国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

初心者のためのブログ始め方講座

国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

セールスライティングとは?売れる記事作成のコツと文章の型を解説

\この記事をシェアする/

T部長

当メディアはリンクフリーです。SNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

この記事のレベル
初心者
(3.5)
重要度
(3.5)
難しさ
(2.5)

こんにちは、T部長です!

記事へのアクセスはあるのに、商品やサービスの成約につながらない……」とお悩みではありませんか?

「セールスライティング」ができるようになれば、Webサイトやブログ記事からの売り上げアップに役立ちますよ!

この記事では、売れる記事を書くための手法「セールスライティング」について解説します。

T部長

この記事は次のような人におすすめ!

  • ブログ記事からの成約率を高めたい人
  • ものを売るための文章を書けるようになりたい人
  • セールスライティングを学びたい人

この記事を読めば、セールスライティングのコツを理解したうえで、文章の型を記事作成に応用できるようになります。

さらに、セールスライティングのスキルを習得するために重要なことも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、どうぞ!

セールスライティングとは?必要性を解説

セールスライティングとは、読者に商品やサービスの購入を促す文章を書くことです。

Webサイトで紹介する商品を買ってもらうためには、このセールスライティングが重要になります。

たとえば、お客さんとして服屋に行った場合を考えてみましょう。
お店の売りたい商品を延々と勧める店員さんと、あなたの雰囲気に合わせて似合う商品を提案してくれる店員さんでは、後者から購入したいですよね。

Webサイトでも同様です。

どんなによい商品でも、売り手の一方的な文章では読者を買う気に変えるのは難しいでしょう。

しかし、セールスライティングで読者の状況に合わせた文章を書けば、自然に購入を促せるのです。

このように、ブログで商品やサービスを買ってもらうためには、セールスライティングのスキルが重要です。

T部長

セールスライティングができれば、商品に関心のなかった読者にも、購入を検討してもらえるようになりますよ!

目的は「3つのNOT」を解消すること

文章を読んで商品やサービスを購入してもらうためには、読者の「3つのNOT(壁)」を解消する必要があります。

「3つのNOT」とは、人が行動を起こすまでに越えなければならない心理的な壁のこと。
具体的には以下の3つです。

3つのNOT(壁)
  • Not Read「読まない」
  • Not Believe「信じない」
  • Not Act「行動しない」

つまり、以下の3つのポイントを満たすことで、読者の購入を促す文章を書くのが「セールスライティングの役割」だと言えます。

セールスライティングのポイント
  • 記事を読む気になってもらうこと
  • 記事の内容を信頼してもらうこと
  • 記事を通して行動を促すこと

「3つのポイントを満たす記事を書けるかな……?」と、不安に思うかもしれません。

あとで紹介するコツや文章の型に沿って記事を構成すれば、3つの壁を越える文章が書けるようになりますよ!

T部長

ただコツを真似るだけでなく、「3つの壁を越えるためにコツをどう活用するか」をイメージできると、より記事のレベルアップに役立ちます!

コピーライティングとは?セールスライティングとの違い

セールスライティングと似た言葉に「コピーライティング」があります。

どちらも広告で使われるため間違いやすいですが、それぞれ意味が異なります。

以下の表は、セールスライティングとコピーライティングの違いをまとめたものです。

セールスライティングコピーライティング
ターゲット商品やサービスに興味がある見込み客見込み客を含む大勢の人
目的購入などの行動を促す企業やサービスの知名度向上やイメージアップ
情報量多い(記事)少ない(1行~2行のテキスト)
利用される場面ホームページ、メルマガ、動画など広告(CM、屋外看板、Web広告バナーなど)

セールスライティングとコピーライティングは、用途が異なります。
ライティングを行ううえで、間違えないように覚えておきましょう。

セールスライティングを活用できる5つの場面

セールスライティングは、ビジネスにおけるさまざまな場面で役立つため、あなたのスキルアップに繋がりますよ!

セールスライティングが活用できる代表的な場面は、以下のとおりです。

セールスライティングを活用できる場面
  • ホームページ・ランディングページ・ブログ
  • メルマガ・公式LINE
  • DM(ダイレクトメール)・チラシ
  • 動画
  • プレゼン・スピーチ

ライティングスキルではあるものの、動画・プレゼン・スピーチなど口頭での発表にも応用ができます。

他にも活用できる場面は多いので、身につけて損はないスキルだと言えるでしょう。

セールスライティングのコツ6つ

セールスライティングで記事を作る場合は、以下の6つのコツを意識しましょう。

これらを踏まえて文章を構成すれば、売れる記事が作りやすくなるでしょう。
先に紹介した「3つのNOT」も越えることができますよ。

T部長

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れればスムーズに記事を書けるようになりますよ!

ターゲットを明確にする

記事を書くときには、誰に対しての文章なのか「ターゲット」を明確にしましょう。

ターゲットとは、記事の読者となる人のことです。
ターゲットを明確にすれば、読者の抱える悩みや問題を理解できて、それを解決できる文章が書けます。

とはいえ、細かく設定しようと思っても、架空の相手を想定するのはハードルが高いもの。

難しい場合は、家族や友人などの身近な人や過去の自分をターゲットにして、具体的に何を伝えるのかを考えてみましょう。

具体例として、パーソナルジムを紹介する記事のターゲットを設定してみます。

【ターゲットの例】

外食ばかりで太ってきたことや運動できていないことが悩みの知人の山田さん
(※以前ジムに通っていたが、あわなくて退会した経験あり)

ターゲットを特定の一人に絞れば、抱えている悩みを理解しやすくなるでしょう。

読者に刺さる文章が書きやすくなり、あとに紹介するコツを実践するときにも役立ちますよ!

興味を引くタイトルや見出しを付ける

興味を引くタイトルや見出しにすれば、「Not Read(読まない)」の壁を越えられます。

読者が思わず読み進めたくなるような、魅力的なタイトルや見出しにしましょう。

タイトルや見出しを作成するときに使えるパターンの例は、以下のとおりです。

タイトルや見出しに使えるパターン
  • 自分が知りたい内容だと思える
  • 続きが気になる
  • 結論を入れる
  • 「〇選」「〇分」などの「数字」を入れる

他にもさまざまなパターンがあるので、いろいろ試してみるのがおすすめです。

タイトルや見出しは、読者の状況により効果のあるパターンが異なってきます。
ターゲットを思い浮かべて、タイトルや見出しを考えてみてくださいね。

T部長

いろんなWebページ、雑誌、新聞などの媒体を意識して見ると、タイトルや見出しの勉強になりますよ!

根拠や裏付けを提示する

記事の結論に対して根拠や裏付けを提示すれば、信頼性を担保できます。

人間の心理に「信じない壁」があることからも分かるように、ただ結論を述べるだけでは、その内容について読者に信じてもらえません。
そのため、以下のような根拠や裏付けが必要なのです。

根拠や裏付けの例
  • 記事のテーマに関して専門性がある人や機関の論文、検証結果など
  • 公的機関の発表
  • 商品やサービス利用者の体験談

実際に、根拠や裏付けを提示する場合の具体例を見てみましょう。

根拠や裏付けを提示する具体例(ジムの場合)
  • 管理栄養士の資格を持つトレーナーが食生活もサポート
  • 会員様の声

なお、情報源や真偽が曖昧な根拠を提示してしまうと、逆に信頼性を落としてしまうおそれもあります。
根拠や裏付けには、信頼できるものを選ぶことが大切です。

T部長

公式発表や調査結果などを利用する場合は、その出典を明記しましょう。

商品やサービスのデメリットも伝える

商品やサービスを紹介するときには、メリットだけでなくデメリットも伝えましょう。

デメリットを伝えれば、その商品に対する説得力と信頼性を高められます。

たとえば、商品のメリットばかりを提示されて、胡散臭く感じたことはないでしょうか?

デメリットの提示は悪いイメージを与えるように思えますが、実は信頼性が増すのです。

なお、デメリットは理由とあわせて提示するのがポイント。
デメリットとなる理由が分かれば、読者も納得して商品購入を決定できるでしょう。

パーソナルジムのデメリットと理由の例
  • デメリット
    利用料金が他社より高い
  • 理由
    他社よりもサービス内容が充実しているため
    (専属トレーナーが一人ひとりに合わせたプランを提供/メールやLINEで私生活もサポート/リバウンドしないためのアフターサポートあり)

また、デメリットと理由の提示は、競合他社との差別化や商品購入後の読者の不安を先に消すことにもつながります。

以上のことから、デメリットの提示は積極的に行いましょう。

ベネフィットを伝える

読者に行動してもらうためには、ベネフィットを伝えることが重要です。

ベネフィットとは、その商品やサービスを購入や利用したあとに得られる価値のある未来のこと。
商品やサービスのメリットに加えてベネフィットも伝えれば、成約に繋がりやすくなりますよ。

ベネフィットを伝える場合は、読者にとっての「最高のゴール」まで伝えるとさらに効果的。

例として、ジムに通うベネフィットと最高のゴールを挙げてみます。

ジムに通うメリットとベネフィットと最高のゴール
  • メリット
    マシンの種類が豊富/安全にトレーニングができる/プロのトレーナーにサポートしてもらえる
  • ベネフィット
    痩せられる/筋肉が付く/ストレス解消になる
  • 最高のゴール
    健康的な生活が送れる/自信がついてポジティブになり仕事がうまくいく/異性にモテる

最高のゴールが、読者にとっての「価値のある未来」と重なるのがポイントです。

「価値のある未来」は人それぞれ異なります。
しかし、事前にターゲットを設定していることで、その人に刺さる「価値のある未来」をイメージしやすくなるでしょう。

今すぐ行動すべき理由を提示する

読者をその場で成約につなげるために、「今すぐ行動すべき理由」を提示しましょう。

ここまでのコツを実践した記事なら、読者が商品やサービスを「利用したい」という気持ちが高まっているはずです。

そこで、読者の背中をもうひと押しするために商品の緊急性や限定性を出せば、成約率を高められますよ。

緊急性や限定性の具体例
  • このホームページからのお申込みで入会費・初月会費無料
  • 〇月〇日までキャンペーン中
  • 先着〇名様限定で▲▲プレゼント(※無くなり次第終了)

人間には、「損をしたくない」という心理があります。
上記の記載により、「ここですぐに購入しないと損をする」と読者に思ってもらうことで、行動を促せるのです。

今すぐ行動すべき理由を具体的に提示すれば、読者が「行動しない壁」を越えられるでしょう。

セールスライティングで使える6つの型

ここまで、セールスライティングのコツを解説してきましたが、「具体的にどんな構成で書けばいいのか分からない」という方もいるでしょう。

心配しなくても大丈夫!

セールスライティングには文章の型があります。
それに沿って記事を書けば、初心者の方でも売れる記事を作成しやすくなりますよ。

ここからは、セールスライティングで使える6つの型をご紹介します。

それぞれ例文もご紹介するので、参考にしてみてくださいね!

PREP法:結論が伝わりやすく説得力が増す

PREP(プレップ)法は、簡潔で分かりやすく物事を伝えられる文章の型です。
記事全体の構成というよりは、見出しごとの文章構成に使われます。

PREP法では、以下の構成で記事を組み立てます。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(再結論)

結論ファーストで物事を伝えるため、テーマの要点が伝わりやすくなります。
そして、理由や具体例を挙げたあとにもう一度結論を述べることで、説得力を高められるのです。

PREP法による文章例は、以下のとおりです。

Point(結論):まず結論を述べる

パーソナルジムの一つめのメリットは、お客様の希望や身体に合わせたプランを作成できる点です。

Reason(理由):結論に対する理由を述べる

人間は一人ひとり身体の状態が異なります。また、痩せたい、筋肉を付けたい、健康的な体系を維持したいなど、目的も変わってくるでしょう。
そのため、メディアなどで得た知識をもとにやみくもにトレーニングを行っても、思うように成果が出づらいのが実状。
だからこそ、理想の成果を得るためには、パーソナルジムの「個人に寄り添ったプラン二ング」が重要なのです!

Example(具体例):結論を信用するための例や根拠を提示徴

当ジムでは、丁寧なカウンセリングにより、お客様一人ひとりのお身体の状態や目標に向かって、最適なトレーニングプランをご提案いたします。
また、管理栄養士の資格を持ったトレーナーによる、食生活のサポートもできますよ。

Point(再結論):再度結論を述べて説得力を高める

お客様一人ひとりに合わせて、丁寧にサポートできるのがパーソナルジムの大きなメリットです。

T部長

PREP法は、ライティングはもちろん、口頭での報告・連絡・相談など、ビジネスシーンでも非常に役に立つ文章構成ですよ!

新PASONAの法則:読者の悩みや問題を明確化する

新PASONA(パソナ)の法則は、読者に自身が抱える悩みや問題に気付いてもらい、提案する形で購入を促す型です。

「自分の抱えている悩みや問題を、はっきりと理解していない読者」に有効でしょう。

新PASONAの法則では、以下の構成で記事を組み立てます。

  • Problem(問題提起)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(具体的な提案)
  • Narrow down(限定・絞り込み・緊急性)
  • Action(購入を促す)

Affinity(親近感)で、同じ悩みを持っていたことを提示し、読者に共感するパートが重要です。
また、自分の持つ悩みを解決できると思ってもらうことで、読み進めてもらうことができますよ。

新PASONAの法則による文章例は、以下のとおりです。

Problem(問題提起):読者が抱える悩みに気づいてもらう

「外食ばかりで太ってきたけど、運動や食生活にまで気が回らない……」とお悩みではないですか?

Affinity(親近感):読者の抱える悩みへの共感を示す

毎日仕事で疲れているのに、そのあとにジムに通うのも面倒。
しかも、ダイエット食は味気ないイメージだし、美味しいものが食べられなくなる方がつらいですよね。
しかし、「痩せないといけない」という危機感も持っているのではないでしょうか?

Solution(解決策):悩みの解決策を提示する

そこでおすすめなのが、「食事改善もサポートしてもらえるパーソナルジム」です!

Offer(具体的な提案):解決するための具体的な方法を提示する

このジムは、週に1回のトレーニングと日頃の食事改善で、理想の体型を目指します。週に1回なら、習い事感覚で無理なく通える方も多いですよね。
また、管理栄養士の資格を持つトレーナーが、美味しくて満足感のある献立を送ってくれます。あなたの好みに合わせた、健康的な献立を提案してくれるので、偏食でも問題なし!

Narrow down(限定・絞り込み・緊急性):今すぐ行動する理由を提示する

このホームページから申し込みすると、通常2万円の体験プランが1000円になります。さらに、体験プランで入会を決めた場合は、入会金が無料になりますよ!
なお、このキャンペーンは今月限りで終了です。
通常と同じ内容で、お得にパーソナルトレーニングが体験できる最後のチャンス!

Action(購入を促す):具体的な購入方法へ誘導する

以下のボタンから、体験プランをお申込みください。
※当ホームページ以外からのお申込みはキャンペーン対象外となるため、ご注意ください。

QUESTの法則:特定の読者に絞って購買に繋げる

QUEST(クエスト)の法則は、冒頭で特定の読者に絞り込むことで、購買率を高められる型です。

「自分の抱えている悩みや問題を理解している読者」に効果的でしょう。

QUESTの法則では、以下の構成で記事を組み立てます。

  • Qualify(絞り込み)
  • Understand(共感)
  • Educate(啓発)
  • Stimulate(興奮)
  • Transition(変化)

最初のQualify(絞り込み)で、ターゲットの悩みを的確に指摘しましょう。
読者に自分のことだと気付かせて、記事の続きに引き込むことが重要です。

QUESTの法則による、文章例は以下のとおりです。

Qualify(絞り込み):売る商品が刺さる特定の読者に絞り込む

「いろんなダイエットを試してみたけど、上手くいかなかった。もう痩せるのは無理かも……」と、諦めてはいませんか?

Understand(共感):読者の問題に共感する

私も今より15kg太っていた時期があり、いろんなダイエットを試しては失敗した経験があるので、あなたの気持ちは痛いほど分かります。
ジムにも通ってみたけど、周りの人が自分の体型を見ているように感じ、通わなくなったこともあります。

Educate(啓発):問題を解決できる方法(商品)を提示する

そんなときに藁にもすがる思いで辿り着いたのが、食事改善も行ってくれるパーソナルジム。
ジムはプライベート空間で、トレーナーと自分だけしかいないため、人の目を気にせずトレーニングができました。

Stimulate(興奮):商品のベネフィットを提示して読者の感情を揺さぶる

さらに、管理栄養士の資格を持ったトレーナーが、ダイエットにおける食事の重要性を説明してくれて、食生活を変える決心も。
トレーナーの言うとおりにトレーニングと食事改善を続けたら、わずか3ヶ月で目に見えて体型が変化したんです!
職場の同僚からも「痩せた上に正確も明るくなった!」と言ってもらえるようになり、自分に自信が持てるようになりました。

Transition(変化):見込み客から顧客へ変化させる

今このホームページから予約すると、私が通ったパーソナルトレーニングジムの体験が無料で受けられます。
今月限定のキャンペーンなので、お早めにご予約ください。

CREMAの法則:読者の行動を後押しする

CREMA(クレマ)の法則は、短い文章で簡潔に行動を促す型です。

まず結論から入ることで、文章が簡潔にまとめられるため、最後まで読んでもらえる確率が高まります。

購入する商品や契約するサービスの種類など、すでに行動が決まっている読者に有効でしょう。

CREMAの法則では、以下の構成で記事を組み立てます。

  • Conclusion(結論)
  • Reason(理由)
  • Evidence(証拠)
  • Method(手段)
  • Action(行動を促す)

CREMAの法則による文章例は、以下のとおりです。

Conclusion(結論):ターゲットに刺さる結論を提示する

「痩せるには、運動だけじゃなく食生活の改善も大切です。

Reason(理由):結論の理由を簡潔に伝える

痩せるためには、食事から摂取するエネルギーより、日常生活や運動で消費するエネルギーが多くなければいけません。
そのため、「摂取するエネルギー」をコントロールすることも重要なのです。

Evidence(証拠):理由を裏付ける根拠を提示する

〇〇が行った調査によると、食事制限せずに1時間の有酸素運動と筋トレを毎日行ったグループと、週1回1時間のトレーニングと毎日の食事改善を行ったグループでは、後者の方が体脂肪が減ったという結果が出ています。

Method(手段):結論に繋がる具体的な行動とベネフィットを伝える

運動にあわせて食事改善も行うことで、効率的に痩せることができるでしょう。
食事指導もしてもらえるパーソナルジムを利用すれば、週1回のトレーニングでも理想の体型を目指せますよ!
なかでも、▲▲ジムなら管理栄養士の資格を持ったトレーナーに、普段の食事指導をしてもらえます。献立やレシピも考えてもらえるので、料理が苦手でも大丈夫。

Action(行動を促す):購入を促すオファーを提示する

このホームページ限定で、無料カウンセリングと通常1万円する体験トレーニングを1000円で受けていただけます。また、今月中のお申込みに限り、入会金無料のキャンペーンも実施中です。

AIDCASの法則:購買行動の意思決定プロセス

AIDCAS(アイドカス)の法則は、購買行動の意思決定プロセスに沿って記事を構成し、商品の購入に繋げる型です。

売る商品にすでに興味を持っている読者に有効でしょう。
読者の気持ちの変化に合わせて構成が進むため、自然に商品の購入を促すことができますよ。

AIDCASの法則では、以下の構成で記事を組み立てます。

  • Attention(注目)
  • Interest(関心)
  • Desire(欲求)
  • Conviction(確信)
  • Action(行動)
  • Satisfaction(満足)

Conviction(確信)で、その商品の特長や実績などを数値で表し、行動に繋げます。

なお、Satisfaction(満足)は、購入後の満足感を高めるパートなので、記事に含む必要はありません。

AIDCASの法則による、文章例は以下のとおりです。

Attention(注目):読者の注意を引き、記事を読み進めてもらう

コスパ高すぎ!何をしても痩せられなかった私が、3ヶ月で理想の体型になれた理由

Interest(関心):読者の興味をさらに駆り立てる

いろんな方法を試したけど痩せられなかった……。そんな、あなたにおすすめのパーソナルジムです。

Desire(欲求):商品を利用して得られるベネフィットを伝える

一人ひとりに合わせたトレーニングプランと食事改善で、理想の体型を手に入れられます。
3ヶ月このジムに通うだけで、自分に自信が持てるようになり、仕事や私生活もうまくいくようになりますよ。

Conviction(確信):商品の価値を読者に確信してもらう

お客様満足度は95%以上。ほとんどのお客様が通い始めて1ヶ月で、ウエスト「ー10cm」を達成しています。

Action(行動):購入を後押しする

このホームページから無料体験をお申込みいただいた方全員に、スペシャルプロテイン1袋をプレゼント中!
先着30名様のキャンペーンとなるため、お申込みはお早めに!

T部長

売って終わりではなく、商品やサービスを利用した後の読者の「Satisfaction(満足)」も意識して文章を作りましょう!

BEAFの法則:競合他社との差別化に効果的

BEAFの法則は、競合他社との優位性を提示して、商品の購入を促す型です。

ECサイトなど、競合と比較されることが多い商品やサービスに効果的だと言えるでしょう。

この型では、以下の構成で記事を組み立てます。

  • Benefit(利益・便益)
  • Evidence(根拠)
  • Advantage(優位性)
  • Feature(特徴・メリット)

自社商品のよい点だけでなく、他社よりも優れている点(Advantage)を分かりやすく提示するのが重要です。

また、メリットとあわせてデメリットを伝えれば、より読者に信頼性や納得感を抱いてもらえますよ!

BEAFの法則による、文章例は以下のとおりです。

Benefit(利益・便益):商品を購入して得られる未来を提示する徴

あなたのダイエットをサポート! 簡単で美味しいダイエット宅配食
(※実際の食事の写真などを添えると、さらに効果的)

Evidence(根拠):結論に対する根拠や裏付けを提示する

お客様から喜びの声続出!
お客様の声1:料理が苦手な私でも、電子レンジで簡単に作れました! しかも美味しい!
お客様の声2:一人分が決まっているので、食べ過ぎる心配がない。量が多くないのに食べた後に満腹感もある。

Advantage(優位性)

当社 A社 B社
料金/6食 4000円 5000円 4500円
品数/1食 5品 5品 4品
1食のカロリー平均 350kcal 400kcal 400kcal
調理方法 電子レンジ 要調理 電子レンジ
最低注文回数 初回のみOK 4回 5回

Feature(特徴・メリット)

テレビ番組多数出演! 管理栄養士兼パーソナルトレーナーの〇〇がメニューを監修する宅食です。量や栄養バランスにもこだわり、ダイエット食ながら食べ応えのあるメニューをご提供しています。
初回購入に限り、今なら6食1000円で体験していただけます! 継続利用は必須ではありません。以下のボタンからお気軽にお申込みください。

セールスライティングを習得する方法

セールスライティングを習得するには、以下の2つを実践しましょう。

スキルの習得には「インプット」だけでなく、「アウトプット」が重要です。
この2つをあわせて行うことで、スキルを習得しやすくなりますよ。

それぞれ、具体的な方法を踏まえて解説しますね。

セールスライティングの知識を「インプット」する

まずは、セールスライティングの知識を学びましょう。
基礎や具体的な方法などの知識がなければ、実践できませんよね。

具体的には、以下の方法でセールスライティングについて学べます。

セールスライティングをインプットする方法
  • 本を読む
  • 事例を見る
  • セミナーや講座を受講する
  • ネット上で情報を得る

上記の方法で「インプット」した内容を次に紹介する方法で実践すれば、スキルとして身につけられるでしょう。

インプットした内容を「アウトプット」する

知識は、実践を繰り返すことで初めてスキルとして定着します。
インプットにより得た知識を使って、実際に記事を書いてみましょう。

アウトプットの具体例は以下のとおりです。

アウトプットの例
  • テーマを決めて例文を作ってみる
  • 自分のブログでセールスライティングの型に倣って記事を書く
  • ライティングの仕事を受ける

一番手軽な方法としては、自分でテーマを決めて文章を作ってみることです。
もしブログを持っている方なら、セールスライティングの型で文章を作成・公開してみましょう。

アフィリエイトの成約につなげる記事をセールスライティングで作ると、その成約率で効果が計測可能です。

慣れてきたら、実際にクラウドソーシングなどで、ライティングの仕事を請け負うのもおすすめです。
自分が書く記事に報酬が発生すると、記事の質に責任が伴い、スキルが洗練されるでしょう。

知識をスキルとして定着させるためには、実践あるのみ!
インプットした知識はどんどんアウトプットして、セールスライティングのスキルを習得しましょう。

セールスライティングの注意点3つ

セールスライティングで記事を作成するにあたり、以下の3つの注意点があります。

上記を守らないと、商品やサービスの評判を損ねてしまいかねません。
読者からの信頼を失い、結果的には売り上げ低下にもつながるため、気を付けましょう。

事実に基づいた正確な情報を伝える

記事には嘘を含まず、事実に基づいた正しい情報を伝えましょう。

読者に安心・納得して商品を購入してもらうためには、正確な情報であることが大切です。

とくに、根拠や裏付けを提示するときには、以下の点に気を付けてください。

  • 公式や公的機関の発表など、信用できる出典の根拠を提示する
  • 嘘の体験談や口コミを書かない

たとえば、記事によく分からない機関の発表が根拠として提示されていた場合、胡散臭さを感じてしまいますよね。
自作自演で書いた口コミなども、もしバレたときに信用を失ってしまいます。

また、わざと誤解を与えるような書き方もNGです。

不正確な情報は、読者の不信感を抱く原因になります。
安心・納得して商品を購入してもらい、満足してもらえるように、正確な情報のみを伝えてくださいね。

読者を過度に煽らない

読者の不安を過度に煽りすぎないように注意しましょう。
不安を過度に煽ってしまうと、読者が不快感や胡散臭さを感じてしまい、商品購入に至りにくくなります。

同じテーマでの「煽り」と「共感」の具体例を見てみましょう。

  • テーマ
    ダイエット
  • 煽りの例
    そのままでは、一生デブのままですよ。
  • 共感の例
    私も以前太っていて、何をやってもなかなか痩せられませんでした。だから、あなたの悩みがよく理解できます。

煽りの方法でも購入には繋げられますが、不快感を覚える人も少なくありません。
そのため、読者に共感し寄り添う方が、より購買率は上げられるでしょう。

セールスをする上で、過度な煽りは必要ないのです。

オーバーな表現を避ける

商品のメリットを大げさに表現するなど、読者に誤解を与える表現は避けましょう。

大げさに表現すれば、それにつられて商品が売れやすくなりますが、購入後の不満につながってしまいます。

オーバーな表現から不満につながる例
  1. 「飲んだら痩せる」という謳い文句のサプリを購入
  2. 飲んでも痩せない顧客が増える
  3. 商品のリピーターにならない・嘘だと悪評が広まる
  4. 商品に興味を持っても、口コミを見た読者は買わない

このように、リピーターになってもらえないだけでなく、新規顧客の開拓にも影響が出ると考えられます。

さらに、健康やお金に関する商品だと、法律に抵触するおそれも……。

近年では、広告市場でオーバーな表現が横行しており、取り締まりも厳しくなっています。
商品を売りたいがための、オーバーな表現は避けるように注意しましょう。

T部長

よい商品ならオーバーな表現がなくても、売れる文章を書けますよ!

セールスライティングで「売れる」記事を書こう!

この記事では、セールスライティングについて解説しました。

まとめ
  • セールスライティングとは、読者に商品やサービスの購入を促す文章を書くこと
  • ビジネスにおけるさまざまなシーンで、セールスライティングを活用できる
  • セールスライティングの型に当てはめると、記事を作りやすい
  • セールスライティングを身につけるには「アウトプット」が重要
  • 紹介した注意点に気を付けて、読者に誠実な記事を書く

セールスライティングは、ブログやWebサイトはもちろん、さまざまなビジネスシーンで応用できます。
身につけておけば、あなたのスキルアップに繋がりますよ。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2024年6月5日12時まで、サーバーが実質半額で利用できる『半額キャッシュバックキャンペーン』を開催中です!

今なら実質月額495円~とお得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!

URLをコピーしました!