機能

  1. SSL証明書とは

SSL証明書とは?

SSL証明書とはWEBサイトの所有者の情報、送信情報の暗号化に必要な鍵、発行者の署名データを持った電子証明書です。SSL証明書には主に下記二つの役割があります。

  • 証明書に表示されたドメイン(サーバ)の所有者であることの証明
  • ブラウザとウェブサーバ間でのSSL暗号化通信の実現

これによりサイトの訪問者は『情報の送信先』や『送信する情報が暗号化されること』を確認することができ安心して情報を送ることができます。

SSL証明書とは?のイメージ

なぜSSLは信頼できるのか?

データの送信先を信頼するには、証明書自体が信頼できるものでなければなりません。SSL証明書は知識さえあれば誰でも発行することができます。

例えば、オレオレ詐欺のように自ら発行した証明書(自己署名の証明書)で他人になりすますこともできてしまいます。

そこで証明書に信頼性を持たせるために、信頼のできる第三者認証機関から発行された証明書を使用することが必要になります。

なぜSSLは信頼できるのか?のイメージ

なぜSSLが必要なのか?

インターネットの普及にともない、オンラインショッピング・ネットバンキングなど、さまざまなサービスがインターネット上で受けられるようになりました。

その便利さの反面「個人情報の漏えい」、「フィッシング詐欺」などが騒がれ、セキュリティ面での不安を抱えるユーザも多くいます。

個人情報保護法の施行(平成17年4月1日)以降、個人情報保護に対する意識はますます高まっています。

調査によると個人情報を提供する際に最も重要視することとして『SSL暗号化通信がされていること』が1番に挙げられています。

個人情報提供時、企業に対する信頼の基準の表

機会損失の回避・SSLの必要性とは

情報保護の必要性を判断するのは、そのサイトを利用するお客様自身です。

名前のみでも情報保護が必要と判断するお客様もいれば、名前程度であれば情報保護が必要ないと判断するお客様もいるかもしれません。
SSL対応をしていなかったために、お客様がサイトから離れていってしまうといった機会損失は避けなければなりません。

オンラインショッピングのオーダーページ
  • 名前/住所/電話番号/メールアドレス
  • クレジットカード情報/オーダー情報等
資料請求等の送付先入力ページ
  • 名前/住所/電話番号/請求内容
  • メールアドレス等
お問い合わせやご意見等の入力ページ
  • 名前/住所/電話番号/お問い合わせ内容
  • メールアドレス等
会社・店舗のアピール
  • サイトが会社の所有であることを証明し、離脱を避ける
…など。
機会損失の回避・SSLの必要性のイメージ

常時SSL化の必要性とは?

常時SSL化とは、特定のページだけでなくウェブサイト全体のページをSSL化することです。

SSLを導入するメリットとして、セキュリティ強化に加え、SEOに有利に働きやすいと言われていることや、サイト表示の高速化に欠かせない規格「HTTP/2」に対応できるといったことが挙げられます。

これらのメリットを特定のページだけでなくサイト全体に適用することで、ユーザーにとって安全かつ快適に利用できるサイトを運用できるため、常時SSL化の必要性はますます高まっています。

常時SSL化の必要性のイメージ

用途に応じて選べるSSL証明書ブランド

エックスサーバーでは現在、「CoreSSL」などリーズナブルなSSL証明書発行に対応、また法人向けサービスのエックスサーバービジネスでは、信頼性と安全性を備えた「企業認証SSL」「EV SSL」に対応するなどお客様の用途に応じてお選び頂けます。

  • 「CoreSSL」サイトシールにも対応した、コストパフォーマンスの高いドメイン認証SSL!個人でご利用の方にもオススメ!
  • 「企業認証SSL」は、企業・法人サイトに最適!企業サイトや、重要な個人情報を入力するフォームなどにオススメ!
  • 「EV SSL」は、アドレスバーで安全を証明!世界標準の厳格な審査を経て発行、もっとも高い信頼性の証明書です。

独自SSL紹介ページを見る