国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

ドメインとは?種類による違い・料金・取得方法を初心者向けに解説

ドメインとは

【2022年9月1日】読みやすさの向上を図るため全体的に文章を編集。装飾を追加したり詳細ページへのリンクを設置したりしました。

この記事のレベル
初心者
(5.0)
重要度
(4.0)
難しさ
(1.5)

こんにちは、T部長です。

ブログ・ホームページを立ち上げる際に「ドメインとは何?」「どのように使われているんだろう」と、疑問を抱いた人も多いのではないでしょうか。

そこで、ドメインについて初心者の方にもイメージを持っていただけるよう、今回記事を書きました。

T部長

この記事はこんな人におすすめ

  • ドメインについて具体的にイメージしたい人
  • ドメインがどう使われているのか知りたい人
  • 取得方法〜利用手順などを知りたい人

この記事を読めば、ドメインに対して具体的なイメージを持てるだけでなく、ブログ・ホームページの開設やメールアドレスの取得に必要な準備が理解できます!

まずは「ドメインとは何か」から説明します。

それでは、どうぞ!

ドメインとは

画像:ドメインとは

ドメインとは、わかりやすく言うと「インターネット上の住所」のこと。

「閲覧したいWebサイトの特定」「メールの送信」に必要です。

このブログだと、URL(https://www.xserver.ne.jp/blog/)のうち「www.xserver.ne.jp」がドメインにあたります。

以下では、より詳しく理解したい人に向け、ドメインの構造や名称の意味を簡単に説明します。

ドメインの構造

画像:ドメインの構造

URLは、大きく3つに分けられます。

ドメインに該当するのは、後ろの2つ「ホスト名」と「ドメイン名」です。

https(スキーム)

通信方法を意味しますが、ドメインではないので今回は説明を省略します。

www(ホスト名)

wwwの箇所 はホスト名です。ホスト名とは「■■■ . ○○○ . com」の「■■■」部分をいいます。ドメインを建物に例えるならホスト名は「部屋」です。

xserver.ne.jp(ドメイン名)

ドメインに xserver.ne.jpという名前がついているので「ドメイン名」と呼ばれます。ドメインを建物に例えるならドメイン名は「建物名」です。

T部長

詳しく知りたい人向けに書いたので、そこまで気にしなくてOKです!

ドメインの種類

「.com」「.net」「.jp」など、ドメイン名には種類があります。

「ドメインにはいくつか種類があるみたいだけど、どんな意味があるの?」とたまに聞かれるので、よく見かけるドメインを分類して、参考までに簡単な意味を紹介します!

gTLD

gTLD(分野別トップレベルドメイン)は分野別のドメインで、誰でもどの国の人でも制限なく使えるのが特徴です!

それぞれのドメインに意味はありますが、結局は制限なく取得できるのであまり気にする必要はありません。

画像:gTLDの一例(PC)
画像:gTLDの一例(モバイル)

T部長

ちなみに、2012年以降に追加されたドメインは新gTLDと呼ばれています!

ccTLD

ccTLD(国コードトップレベルドメイン)とは、2文字で国や地域を表したドメインのこと。

「.me」(モンテネグロ)「.uk」(イギリス)など国ごとにccTLDがあり、日本は「.jp」です。

画像:ccTLDの一例(PC)
画像:ccTLDの一例(モバイル)

T部長

ccTLDのドメインは、「住所が日本であること」「企業であること」など取得条件がある場合も多いので注意してください!

「.co.jp」「ne.jp」などは「属性型JP(ドメイン)」と呼ばれていて、日本在住に加えて「企業であること」や「ネットワーク提供者であること」などの条件を満たした人・組織でしか取得できません。

 独自ドメインと共有ドメインの違いとは

ここまではドメイン名の種類について話しましたが、「独自ドメイン」と「共有ドメイン」についてもよく聞かれるので、説明していきます。

ドメインは大きく分けると、「独自ドメイン」と「共有ドメイン」の2つです。

これらの違いを理解しておくと、自分の使用目的に合ったドメインを選べるので、以下で説明します!

独自ドメインと共有ドメインの違い

独自ドメイン

独自ドメインとは、自分1人で所有しているドメインです。
他の人が同じ名前のドメインを持っていなければ取得できます。

共有ドメイン

共有ドメインとは、1つのドメインを複数人で共有して利用するドメインです。
たとえば「はてなブログ」でブログを始めた人は「hatenablog.jp」というドメインを共有して利用しており、1人で所有しているわけではありません。
また一般的にGmailの「gmail.com」は共有ドメインといわれませんが、利用者がサービスの中で同じ「gmail.com」を共有して使用しているので、大きなくくりでとらえれば共有ドメインと言えます。

独自ドメインと共有ドメインを住まいで例えると、「独自ドメイン = 家族で暮らす戸建ての家」「共有ドメイン = 1つの建物に複数人が部屋を借りて生活するマンション」です。

画像:独自ドメインと共有ドメインのイメージ

独自ドメイン・共有ドメインのそれぞれにメリットやデメリットがあるので、下記で説明します。

独自ドメインのメリット3つとデメリット2つ

メリット
  • 信頼度が高い
  • 自分でドメイン契約をやめない限りずっと使える
  • SEO対策がしやすい
デメリット
  • 維持費が年間1000円前後かかる
  • 準備するのに少し時間がかかる

独自ドメインは、年間で1,000円前後の費用がかかります。

しかし、共有ドメインよりも信頼性が高く、かつSEO対策がしやすいなど、非常にメリットが大きいです!

T部長

「しっかりとSEO対策を行いたい人」「信頼度が高いメールアドレスを使いたい人」などは、独自ドメインがおすすめです!

独自ドメインについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください!

【初心者向け】独自ドメインとは?メリットやおすすめ取得方法も解説

共有ドメインのメリット2つとデメリット2つ

メリット
  • 無料で利用できる
  • アカウント登録だけで簡単に使える
デメリット
  • ドメイン名を好きに選べない
  • サービス提供が終わればなくなってしまう

共有ドメインは無料で利用できる分、使い方が制限されてしまいます。

T部長

使い方が制限されてもいいので、無料でブログ・ホームページを立ち上げたりメールアドレスを作ったりしたい人に向いています!

ドメインの活用方法は2つ

ドメインの活用方法は、以下の2つです。

それぞれ解説します。

1:Webサイトを作る

まずドメインは、Webサイトを作る際に活用します。

それだけでなく、WordPressなどでWebサイトを作る場合はサーバーも用意しなければいけません。

とはいえ、サービスによっては独自ドメインとレンタルサーバーをセットで取得可能です。

さらに、セットで申し込むと独自ドメインが無料で取得できるので、気になる人はぜひ下記もご覧ください!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

2:メールアドレスを作る

ドメインは、メールアドレスを作る際にも活用できます。

メールアドレスの「@以下の文字」を自由に作りましょう。

メールアドレスを作る際も、ドメインに加えてサーバーが必要です。

ドメインとレンタルサーバーをセットで申し込みたい人は、こちらを参考にしてください!

独自ドメインを取得する方法は?

共有ドメインは、アカウント登録のみで使用できるケースがほとんどなので難しくありません。

しかし、独自ドメインは取得するまでに少し作業が必要です。

独自ドメインの取得方法は下記のページで詳述しているので、ぜひ参考にしてください!

【初心者向け】独自ドメインとは?メリットやおすすめ取得方法も解説

ドメインの料金形態も要チェック

画像:ドメインの料金形態

ドメインを購入する際に気をつけたいのが、取得料金と更新料金の違いです。

取得料金とは、ドメインの購入時に発生する費用。

一方で更新料金とは、1年後などドメインの契約が切れた際に発生する維持費です。

ドメインの料金形態
  • 取得料金:1円~1,000円ほど
  • 更新料金:1,500円ほど

取得料金が安くても、更新料金が高いとドメインの維持は大変です。

見落としがちのポイントなので、ドメインの取得時は更新料金もチェックしておきましょう!

ドメイン名の決め方

ドメイン名はブログ・ホームページの入り口となるので、覚えやすくわかりやすいものにすると良いです!

ドメイン名の決め方のコツ2つをお伝えします。

ドメイン名の決め方のコツ
  1. サイトの内容を表現する
  2. 長過ぎないようにする

たとえば、バーベキュー場を紹介するサイトなら、ドメイン名には「bbq」といった文字を入れましょう。

サイトの内容を表現できるので、一目で「バーベキュー関連のサイトだ!」と読者が判断しやすくなります。

また、ドメイン名が長すぎると覚えづらく、アクセスが減る可能性があるので注意してください。

ドメイン名の付け方について詳しく知りたい人は、下記をご覧ください。

ドメイン名の決め方のコツとは?おすすめのドメイン取得サービスも紹介

まとめ:ドメインとレンタルサーバーは一緒に取得しよう!

今回お伝えした内容を簡単に復習しましょう!

まとめ
  • ドメインとは、インターネット上の住所で、いくつか種類がある。
  • ドメインは取得方法の違いで「独自ドメイン」と「共有ドメイン」に分かれる。
  • 独自ドメインと共有ドメインにはどちらもメリット・デメリットがある。
  • 独自ドメインは、ホームページやメールアドレスで活用されている。

独自ドメインでブログ・ホームページを立ち上げたり、メールアドレスを作ったりする場合は、レンタルサーバーも借りる必要があります。

まだレンタルサーバーを契約していない人は、セットで申し込むとドメイン代の無料キャンペーンが適用されてお得です!

最短で申し込みたい人は、ぜひ下記で確認してください!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログの始め方を知りたい!実際に始めたい方へ

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2022年12月9日12時まで、
利用料金最大30%OFFキャンペーンを開催中です!

今なら693円~お得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

さらに12月5日18時まで秋のスタートキャンペーンも開催中!
Amazonギフト券10,000円分が当たるビッグチャンスです。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!