SEOキーワードの選び方!企業が成果を出すために重要なこと

この記事のレベル

初心者 (3.0)
重要度 (3.0)
難しさ (3.0)

こんにちは、編集長のカワウソです!

「SEOに取り組みたいけど、どうやってキーワードを選べばよいのか分からない……」と悩んでいませんか?

世の中に存在するキーワードは無数です。
自社に適したキーワードを選べなければ、SEOで期待する成果は見込めません。

そこで今回は、SEOキーワードの選び方を基本から徹底解説します。

カワウソ

この記事は次のような人におすすめ!

  • はじめて会社のホームページを作る人
  • はじめてSEOに取り組む人
  • SEOキーワード選びのコツを知りたい人

この記事を読めば、成果に結びつきやすいSEOキーワードを選べます。

記事の後半では、おすすめの「キーワード選定ツール」も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

なお、「そもそもSEOについてよく分かっていない……」という方は、以下の記事を先にご覧いただくとスムーズです。

それではどうぞ!

SEOキーワードは戦略的に選ぶ

SEOキーワードは戦略的に選びましょう。

キーワードによって「意味」が異なるのはもちろん、「検索数」や「難易度」などがあり、戦略的に選ばないと成果には結びつきづらいためです。

たとえば、東京の不動産会社なら、「例:東京 賃貸」などのキーワードを選びたいですよね。
自社と関連性が薄いキーワードを選んでも、成果は見込めません。

とは言っても、「東京 賃貸」は人気のキーワードです。
月間「40,500」回ほど検索されており、東京の物件を取り扱うさまざまなホームぺージが狙っているでしょう。

このような競合性が高いキーワードは、創業期の企業や開設したてのホームぺージでは、なかなか検索結果での上位表示が難しいです。

そのため、まずは他のキーワードから対策していくのがおすすめですよ。
さらに詳しく見ていきましょう。

知っておきたいビッグ・ミドル・ロングテールのキーワード

SEOキーワードは、検索ボリューム(月間検索数)によって以下の3つに分かれます。

キーワードの種類
  1. ビッグキーワード
    検索ボリュームが10,000を超えるキーワード
  2. ミドルキーワード
    検索ボリュームが1,000~10,000程度のキーワード
  3. ロングテールキーワード
    複数の単語を掛け合わせた検索ボリュームが1,000以下のキーワード

※検索ボリュームはあくまでも目安です。

創業期の企業であれば、上位表示を狙いやすい「ロングテールキーワード」から施策するのがおすすめです。

それでは一つずつ簡潔に解説します。

ビッグキーワード

ビッグキーワードとは、一般的に月間検索数が10,000を超えるキーワードを指します。

需要の高いキーワードであり、多くのユーザーを集めることが可能です。
しかし、その分競合性も高くなり、上位表示が難しいとも言えます。

参考に、当メディア「初心者のための会社ホームぺージ作り方講座」のビッグキーワードを掲載しておきます。

ビックキーワードの例
  • ホームぺージ:40,500
  • ホームぺージ 作成:33,100
  • ホームぺージ 作り方:12,100

ミドルキーワード

ミドルキーワードとは、一般的に月間検索数が1,000〜10,000程度のキーワードを指します。

ビッグキーワードに比べると需要は少ないものの、その分上位表示を狙いやすいです。

参考に、当メディアのミドルキーワードを掲載しておきます。

ミドルキーワードの例
  • ホームページ 作成 費用:8,100
  • webサイト 制作:2,400
  • ホームページを作る:1,000

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、一般的に複数の単語を掛け合わせた検索ボリュームが1,000以下のキーワードを指します。
※別名「スモールキーワード」や「ニットキーワード」などとも呼ばれます。

ビッグキーワードやミドルキーワードに比べると、はるかに需要は少ないものの、その分上位表示を狙いやすいです。

参考に、当メディアのロングテールキーワードを掲載しておきます。

ロングテールキーワードの例
  • ホームページ 自作:720
  • ホームページ 維持費:390
  • ホームページ レンタルサーバー:260

キーワード選定の手順【基本編】

ここからは、実際にキーワードを選ぶための手順を詳しく解説します。

キーワード選定の手順は、以下のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

【1】ホームページのテーマを決める

まず、自社のホームページの「テーマ」を決めましょう。
分かりやすく言うと、自社のホームページを一言で表した言葉です。

テーマは、このあとにキーワードの候補を出すのに使います

たとえば、弊社のサービスサイト『エックスサーバー』なら、「レンタルサーバー」がテーマです。

ホームぺージ テーマ
エックスサーバー レンタルサーバー

カワウソ

サービスサイトの場合、サービスそのものが「テーマ」になります。

そのほか、弊社では『エックスサーバー』をより多くのユーザーに知ってもらうために、以下2つのオウンドメディア(ブログ)を運営しています。

ホームページ テーマ
初心者のための会社ホームページの作り方講座 ホームページ
初心者のためのブログ始め方講座 ブログ

ここでは、当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」のテーマである「ホームぺージ」を例として、キーワードの選び方を解説していきますね。

【2】キーワードの候補を出す

それでは早速、キーワードの候補を出していきましょう。

キーワードの候補を出すには、無料で使えるGoogleの「キーワード プランナー」がおすすめです。キーワードの候補を出すのはもちろん、検索ボリュームを調べることもできます。

カワウソ

世の中に検索ボリュームを調べるツールはたくさんあります。そのなかでも、検索エンジンであるGoogle公式のツールなら、信頼度が高いです。

本来「キーワード プランナー」は、リスティング広告(検索連動型広告)で出稿するキーワードを選ぶために用意された、『Google 広告』向けのツールであるものの、SEOにもよく使われていますよ。

なお、「キーワード プランナー」を利用するには、「Google アカウント」や「Google 広告アカウント」が必要です。

まだ持っていないという方は、以下の記事を参考にしてください。

それでは詳しく見ていきましょう。

STEP1
キーワード プランナーにアクセス

Google 広告』の「ツール」から、キーワード プランナーにアクセスします。

ツール > キーワードプランナー
STEP2
新しいキーワードを見つける

次に「新しいキーワードを見つける」をクリックしてください。

新しいキーワードを見つける
STEP3
テーマを入力する

手順【1】で決めたテーマ(自社のホームページを一言で表した言葉)を入力して、結果を表示をクリックしましょう。

ここでは、「ホームページ」と入力しました。

結果を表示
STEP4
キーワード候補が一覧表示される

候補のキーワードが一覧表示されます。
※今回は188個のキーワードが候補として表示されました。

キーワード候補が一覧表示される
注意

『Google 広告』を出稿していない場合は、検索ボリュームが「1万〜10万」や「1000〜1万」といったように、おおよその値のみ表示されます。

Google広告を出稿していない場合の検索ボリューム表示の例
メモ

キーワード候補は、『Google スプレッドシート』や『Microsoft Excel』などの表計算ツールを使うと、管理しやすいです。

画面右側にある「キーワード候補をダウンロード」から、CSVファイルをダウンロードしたり、『Google スプレッドシート』で直接開いたりできます。

キーワード候補をダウンロード
Google スプレッドシート

【3】軸のキーワードを決める

キーワードの候補が出たら、「軸」となるキーワードを決めましょう。
さらにキーワードの候補を出していくための軸として、活用します。

基本的には、自社のビジネスと関連性が高い「ビッグキーワード」や「ミドルキーワード」を軸にしてください。

画面にある「月間平均検索ボリューム」をクリックすると、ソート(並び替え)ができます。

月間平均検索ボリュームでソート(並び替え)

今回は、当メディア「初心者のための会社ホームぺージ作り方講座」と関連性が高い以下のキーワードを軸に選んでみました。

軸キーワード
  • ホームぺージ ※テーマと同じものでもOK
  • ホームページ 作成

なお、軸キーワードは2個〜3個がおすすめです。
多すぎると、キーワード選定に時間がかかってしまうので、増やし過ぎないようにしましょう。

【4】サジェストキーワード一覧を出す

次に軸のキーワードから、サジェストキーワード一覧を出します。

サジェストキーワードとは

検索エンジンの検索窓にキーワードを入力したときに、下にリスト表示されるキーワードのこと。検索をサポートする機能であり、ユーザーがクリックする可能性が高いです。

ホームぺージのサジェストキーワード
注意

サジェストキーワードは、「場所」「時間」「過去の検索」などによって変化します。ユーザーごとに異なるものが表示されていることを知っておきましょう。
(参考:Google 検索ヘルプ「Google のオートコンプリート候補の仕組み」

今回軸にしたキーワードをまとめると、以下のとおりです。

ホームページ ホームぺージ 作成
ホームページ作成 ホームページ制作 自分で
ホームページを見るには ホームページ 作成 費用
ホームページ 無料 ホームページ 作成 無料
ホームページ制作 自分で ホームページ 作成会社
ホームページ おしゃれ ホームページ 作成 自分で
ホームページ 企業 ホームページ 作成ソフト
ホームページ やってはいけない ホームページ 作成 依頼
ホームページ URL ホームページ 作成 アプリ
ホームページ 略 ホームページ 作成 おすすめ
ホームページ hp ホームページ 作成依頼 個人

次に、サジェストキーワードの検索ボリュームも調べていきます。

STEP1
検索のボリュームと予測のデータを確認する

キーワード プランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

検索のボリュームと予測のデータを確認する
STEP2
サジェストキーワードを貼り付けて開始する

サジェストキーワードを貼り付けて、開始するをクリックしてください。

サジェストキーワードを貼りつけて開始する
STEP3
サジェストキーワードの検索ボリュームが表示される

サジェストキーワードの検索ボリュームが表示されます。

サジェストキーワードの検索ボリュームを確認
メモ

『Google スプレッドシート』や『Microsoft Excel』などの表計算ツールで、手順【1】で出した「キーワード候補」と、手順【4】で出した「サジェストキーワード」を、以下のようにまとめるとよいでしょう。

キーワード候補は表計算ツールでまとめるとよい

【5】キーワードをグルーピングする

これまで出したキーワードをグルーピングしましょう。
グルーピングとは、意味合いが似ているキーワードを1つのグループにまとめることです。

たとえば、手順2の「キーワードの候補を出す」で抽出した188個のなかから、「ホームページ 作り方」のキーワードでまとめると、以下のようになります。

ホームページ 作り方のグループ Vol.
ホームページ 作り方
12,100
サイト の 作り方
4,400
web サイト 作り方
3,600
ウェブ サイト 作り方
2,900
ホームページ の 作り方
2,400
hp 作り方
1,000
ホームページ 作る
1,000
hp の 作り方
1,000
ホームページ 作り方 初心者
720
ホームページ を 作る
590
サイト を 作る
590
hp 作成 初心者
320

これらのキーワードを実際に検索すると、以下の記事が検索結果の1ページ目にヒットします(2023年11月16日時点)。

逆説的に考えると、1記事用意するだけで、これらのキーワードを対策できるということです。

注意

似たようなページを複数作ってしまうと、工数がかかるばかりでなく、重複コンテンツとしてSEO的にも好ましくないので、注意してください。(参考:Google 検索セントラル「正規 URL を指定すべき理由」

そのため、まず感覚値でよいので、似ているキーワードをグルーピングし、実際に検索結果を確認してみましょう。

仮に、「似ている」と思っても、実際に検索結果の内容が大きく異なる場合は、グループから外すことを検討してください。別の対策ページが必要になる場合が多いです。

【6】キーワードに優先度を付けて選ぶ

最後に優先度を見ながら、キーワードを選びましょう。

せっかくなら、成果に結びつきやすいキーワードから選びたいですよね。
であれば、自社の商品やサービスの購入につながりやすいキーワードが理想的です。

キーワードは「ユーザーの検索意図」から、以下の4つに分類できます。

クエリタイプ
ユーザーの検索意図
Knowクエリ
意味を知りたい
「webマーケティングとは」
「DXとは」
Goクエリ
特定のホームページや
場所に行きたい
「JapanマーケティングWeek」
「東京ビッグサイト」
Doクエリ
何かしたい
「webマーケティング 独学」
「webマーケティング スクール」
Buyクエリ
買いたいものがある
「webマーケティング 本 おすすめ」

(参考:Think with Google「4 new moments every marketer should know」

自社の商品やサービスの購入につながりやすいのは、「Doクエリ」や「Buyクエリ」です。

今回の当メディア「初心者のための会社ホームぺージ作り方講座」を例にすると、「ホームぺージ(検索数:40,500)」は検索ボリュームが多いですが、単に語句の意味を知りたいユーザーが多いと言えるので、優先順位は高くありません。

「ホームぺージを作りたい」といった意図がうかがえる、「ホームぺージ 作成(検索数:40,500)」などのキーワードのほうが優先順位が高いと判断できます。

さらに、「ホームぺージ サーバー(検索数:720)」や「ホームぺージ ドメイン(検索数:320)」などのロングキーワードのほうが、上位表示を狙いやすいとも言えます。

このように、「上位表示ができそうか」「成果に結びつきやすそうか」などを考慮して、キーワードを選ぶようにしましょう。

ほかのキーワードの探し方【応用編】

ここまで、基本的なキーワードの選び方について解説してきました。

しかし、キーワード プランナーやサジェストキーワードのみでは、いずれ対策キーワードが見つけられなくなる場合もあるでしょう。

そのため、ここでは応用編として、ほかのキーワードの探し方も紹介します。

これらの方法もあわせて、総合的にキーワードを選んでいきましょう。

Google トレンドで関連トピックやキーワードを見つける

『Google トレンド』で関連トピックやキーワードを見つけましょう。

『Google トレンド』とは、キーワードの人気度の動向(トレンド)をチェックできる無料のツールです。

キーワード プランナーが検索ボリュームを主軸にしたものであるのに対し、『Google トレンド』は独自の仕組みによって「人気度」を算出しています(参考:Google トレンドを活用するための 15 のヒント)。

調べたいキーワードの人気度がグラフとともに表示されるのはもちろん、「関連トピック」や「関連キーワード」が表示されるので、キーワード選定にも使えます。

Google トレンドの結果
Google トレンドの関連トピックと関連キーワード

競合企業が獲得しているSEOキーワードを分析する

競合企業(同業他社)が獲得しているSEOキーワードを分析しましょう。

競合企業がSEOに取り組んでいるなら、すでにいくつかのキーワードで上位表示されている可能性が高いです。

自社では発見できなかった「成果につながる重要なキーワード」が見つかるかもしれません。

もし、自社が対策できていないキーワードがあったら、すぐに取り掛かるべきです。
競合企業にユーザーを奪われていることになります。

なお、競合企業のSEO獲得キーワードは、『Ahrefs(エイチレフス)』などのツールを使えば、簡単に取得可能です。

メモ

ひとまず、無料で調べてみたいという方は、『Ubersuggest(ウーバーサジェスト)』で試してみてください。※ただし、無料だと調査回数に制限があります。

リスティング広告のコンバージョンクエリを確認する

自社がリスティング広告を運用している場合は、登録しているキーワードのなかから、コンバージョンにつながったクエリ(検索語句)を確認してみましょう。

リスティング広告における「キーワード」と「クエリ」の違い

リスティング広告では、広告主が管理画面に登録するものを「キーワード」、ユーザーが実際に検索したものを「クエリ」と言います。つまり、キーワードは「広告のターゲティング」、クエリは「実際の検索情報の取得」に使われるものです。

キーワードを「部分一致」や「フレーズ一致」などのマッチタイプで登録している場合は、思いがけないクエリでコンバージョンが発生している可能性があります。

たとえば、「ホームページ 作成」というキーワードに対して、「フレーズ一致」のマッチタイプで広告を出稿していたとします。

その場合、「ホームページ 作成」を含むさまざまなクエリに、広告が表示されますよね。
「ホームページ 作成 自分で」「ホームページ 作成 html」「ホームページ 作成 無料」など、さまざまなクエリに対して広告が表示されているはずです。

そのなかから、コンバージョンにつながったクエリを見れば、今まで対策できていなかったSEOキーワードを発見できるかもしれません。

なお、リスティング広告やコンバージョンについては、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトを活用する

『Yahoo!知恵袋』や『教えて!goo』などのQ&Aサイトを使って、対策キーワードに関するユーザーの悩みを抽出しましょう。

『Yahoo!知恵袋』や『教えて!goo』などに投稿されている質問は、ユーザーの生の声です。

「ユーザーが何を知りたがっているか」が分かれば、キーワードも探しやすくなります。

自社が想定していなかったようなユーザーの悩みを発見できれば、キーワード選定の幅も広がるでしょう。

営業やお問い合わせなどで顧客が使っているワードに注目する

営業やお問い合わせなどで、顧客が使っているワード(言葉)に注目してみましょう。

顧客なら、自社が設定したターゲット、もしくは近い人物のはずです。
自社では想像がつかないような「顧客独特の言葉(表現)」を用いているかもしれません。

とくに、自社の商材やサービスの知識をはじめ、その業界について初心者の方は、専門用語を知らないことが多いです。

たとえば、「SEO」という言葉を知らない方が、Webコンサル会社に自社のホームぺージの集客について相談するときは、「検索順位を上げる方法が分かりません……」といった表現を用いるかもしれないですよね。

実際に「検索順位 上げる」をキーワード プランナーで調べてみると、検索ボリュームは390あり、一定の需要があると判断できました。

自分の先入観を捨て、顧客の声に耳を傾けることで、新しいキーワードを見つけられる可能性が出てくるでしょう。

SEOキーワード選定におすすめのツール

すでに紹介しているものも含め、SEOキーワード選定におすすめのツールをまとめておきます。

ツール
主な用途
費用
Google 広告の
キーワード プランナー
キーワードの発掘、
検索ボリュームの調査
無料
ラッコキーワード
サジェストキーワードの抽出
無料
Google トレンド
キーワードの発掘、トレンド調査
無料
Ubersuggest
(ウーバーサジェスト)
競合のキーワード調査
(無料は制限あり)
無料/有料
Ahrefs
(エイチレフス)
競合のキーワード調査、
検索順位の計測
有料
Google Sheets
(スプレッドシート)
キーワード候補の管理
無料

ホームページでのキーワードの使い方

SEOキーワードを選んだら、実際に対策していきましょう。

ここでは、選んだキーワードを使う方法を具体的に解説します。

対策ぺージを決める

まず、選定したキーワードを「どのページで対策するのか」を決めましょう。
大きく分けると、ホームぺージ側か、オウンドメディア側かです。

たとえば、「レンタカー」と検索してみてください。
検索結果には、レンタカーを提供する企業のサービスサイトが多くヒットします。

このように、ユーザーがサービスを探しているようなキーワードについては、サービスサイトが表示されやすいのです。

DoクエリやBuyクエリのように、顕在化しているニーズに対しては、ホームぺージ側で対策したほうが、コンバージョンが見込めるでしょう。

次に、「レンタカーとは」と検索してみてください。
検索結果には、読み物系コンテンツが多くヒットします。

このように、ユーザーが知識を得ようとしているキーワードについては、読み物系コンテンツが表示されやすいのです。

とはいえ、Knowクエリのような潜在層向けの読み物系コンテンツをホームぺージ側に入れすぎると、情報が増えすぎてしまいます。その結果、どれがホームぺージの主要コンテンツなのかが、分かりづらくなってしまうでしょう。

そのため、潜在層向けの読み物系コンテンツを取り扱う場合は、別途オウンドメディア(コラムやブログ)を運営するのがおすすめです。

オウンドメディアを効果的に使って、潜在ユーザーを集め、うまく顕在化させましょう。

なお、以下の記事ではSEOライティングについて解説しています。
選んだキーワードをテーマにして記事を書くときは、ぜひ参考にしてください。

タイトルと見出しにキーワードを入れる

タイトルと見出しには、キーワードを含めましょう。

Googleは検索結果のタイトルリンクを作成するのに、以下の要素を評価対象にしています。


Google 検索結果ページに表示されるタイトルリンクは、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を考慮して、自動的に作成されます。タイトルリンクは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝えることを目標としています。

Google 検索では、次のソースを使ってタイトルリンクを自動的に決定します。

  • <title> 要素内のテキスト
  • ページに表示されるメインの視覚的タイトル(大見出し)
  • <h1> 要素などの見出し要
  • スタイル処理によって大きく目立つように作られたその他のコンテンツ
  • ページ内のその他のテキスト
  • ページ上のアンカー テキスト
  • ページへのアンカー テキスト
  • WebSite 構造化データ

(引用:最適なタイトルリンクを出しやすくするためのベスト プラクティス

注意

キーワードを入れることを意識するあまり、不自然な文章を作らないようにしましょう。また、キーワードを乱用すると、ペナルティを受けるおそれもあるので注意してください。
(参考:Google 検索セントラル「最適なタイトルリンクを出しやすくするためのベスト プラクティス」

なお、SEOに強いタイトルを付けるには、コツがあります。

SEOに強いタイトルを付ける5つのコツ
  • キーワードを入れる
  • 同じキーワードを複数挿入しない
  • キーワードは前半に入れる
  • ページごとに一意のタイトルを付ける
  • 地名を入れる

詳しくは、以下の記事で解説しています。

メタディスクリプション

メタディスクリプションにも、キーワードを入れておきましょう。

メタディスクリプションとは

ページの概要を伝えるための100文字〜120文字程度の文章のこと。検索結果のタイトルの下部に表示されることがあります。

メタディスクリプションは検索順位には影響しないものの、検索結果でユーザーにクリックしてもらうことを考えれば、キーワードを入れておいたほうがよいです。

また、正確なメタディスクリプションはクリックスルーを向上させる可能性がありますが、検索結果内でのランキングには影響しないことに注意してください。

(引用:Google 検索セントラル「メタディスクリプションの変更によりスニペットを改善する」

ただ、メタディスクリプション(metaタグ)を設定したからといって、必ず検索結果のタイトルの下部に表示されるわけではありません。
Googleはページのなかのありとあらゆる情報から、自動的に表示内容を決定しています。

以下を参考に、ユーザーの関心を惹きつける内容にしましょう。

Google では、ページ上のコンテンツのみから取得できる情報よりもページの概要をユーザーに正確に説明できると判断した場合、ページの タグを使用して、検索結果のスニペットを生成することがあります。一般的に、メタ ディスクリプション タグは特定のページの内容を簡潔かつ適切に要約したもので、ユーザーの関心を惹くものです。つまり、そのページがまさに自分が探していたものだとユーザーに思わせるような一種の宣伝コピーです。メタ ディスクリプションの長さに制限はありません。ただし Google の検索結果では、スニペットは必要に応じて切り詰められます(デバイスの幅に合わせる場合など)。

(引用:Google 検索セントラル「質の高いメタ ディスクリプションを作成するためのおすすめの方法」

まとめ

今回は、SEOキーワードの選び方を基本から徹底解説しました。

まとめ
  • キーワード選定には、Google 広告の「キーワード プランナー」がおすすめ
  • 創業期だと、上位表示が狙いやすい「ロングテールキーワード」から対策する
  • DoクエリやBuyクエリなど、成果に結びつきやすいキーワードを選ぶ
  • キーワードを選んだら、どのページで対策するかを決める
  • 選んだキーワードはタイトル、見出し、メタディスクリプションなどに入れる

企業のホームページを立ち上げるときは、本記事で解説した手順でキーワードを選ぶようにしてください。

それでは、素敵なホームページの完成を祈っております。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

安定度の高いレンタルサーバーをお探しの方へ

エックスサーバーは、高速かつ高い安定性を誇る「高性能レンタルサーバー」です。
国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、19万社の導入実績があります。

2024年4月3日12時まで、サーバー利用料金『半額キャッシュバックキャンペーン』を開催中です!

.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

ぜひこのお得な機会にホームページ開設をご検討ください!

※ 2023年10月時点、W3Techs調べ。

ホームページ制作を無料で依頼したい方

法人向けレンタルサーバー「Xserverビジネス」なら、
ホームページ無料制作サービス」が付いているため、
申し込むだけで2日でホームページが完成します!

ホームページ無料制作サービスの詳細はこちら!

Xserverビジネスだと「.com」以外にも「.co.jp」や「jp」などのドメインも無料になります。

当メディア「初心者のための会社ホームページ作り方講座」では、初心者の方にわかりやすく会社のホームページを始められる方法を紹介しています!

これから始める方はこちらのホームページの作り方をぜひご覧ください!

ホームページの始め方・立ち上げに関する、ご質問・ご相談はツイッターDM( @kawauso_xsv )までお気軽にどうぞ!

カワウソ

当メディアはリンクフリーです。貴社のSNSやブログでご紹介いただけると嬉しいです。

URLをコピーしました!