マニュアル

  1. サーバーについて
  2. 無料独自SSL設定

無料独自SSL設定

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

SSL設定をクリック

設定するドメインまたはサブドメインを選択し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

確認画面へ進むをクリック

※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

内容を確認し、「追加する」をクリックしてください。

「追加する」をクリック

一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定完了です。
最大1時間程度で反映いたします。

追加完了

SSL化サイトをエックスサーバーに移転する際、事前にSSL設定を行うことで、移転時のサイトダウンを防ぐことができます。
SSL化サイト移転の際は、サーバー移転前に以下の案内に沿って事前にご準備いただくことをおすすめします。

「無料独自SSL」を事前に設定していただくには、「外部サーバーでのWeb認証」を行う方法と、「外部ネームサーバーでのDNS設定」を行う方法の2通りがあります。

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

「SSL設定」をクリック

SSL設定を追加するドメインまたはサブドメインを選択し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

「確認画面へ進む」をクリック

「外部サーバーでのWeb認証」を選択して、表示されたトークンファイル項目の「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。トークンファイルのダウンロードが始まりますので、PC上の任意の場所に保存してください。

「外部サーバーでのWeb認証」を選択

ダウンロードしたトークンファイルを、「設置URL」に記述されているURLで参照できるように、移行元サーバーに設置してください。

「確認画面へ進む」をクリックしてください。

「確認画面へ進む」をクリック

内容を確認し、「追加する」をクリックしてください。

「追加する」をクリック

完了画面にSSL設定を追加したドメインが表示されていれば設定完了です。
最大1時間程度で反映されます。

SSL設定完了

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

「SSL設定」をクリック

設定するドメインまたはサブドメインを選択し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

「独自SSL設定追加」をクリック

「外部ネームサーバーでのDNS認証」を選択してください。外部ネームサーバーに登録するDNSレコードが表示されます。

「外部ネームサーバーでのDNS認証」を選択

表示されたDNSレコードを、移行元ネームサーバーに追加してください。

※移行元ネームサーバーにおけるDNSレコードの追加方法がご不明の場合は、当サービスのサポートではなく、移行元へお問い合わせくださいますようお願いいたします。

「確認画面へ進む」をクリックしてください。

「確認画面へ進む」をクリック

内容を確認し、「追加する」をクリックしてください。

「追加する」をクリック

完了画面にSSL設定を追加したドメインが表示されていれば設定完了です。
最大1時間程度で反映されます。

SSL設定完了

無料独自SSLで使用するSSLサーバー証明書の有効期限は、発行日から90日間です。
当サポートにて、有効期限から30日前・25日前・20日前にそれぞれ自動更新を行い、有効期限を延長いたします。

当サポートによる自動更新が失敗した場合、メールで更新未完了のご連絡をいたします。
25日前・20日前にもそれぞれ再度更新が行われますが、下記に該当する場合は自動更新ができませんので、
お客様にて手動で更新の手続きをしてください。

(1)設定ドメインのネームサーバーもしくはDNSレコードがエックスサーバーを参照していない

設定ドメインが当サービスのご契約サーバーを参照するように修正してください。

(2)設定ドメインに対して、アクセス制限やリダイレクト設定が設定されている

更新完了までの間、一時的に無効にしてください。

上記(1)(2)いずれかの対応確認後、サーバーパネルより手動で更新をすることができます。

1.「SSL設定」をクリック

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

SSL設定をクリック

2.「更新」をクリック

設定しているドメインを選択し、「更新」をクリックしてください。

「更新」をクリック

※「更新」ボタンが表示されていない場合は、既に自動更新が完了しているためお客様での更新作業は不要です。