国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

初心者のためのブログ始め方講座

国内シェアNo1サービスの「中の人」がブログ運営に役立つ情報をわかりやすくお届け!

ブログ記事を推敲する方法とは?文章を見直すときのポイントやコツを解説

\この記事をシェアする/

T部長

当メディアはリンクフリーです。SNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

この記事のレベル
初心者
(4.0)
重要度
(3.5)
難しさ
(2.0)

こんにちは、T部長です!

ブログ記事を書いても「なかなか最後まで読んでもらえない……」とお悩みではありませんか。

ブログ記事を読んでもらうためには、質の高い文章を書くことが大切です。

この記事では、文章を見直し、記事の質を上げるための「推敲(すいこう)」の方法をくわしく解説します。

T部長

この記事は次のような人におすすめ!

  • ブログ記事を最後まで読んでほしい人
  • ブログ記事の質を上げたい人
  • 推敲とはどんなものか知りたい人

せっかくSEOに取り組み、頑張って書いた記事にアクセスしてもらったのに、たいして読まれないまま離脱されてしまっては収益につながりません。

離脱される原因はさまざまですが、まずは文章が読みにくかったり、伝わりにくい内容だったりしないかを見直してみましょう。

この記事では、読みやすく、伝わりやすい文章にするための効果的な推敲の方法を解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

それでは、どうぞ!

推敲とは?校正・校閲・リライトとの違い

文章の見直しに関係する言葉には、「推敲」以外にも「校正」「校閲」「リライト」があります。

推敲とは何かを理解するために、それぞれの言葉の意味をチェックしていきましょう。

「推敲」「校正」「校閲」「リライト」

推敲の意味

推敲とは「自分で文章を吟味して練りなおすこと」を意味します。

ブログ記事の文章に用いられている表現をチェックし、全体的に読みやすくするための作業です。

具体的には、以下のような内容を見直すことを指します。

文章の推敲で見直す内容の例
  • 読者にもっと伝わりやすい言い回しはないか?
  • 漢字は多すぎないか?
  • 一文や一段落が長すぎないか?

たとえば「花屋に買い物に行った」という文章を推敲してみましょう。

前後の文章にもよりますが、「花屋に行った」だけでも「買い物に行った」ことは伝わるため、「買い物」という文言を外しても大きな問題はありません。

文章全体をスッキリとさせて、読みやすくすることが推敲の目的です。

校正の意味

校正とは「文章内の誤字・脱字などの間違いを正すこと」を意味します。

推敲を重ねて読みやすくしても、単語や文法の間違いがあると読みにくい文章になってしまいます。

また、誤字・脱字の数が多いと、記事はもちろん、ブログ自体の信頼性にも影響するかもしれません。

たとえば、ブログの文章を校正するときに、ありがちな誤字・脱字は以下のとおりです。

ありがちな誤字・脱字の例
  • ✖ 「シュミレーション」
    〇「シミュレーション」
  • 「少しづつ」
    〇「少しずつ」
  • 「いづれ」
    〇「いずれ」
  • 「後を立たない」
    〇「後を絶たない」
  • 「ニーズに答える」
    〇「ニーズに応える」
  • 「~しずらい」
    〇「~しづらい」
  • 「ありえる」
    〇「ありうる」
  • 「以外な展開」
    〇「意外な展開」

また、同音・同訓をもつ漢字の使い分けにも注意が必要です。

たとえば「保証」「補償」「保障」は同じ読み方ですが、それぞれ意味が異なります。

「保証」「補償」「保障」の違い
  • 保証:問題ないと認め、責任をもつこと
  • 補償:金銭や健康などの損害に対し、補うこと
  • 保障:ある状態が損なわれないように、保護すること

このように文章内の誤った箇所を直すのが「校正」です。

校閲の意味

校閲とは「情報の間違いを正し、不足な点を補うこと」を意味します。

ブログ文章に書かれている内容は事実にもとづいているのか、矛盾はないのかをチェックする作業です。

校閲をするときのポイントは以下のとおりです。

文章を校閲するときのポイント
  • 事実誤認がないか
  • 差別的な表現はないか
  • 無許可の引用はないか

情報が不正確な記事を出せば、読者からの信用を一瞬で失ってしまいます。
最悪の場合、訴訟などの大きな問題に発展するかもしれません。

事実確認のときは、参考・引用元が信頼できる情報かどうかを見極めましょう。

たとえ、大企業が運営するWebサイトに掲載されている内容であっても、確認をしないまま引用するのは危険です。
最新の情報にアップデートされていない可能性もあります。

発信元の情報を調べたり、複数の情報を確認したりして、事実に基づいた正確な内容であるかを確認するのが「校閲」です。

リライトの意味

リライトとは「すでに公開された記事に加筆修正を行うこと」を意味します。

より高い価値をもつコンテンツにする目的があり、SEOに取り組む場面でよく使われる言葉です。

リライトをするときのポイントは以下のとおりです。

リライト時のポイント
  • 最新の情報に更新する
  • 検索意図に沿うよう内容を追加したり修正したりする
  • 文章のテンポが悪い箇所を修正する
  • ターゲットに合わせた言葉に見直す
  • 関連記事へのリンクを張る
  • クリックされやすいタイトルに見直す
  • セールスライティングを意識して見直す

記事をリライトすれば、検索順位やアクセス数の向上が見込めます。

ユーザーの検索意図を把握したうえで、情報の更新や追記などを行いましょう。

ブログのリライトのやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。

記事をリライトするタイミングや方法 ブログのリライトで順位・アクセスを改善する方法!コツやタイミングを解説

ブログ記事に推敲が必要な理由

推敲は、ブログ記事をより読みやすくするために不可欠な作業です。

なぜなら、読みづらく質の低い記事があるだけで、ブログ全体の信頼性が下がってしまうおそれがあるからです。

また、Web記事の読者は、紙面記事の読者に比べて、以下のような傾向があります。

Web記事の読者の傾向
  • 自分が求めている部分や興味がある部分だけ読む
  • 必要な情報以外は読み飛ばしたり、流し読みしたりする
  • 何度も読み返さない

そのため、ブログ記事では、読者が求める情報を簡潔かつスピーディに伝える必要があります。

また、一度読んだだけで内容を理解できるような書き方をしなければなりません。

価値のある記事として評価を得たいのであれば、推敲をして、読みやすくわかりやすい文章にすることが大切です。

ブログ記事を推敲するときの10のチェックポイント

それでは、具体的にどのような点に注意して文章を見直すべきなのでしょうか。

ここからは、良質なブログ記事を作成するために、文章を推敲するときのチェックポイントを解説します。

「収益化して稼ぎたい」という目的でブログを始める方もいるでしょう。

アクセスしてくれた読者に商品を買ってもらうためには、記事を熱心に読み込んでもらうことが重要です。

まずは読みやすさを意識して推敲を行い、ブログの信頼性を高めましょう。

T部長

ここでは取り上げていませんが、誤字脱字や明らかな文法の誤りなどにも注意しましょう!

1. 結論から伝える

説得力のあるわかりやすい文章にするためには、結論から書くことがポイントです。

結論を先に提示しておくと、そのあとの内容が格段に伝わりやすくなります。

結論から示す文章構成にするには「PREP法(プレップ法)」がおすすめです。

PREP法は、多くのWebメディアで用いられている文章の型であり、以下の順番で書いていきます。

PREP法の構成
  • P:Point(結論)
  • R:Reason(理由)
  • E:Example(事例、具体例)
  • P:Point(結論を繰り返す)

理由や具体例を組み込む構成となっており、伝える内容に説得力をもたせられる点もメリットです。

また、型に当てはめるだけなので、文章作成が苦手な方でも活用しやすいでしょう。

2. 見出しごとに伝えたいことを明確にする

ブログ記事では、見出しを区切って、それぞれの見出しで「伝えたいこと」を設定しておきましょう。

見出しの内容を明確にしておくことで、記事のどこに何が書かれているかがわかりやすくなり、訪れた読者は求めている情報に早くたどり着けます

たとえば、「推敲」について説明する場合の例を見てみましょう。

悪い例

H2 推敲について

良い例

H2 推敲の意味とは?
H2 文章の推敲が重要である理由
H2 推敲するときのチェックポイント
H2 効率的に推敲するコツ

「推敲について」だけでは、抽象的でどんな内容が書かれているかがわかりません。
よい例では、見出しごとに何が書かれているかが明確でわかりやすくなりました。

ただし、1つの見出しで設定する「伝えたいこと」は1つのみにしてください。

ひとつの見出しにあれもこれもと内容を詰め込むと、複雑になって読みにくくなり、伝えたいことが曖昧になってしまいます。

内容が複雑になる場合は、小見出しを設けて内容を細分化するとよいでしょう。

3. 一文は長すぎず短すぎず

一文は「長すぎず、短すぎず」を意識して、40〜60文字程度におさめましょう。

長すぎる文章は読みにくく、読者の離脱につながるおそれがあります。

また、一文が長いと主語と述語の関係がわかりづらくなったり、文章全体の趣旨が伝わりにくくなったりします。

一方で、短文が連続していても文章のリズムが悪くなってしまうので注意が必要です。
適度な文章の長さになるように調整してみてください。

4. 難しい言葉を使わない

正しく文章を理解してもらえるよう、難しい言葉や表現はなるべく避けましょう

読者が理解しづらく、ストレスを与えてしまえば、離脱のきっかけにもなりかねません。

たとえば、以下のような表現が挙げられます。

悪い例

彼の論理的な推論は我々には理解し難い。

良い例

彼の考え方はわかりにくい。

もうひとつ例を挙げましょう。

悪い例

医学的な治療が必要な症状が見られる。

良い例

医師の治療が必要である。

そのほか、特定の業界で使われる専門用語や固有名詞などもあるので、想定読者に伝わるものかどうかをよく確認しましょう。

5. 不要な表現はすべて削る

読みやすい文章の条件は、「情報がシンプルにまとめられていること」です。

一文に情報を詰め込みすぎると、重要な箇所がわかりづらくなり、読者が理解するまでに時間がかかります。
とくに、無駄に長い表現や、回りくどい言い回しの使用は避けましょう。

たとえば、以下のような表現がないかチェックしてみてください。

不要な表現の見直し例
  • 「の」の連続:
    ✖ 「観光客の間で人気の桜」
    〇「観光客に人気の桜」
  • 「という」の表現:
    ✖ 「桜というものは美しい」
    〇「桜は美しい」
  • 冗長的な文末表現:
    ✖ 「書くことができる」
    〇「書ける」
  • 二重否定:
    ✖ 「できないわけではない」
    〇「できる」
  • 重複:
    ✖ 「まず最初に」
    〇「最初に」

不要な表現を削ることで、文章全体がシンプルで読みやすくなります。

6. 同じ言葉や表現をなくす

文章内に同じ言葉や表現が多用されている場合、書き換えや削除が必要です。

同じ言葉や表現の繰り返しは、文章のリズムを乱すうえに、稚拙なイメージを与えてしまいます。

以下の文章の例を見てみましょう。

悪い例

家電製品を安く買える時期は、家電製品がモデルチェンジするタイミングです。
安くなるのを待ってから、家電製品を購入するようにしましょう。

良い例

家電製品を安く買える時期は、モデルチェンジするタイミングです。
安くなるのを待ってから購入しましょう。

繰り返し登場していた「家電製品」という言葉が削除されて、文章がすっきりとしました。

このように、同じ言葉や表現が多く含まれる場合は、削除するか、文章自体をシンプルな内容に書き直しましょう。

T部長

「です」「ます」など、文末の表現に同じ語句が何度も繰り返される場合も、同様の印象を与えやすいので注意しましょう。

7. 箇条書きや表などを活用する

読みやすい記事にするためには、箇条書きや表の活用もおすすめです。

文章で伝えると複雑になってしまう部分も、視覚化によって整理され、伝わりやすくなります。

たとえば、以下のようなものです。

悪い例

旅行先で楽しむためには、事前に計画を立てることが大切です。
まず、行き先を決めるときには自分の興味や予算を考慮しましょう。
次に、交通手段や宿泊先を予約することを忘れずに行い、旅行中の不便を防ぎましょう。
また、観光地やおすすめのレストランなどの情報を事前にリサーチしておくと、より充実した旅行を楽しめます。
そして、旅行中はスケジュールを無理せず、ゆっくりと過ごす時間をもつことも大切です。
最後に、旅行の思い出を写真や日記に残しておくと、帰宅後も楽しい思い出を振り返ることができます。

良い例
  • 旅行先を決めるときは興味と予算を考慮する
  • 交通手段や宿泊先を予約して旅行中の不便を防ぐ
  • 観光地やレストランなどの情報をリサーチする
  • スケジュールを無理せずゆっくり過ごす
  • 旅行の思い出を写真や日記に残して楽しむ

箇条書きを使ったことで、すっきりと読みやすくなりました。

推敲のときには、文章の内容だけでなく、「どう見せるか」も意識してみるとよいでしょう。

WordPressにテーブル表を挿入する方法を解説|おすすめプラグインも紹介!

8. 接続詞・接続助詞は適切に使う

記事の文章を推敲するときは、接続詞や接続助詞の使い方が合っているかどうかもチェックしましょう。

接続詞は、「そして」「しかし」など、前後の文をつなぐ単語のこと。
接続助詞は、「~でも」「~ので」など、文の中で前後をつなぐ単語です。

接続詞・接続助詞が適切に使われていないと、読者を誤解させるおそれがあります。

とくに、逆説の働きをする「が」「けれど」などの表現に注意しましょう。

悪い例

テニスは人気のスポーツですが、中高年層にも親しまれています。

良い例

テニスは人気のスポーツで、中高年層にも親しまれています。

推敲前の文章では、「テニスが人気」であることが、「中高年層に親しまれる」ことにつながらない印象があります。

推敲によって「~が」を「~で」に変えたことで、「人気のスポーツだからこそ中高年層にも親しまれている」という意味合いに変わりました。

文章の変化は小さいものの、意味合いの変化は大きい要素です。
前後の文章を読みながら、意味を正しく伝えられているかをよく確認しましょう。

9. 漢字とひらがなのバランスを意識する

漢字ひらがなは、いずれも長く連続すると読みにくくなります。

適度なバランスを意識しながら、文章を書いていきましょう。

悪い例

きょうはあたたかいので、おさんぽにでかけます。

良い例

今日は暖かいので、お散歩に出かけます。

一般的に、漢字は全体の3割程度にすると読みやすいと言われています。

そのほか、カタカナや数字も多く含まれると読みにくくなるので注意してくださいね!

10. 括弧(かっこ)を種類ごとに使い分ける

文章には括弧を活用することも多いですよね。

ただし、括弧の種類によって使い道が異なるため、適切に使い分ける必要があります。

括弧の種類ごとの使い道
  • 「」:会話文、引用、語句の強調など
  • 『』:論文や書籍などのタイトル、作品名
  • ():補足事項など

括弧を適切に使い分けるだけで、より読みやすく、わかりやすい文章になります。

文章を見直すときは、括弧の使い方も意識してみてください。

ブログ記事を効果的に推敲する6つのコツ

ここでは、ブログ記事を推敲するときに、知っておきたいコツを6つ紹介します。

以下に紹介するコツを実践すれば、より効果的に推敲できますよ!

一つずつ解説していきます。

1. 時間をおいてから読む

ブログ記事の推敲は、書き終わったあと、時間をおいてから行いましょう。

書き終わった直後はまだ内容を覚えているため、文章を読み飛ばしてしまいがちです。

また、「間違いや改善点はない」という視点になってしまい、適切に推敲できないことがあります。

一方で、時間をおいて冷静な頭で読み直してみると「こんなところにミスがあった」と間違いなどを見つけやすくなります

2. 文章を声に出して読んでみる

文章全体を声に出して読んでみることも効果的です。

頭の中だけで読むと、細かい部分を無意識に読み飛ばしてしまい、間違いや改善点に気づけない場合があります。

声に出して読むことで、耳でも文章を確認できるので、リズムの悪さや間違いに気づきやすくなります

また、文法に沿って内容を伝える「書き言葉」と、会話で使うような表現をする「話し言葉」が混ざっていないかにも注意するとよいでしょう。

3. 原稿を印刷して確認する

ブログ記事用の文章であっても、紙に印刷して目を通すことがおすすめです。

パソコンの画面では気付かない箇所も、紙に印刷されたものだと見つけやすくなります。

修正する内容は、印刷した原稿に赤ペンなどで直接記入しておくと、あとから見返すときにスムーズです。

紙に書き起こしても読みやすい文章は、媒体問わずよい文章と言えるため、ぜひ試してみてくださいね。

4. 推敲する箇所やポイントを分けて読む

推敲は、確認するポイントや箇所を分けながら行うと精度が高くなります

一度にすべての文章をさまざまな観点から確認することは、容易ではありません。

そのため、以下のように確認するポイントや箇所を分けながら読み進めるのがおすすめです。

確認箇所やポイントを分ける例
  1. 記事全体の見出しから流れや伝えたいことが明確かを確認する
  2. 見出しを追加する余地がないかどうか再検討する
  3. 見出しごとに結論・理由・具体例がわかりやすく述べられているかを確認する
  4. 見出しごとに文のつながりがおかしい箇所がないかを確認する
  5. 見出しごとに不要な文や言葉がないかを確認する
  6. 見出しごとに箇条書きや表などを活用できる箇所がないかを確認する

あくまで一例なので、すべて上記のとおりに行う必要はありません。
自分が集中してできる範囲で取り組んでみてください。

このように範囲を絞って推敲すると、改善箇所を見逃しにくくなりますので、ぜひやってみてください。

5. 第三者に読んでもらう

自分で書いた文章をほかの人に読んでもらうことも効果的です。

自分で推敲すると、思い込みや先入観から誤りに気づけない可能性があります。

第三者に推敲を依頼すれば、書き手とは違う客観的な視点で文章をチェックしてもらえます

自分が見落としていた間違いに気付いてもらえることも多いため、友人や知人などにダブルチェックしてもらうとよいでしょう。

6. 推敲支援ツールを使用する

より効率的に推敲したい人は、ツールの使用も検討してみましょう。

やや機械的にはなりますが、人間の目で見るよりもはるかに効率よく文章をチェックできます

代表的な支援ツールには以下のとおりです。

推敲支援ツール例

はじめは無料のツールをいくつか試してみるとよいでしょう。

有料のツールは、独自の辞書登録ができるなど、高機能で使いやすい点がメリットです。
予算に余裕があれば検討してみてください。

まとめ

今回の記事では、ブログ記事の質を高める推敲の方法について、チェックすべきポイントやコツなどを交えて紹介しました。

要点をまとめると以下のとおりです。

まとめ
  • 推敲とは文章内の表現や言い回しを改善する作業
  • 記事やブログへの評価を向上させるためにも推敲は大事
  • 時間をおいたり、音読したりするなどの工夫をすると効率的に推敲できる
  • 文章の推敲には先入観をもたないことが大事
  • 推敲を支援するツールを使うとさらに効率的

読みにくい文章のままでは、読者が記事から離脱してしまい、記事やブログ自体の評価はなかなか上がりません。

読みやすさ、わかりやすさを意識して、シンプルですっきりとした文章を心がけていきましょう。

この記事で紹介した推敲のチェックポイントやコツを参考にして、質の高いブログを作り上げてくださいね!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2024年7月4日(木)12時まで、サーバー利用料金が最大30%オフとなる期間限定キャンペーンを開催中です!

今なら月額693円~とお得にWordPressブログが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にWordPressブログをご検討ください!

当メディア「初心者のためのブログ始め方講座」では、
初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています!

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください!

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで

また、初心者の方向けにWordPressでのブログ立ち上げがたった10分できる方法も紹介しています!

【たった10分】WordPressブログの始め方|初心者でも簡単に開設できる!

ブログの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @tbcho_xsv )までお気軽にどうぞ!

URLをコピーしました!