ならレンタルサーバー代など)を引いた利益が20万円を超えたかどうかで、確定申告が必要かどうかを判断します。 

広告収入は突然投稿が拡散され、収益が伸びることもあります。そのため稼いでいる額が少ないうちからも、確定申告について理解しておきましょう。

広告収入が得られる副業6選

ここからは広告収入が得られる副業を6つ紹介します。
それぞれ特徴や向き不向きがあるので、自分に合ったものを見つけてくださいね!

広告収入の副業でよく利用されるサービス

ブログ

ブログは広告収入を得られる副業として根強い人気があるサービス。
未経験でも始められ、文章制作のスキルなどが身につく、当ブログでもおすすめしている副業です。

広告収入を得るためのブログでは、自分の過去の経験や続けている趣味などをテーマに、悩みの解決方法や気になることを伝えるための記事を制作します。
アクセスを集める手法は、Googleなどでの検索がメイン。SNSなどの併用も有効です。

ブログに貼る広告は次の3つがメインです。

ブログの収益源となる主な広告
  • 成果報酬型広告
  • クリック型広告
  • インプレッション型広告

これらの収益化については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ブログで収入を得る!「ブログ収益化」完全ガイド

ブログへのアクセスが増え、メディアとしての発信力が強くなれば、企業から純広告の掲載やPRの依頼などを受けることもありますよ!

ただ、始めたてのブログにはアクセスはほとんど集まらないため、コツコツと継続する必要があります。

アクセスが少しずつ集まってくるにつれ、収益も積み上がっていきますよ。

YouTube

YouTubeは言わずと知れた世界最大級の動画配信プラットフォームです。

広い世代へのスマホの普及や通信技術の革新により、動画をいつでもどこでも見る生活が当たり前になりました。
これにより動画広告の市場が年々大きくなり、「YouTuber」と呼ばれる動画配信者も増加しています。

YouTubeは「動画撮影」「編集」「魅力的なコンテンツ作り」などハードルが多いですが、動画が伸びれば大きな収益を狙うことができます。
動画制作スキルも身につけば非常に価値があるので、今後の仕事の可能性を広げる意味でもおすすめです。

YouTubeの始め方については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

YouTubeのチャンネルの開設 【完全初心者向け】YouTubeの始め方!チャンネルの開設・カスタマイズ・動画投稿まで

収入のメインはYouTube広告です。

YouTube広告にもいくつかの種類がありますが、動画コンテンツのはじまりや中盤で自動ではさまれる動画が主な広告です。
動画広告が再生やクリックされることで収入につながるため、動画の視聴回数が増えるほど収入が上がります。

YouTube広告を使用して収益化するためには、次の条件があります。

箇条書き”のボックス
  • チャンネル登録1000人以上
  • 直近1年の総再生時間が4000時間以上
  • YouTubeガイドラインに沿ったコンテンツ

そのため、まずはチャンネルを育てる期間が必要なことを覚悟しておきましょう。

チャンネルに人気が出て、多くのファンを抱えられれば、以下の方法での収益化も可能です。

収益化の方法
  • 企業PR案件
  • メンバーシップ
  • グッズ販売

動画で商品を紹介し、それを買ってもらうことで収益化していくには、主に概要欄でのリンク掲載やブログへの誘導を行い、そこから購入してもらう必要があります。

どう収益化するかのイメージをある程度固めて、何が必要かを整理しておきましょう。

Instagram

写真や短い動画を投稿するSNSである「Instagram」でも広告収入を得ることが可能。

写真や動画を撮るのが好きな人はもちろん、おすすめ商品や役立つ情報を画像にまとめて発信し、ファンを増やすことで収益化につなげている人も多いサービスです。

検索やハッシュタグでアカウントへの流入を増やすことを意識し、フォロワーを増やすことが収益化に向けた主な方向性です。

Instagramで広告を貼るには、ストーリーズ投稿で「リンクスタンプ」を使用します。
ストーリーズからアフィリエイトリンクをクリックしてもらい、商品の販売につながれば、成果報酬で収益化ができるようになりますよ。

また、Instagramのフォロワーが増え、アカウントの影響力が大きくなれば、企業からPR依頼が届くことも。
PR依頼を受け、タイアップ投稿をすることで、成果報酬やPR報酬として報酬を得ることができます。

また、アカウントのフォロワーが少なくても、しっかりとコンセプトを設定できていれば、ギフティングという形で商品の無料提供が受けられる場合もありますよ!

T部長

Instagramは過去の投稿を手軽にさかのぼれる分、日々の投稿の統一感が大切。アカウントで何を伝えるか、その設計を入念にしておきましょう。

Twitter

Twitterは、140字までのテキストと写真や動画を発信する「ツイート」を行うSNS。

Instagram同様、日々の投稿で役立つ情報を発信し、フォロワーを集めることが基本方針となるプラットフォームです。

直接広告リンクを貼るとアカウントが凍結される可能性があるため、Twitterで広告収入を得るのは少しハードルが高いです。
ブログやYouTubeへの集客用SNSとしてTwitterを活用し、間接的に広告収入を得るチャネルとして利用するのがよいでしょう。

フォロワーが増えて発信力が高まれば、企業からのPRツイートの依頼で収入を得られることも。他のサービスと並行してアカウントを育てていきましょう。

TikTok

TikTokはショート動画のSNSとして急速に成長しているプラットフォームです。

短い動画なので制作のハードルが比較的低く、一人のユーザーが短い動画を多く閲覧するので、多くのユーザーの目に留まるコンテンツを作りたい人におすすめです。

ライブ配信でファンから課金アイテムを受け取る「投げ銭」での収益化もありますが、広告収入で言うと、概要欄でのブログやYouTubeへの誘導や企業PRが主体。
そして、さらに広告収入を得る仕組みとして、「Pulse」が今後実装される見込みです。

「Pulse」とは、人気の動画に広告が配信され、その広告収入を得られるというもの。YouTube広告に近い収益モデルですね。

今年先行してサービス開始となったアメリカでは、フォロワーが10万人以上のアカウントを対象にしており、現状ではかなりハードルの高いサービスとなっています。
ただ、今後の市場の広がりを考えれば、今のうちに始めておくのもよいでしょう。

スマートフォンアプリ(難度:高)

スマホアプリを開発し広告を配信すれば、収入を得ることができます。
スマートフォンの普及により、無料で使える便利なアプリがたくさんあります。

無料で使用できる代わりに、以下のような条件があった経験はありませんか?

  • アプリの画面下部に広告が貼られている
  • 特定の機能を使うためには広告動画の視聴が必要

このような方法で配信された広告がクリックされる、別のアプリがインストールされるなどのアクションにより、収益が発生します。

ただし、スマホアプリで広告収入を得るには、時間や金銭的な投資が必要。
スキマ時間に稼ぎたくて始めるとなると、かなりハードルが高いです。

アプリでの広告収入を得るために必要な要素
  • 開発用のプログラミング技術の習得
  • アプリストアにリリースするための有料ライセンス
  • バージョンアップやバグ修正などの保守作業

ハードルが高いですが、プログラミングを勉強してみたい、今後のIT転職に活かしたいという人は、ぜひチャレンジしてみてください。

長く安定して稼ぐならブログ

ここまで広告収入が得られる副業を6つ紹介しました。
その中で最もおすすめなのは、ブログで稼ぐ方法です。

ブログをWordPressで開設すれば、プラットフォームへの依存がないので、自分のビジネスの土台として手堅く稼いでいくことができます。

ブログはWordPressの使い方やSEOなど、はじめに学ぶべきことも多いですが、軌道に乗れば長く安定感のある広告収入が期待できます!

ブログの開設方法を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

ブログは他のSNSとの掛け合わせも可能

ブログはTwitterやYouTubeなど、他のプラットフォームとのかけ合わせも可能です。

最近は動画のコンテンツが伸びていますが、ブログのような文字で体系的に丁寧に解説された情報のほうが安心できるという人もまだまだ多くいます。

以下のように別のSNSからブログへの流入を作れば、収益の相乗効果を生むことが期待できます。

ブログと他のプラットフォームとのかけ合わせ例
  • YouTube動画で紹介
    →YouTubeの概要欄にブログのリンクを貼る→伝えきれなかった情報をブログで解説、購買リンクを貼る
  • Twitterで簡潔に商品やサービスの情報をツイート
    →ツイートに記事へのリンクを貼る→詳しい情報をブログで解説、購買リンクを貼る

またSNSのフォロワーへブログへの流入を促すことで、通常の検索ユーザーよりもあなたの発信している情報を信頼している人が集まるように!
発信する情報のテーマを統一し、うまく流れを作れれば、より収益化の可能性が高まりますよ。

広告収入で収入源を増やそう!

ここまで副業で稼ぐうえでの広告収入について解説しました。

以下、本記事のまとめです。

まとめ
  • 広告収入は自分で発信したコンテンツに広告を配信して稼ぐ
  • 少ない初期投資で始められ、本業以外の収益源を得られる
  • サービスによって広告収入の稼ぎ方が異なる
  • 単体でも、他のサービスとのかけ合わせでも稼げるブログがおすすめ

それぞれ向き不向きや、コンテンツにマッチした広告の種類が異なります。自分が何を発信したいかを考え、そこに合ったものを選んでチャレンジしてみてください。

どの方法を選んでも、ブログを一緒に始めておけば、かけ算で収益化を加速することができます。ぜひ検討してください。

以上、最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2022年12月9日12時まで、
利用料金最大30%OFFキャンペーンを開催中です!

今なら693円~お得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

さらに12月5日18時まで秋のスタートキャンペーンも開催中!
Amazonギフト券10,000円分が当たるビッグチャンスです。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!