UI/UXとは? 意味や違いについて分かりやすく解説

この記事のレベル

初心者 (3.5)
重要度 (4.0)
難しさ (2.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「UIやUXという言葉を聞いたことはあるけれど、違いがよく分からない……」と悩んでいませんか?

UIやUXは、ホームページの成果を求めるうえで、重要な役割を果たしますよ。

そこで今回は、UIとUXの意味や違いについて、分かりやすく解説します。

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • UIやUXの意味や違いをを知りたい人
  • UIやUXが重要な理由を知りたい人
  • 成果のあがるホームページを作りたい人

この記事を読めば、基礎知識だけでなく、優れたUI/UXを提供するためのコツが分かります。

それではどうぞ!

UIとは

UI(ユーザーインターフェース)とは、ホームページ内で閲覧する、もしくは操作する要素のことです。

分かりやすく例を挙げると、以下のような要素です。

閲覧する要素の例

  • テキスト(フォント)
  • 画像
  • 動画
  • ホームページのレイアウト
UIにおける閲覧要素

操作する要素の例

  • ナビゲーション
  • カルーセル(スライドショー)
  • ボタン
  • フォーム

ユーザーはこれらの要素に触れたうえで、ホームページから情報を取得しますよね。

つまり、UIは自社(サービス)とユーザーをつなぐ「接点」とも言えるのです。

カワウソ

例に挙げたものは、UI改善のテーマでよく取り上げられる要素です。しかしこれらに限らず、ユーザーの視界に入る情報は、すべてUIだと言えるでしょう。

UXとは

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、ホームページを利用したときのユーザー体験(得られる感情)のことです。

たとえば、ホームページにアクセスしたものの、なかなか表示されずにストレスを感じた経験はありませんか?

せっかく興味があってホームページにアクセスしたとしても、表示までに時間がかかるようなら、見るのを止めてしまいますよね。

これはUX改善でよく挙がるテーマです。

UXのよい体験と悪体験の例

ただ、UXは負の感情に限ったものではありません。

ホームページの動画を見て、「この商品かっこいいから欲しいな」など、好印象を抱くこともありますよね。

さらに、購入した商品の不明点について、ホームページから問い合わせて解決できれば、「親切に対応してくれたな」と感謝を抱くこともあるでしょう。

つまり、ホームページを通して、ユーザーが抱く感情のすべてがUXになるのです。

UIとUXの違いや関係性

前述のとおり、UIは「要素」であり、UXは「体験」であるため、異なるものです。

とはいえ、よいUXを実現するためには、優れたUIが必要不可欠です。

UIとUXの関係性

たとえば、ユーザーがホームページを訪れたとき、ページを閲覧、および操作して情報を取得しますよね。

その結果、なかには「問い合わせ」や「申し込み」など、自社が期待するような行動に移るユーザーもいるでしょう。

しかし、ページが見づらかったり、操作しづらかったりすれば、当然そのユーザーの数は減ってしまいますよね。

つまり、UX/UXは密接な関係にあり、ホームページの成果をあげるためにも、重要な役割を持っているのです。

UI/UXはSEOにおいても重要

UI/UXは、SEOにおいても重要です。

SEOとは

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語だと「検索エンジン最適化」と訳されます。分かりやすく言うと、「Google」や「Yahoo!」といった検索エンジンの検索結果で、自社のホームぺージが上位に表示されるように対策することです。

近年、Googleの検索エンジンは、以下のような「ページエクスペリエンス(情報そのもの以外から得られる体験)」を評価対象にしています。

ページエクスペリエンス
  • ウェブに関する主な指標(ページが快適に表示されるか)
  • モバイル フレンドリー(スマホでも閲覧しやすいか)
  • HTTPS(ホームページの通信が暗号化されているか)
  • 煩わしいインタースティシャルがない(情報に容易にアクセスできるか)

そのうえでGoogleは、ページエクスペリエンスがランキングに与える影響について、以下のように述べていますよ。

ページ エクスペリエンスは重要ですが、それでも Google は、ページ エクスペリエンスが劣っていても、全体的に価値の高い情報を含むページを上位にランキングするようにしています。つまり、いくらページ エクスペリエンスが優れていても、コンテンツが優れたページを上回ることはありません。ただし、関連性が同程度のページが多数存在する場合の検索ランキングにおいては、このページ エクスペリエンスが一段と重要になります。

(引用:Google 検索セントラル「ページ エクスペリエンスがランキングに与える影響について」

上記のとおり、SEOにとって情報そのものの価値のほうが重要とはいえ、ページエクスペリエンスも軽視できない存在と言えるでしょう。

優れたUI/UXを提供するための3つコツ

ここからは、優れたUI/UXを提供するためのコツを3つ解説します。

ユーザーが到達すべきゴールを考える

まず、ユーザーが到達すべきゴールを考えましょう。

ゴールがないと、「ユーザーにどんな体験をして欲しいか」を定めることができないためです。

たとえば、ユーザーのゴールを「問い合わせ」の完了だとします。
その場合、以下のようなUI/UXが理想的です。

理想的なUI/UX
  • すぐに問い合わせできる
  • どんな方法でも問い合わせできる
  • 無料で問い合わせできる

すぐに問い合わせできる

まず、ユーザーがすぐに問い合わせできるようなUIを設計しましょう。

具体的には、問い合わせボタンを常に見えるように配置したり、目立つようなデザインにしたりすることです。

すぐに問い合わせができるUI設計

せっかくユーザーが「問い合わせたい」と考えても、なかなかボタンが見つからなかったら、止めてしまうかもしれないですよね。

ユーザーがストレスを抱えないように、ゴールまでの導線を明確に提示しましょう。

※ボタンのUI設計については、記事の後半で詳しく解説するので、チェックしてください。

どんな方法でも問い合わせできる

また、問い合わせ方法は複数あったほうがよいです。

さきほどの例でいうと、すぐに問い合わせたい人は、「すぐに解決策を知りたい」と考えている場合があります。

なかには、「メールより電話のほうが手っ取り早い」と考えるユーザーもいるでしょう。

とくに、スマホユーザーなら、そのまま電話をかけたいですよね。
単に電話番号を掲載するだけでなく、タップで電話をかけられるようにしておけば、わざわざ入力せずに済むでしょう。

スマホなら電話をタップでかけられるUIにする

無料で問い合わせできる

有料より無料のほうが、ユーザーにとって問い合わせのハードルが下がるのは、言うまでもありません。
可能な限り、フリーダイヤルの導入などを検討しましょう。

また、「無料で問い合わせできること」を明確に伝える工夫も必要です。

単にフリーダイヤルと書かれただけなら、「スマホでも無料になるのか」が不明確ですよね。
ひと言「携帯電話からでも無料」と書かれているだけで、ユーザーは安心できます。

フリーダイヤルがスマホからでも無料なのであれば明記する

ターゲットごとに最適なUI/UXを考える

「優れたUI/UX」と言っても、ターゲットごとに異なるのも事実です。

たとえばコーポレートサイトの場合、顧客からの「問い合わせ」だけでなく、求職者からの「応募」をフォームで受け付けることもあります。

ただ、問い合わせと採用における応募では、フォームの内容が異なりますよね。

各フォームの特徴的な項目
  • お問い合わせフォーム:お問い合わせ内容
  • 採用における応募フォーム:希望職種、志望動機(自己PR)、履歴書や職務経歴書の添付

もしこれらの項目が一つのフォームに混ざっていたら、ユーザーは迷ってしまうでしょう。

そのため、基本的にはフォームを分けたほうがよいです。

もしくは、最初の設問で目的(問い合わせ or 応募)を選んでもらい、その内容に応じた項目に切り替わる仕組みのフォームを導入する方法もあります。

ターゲットを設定する以上、それぞれが満足のいく体験をできるように、努めましょう。

数値で客観的に評価する

優れたUI/UXを提供するためには、数値で客観的に評価する必要があります。

ユーザーの立場になって考えたとしても、「感覚値」でしかなく、どうしても実際とはギャップが生じてしまうためです。

数値で客観的に評価する方法として、一般的には「アクセス解析ツール」が用いられます。

アクセス解析ツールなら、ホームページに訪れたユーザーの特徴や行動を分析することが可能です。

真に優れたUI/UXを提供するためにも、アクセス解析ツールを用いて、PDCAサイクルを回していきましょう。

なお、アクセス解析については、以下の記事で詳しく解説しています。

【パーツ別】UI/UXを向上させる具体的な施策

最後に、ホームページのUI/UXを向上させる方法をパーツ別に紹介します。

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションは、ホームページの「全ページ内に共通して設置されたリンク」で、ユーザーを目的のページに案内する役割を持っています。

ユーザーが迷わず目的のページを探せるように、以下のポイントを意識して作りましょう。

グローバルナビゲーション作成のポイント3つ
  1. ひと目で分かりやすいワードを使う
  2. 最短距離で目的のページにアクセスできるようにする
  3. すべてのページでデザインを統一する

詳しくは、以下の記事で解説しています。

また、グローバルナビゲーションに「メガメニュー」を採用する方も多いのではないでしょうか。

メガメニューとは

メガメニューとは、ナビゲーションの一種で、広い画面領域を持つドロップダウンメニューのことです。「メガドロップダウン」「メガナビゲーションメニュー」とも呼ばれます。

メガメニューを設置するときのコツは、以下の2つです。

メガメニューを設置するときのコツ2つ

カルーセル

カルーセルとは、クリック(タップ)などの操作により、複数のコンテンツを横にスライドさせることで、メインの表示を切り替えられる仕組みのこと。

なかには、クリック(タップ)などの操作をしなくても、自動でコンテンツが切り替わるカルーセルもあります。

優れたUI/UXのカルーセルを作るためには、以下の点に気を付けましょう。

カルーセル実装時の注意点
  • 操作パーツを分かりやすく設置する
  • 最初に表示するコンテンツは厳選する
  • 自動再生させるなら配慮が必要
  • コンセプトの異なるコンテンツを混ぜない

詳しくは、以下の記事で解説しています。

ボタン

ボタンはホームページ上で重要な要素の一つで、ユーザーを特定の行動に誘導する役割があります。

たとえば、詳細ページへのリンクボタン「詳しくはこちら」や、お問い合わせフォームへの「お問い合わせ」などのボタンなどです。

ボタンを設置するときは、以下の3つのポイントを意識しましょう。

ボタンの設置で大切なポイント

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは、とくにUI/UXを考慮する必要があります。

ユーザーの声に耳を傾けるだけでなく、お問い合わせ自体が、自社のサービスを販売するためのきっかけになることもあるためです。

分かりづらくて、使いづらいお問い合わせフォームだと、ユーザーがストレスを抱えて、離脱してしまうかもしれません。

以下を参考に、ユーザーがメリットを感じるお問い合わせフォームを作りましょう。

施策 ユーザーのメリット
ステップを記載する お問い合わせが完了するまでの負担が分かる
入力項目を絞り込む 入力の負担が減る
必須項目を明記する 最低限入力すればよい項目がどれか分かる
入力例を表示する 何をどんな風に入力すればよいのか分かる
自動入力機能を導入する 住所など、入力の手間が省ける
エラーを表示する フォームを送信できない理由が分かる
確認画面を表示する 誤送信が防げる
完了画面を表示する 無事に送信できたことが分かる

これらは、「EFO(エントリーフォーム最適化」として、よく挙げられる項目です。
以下の記事でも取り上げているので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

また、お問い合わせフォームを作る具体的な手順は、以下の記事で詳しく解説しています。
ご自身に合うものを選んでみてください。

まとめ

今回は、UI/UXの意味や違いについて解説しました。

また、優れたUI/UXを提供するためのコツも紹介したので、参考になったのではないでしょうか。

まとめ
  • UIとは、ホームページ内で操作、もしくは閲覧する「要素」のこと
  • UXとは、ホームページを利用したときの「ユーザー体験(感情)」のこと
  • よいUXの実現には、優れたUIが必要不可欠
  • 優れたUI/UXを提供するためには、ユーザー目線&データで検証することが重要

UI/UXを考慮したホームページを作れば、ホームページの目的も達成しやすくなるでしょう。

もしホームページの開設時にUI/UXを考慮できていなかった場合は、公開後でもよいので、改善していってください。

それでは、ホームページのUI/UXが向上されることを願っています。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは、高速かつ高い安定性を誇る「高性能レンタルサーバー」です。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、19万社の導入実績があります。

2024年4月3日12時まで、サーバー利用料金『半額キャッシュバックキャンペーン』を開催中です!

.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2023年10月時点、W3Techs調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

URLをコピーしました!