WordPressのホームページ事例!探し方や確認方法も解説

【2024年3月21日更新】紹介しているホームぺージの一部を変更しました。

この記事のレベル

初心者 (3.5)
重要度 (3.0)
難しさ (2.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「制作手段としてWordPressがおすすめなのは分かっているけど、実際にどんなホームページを作れるの?」と疑問を感じていませんか?

確かに、あくまでもWordPressはホームページ作成の手段です。

実際にどんなデザインのホームページが作れるのか、事前に知っておきたいですよね。

そこで今回は、WordPressで作られた企業ホームページを5つ紹介します。

カワウソ

  • WordPressでホームページを作る人
  • WordPressで作られたホームページを見てみたい人
  • WordPressでどんなデザインや機能が実現可能か知りたい人

なお、この記事では、WordPressで作られたホームぺージを一覧で紹介している「ギャラリーサイト」も紹介しています。

さらに、記事の後半では、参考にしたいホームページがWordPressで作られているかどうか調べる方法も紹介しているので、ぜひチェックしてください。

それではどうぞ!

WordPressで作られた企業ホームページの例を紹介

まず、WordPressで作られたと考えられる企業ホームページを、以下の5カテゴリで解説します。

それぞれデザインや機能に注目して紹介しますね。
ぜひ「WordPressでどんなホームページが作れるか」の参考にしてみてください。

注意

WordPressで作られたかどうかは、記事の後半でご紹介する「WP-Search」の結果を元に判断しています。確実ではないので、ご注意ください。

シンプルな配色で見やすい『クルーズ株式会社』

クルーズ株式会社

▲出典:クルーズ株式会社

『クルーズ株式会社』は、ファッション通販サイト『SHOPLIST.com by CROOZ』を運営する上場企業です。

同社のホームページは、シンプルな配色で見やすいのが特徴
背景は白色、ボタンは黒色といった「モノクロ配色」を基本としているため、文字が読みやすく、画像も見やすいです。

クルーズ株式会社の企業情報

▲出典:クルーズ株式会社

それでいて、所々に企業アイコンと同じ水色が使われており、クルーズ株式会社らしい配色になっていますよ。

もし、ホームページの配色に迷ったら、このようにコーポレートカラーやブランドカラーを用いれば、ユーザーに自社の特徴を印象付けられますよ。

なお、ホームぺージの配色については、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

また、シンプルなホームぺージや、見やすいホームぺージを作るときのポイントは、以下の記事で詳しく解説しています。

カワウソ

WordPressを使うかどうか迷っている方でも、上場企業にも使われていることが分かれば、安心できますね。

インパクトのあるアニメーション『社会福祉法人愛和会』

社会福祉法人愛和会

▲出典:社会福祉法人愛和会

『社会福祉法人愛和会』は、介護・福祉事業に取り組む企業です。

同社のホームぺージの特徴は、インパクトのあるアニメーションです。

ファーストビュー(最初に表示される画面領域)では、スライダーで3つのサービスへのリンクを設置しています。
ただ横に流れるだけでなく、マウスを載せるとボックスの背景がオレンジ色に変わり、該当サービスの写真が全体に広がりますよ。

社会福祉法人愛和会(スライドにオンマウス)

▲出典:社会福祉法人愛和会

アニメーションでインパクトを与えたい場合は、参考にしたいホームページの一つです。

なお、ファーストビューやスライダー(カルーセル)については、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

動画から空気感が伝わる『戸山流備前会』

戸山流備前会

▲出典:戸山流備前会

『戸山流備前会』では、「撃剣(剣道)・居合(型を含む)・抜刀(試し斬り)」を総合的に体験することが可能です。

ホームページの特徴は、ファーストビューで流れる動画
居合が生み出す「静寂」と「躍動」が上手く表現されていますよ。

もし、自社の魅力が静止画では伝わりづらい場合は、動画の活用をおすすめします。

動画については、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

情報の発信力が強い『株式会社cinra』

株式会社cinra

▲出典:株式会社cinra

『株式会社cinra』は企業のデジタルマーケティングをはじめ、メディアやイベントの運営なども支援しています。

同社のホームページは、スタイリッシュなデザインであることはもちろん、オウンドメディアで精力的に情報を発信しているのが特徴です。

オウンドメディアとは

自社が保有するメディア全般のことで、狭義では自社のブログを指します。

『株式会社cinra』のホームページは、「Works」「News」「Blog」などが記事型コンテンツになっていますよ。

株式会社cinraのオウンドメディア

▲出典:株式会社cinra

それぞれトップぺージに設置されており、クリックすれば記事にアクセスできます。

オウンドメディアは集客手段の一つであり、自社の商品やサービスをユーザーに理解してもらうのに効果的です。

詳しくは、以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

SNSが埋め込まれた『藤陶』

藤陶

▲出典:藤陶

『藤陶』は信楽・高原のうつわやで、「普段に使えるうつわ」をコンセプトに手作りの作家ものから量産ものまで、幅広く取り扱っています。

ホームページの特徴は、Instagramで投稿された写真がギャラリー表示されていること。
うつわ、景色、建物の外観など、見ているだけで楽しい気分を味わえますよね。

なお、ホームページにInstagramの投稿を埋め込むメリットは、以下の4つです。

ホームページにInstagramを埋め込む4つのメリット
  1. Instagramで得たユーザーからの反応をアピールできる
  2. 投稿(更新)作業を一度にまとめられる
  3. Instagramアカウントがないユーザーに見せられる
  4. Instagramのフォロワーを増やせる
メモ

あとで解説する「WP-Search」の調査結果によると、Instagramの埋め込みプラグインとして、『Smash Balloon Social Photo Feed』が使われているようです。

InstagramやX(旧Twitter)の投稿をホームページに埋め込む方法は、以下の記事を参考にしてください。

WordPressのホームページが集められたギャラリーサイト

WordPressで作られたホームページを効率的に探すためには、「ギャラリーサイト」がおすすめです。

ここでは、以下の2つを紹介します。

Web Design Clip

Web Design Clip

▲出典:Web Design Clip

『Web Design Clip』は、「Japan」「World」「Landing Page」「Smartphone」といったカテゴリから、参考のホームページを探せるギャラリーサイトです。

さらに、画面右上のハンバーガーメニュー(三本線のアイコン)をクリックすれば、さまざまな条件から検索することもできます。

WordPressで作られたホームページを探したい場合は、ハンバーガーメニュー内の「Tag」をクリックしましょう。一番上にWordPressというタグがあります。

Web Design Clipのハンバーガーメニュー

▲出典:Web Design Clip

cms design

cms design

▲出典:cms design

『cms design』は、画面左上のメニューにある「cartegory」から、WordPressのホームページを探せます。

cms designのcategory

▲出典:cms design

WordPress以外にも、ECに特化したCMSの『EC-CUBE』などで作られたホームページも探すことが可能です。

『EC-CUBE』は、以下の記事で解説しています。

ホームページがWordPressで作られているか確認する方法

もしすでに参考にしたいホームページがある場合は、WordPressで作られたかどうかを確認してみましょう。

以下のツールを用いれば、概ね判断できます。

それぞれ解説します。

WP-Search

▲出典:WP-Search

『WP-Search』は参考にしたいホームページのURLを入力するだけで、WordPressを使用しているかどうかを確認できます。

さらに、使用しているテーマやプラグインも分かるので便利です。

メモ

もし、参考にしたいホームページがWordPressで作成されていなければ、「WordPressを検出できません。」と表示されます。

WordPressを検出できないときのメッセージ

▲出典:WP-Search

IsItWP

IsItWP

▲出典:IsItWP

『IsItWP』も参考にしたいホームページのURLを入力するだけで、WordPressを使用しているかどうかを調べられます。

ただし、『IsItWP』は英語なので、『WP-Search』で調べたあとの再チェック用にするとよいでしょう。

WhatRuns

WhatRuns

▲出典:chomeウェブストア

『WhatRuns』は、ブラウザであるGoogle Chromeの拡張機能の一つ。
Google Chromeにインストール(追加)して使います。

Googleブラウザ上で参考にしたいホームページを表示し、画面右上の「拡張ボタン」の中から『WhatRuns』をクリックするだけで、WordPressで作られたかどうかが分かります。

なお、『WhatRuns』では、使用されているWordPressのバージョン、テーマ、プラグインなども分かります。

ただ、すべてのホームページで完璧に動作するわけではないので、『WP-Search』と組み合わせて使うのがよいでしょう。

プラグインについては、以下の記事で詳しく解説しています。

WordPressでホームページを作成する方法

参考になるWordPressのホームページを見つけたら、作り方も知っておきましょう。

WordPressでホームページを作る手順は、以下のとおりです。

WordPressでホームぺージを作る手順
  1. レンタルサーバーの契約
  2. ドメインの取得と設定
  3. SSLの設定
  4. WordPressのインストール
  5. WordPressテーマのインストール
  6. WordPressの初期設定
  7. デザインやコンテンツの作成

詳しくは、以下の記事で解説しています。

なお、「まだレンタルサーバーを契約していない」という方は、弊社『エックスサーバー』の「WordPressクイックスタート」がおすすめです。

レンタルサーバーの申し込みの完了と同時に、WordPressが自動でインストールされるため、すぐにホームページ作成を開始できます。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

注意

「WordPressクイックスタート」は、10日間の「無料お試し」には対応しておりません。また申し込み時に、ドメイン名を入力する必要があります。まだドメイン名が決まっていないという方は、以下の記事を参考に「無料お試し」から進めてください。

おすすめのWordPressテーマ5選

WordPressでホームページを作成する場合は、テーマ選びも重要です。

初心者の方であれば、基本的に有料の国産テーマがおすすめ。
日本語に対応していたり、サポートが充実していたりする場合が多いためです。

海外製のテーマだと、マニュアルが英語表記であったり、サポートがなかったりする場合もあるので、初心者の方は注意しましょう。

おすすめのテーマは、以下の5つです。

おすすめのWordPressテーマ
  • Lightning(ライトニング)
  • Snow Monkey(スノー モンキー)
  • Emanon Business(エマノン・ビジネス)
  • Nishiki Pro(ニシキプロ)
  • Cocoon(コクーン)

詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

メモ

テーマ販売元(配布元)のホームページからも、WordPressの制作事例を確認できる場合がありますよ。

まとめ

今回の記事では、WordPressで作られた企業ホームページを5つ紹介しました。

またWordPressで作られたホームページが一覧で表示される「ギャラリーサイト」も紹介したので、効率的に探せるのではないでしょうか。

見つけたホームページが、本当にWordPressで作られているかどうか確認するためにも、この記事で紹介した方法をぜひ試してみてください。

まとめ
  • WordPressでは、さまざまなデザインや機能を持ったホームページが作れる
  • WordPressで作られたホームページを探すには、「ギャラリーサイト」がおすすめ
  • ホームページがWordPressで作られているかどうかは、「WP-Search」で調べてみる

参考のホームページが見つかった場合は、次はいよいよ作成ですね。

素敵なホームページの完成を願っております。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは、高速かつ高い安定性を誇る「高性能レンタルサーバー」です。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、20万社の導入実績があります。

2024年7月4日(木)12時まで、サーバー利用料金が最大30%オフとなる期間限定キャンペーンを開催中です!

今なら月額693円~とお得にホームページを開設できます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2024年5月時点、W3Techs調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

URLをコピーしました!