国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

ドメイン移管とは?移管の流れ・具体的な方法や費用・トラブルの原因まで解説!

ドメイン移管とは

この記事のレベル
初心者
(3.0)
重要度
(3.0)
難しさ
(2.5)

こんにちは、T部長です!

「ドメイン移管をしたほうが良いのかわからない…」「ドメイン移管ってなんだろう?」と悩んでいませんか?

今回はドメイン移管についてだれでもわかるように説明しますね!

T部長

この記事は以下のような人におすすめ!

  • ドメイン移管とは何かを知りたい人
  • ドメイン移管をしたほうが良いのか迷っている人
  • ドメイン移管をしたい人

ドメイン移管とは簡単に言うと「ドメイン管理会社の引っ越し」です!

たとえば自分が所有するドメインの管理会社をA社とすると、ドメイン管理会社をA社から別のB社に変更することですね。

もっとも「サーバー移行」と間違いやすく、必ずしもドメイン移管をする必要がないのにしてしまう人がいます…

そのため当記事では「ドメイン移管をした方がいい人や移管方法・トラブルの原因まで」わかるように書きました。

サーバー移行について詳しくは下記をご覧ください。

※ただいま記事を鋭意執筆中です。しばらくお待ちください!

ドメイン移管とは

まず「ドメイン管理会社」について説明しますね。

以下画像のように、ドメイン管理会社は、ユーザーからの申込みによりドメインを登録し、管理しています。

そしてドメイン移管とは下記の通り、「ドメイン管理会社を乗り換えること(=変更すること)をいうのです。

4つのサイトを運営していて、ドメインをそれぞれA社、B社、C社、D社で管理している場合に、3つのドメインをA社に移して、A社で一元管理する場合を例にして解説しますね。

このとき、B社、C社、D社のドメイン管理会社をA社に変更することをそれぞれドメイン移管と言います。

このドメイン移管の手続きは「サーバー移行」と混同しやすいので、以下で「サーバー移行」との違いについて説明しますね。

サーバー移行との違い

サーバー移行とは、現在使用しているレンタルサーバーを、別のレンタルサーバーに移すことです。

サーバー移行は、一般的には「もっと安いサーバーに引っ越したい」「より高性能なサーバーへ移したい」など、あくまで「サーバー」の料金や性能・機能などを理由として行うものになります。

現在のサーバー内のデータを、新しいサーバーに移すだけで完了するものなので、「ドメイン移管」とは全く別の手続きです!

サーバー移行をする際、「ドメイン移管もしないといけないのかな?」と考えてしまう人が多いのですが、必ずしもドメイン移管を行う必要はありません。

この点を理解していることで、サーバーとドメインの両方を移す場合でもトラブル無くスムーズに出来るようになりますよ!

サーバー移行の詳細については、下記をご覧ください!

※ただいま記事を鋭意執筆中です。しばらくお待ちください!

ドメイン移管のメリット3つ

上記でドメイン移管とは何かについて理解していただけたと思いますので、次にドメイン移管のメリットを説明します。

ドメイン移管のメリットは下記3つです。

1:ドメインとサーバーの契約管理が楽になる

ドメインとレンタルサーバーを別々の会社で契約するより、どちらも一緒の会社にすることで契約管理を楽にできます。

理由は管理に必要な手続きを行う先が1つの会社で済み、手間が減るから。

下記画像は、当社運営の「エックスドメイン」と「エックスサーバー」を契約して、ドメインとサーバーを一緒に管理している例です。

同じ画面上で更新やお支払いの手続きを行えるようになるので、管理が楽になります。

T部長

契約管理を楽にするために、サーバー移転をする際に一緒にドメイン移管をする人も多いですよ!

2:複数ドメインの管理が楽になる

複数サイトを運営している場合に、ドメインを別々の管理会社から取得していることがあります。

管理会社を別々にしてドメインを管理していると、ドメインの支払いをどの会社でしていたかわからなくなることや、ドメインの更新を辞める場合に管理会社がわからず、管理会社を探すのに手間どることがあるでしょう。

ドメイン移管をすることで、バラバラに管理していたドメインを一元管理でき、上記のような不都合を回避し管理を楽にできますよ!

3:ドメインの更新料金が安くなる

当たり前のことですが、より更新料金が安い管理会社へ移管することで、ドメインにかかるコストを安く抑えることができます。

長く利用するドメインなら、維持にかかるコストも意識しておきましょう!

たとえばWebサイトを5年間運営する場合、更新料金で下記のような差が生まれます。

5年サイトを運営する場合

A:更新料金3,000円✕5年=15,000円
B:更新料金1,000円✕5年=5,000円 10,000円安い

見てお分かりの通り、Bパターンだと1万円も安くなるわけですね。

ドメインはどこで取得しても同じドメインで、管理会社によって異なりませんので、できるだけ更新料金が安いドメイン管理会社を選びましょう!

ドメイン移管方法2ステップ

ここからは、ドメイン移管手続きの流れを説明しますね!

今回はエックスドメインを例に説明しますが、他の管理会社もほぼ同じ移管の流れなので、ぜひ参考にしてください。

ドメイン移管手続きを大きく分けると「現ドメイン管理会社への手続き」と「新ドメイン管理会社への手続き」の2つがあります。

まず最初のステップは「現ドメイン管理会社への手続き」なので、以下で解説しますね。

現ドメイン管理会社:ドメイン移管申請前の確認

現ドメイン管理会社に対して、ドメイン移管申請前の下記の確認をしておきましょう。

確認せずに移管手続きを行うと、現ドメイン管理会社から移管を拒否されるなど、途中で手続きが止まり、移管完了までに無駄に時間がかかってしまいます。

トラブルを回避するためにも、チェックしておいてくださいね。

1:Whois代理公開サービスが解除されているか確認

Whoisは「ドメイン所有者の名前、電話番号、住所などのドメイン登録者情報」で、これはICANNという機関より、一般公開するよう義務付けられています。

ただ自分の個人情報を公開したくない人のために、ドメイン管理会社では、自社の情報を代理公開する「Whois代理公開サービス」を用意しています。

このWhois代理公開サービスを利用したままドメイン移管すると、現ドメイン管理会社のWhois情報が、移行先のドメイン管理会社で一般公開されてしまい、自分では取り消せないので、移管前に代理公開サービスの解除が求められます。

Whois代理公開サービスの解除方法は、下記のとおりです。

移管予定のドメインをクリック

エックスドメインの管理画面にログインしたら、移管予定のドメインをクリックします。

設定変更をクリック

Whois情報を見ると、右側の設定変更をクリックします。

チェックマークを外す

「Whois代理公開設定」のチェックマークを外して、確認画面へ進むをクリックし、自分の情報を入力したあと有効性確認メールを送信をクリックしてください。

認証用URLをクリック

手元に届いた有効性確認メールの中の、認証用URL(下記赤枠部分)をクリックして完了です。

2:契約者のドメイン登録情報の確認

契約者のドメイン登録情報(担当者名・住所・電話番号など)を確認しましょう。

ドメイン登録情報(Whois情報)はネット上に一般公開されている必要がありますが、一般的にドメイン所有者はドメイン管理会社の代理公開サービスを使用している場合が多いです。

しかしドメイン移管後は代理公開ではなく登録情報が公開されますので、ドメイン移管者が、許可なく他人の情報を公開してしまったり、公開したくない情報を公開してしまうなど、トラブルの元となります。

そこで以下ではWhois情報の確認方法を説明しますね。

Whois情報情報設定をクリック

エックスドメインの管理画面にログインしたら、移管予定のドメインをクリックします。

Whois情報が表示

するとWhois情報が表示されるので、ご確認ください!
変更が必要な場合は右上の設定変更をクリックすると修正ができます。

3:ドメイン取得日と更新日の確認

以下2つのポイントを抑えて、ドメインの取得日と更新日を確認しておきましょう。

  1. ドメイン取得後60日経っていないと移管できない
    ICANNとよばれるドメインの管理団体の規定により、取得後60日間はドメイン移管できません。
  2. 更新まで約1ヶ月ほど期限に余裕を持たせましょう
    ドメインの更新期限ギリギリの移管だと、移管に間に合わないことがありますので、ドメイン管理会社から移管を拒否される場合があります。
    そのため、1ヶ月ほど余裕を持って移管をしましょう。
    1ヶ月未満の場合は、一度移管申請をしてみて、申請が拒否された段階でドメイン契約の更新を行い、再度移管申請を行いましょう。

.jp以外のドメイン(.com、.netなど)の場合は、下記のレジストラロックの解除AuthCode(オースコード)を確認しましょう。

.jpドメイン(.co.jp、.ne.jpなど)の場合は、次の「新ドメイン管理会社:ドメインの移管申請方法」へおすすみください。

4:レジストラロック(ドメインロックの解除

不正なドメイン移管を防ぐために、ドメイン管理会社やドメイン所有者がレジストラロックをかけて、ロックを外さない限り移管できないようにできます。

エックスドメインは自動的にレジストラロックがかかる仕様です。

レジストラロックを外すには、下記のステップを踏みましょう。

(他社のドメイン管理会社をご利用の場合は、その管理会社のやり方を確認してくださいね。)

契約情報をクリック

エックスドメインの管理画面へログインしたあと、移管予定ドメイン右端のクイックメニュー(︙)を選択し、契約情報をクリックします。

解約する

エックスドメインの場合は、ドメインを解約しないとレジストラロックが解除できないので、解約するをクリックし、ドメインを解約しましょう。

レジストラロック設定をクリック

解約申請をしたドメインの右端クイックメニュー(︙)を選択し、レジストラロック設定をクリックします。

「設定を変更する」をクリック

「解除する」が選択されているのを確認して、設定を変更するをクリックしたら完了です。

5:AuthCode(オースコード)を確認

AuthCode(オースコード)は、ドメインを不正に移管されないように割り当てられているコードで、ドメイン移管に必要になるので、現在の管理会社に確認する必要があります。

ただしドメインの更新期限が1ヶ月以内になるとオースコードを取得できない場合がありますので、更新期限まで1ヶ月ほどの余裕をもって移管しましょう。

上記が確認できたら、下記ステップでオースコードで確認しましょう。

※エックスドメインではオースコードを認証鍵(Auth Info)と呼んでいます。

移管予定のドメインをクリック

エックスドメインの管理画面にログインしたら、移管予定のドメインをクリックします。

レジストラコンタクトへ認証鍵を送信する

表示されるWhois情報の下に、認証鍵の項目がありますので、レジストラコンタクトへ認証鍵を送信するをクリックしてください。

メールをチェック

メールでオースコードが届きますので、確認したら完了です。

新ドメイン管理会社:ドメインの移管申請方法

ドメインへの移管申請方法は、下記をご覧ください。

Xserverアカウントが未登録の場合

エックスサーバーアカウントに登録していない場合は、下記STEPで移管申請を行ってください。

ドメイン名の入力

ドメイン移管申請ページより移管を希望するドメイン名を入力し、検索をクリックしましょう。

移管するドメインにチェック

左側の四角にチェックを入れて、移管手続きに進むをクリックしてください。

.comや.netなど.jp以外のドメインを移管する場合は、認証コードを入れてください。

Xserverアカウントの登録

Xserverアカウントの登録へをクリックして、アカウント登録画面へ進みましょう。

お客様情報の記入

メールアドレスや契約者種別など、お客様情報を記入し、規約への同意をしていきます。

確認画面へ進む

記入が終わりましたら、確認画面へ進むをクリックします。

お支払い方法を選択

確認が済みましたら、お支払い方法を選択し、お申込内容の確認をクリックしてください。

内容を確認しお申し込み

記入内容の確認と規約への同意を行ったら、申し込むをクリックします。

移管の承認作業

.jpドメインを移管する場合は、現在のドメイン管理会社へ「移管申請への承認依頼」が送信されますので、承認作業を依頼しましょう。

.comや.netなど.jp以外のドメインを移管する場合、申込みが完了した後、数日中に「承認手続き」のためのメールが届きます。メール本文のURLをクリックし承認してください

届くメール

送信元:Xserver Inc. (サポートメールアドレス)

宛先: Whois情報の「registrant contact」のメールアドレス

件名:[重要](ドメイン名)のトランスファー申請に関するご案内

承認した後は、「移管完了のお知らせ」という移管完了メールが届きますので、確認して終了です。

Xserverアカウントが登録済みの場合

Xserverアカウントへログイン

ログインページから、メールアドレス(またはXserverアカウントID)とパスワードを入力し、ログインしましょう。

ドメイン移管をクリック

管理画面より、「ドメイン移管」をクリックしましょう。

移管の申請をクリック

「移管申請(登録事業者の変更)」をクリックします。

ドメインを検索

移管したいドメイン名を記入し、「ドメインを検索する」をクリックして、移管できるか確認しましょう。

お支払い方法を選択

移管できる場合は、お支払い方法を選択し、「お申込内容の確認」をクリックしてください。

内容を確認しお申し込み

記入内容の確認と規約への同意を行ったら、「申し込む」をクリックします。

移管の承認作業

.jpドメインを移管する場合は、現在のドメイン管理会社へ「移管申請への承認依頼」が送信されますので、承認作業を依頼しましょう。

.comや.netなど.jp以外のドメインを移管する場合、申込みが完了した後、数日中に「承認手続き」のためのメールが届きます。

メール本文のURLをクリックし承認してください。

届くメール

送信元:Xserver Inc. (サポートメールアドレス)

宛先:Whois情報の「registrant contact」のメールアドレス

件名:[重要](ドメイン名)のトランスファー申請に関するご案内

承認した後は、「移管完了のお知らせ」という移管完了メールが届きますので、確認して終了です。

ドメイン移管ができない原因6つ

今回は、当社によくお問い合わせをいただく移管できない原因6つと、その対応方法について説明していきますね!

1:Whois代理公開サービスを解除していない

「移管承認メールが届かない」というお問い合わせがよくありますね。

その原因の1つで、「Whois代理公開サービスを解除していない」ことがあげられます。

承認メールは公開中のWhois情報に登録されているメールに届きますので、代理公開している場合、ドメイン管理会社のメールアドレスへ送信され自分には届きません。

そのためWhois情報が代理公開になったままになっていないかを確認し、代理公開のままだったら解除しましょう。

Whois代理公開サービスの解除に関しては上記Whois代理公開サービスが解除されているか確認を参考にしてください。

2:Whoisに登録しているメールアドレスを間違っている

また代理公開サービスを利用していないにも関わらず、移管承認メールが届かない原因として考えられるのは、「Whoisに登録しているメールアドレスを間違っている」から。

Whois情報で公開しているメールアドレス宛に届きますので、Whois情報に記載しているメールアドレスを確認しておきましょう。

Whois情報の確認方法は、上記契約者のドメイン登録情報の確認を参考にしてください!

3:送られた承認メールについて承認作業ができていない

「ドメイン移管手続きが終わらない」とお問い合わせをいただく方の中で多い原因が、ドメインの移管先から自分に届いている移管承認メールの承認作業をしていないことです。

承認作業をしているか確認するために、下記2点をチェックしましょう。

移管承認メールを見逃していないか

数日経ってもドメイン移管が完了していない場合は、移管承認メールを見逃していないかチェックしましょう。

メールソフトの検索窓で、移管するドメイン名で検索をかけてみるなどして、見逃したメールがないか確認してみてください。

誤って迷惑メールに振り分けられてしまっている場合もあるため、迷惑メールフォルダも確認してみると良いですよ!

移管承認メールに対して「拒否する」を選択していないか

移管承認メールが届きメールを開くと、移管を「承諾する」ほかに「拒否する」こともできるため、誤って承認を拒否してしまっている可能性があります。

お心当たりがあれば、再度移管申請をしましょう。

拒否した覚えがなければ、移管先のドメイン管理会社へ問い合わせ「移管承認メールが届かない」旨を伝え、原因を確認してください。

4:レジストラロックを解除していない

レジストラロックとは、不正なドメイン移管が行われないようにロックをかけることができる機能です。

ドメイン管理会社によっては自動的にレジストラロックをかけている場合があるので、ドメイン移管の際にレジストラロックを解除する必要があります。

レジストラロック解除方法は、上記「レジストラロック(ドメインロック)の解除」を参考にしてください。

5:ドメイン登録から60日を経過していない

ドメインは登録後60日未満の場合、移管できないことがドメインの管理団体によって決められています。

最近取得したドメインなら、ドメインの取得日から60日経過しているか、ドメイン管理画面で確認しましょう。

たとえばエックスドメインの場合、管理画面から移管予定のドメインをクリックすると、下記のように取得日が表示されます。

6:プレミアムドメインにより移管できない

プレミアムドメインとは

プレミアムドメインは、文字列の希少価値が高いなどの理由で、通常よりも、高価格で提供されているドメインのことをいいます。

プレミアムドメインは、移管先の管理会社が取り扱っていない場合、移管ができません。

プレミアムドメインを調べるには、取り扱いがある管理会社のドメイン検索フォームで検索をかけていただくと、結果画面にプレミアムドメインと表示されるなどして確認が可能です。

プレミアムドメイン専用の特設サイトを開設しているところもありますので、そちらからでも確認できます。

T部長

エックスドメインの場合はプレミアムドメインの取り扱い自体がないため、プレミアムドメインの移管はできません。

参考:ドメイン移管するならエックスドメインがおすすめ!

エックスドメインについてご紹介します。

ドメイン移管をお考えなら、当社運営の「エックスドメイン」がおすすめです!

「.com」「.net」「.jp」といった超人気ドメインの更新料金が国内最安(※2021年2月24日時点)なので、維持コストを安く抑えたい方は、ぜひ利用してみてください!

参考:ドメイン移管費用を無料にする方法

ちなみにサーバーとドメインを一緒に移すことを検討されているなら、キャンペーン期間中に新規でエックスサーバーを申し込むとドメイン移管費用を無料にできます!

エックスサーバーの特典を利用するメリットをまとめると以下のとおりです!

  1. ドメイン移管料金が無料で、更新料金も永久無料!
  2. 管理画面1つでドメインもサーバーも管理できる!
  3. ドメインとエックスサーバーの連携も自動でできる!

エックスサーバーの申し込み方法は「ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ」をご確認ください!

ドメイン移管を理解しよう

ドメイン移管はサーバー移行とよく間違えられますので、ここで再度ドメイン移管をした方がいい人を確認しておきましょう!

ドメイン移管をした方がいい人
  • 複数ドメインの管理を楽にするために一元管理したい人
  • ドメインとサーバーの契約管理を楽にしたい人
  • 年間のドメイン更新料金を安くしたい人

上記の人に当てはまるなら、ドメイン移管にはステップ1とステップ2がありますので、ご確認の上、ドメイン移管の手続きをしていきましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2021年8月26日18時まで
過去最大級にお得な初期費用無料キャンペーンを開催中!

今ならお得にWordPressブログが始められます!
さらに、「.com」や「.net」など大人気独自ドメインが永久無料!

ぜひこの機会にご利用をご検討ください!
初期費用無料キャンペーンの詳細はこちらから

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!