エックスサーバー

sv2001以降のサーバーのサービス仕様について

2016年8月16日、新規受付サーバーにおけるサーバー基盤システムの刷新に伴い、sv2001以降のサーバーでサービス仕様の一部変更を行っています。

本ページでは、sv1999までのサーバーとsv2001以降の新仕様サーバーの主な仕様の差異についてご案内しています。

参考リンク
 2017/09/14:
  「nginx」導入!「HTTP/2」対応!Webサイト表示速度の大幅向上のお知らせ
 2017/07/11:
  ディスク読み込み速度が48倍以上!新規受付サーバーへのオールSSD RAID10構成採用のお知らせ
 2016/11/08:
  sv2001.xserver.jp以降のサーバーにおけるPHP旧バージョン(PHP 5.1、5.3〜5.5)の追加提供について
 2016/08/16:
  新規受付サーバーにおけるサーバー基盤システム刷新のお知らせ  

sv1.xserver.jp〜sv1999.xserver.jp から最新サーバー環境への移行について

sv1.xserver.jp〜sv1999.xserver.jpをご利用のお客様を対象に、「データコピー」「確認」「移行」の3ステップのみで最新サーバー環境(sv2001.xserver.jp 以降)へ簡単に移行することができる「新サーバー簡単移行」機能を提供しております。

詳細はマニュアル「新サーバー簡単移行」をご参照ください。

※サーバー番号の確認方法はこちらをご参照ください。

主な仕様差異の一覧

ウェブサーバー

  〜sv1999 sv2001〜 解説
サーバーホスト名 〜sv1999.xserver.jp sv2001.xserver.jp〜 新仕様サーバーは2000番台以降を採番します。
apacheバージョン 2.2.x apache 2.4.x
nginx

2017年9月14日(木)より、nginxを導入しました。

※詳しくは、お知らせをご参照ください。

通信プロトコル HTTP/1.1 HTTP/1.1
HTTP/2

2017年9月14日(木)より、HTTP/2に対応しました。

※詳しくは、お知らせをご参照ください。

プログラム関連

  〜sv1999 sv2001〜 解説
PHP 7.1.x
7.0.x
5.6.x
5.5.x
5.4.x
5.3.x
5.2.x
5.1.x
4.3.x
7.1.x
7.0.x
5.6.x
5.5.x
5.4.x
5.3.x
5.2.x
5.1.x
4.3.x

2016年11月8日(火)より、sv2001以降のサーバーにおいてもPHP旧バージョン(PHP 5.1、5.3〜5.5)がご利用いただけるようになりました。

※詳しくは、お知らせをご参照ください。


2017年5月12日(金)よりPHP7.1がご利用いただけるようになりました。

※詳しくは、お知らせをご参照ください。


PHPの動作 CGI
FastCGI
CGI
FastCGI

FastCGIとキャッシュモジュール(OPcache)の設定可否状況が異なります。
詳しくは以下のマニュアルをご参照ください。

PHP高速化設定について
Perl 5.8.x 5.16.x -
Ruby 2.0.0
1.9.3
1.8.5
2.0.0
1.9.3
1.8.5
-
Python 3.3.1
2.7.4
2.4.3
3.4.x
3.3.1
2.7.x
2.4.3
-

データベース関連

  〜sv1999 sv2001〜 解説
MySQL 5.5.x 5.7.x -
SQLite 3.3.x 3.7.x -

ログ関連

  〜sv1999 sv2001〜 解説
アクセスログ ダウンロード機能 当日のみ 過去30日 サーバーパネル内「ログ」機能でダウンロードが可能なアクセスログは、新仕様サーバーでは保存期間の設定によらず、過去30日分になります。
アクセスログの生成周期 1週間 1日

新仕様サーバーでは、お客様のFTP領域に保存するアクセスログの生成周期が1日毎になります。
なお、保存期間の設定は、以下のマニュアルをご参照ください。

ログ
過去のアクセスログのファイル名 ドメイン名.access_log.数字 ドメイン名.access_log_8桁の年月日.gz お客様のFTP領域に保存されるログのファイル名が異なります。
過去のアクセスログのファイル形式 テキスト形式 (.log 無圧縮) 圧縮ファイル形式 (.gz ※)

お客様のFTP領域に保存するログは、新仕様サーバーではgzipによるファイル圧縮をします。

※圧縮ファイルの展開後は、テキスト形式(.log)形式

出力内容のフォーマット - 出力ログの先頭にホスト名を追加

詳細は以下のマニュアルをご参照ください。

ログ
ログ保存ファイル ドメイン・サブドメイン毎 ドメイン毎 出力内容のフォーマット変更にあわせてアクセスログ・エラーログは、新仕様サーバーではドメイン毎に1ファイル(ドメイン・サブドメイン共通)に保存されます。

ツール・ソフトウェア関連

  〜sv1999 sv2001〜 解説
自動インストール
  • WordPress 日本語版
  • Xoops Cube Legacy(PHP 5.3以下利用時のみ)
  • EC-CUBE
  • PukiWiki
  • WordPress 日本語版
  • Xoops Cube Legacy(PHP 5.3以下利用時のみ)
  • EC-CUBE
  • PukiWiki
sv2001以降のサーバーでは、Xoops Cube Legacyの自動インストール機能を提供しておりません。
動作確認済みソフトウェア
  • WordPress 日本語版
  • XOOPS Cube Legacy
  • EC-CUBE
  • PukiWiki
  • concrete5
  • Drupal
  • Joomla
  • MODX 日本語版
  • Movable Type
  • osCommerce 日本語版
  • Zen Cart 日本語版
  • WordPress 日本語版
  • XOOPS Cube Legacy
  • EC-CUBE
  • PukiWiki
  • concrete5
  • Drupal
  • Joomla
  • MODX 日本語版
  • Movable Type
  • osCommerce 日本語版
  • Zen Cart 日本語版
提供するPHPバージョンやMySQLバージョンの差異により、動作確認済みソフトウェアが異なります。

ライブラリ、コマンドラインツール関連

  〜sv1999 sv2001〜 解説
Libxml2 2.6.x 2.9.x -
curl 7.15.x 7.29.x -
vim 7.0 7.4 -
OpenSSL 1.0.1
0.9.8
※一部機能で0.9.8
1.0.1 -

その他

  〜sv1999 sv2001〜 解説
POP before SMTP 提供あり(国内限定) 提供なし 新仕様サーバーでは、SMTP認証(SMTP-AUTH)による送信のみ可能です。
共有SSL 2016年11月4日提供終了 提供なし

独自SSLのみご利用いただけます。独自SSLの詳細は、以下のページをご参照ください。

独自SSL

※共有SSL機能の提供は終了しました。提供終了の詳細は、お知らせをご参照ください。

(旧)WEBメール 提供あり(非推奨) 提供なし -

(最終更新日: 2017年9月29日)