国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

初心者のためのブログ始め方講座

国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

【例文あり】ブログのリード文の書き方や構成要素を徹底解説!

\この記事をシェアする/

T部長

当メディアはリンクフリーです。SNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

この記事のレベル
初心者
(4.5)
重要度
(4.0)
難しさ
(2.0)

こんにちは、T部長です!

「リード文ってどんなもの?」「記事のリード文ってどうやって書けばいいの?」

ブログ記事のリード文に対して、このような疑問や不安を抱えていませんか?

今回は、ブログ初心者の方に向けて、記事のリード文が重要な理由や効果的な構成について、内容を分かりやすく解説します。

T部長

この記事は次のような人におすすめ!

  • ブログ記事のリード文がどんなものか知りたい人
  • ブログ記事のリード文の効果的な書き方が知りたい人
  • ブログ記事のリード文の例文を知りたい人

ブログ記事のリード文は非常に重要。
記事を読んでもらえるか、収益化につながるかの大きな分かれ道となる、重要なパートだからです。

最後まで読むことで、リード文の重要性を理解し、読者にもSEOにも効果的な文章をサクッと書けるようになりますよ!

ぜひ、本記事を参考に、効果的なリード文を書いてみましょう。

目次

そもそもブログ記事のリード文とは?

この記事を読んでいる人のなかには、「そもそもリード文って何? 初めて聞いたよ」という人もいるでしょう。

リード文とは、簡単にいうとタイトルのすぐ下から一つめの見出しまでの部分、つまり記事の「書き出し」や「導入部分」のことを指します。

ブログ記事の大まかな構成
  1. タイトル
  2. リード文
  3. 本文
  4. まとめ

リード文は、記事の構成要素として非常に重要な役割を果たします。
次の章で詳しく解説していきますね。

ブログでリード文が重要な理由

リード文は、一見すると、さほど重要でないかのように思えるかもしれません。
「本文さえうまく書けていればいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、結論からお伝えすると、ブログのリード文の重要性は計り知れません。
その理由を以下の観点から解説していきますね。

読者の内容理解を促進できるため

リード文が重要である理由の一つめは、読者に記事の内容を理解してもらいやすくなることです。

記事冒頭のリード文で、読者に対して記事の内容や方向性を示すことで、読者は本文を読む前におおまかな記事内容を理解できます。
あらかじめ概要を理解していれば、続く詳細な内容の理解度はぐっと上がります。

読者を納得させ、信頼を勝ち得るにも、まず理解されてからです。

さまざまな目的で記事を訪れる読者に、同じ文章で同じように物事を伝えるのは大変。
冒頭で目線を揃えておくことで、記事の内容を理解してもらいやすいのは大きなメリットです。

記事を読み進めてもらえる

リード文が重要である理由の二つめは、記事を読み進めてもらう可能性を高めてくれることです。

リード文には、記事の内容を伝えるとともに、「あなたはこの記事を読むべき人ですよ」「あなたの悩みはこの記事で解決できますよ」ということを伝える役割があります。

リード文で記事内容に興味をもってもらえれば、本文を読み進めてもらえたり、関連記事を読んでもらえたりする可能性が増えます。

その中で、紹介している商品やサービス、掲載している広告などから、成果が生じる可能性があるわけです。

ブログ記事で何らかの成果を得るにも、まずは読者に記事を読んでもらう必要があります。

どんなによいことが書いてあっても、読んでもらえなければ成果は得られません。

成果の第一歩として、「記事を読んでもらう」ためにもリード文は重要です。

ブログ記事のリード文を書く前の下準備

リード文の重要性も分かったところで、さっそくリード文を書きたいところですが、ちょっと待ってください。

質の高いリード文を書くためには、リード文作成に取り組む前に、いくつかの下準備が必要です。

具体的に行う下準備は、以下の3点です。

これらはリード文がそのあとの文章を惹き立て、読者にとって価値あるものにするための土台づくりです。

どんなことをするのか順に解説していきますね。
思考をよりよく整理するために、頭の中で考えるだけでなく、ぜひ書き出してみてください。

ターゲットとなる読者の悩みを洗い出す

まず、あなたが書こうとしている記事のターゲットとなる読者の悩みを、洗い出しましょう。

記事がどのように読者の役に立つのかを具体的にしておくことで、より効果的なリード文が作成できます。

たとえば、子をもつ親が「家族旅行の行き先」に悩んでいるとすれば、おすすめの旅行先や、現地でのアクティビティなどの情報は役立ちそうです。

子どもの年齢、好きなこと、季節などで、おすすめする内容が切り分けられていれば、さらに読み手の悩みを解決しやすくなるかもしれません。

その場合、リード文で「家族旅行でどこへ行くか悩んでいませんか」と共感を示したり、「子どもの年齢別におすすめの旅行先を紹介」というように、読者の悩みを解決する内容をアピールできたりします。

効果的なリード文にするために、想定する読者が一番知りたいことは何か、どんな情報を求めているかを事前に洗い出しておきましょう。

T部長

リード文でアピールするためにも、役立つ情報を記事内にしっかり盛り込んでくださいね!

読者の悩みが解決する記事構成を作成する

次に、あなたの記事が読者の悩みをどのように解決するのか、その全体像を描いていきます。

具体的にどのような情報を盛り込むのか、記事の構成を考えていきましょう。

どういった情報が読者に求められているかは、先の章で考えたとおりです。
どのような順序で、どのような情報を提示するのかを考え、読者にとってより理解しやすく価値のある記事を作っていきましょう。

また、読みやすく、順を追って理解しやすい構成であることは前提として、読者がもっとも知りたいことを、なるべく前のほうにもってくるのがおすすめです。

ブログ記事の読者は、上から下までじっくりと読んでくれません。
記事の下の方に読者の悩みを解決する結論があっても、そこへ到達するまでに多くの読者が離脱してしまいます。

素早く読者の悩みを解決しつつも、より深く理解し、納得感が増しやすい記事構成を目指しましょう。

T部長

検索上位に表示されている記事や、類似のテーマで書かれた記事などを参考にしてみましょう!
人気ブログを作る!初心者でもできる記事構成の作り方3ステップ

読了した読者のポジティブな未来を考える

最後に、記事を読んだあとの読者が、記事を読む前と比べて、どのようにポジティブな状態に変化するのかを明らかにしましょう。

これは、記事が提供できる具体的な価値を明らかにし、読者に提示するために必要です。

読了後のポジティブな変化例

ダイエットを続けるコツを紹介する記事

  • ダイエットを続けるときに役立つヒントや知識が得られる
  • ダイエットを実践するためのモチベーションが得られる
  • (具体的に実践することで)体重が減少し、美容や健康が改善される

記事が提供する価値によってもたらされる結果や変化を具体的に説明することで、リード文はより説得力をもつようになります。
また、ポジティブな変化・未来を実現したいという読者の欲求を掻き立てることもできます。

以上の下準備を行うことで、リード文作成に必要な基礎が整いました。

次の章では、具体的にリード文に必要な構成要素を紹介していきます。
下準備として整えた情報をもとに、実際にリード文を考えてみてくださいね!

ブログ記事の効果的なリード文の構成要素

ブログのリード文は、記事の顔とも言える部分であり、読者が記事を読むかどうかを決定づける重要な要素です。

では、どのように構成すれば、よいリード文になるのでしょうか。

シンプルかつ分かりやすいリード文にするには、以下のような要素で構成するのがおすすめです。

一つずつ解説していきます。

1. 読者の悩みを代弁する【共感】

まず、読者のもつ悩みや問題を代弁することからスタートです。

悩みを代弁してあげることで、読者は「自分の抱えている悩みをこの人は理解してくれる。何かプラスになる情報が得られそう」と感じ、惹き込まれます。

以下は、英語の勉強方法について悩んでいる社会人のための記事を想定した、リード文の例です。

共感しやすいリード文例

「海外の友達を作るために英語を話せるようになりたいな」
「最後に英語を勉強したのは10年前。もう遅いかな……」
「仕事もあるし、時間やコストを掛けずに英語を勉強できたらいいんだけど」

あなたもこのように悩んでいませんか?
3年前、実は私も会社員をしながら同じ悩みを抱えていたので、その気持ち、痛いほど分かります。

同じような経験がある場合は、上の例のように「同じ状況だった」という内容を書くと、より読者との距離を縮めやすいです。

さらに、「自分と同じ悩みをどう解決したんだろう」と思い、読み進めてくれる可能性も高まります。

T部長

複数の要素を並べる場合は、箇条書きで見やすくするとよいでしょう。
吹き出しで読者や筆者の声を演出するのもおすすめです!

2. 記事で得られる情報を提示する【内容説明】

次に、記事の内容を示し、記事を読むことでどんな情報が得られるのかを明示します。

たとえば、以下のような内容です。

記事内容や問題解決を伝えるリード文例

そんな悩みを抱えるあなたに、この記事では以下の内容をご紹介します。

  • 「高卒の自分が、30代から英語を3ヶ月で習得する土台となったマインドセット」
  • 「お金を一切掛けずに習得した超具体的な英語勉強法」
  • 「海外の人と英語を話せるようになるまでのロードマップ」

ポイントは、読者がもつ具体的な悩みが解決できることが伝わる内容を載せることです。

記事内の主要な見出しから、そのままリストアップしてくるのもよいでしょう。

3. 問題が解決する理由や根拠を示す【根拠提示】

次に、なぜこの記事が読者の問題を解決できるのか、記事内容の信頼性や信憑性を明示しましょう。

なぜなら、信頼できる記事内容だと感じなければ、読者は本文を読み進めてくれないからです。

たとえば、以下のような「筆者の実績」や「取り組んだ結果」などを示すの効果的です。

問題解決の根拠を示すリード文例

実際、高卒で英語が大の苦手だった私が、30代で英語を3ヶ月で習得し、今ではアメリカに在住しながら、オンラインによる英語講師をしています。

自分自身に確たる実績がない人は、他者の権威性を借りることも有効です。
たとえば、「多くの実績者を輩出してきた、あの英語コーチ〇〇が教える、〇〇勉強法」のような具合です。

信頼できる確かな情報であることをしっかり示していきましょう。

4. 読了後のポジティブな未来を提示する【ベネフィット】

続いて、読者がこの記事を読み終えたあとに、得られるポジティブな変化や未来を示します。

このイメージは、読者に「読む価値」を感じさせ、記事を最後まで読むモチベーションを与えるのに有効です。

ポジティブな未来を提示するリード文例

記事を読み終わった頃には、あなたに合った英語学習の具体的なマインドセットや勉強法が分かります。英語が話せるようになるまでの最初の好スタートを切れますよ!

紹介した方法で英会話力を高めていけば、国を越えて多くの人脈を築き、今とは違った新たな生活を手に入れられるでしょう。

ポイントは、具体的なベネフィットを盛り込むことです。
ここでいうベネフィットとは、記事を読んで得た情報を元に得られる利益のこと。

上の例でいえば、「国を越えて多くの人脈を築き、今とは違った新たな生活を手に入れること」です。

ベネフィットの提示によって、読者は自身の変化を自覚しやすくなり、記事を読み進めてくれる可能性が高まります。

T部長

ただし、あまりにも極端なベネフィットの提示は逆効果になるので、注意が必要です。
大袈裟だと思われ、信憑性が失われる可能性もあります。

5. 読者に具体的な行動を促す言葉を置く【行動促進】

最後に、読者の背中を押し、具体的な行動を促す言葉を挿入します。
たとえば以下のようなものです。

読者の行動を促すリード文例

国際的な環境で自信を持ってコミュニケーションできるようになるため、今日から英語の学習を始めてみませんか?グローバルな未来に向けた第一歩はここからです。

読者は単にリード文から情報を得るだけでなく、リード文を通じて記事から何かを得て、行動する意欲を刺激されるのです。
具体的な行動を明示してあげることで、行動に移しやすくなります。

記事を読み、具体的に行動する意欲を刺激し、勢いをつけてあげましょう。

リード文をブラッシュアップする4つの方法

ここまで、基本的なリード文の構成要素について解説してきました。

さらに、以下で紹介する方法を実践し、より読者を記事本文に惹きこむ、魅力的なリード文へと仕上げていきましょう。

これから紹介する内容をすべて実践する必要はありません。
物足りなさを感じたときなどに適宜実践していきましょう。

1. 記事を読まないデメリットを提示する

リード文では、記事を読むことで得られるメリットだけでなく、読まないことのデメリットも示すと効果的な場合があります。

たとえば、以下のような表現です。

デメリットを示すリード文例
  • 朝の時間を有効活用し、健康的な習慣を築くチャンスを逃すことは、未来の自分を犠牲にすることになりかねません。
  • 予定を適切に管理せず、日々をぼんやりと過ごしてしまうことは、ストレスや焦りを増加させる要因になってしまいます。

記事を読まず、行動を変化させないことのデメリットを示すのです。

デメリットを示すことで、リスクを回避しようという思いや、適度な緊迫感を生み出し、記事を読み進めるモチベーションを高められます。

2. 一般論を否定する

当たり前だと思われていることに対して、実は違うと伝えることで、読者に「え?一体どういうこと?」と先が気になるように仕掛ける方法です。

たとえば以下のような内容です。

リード文例
  • 「留学をすればぺらぺらに英語が話せるようになる。実はそれ、大きな間違いなんです」
  • 「毎日、英単語をノートに書き出して学習していませんか?それ、とても非効率です」

既存の意見や一般的な視点をひっくり返すことで、読者の興味を惹きつけられます。

言及した内容に相当する記事内容である必要はありますが、効果的な手法の一つです。

3. 再現性の高さを伝える

読者にとって再現性の高い内容であることを伝えることも効果的です。

これは、読者が記事に示されたメリットやベネフィットを、自分にも適用できる可能性の高さを示すためです。

たとえば、以下のような内容です。

再現性の高さを伝えるリード文例

「英語の偏差値39の私でもできました。私の60代の母親も成功しています。実はこの方法、やり方はとっても簡単で、しかも楽しいから自然と継続もできちゃうんです」

要するに、「記事を書いているあなただからできるのでは?」という読者の疑問を解消することが目的です。

「自分でもできるのかも」と思わせられれば、読み進めてもらえる可能性はぐっと高まります。

4. 視覚的な見やすさを取り入れる

リード文において、視覚的な見やすさは非常に重要です。

読者に対して「この記事は読みやすい」という印象を与え、記事全体を読むことに対する意欲を与えられるからです。

たとえば以下のようなものを取り入れてみてください。

リード文での視覚的な工夫例
  • 箇条書きを取り入れる
  • 図表やイラストを使用する
  • 吹き出しや囲みを活用する

実際にリード文で述べられていることも認識しやすくなり、リード文の効果を最大限引き出せます。

文章の内容以外でも、記事を読むモチベーションを高めていけますので、ぜひ実践してみてくださいね。

ブログのリード文に関する3つの注意点

リード文のクオリティをアップさせるためには、ブラッシュアップすることはもちろん、いくつか注意も必要です。

リード文の作成時には、以下3つのことに注意しましょう。

ブラッシュアップ方法は、無理に全部取り組む必要はないとお伝えしました。

ただ、注意点に関しては、基本的に3つともマストで配慮したい点です。

作成中に意識しつつ、完成後にチェック項目としても活用してみてくださいね。

文章量が多すぎないか

リード文は記事全体の魅力を凝縮し、読者の興味を惹く役割を果たします。
そのため、簡潔に魅力が伝わるように工夫することが大切です。

長すぎるリード文は、読者が離脱する原因となり得ます。
厳密な決まりはありませんが、500文字以内を目安としてみてください。

一旦、リード文を作成してみて、500文字以上になった場合は、修正を検討してみましょう。

無駄な情報・内容を書いていないか

次に、リード文は記事の内容に関連した内容のみで構成されているかを、チェックしましょう。

記事の内容に関連した文章か、あまり関係ない細かすぎる話題まで載せていないかを、確認してみましょう。

とくに記事本文とリード文の間にズレが生じると、読者の信頼を失う可能性もあります。

そのため、リード文は記事の内容にもとづいて構成するようにしてくださいね。

T部長

リード文は記事内容が固まってから考えるとよいですよ!

タイトルとの整合性が取れているか

最後に、リード文はタイトルと密接に関連しているか確認しましょう。

タイトルは読者が記事にアクセスする最初の動機となるものです。
そのため、タイトルの内容をリード文や本文で裏付けることが大切です。

タイトルとリード文の間に一貫性がなければ、読者は混乱し、記事を読むモチベーションを失ってしまう可能性があります。

ブログのリード文に関するよくある質問Q&A

最後に、ブログのリード文に関するよくある質問にお答えしていきます。今回、回答する質問は以下の4つです。

多くのブログ初心者が疑問に思うポイントなので、一つひとつ見ていきましょう。

Q. リード文はどのタイミングで作るのが最適?

リード文は、記事の本文を書き終えてから作成することをおすすめします。

本文を書き終えたあとに書くことで、記事の内容を正確に反映したリード文を作成できるからです。

記事を書き終えたあとは、どんなことを書いたか、よく理解できている状態です。
このタイミングでリード文を作成すると、スラスラ書けますよ。

また、記事本文ができあがっている場合、本文内に設けた見出しの内容をそのまま挿入することも可能です。
時間短縮しつつ、質の高いリード文を書くには、本文を書き終わったあとがおすすめです。

T部長

どれだけ早くても、記事の全体像が見えてからにしたほうがよいでしょう。
リード文と本文にズレがあると、読者の信頼を失いかねません。

Q. メタディスクリプションとリード文の違いは何?

メタディスクリプションは対象ページの内容を要約した文章のことで、検索結果でタイトルの下に表示される短い文章のことを指します。

一方、リード文は記事の始まりで読者を引きつけ、記事全体の主旨を提示します。

メタディスクリプションは、読者が検索結果から記事へアクセスするためのもの
リード文は、読者が記事へアクセスしたあと、記事を読み進めてもらうためのものです。

メタディスクリプションの書き方は、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

メタディスクリプションとは?書き方・文字数・SEOへの効果を解説

Q. いっぱい書きたいことがあって、文字数が増えてしまいます……。

本文で詳しく書いたことを、リード文にすべて詰め込む必要はありません。

リード文はあくまで記事の「導入部分」です。つまり、リード文の目的は、読者に記事の主旨を理解させ、興味を惹くことなのです。

以下のような工夫をして、できるだけコンパクトに抑えましょう。

リード文量を抑えるためのコツ
  • 記事で扱う読者の悩みの数を絞り込んでみる
  • 記事内容を箇条書きにするなど視覚的に工夫する
  • 読了後のポジティブな未来をもっとも重要なものに絞る

Q. いつもリード文を書くときに手が止まってしまいます……。

リード文の作成につまずくときは、一度記事の目的と想定読者を再確認してみてください。

  • 読者が抱える問題や疑問は何か?
  • この記事を読むことで、読者は何を解決したいのか? どうなりたいのか?
  • 本記事では、読者にどんな価値のある情報を提供できるのか?

上に挙げたような読者の検索意図・ニーズを考えることとは、読者の立場になって考えることです。

得られた情報を箇条書きにして、読者の情報を整理しましょう。

あとは構成すべき要素に沿っていけば、自然と手が動くようになりますよ。

それでも書けないときは、ほかの検索結果で表示される競合ページのリード文を参考にしてみるのもよいでしょう。

まとめ

今回の記事では、ブログ初心者に向けて、ブログのリード文について詳しく解説してきました。

本記事の要点は以下のとおりです。

まとめ
  • リード文とは記事の書き出し、導入部分のこと
  • リード文は読者に記事内容を伝え、本文を読み進めてもらうための重要パート
  • リード文では、読者の悩みに寄り添い、具体的に解決できることを示すのが大事
  • リード文はタイトルや本文と整合した内容を書くことが大事

リード文は文章量が本文よりも少なく、軽視されがちですが、読者を本文へと読み進めてもらうための重要パートです。

記事作成のなかでも優先度の高い作業なので、手間を惜しまず、作りこむことをおすすめします。

魅力的なリード文を作成して、ブログの成果につなげていきましょう。

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2024年8月6日(火)17時まで、サーバーが実質半額で利用できる『半額キャッシュバックキャンペーン』を開催中です!

今なら実質月額495円~とお得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!

URLをコピーしました!